クリストファー・リーヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリストファー・リーヴ
Christopher Reeve
Christopher Reeve
生年月日 (1952-09-25) 1952年9月25日
没年月日 (2004-10-10) 2004年10月10日(満52歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州パウンドリッジ
民族 イングランド系アメリカ人
職業 俳優
活動期間 1974年 - 2004年
配偶者 ディナ・リーヴ(1992年 - )
主な作品
スーパーマン
スーパーマンII
スーパーマンIII
スーパーマンIV
ある日どこかで
デストラップ・死の罠
日の名残り

クリストファー・ドリエ・リーヴ(Christopher D'Olier Reeve, 1952年9月25日 - 2004年10月10日)は、アメリカ合衆国俳優映画監督

来歴[編集]

小説家で大学教授の父フランクリン・ドリエ・リーヴとジャーナリストの母バーバラ・ピットニーの息子として、ニューヨーク州パウンドリッジに生まれた。1974年コーネル大学を卒業して文学士の学位を取得したのち、ジョン・ハウスマンの指導するジュリアード音楽院に入学した[1]

ブロードウェイの舞台やテレビのソープオペラLove of Life』に出演したのち、1978年リチャード・ドナー監督の映画『スーパーマン』で主人公のクラーク・ケント(スーパーマン)役に抜擢され、その後に製作された3本の続編にも主演した。1980年にはタイムトラベル・ロマンス作品『ある日どこかで』でジェーン・シーモアと共演した。

1995年5月27日バージニア州シャーロッツヴィルで乗馬競争中に落馬し、脊髄損傷を起こして首から下が麻痺した[2]。そのため映画界から離れ、リハビリテーションに専念する。また、妻のディナとともにニュージャージー州ショートヒルで「クリストファー・アンド・ディナ・リーヴ麻痺資源センター」を開設し、身体の麻痺に苦しむ人たちに対してより独立して生きるよう指導した。ちなみに、落馬事故前に主演した最後の作品は『光る眼』である。

以後は車椅子での生活を余儀なくされるも、1996年第68回アカデミー賞授賞式にプレゼンターとして姿を見せ、出席者からはスタンディングオベーションが送られた。1997年にはHIV感染者を主人公としたテレビ映画『フォーエヴァー・ライフ 旅立ちの朝』で監督業に進出し、同作で息子のウィル・リーヴを俳優デビューさせている。

1997年にナレーションを務めたドキュメンタリー番組『Without Pity: A Film About Abilities』でエミー賞情報スペシャル部門作品賞を受賞し、1999年には自伝『車椅子のヒーロー あの名俳優クリストファー・リーブが綴る「障害」との闘い』の朗読アルバムでグラミー賞最優秀スポークン・ワード・アルバム賞を受賞する。

これを機に俳優活動を本格的に再開し、1999年にはテレビ映画『裏窓』(アルフレッド・ヒッチコック監督の『裏窓』のリメイク作品)を製作するとともに、車椅子に乗った主人公を自ら演じた。さらに、2003年から2004年にかけて連続テレビドラマ『ヤング・スーパーマン』に出演し、若き日のクラーク・ケントに素性の手掛かりを与えるヴァージル・スワン博士役を演じた。

2004年5月にはアテネオリンピックのコマーシャルにも出演したが[3]10月9日に自宅で心不全を起こして昏睡状態となり、翌10日ニューヨーク州のノーザン・ウェストチェスター病院で死去した。52歳だった。リーヴの訃報に際して、『スーパーマン』シリーズで共演したジーン・ハックマンマーゴット・キダースザンナ・ヨークらは哀悼のコメントを発表した[4][5][6]。なお、スーパーマンの父ジョー=エル役を演じたマーロン・ブランドも、リーヴに先立つこと3か月前の2004年7月1日にこの世を去っている。

人物[編集]

生前、リーヴはインタビューで「ヒーローとはどのような存在か」と問われることがあった。『スーパーマン』の映画撮影中は「先のことを考えずに勇気ある行動をとる人のこと」と答えていたが、落馬事故を起こした後は「どんな障害にあっても努力を惜しまず、耐え抜く強さを身につけていったごく普通の人」と答えている。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1978 原子力潜水艦浮上せず
Gray Lady Down
フィリップス
スーパーマン
Superman
スーパーマン / クラーク・ケント 英国アカデミー賞 新人賞 受賞
1980 ある日どこかで
Somewhere in Time
リチャード・コリアー
スーパーマンII/冒険篇
Superman II
スーパーマン / クラーク・ケント
1982 デストラップ・死の罠
Deathtrap
クリフォード・アンダーソン
バチカンの嵐
Monsignor
ジョン・フラハティ神父
1983 スーパーマンIII/電子の要塞
Superman III
スーパーマン / クラーク・ケント
1984 ボストニアン
The Bostonians
バジル・ランサム
1985 アビエーター
The Aviator
エドガー・アンスコム
ジャクリーン・ビセットの アンナ・カレーニナ
Anna Karenina
ブロンスキー伯爵 テレビ映画
1987 NYストリート・スマート
Street Smart
ジョナサン・フィッシャー
スーパーマンIV/最強の敵
Superman IV: The Quest For Peace
スーパーマン / クラーク・ケント
1988 スイッチング・チャンネル
Switching Channels
ブレイン・ビンガム
1989 大脱走2/脱出編・復讐編
The Great Escape: The Untold Story
ジョン・ドッジ テレビ映画
1991 渇きの代償
Bump in the Night
ローレンス・ミュラー テレビ映画
デス・ドリームス
Death Dreams
ジョージ・ウエストフィールド テレビ映画
1992 カーテンコール/ただいま舞台は戦闘状態
Noises Off...
フレデリック・ダラス / フィリップ・ブレント
1993 シー・ウルフ
The Sea Wolf
ハンフロー・ヴァン・ウォーデン テレビ映画
モーニング・グローリー 輝ける朝
Morning Glory
ウィル・パーカー
日の名残り
The Remains of the Day
ジャック・ルイス
1994 眠れない夜はあなたと
Speechless
ボブ・“バグダッド”・フリード
1995 光る眼
Village of the Damned
アラン・チェフィー医師
偽証
Above Suspicion
デンプシー・ケイン
ブラックフォックス
Black Fox
アラン・ジョンソン テレビ映画
ブラックフォックス2 〜平和の価値は〜
Black Fox: The Price of Peace
アラン・ジョンソン テレビ映画
ブラックフォックス3 〜軌跡の果て〜
Black Fox: Good Men and Bad
アラン・ジョンソン テレビ映画
1996 明日に向かって 〜アンナの幸せの作りかた〜
A Step Toward Tomorrow
デニー・ガブリエル
1998 裏窓
Rear Window
ジェイソン・ケンプ テレビ映画
全米映画俳優組合賞 男優賞 受賞

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1983 フェアリーテール・シアター
Faerie Tale Theatre
王子 エピソード『眠れる森の美女
2003 ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル
The Practice
ケヴィン・ヒーリー 1エピソード
2003-2004 ヤング・スーパーマン
Smallville
ヴァージル・スワン 2エピソード

著書[編集]

  • 『車椅子のヒーロー あの名俳優クリストファー・リーブが綴る「障害」との闘い』 - Still Me(1998年)
1998年11月、出版:徳間書店、訳:布施由紀子(ISBN 978-4198609092
  • 『あなたは生きているだけで意味がある』 - Nothing Is Impossible(2002年)
2003年11月、出版:PHP研究所、訳:東本貢司ISBN 978-4569632599

脚注[編集]

外部リンク[編集]