スーパーマン (1999年のコンピュータゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スーパーマン
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 NINTENDO64
開発元 タイタス・ソフトウェア英語版
プロデューサー エリック・カーン
J.C. Methiaz[1]
人数 シングルプレイヤー、マルチプレイヤー
メディア 64メガビットカートリッジ
発売日
  • アメリカ合衆国 1999年5月29日
  • ヨーロッパ 1999年7月23日
テンプレートを表示

スーパーマン: ザ・ニュー・アドベンチャー』(Superman: The New Adventures)または『スーパーマン64』(Superman 64)は、タイタス・ソフトウェア英語版が開発・発売した1999年のNINTENDO64専用のアドベンチャーゲームである。テレビアニメ『スーパーマン』を原作としている。北米では1999年5月29日、欧州では1999年7月23日に発売された。

ゲーム内容[編集]

開発[編集]

フランスのタイタス・ソフトウェア英語版が2年の開発期間を経て完成させた。1997年のE3で初めて制作発表が行われ、翌1998年のE3で展示された1997[2][3]。プロデューサーでタイタス・ソフトウェアの共同設立者でもあるエリック・カーンは、開発の主な目標はプレイヤーが本当にスーパーヒーローのように振る舞う史上初の「スーパーヒーローベース」のゲームを作成することであると述べた[4]

評価と影響[編集]

批評家の反応[編集]

評価
集計結果
媒体 結果
GameRankings 22.90%[5]
レビュー結果
媒体 結果
Game Informer 1.25/10[5]
Game Revolution F[8]
GameSpot 1.3/10[7]
IGN 3.4/10[6]
NGC Magazine 14%[9]
Nintendo Power 4.7/10[5]

批評家の反応は概ね否定的なものに偏り、GameRankingsでのスコアは22.90%となった[5]。批判の多くは操作性、グラフィック、ゲーム性についてであった。スーパーマンを飛行させる際の操作性が非常に悪く、離着陸には複数のボタンを押さなくてはならず、さらに反応も悪いために複数の評論家から批判された[6][7][8]

売り上げ[編集]

批評的には芳しくなかったものの、NPDグループ英語版のデータでは『スーパーマン』は北米の1999年6月のトップセラーであった[10][11]。同年7月、タイタスは本作がNINTENDO64史上3番目に売れたタイトルとなったことを発表した[12]

受賞とランキング入り[編集]

Electronic Gaming Monthly』のショーンベビー英語版が選んだ「歴代最低のゲーム20」では7位となった[13]。またG4の番組『Filter』の「1990年代最低のゲームトップ10」では2位となった。『Nintendo Power』誌では任天堂機史上最低のゲームと評価された[14]MTVのGamer's 2.0では1999年のゲームでワースト1となった。『GameSpy』上でジャーナリストのデヴィッド・チャップマン英語版が選んだ「最低のコミック原作ゲーム20」ではトップとなった[15]GameTrailersが2006年に発表した「歴代最低のゲーム」では1位となった[16]

参考文献[編集]

  1. ^ Superman – Credits. Allgame. Retrieved July 6, 2011.
  2. ^ E3 Chronicles: The First 10 Years – 1997”. ArmchairEmpire. 2007年8月4日閲覧。
  3. ^ Superman is Clark Kent!”. IGN (1998年3月27日). 2012年4月25日閲覧。
  4. ^ IGN Staff (1998年5月6日). “Eric Caen of Titus Software (interview)”. IGN. 2007年8月4日閲覧。
  5. ^ a b c d e Superman Reviews”. GameRankings. 2012年5月27日閲覧。
  6. ^ a b Casamassina, Matt (1999年6月2日). “IGN 64 Superman Review”. IGN. 2012年12月16日閲覧。
  7. ^ a b Fielder, Joe (1999年6月8日). “Superman Review for Nintendo 64”. GameSpot. 2012年12月15日閲覧。
  8. ^ a b Leong, George (1999年7月1日). “Superman Review”. Game Revolution. 2012年12月16日閲覧。
  9. ^ Weaver, Time (August 1999). “Superman Review”. N64 Magazine (Future Publishing) (31). 
  10. ^ IGN staff (1999年6月15日). “Superman Enjoys Super Sales”. IGN. 2010年5月14日閲覧。
  11. ^ IGN staff (1999年7月1日). “Superman Flies with the Big Boys”. IGN. 2002年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年5月14日閲覧。
  12. ^ Superman Flies off Shelves”. IGN (1999年7月8日). 2011年12月18日閲覧。
  13. ^ Riley, Sean. “Seanbaby's EGM's Crapstravaganza: The 20 Worst Video Games of All Time”. ショーンベビー英語版. 2007年8月4日閲覧。
  14. ^ “Top 5 Worst Games Ever”. Nintendo Power (Nintendo of America) (196). (October 2005). 
  15. ^ Chapman, David (2004年). “Comics to Consoles: Part II – When Good Comics Go Bad”. GameSpy. 2007年8月4日閲覧。
  16. ^ Top 10 Best and Worst Video Games of All Time” (2006年11月17日). 2008年6月28日閲覧。

外部リンク[編集]