ジミー・オルセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジミー・オルセン
出版の情報
出版者 DCコミックス
初登場 Superman #13 (1941年11月)
クリエイター ジェリー・シーゲル
ジョー・シャスター英語版
作中の情報
種族 人間
所属チーム デイリー・プラネット
パートナー スーパーマン
ロイス・レイン
スーパーガール
著名な別名 Mr.アクション
能力 シグナル・ウォッチ

ジミー・オルセン: Jimmy Olsen)は、DCコミックスの出版するアメリカン・コミックススーパーマン』に登場する架空の人物。ジェリー・シーゲルとジョー・シャスターによって創造され、1941年の"Superman #13"で初登場した[1]。デイリー・プラネット新聞社のフォトジャーナリスト

概要[編集]

ジミー・オルセンは当初、名前の無い同僚として登場していた[2]。1941年の"Superman #13"で初めて「ジミー」という名前で呼ばれる[3]

1954年から1974年までジミー・オルセンを主人公としたスピンオフ作品『Superman's Pal Jimmy Olsen』が刊行された。アニメ『バットマン:ブレイブ&ボールド』の第57話「Battle of the Superheroes!」の前半はこの作品の表紙のオマージュとなっている。また、2013年に公開されたスーパーマンの75周年を記念した動画では「Giant Turtle Man」が登場している[4]

1986年の『マン・オブ・スティール (コミック)』で設定がリブートされてからはカジュアルな服装になり、調査報道を行う積極的なキャラクターとなっていく。

映画[編集]

スーパーマン (1978年の映画)
演 - マーク・マクルーア英語版
スーパーマン リターンズ
演 - サム・ハンティントン
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
演 - マイケル・キャシディ英語版

ドラマ[編集]

スーパーマン (テレビドラマ)
演 - ジャック・ラーソン英語版
LOIS&CLARK/新スーパーマン
演 - マイケル・ランデス/ジャスティン・ホーリン
SUPERGIRL/スーパーガール
演 - メカード・ブルックス英語版

アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

スーパーマン (アニメ)
声 - デビッド・カウフマン
ザ・バットマン
声 - ジャック・デ・セナ英語版
バットマン:ブレイブ&ボールド
声 - アレキサンダー・ポリンスキー英語版
DC Nation Shorts
声 - エリシャ・ヤフェ英語版
ジャスティス・リーグ・アクション
声 - マックス・ミッテルマン英語版

長編アニメ[編集]

スーパーマン:ブレイニアック・アタック
声 - デビッド・カウフマン
スーパーマン:ドゥームズデイ
声 - アダム・ワイリー英語版
ジャスティス・リーグ Crisis On Two Earths
声 - リチャード・グリーン
オールスター・スーパーマン
声 - マシュー・グレイ・ギュブラー
ジャスティス・リーグ:ドゥーム
声 - デビッド・カウフマン
スーパーマン VS. エリート
声 - デビッド・カウフマン
スーパーマン:アンバウンド
声 - アレクサンダー・グールド

脚注[編集]

  1. ^ ジミー・オルセン”. 2018年閲覧。...
  2. ^ Jerry Siegel (w), Joe Shuster (p), Joe Shuster, Paul Lauretta (i). "The Man Who Sold Superman" Action Comics Vol.1 #6 (1938年11月)
  3. ^ Jerry Siegel (w), Leo Nowak (p), Leo Nowak (i). "Superman Versus the Archer" Superman Vol.1 #13 (1941年11月)
  4. ^ The Superman Anniversary Short: 75 Points of Annotation”. 2018年閲覧。...

外部リンク[編集]