ラヴ・ディアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラヴ・ディアス
Lav Diaz
Lav Diaz
本名 Lavrente Indico Diaz
生年月日 (1958-12-30) 1958年12月30日(59歳)
出生地 フィリピンの旗 フィリピン ミンダナオ島
職業 映画監督脚本家撮影監督編集技師俳優
ジャンル 映画
活動期間 1998年 -
公式サイト Lav Diaz Official Website
主な作品
Melancholia
『北(ノルテ) ― 歴史の終わり』
『昔のはじまり』

ラヴ・ディアスLav Diaz, 1958年12月30日 - )は、フィリピン映画監督。フィリピン映画界の怪物的映画作家と呼ばれる[1]

来歴[編集]

1998年、長編『Serafin Geronimo: Kriminal ng Barrio Concepcion』で映画監督としてデビュー。2001年に発表した4作目の『Batang West Side』は上映時間が5時間15分に及ぶ大作であり、ガワッド・ウリアン賞で作品賞・監督賞を含む10部門で受賞を果たす。2005年にはフィリピンのある一家の1971年から87年までを描いた10時間43分に及ぶ『Ebolusyon ng Isang Pamilyang Pilipino』を発表。その後もともに上映時間が9時間に及ぶ『Heremias: Unang aklat - Ang alamat ng prinsesang bayawak』(2006年)や『Kagadanan sa banwaan ning mga Engkanto』(2007年)といった大作を矢継ぎ早に発表。2008年には上映時間が7時間30分に及ぶ『Melancholia』が第65回ヴェネツィア国際映画祭のオリゾンティ部門でグランプリを受賞。翌2009年にはオムニバスの一篇として製作した短編『蝶は記憶を持たない』が第22回東京国際映画祭で上映され、初めてディアスの作品が日本で紹介された[2]

2010年代に入り、2011年には3本の長編を、2012年には劇映画とドキュメンタリーを1本ずつ製作した。2013年ドストエフスキーの『罪と罰』をモチーフにした『北(ノルテ) ― 歴史の終わり』を発表[2]第66回カンヌ国際映画祭ある視点部門で上映され[3]、無冠に終わったものの概して高い評価を得た[4]2014年1970年代マルコス政権下のフィリピンの農村を舞台にした『昔のはじまり』を発表[1][5]。第67回ロカルノ国際映画祭のコンペティション部門に出品され[6]金豹賞を受賞した[7][8]

作品[編集]

  • Serafin Geronimo: Kriminal ng Barrio Concepcion (1998年)
  • Burger Boys (1999年)
  • Hubad sa Ilalim ng Buwan (1999年)
  • Batang West Side (2001年)
  • Hesus, rebolusyunaryo (2002年)
  • Ebolusyon ng Isang Pamilyang Pilipino (2005年)
  • Heremias: Unang aklat - Ang alamat ng prinsesang bayawak (2006年)
  • Kagadanan sa banwaan ning mga Engkanto (2007年)
  • Melancholia (2008年)
  • Purgatorio (2009年) 短編
  • 蝶は記憶を持たない Walang alaala ang mga paru-paro (2009年) 短編
  • Elehiya sa dumalaw mula sa himagsikan (2011年)
  • Siglo ng pagluluwal (2011年)
  • Babae ng hangin (2011年)
  • Florentina Hubaldo, CTE (2012年)
  • Pagsisiyasat sa gabing ayaw lumimot (2012年) ドキュメンタリー
  • 北 (ノルテ) ― 歴史の終わり Norte, hangganan ng kasaysayan (2013年)
  • Prologo sa ang dakilang desaparacido (2013年) 短編
  • Ang alitaptap (2013年) 短編
  • Alamat ni China Doll (2013年) 脚本のみ
  • 昔のはじまり Mula sa kung ano ang noon (2014年)
  • Mga anak ng unos (2014年) ドキュメンタリー
  • 痛ましき謎への子守唄 Hele sa Hiwagang Hapis (2016年)
  • 立ち去った女 Ang Babaeng Humayo (2016年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ラブ・ディアス監督作品『昔のはじまり』@第27回東京国際映画祭”. access-a.net. 2014年10月25日閲覧。
  2. ^ a b 北(ノルテ)―歴史の終わり 第26回東京国際映画祭”. TIFF. 2013年7月30日閲覧。
  3. ^ 2013 Official Selection”. Cannes. 2013年4月30日閲覧。
  4. ^ Cannes 2013 Norte, the End of History (Lav Diaz, Philippines)”. Cinema Scope. 2013年12月9日閲覧。
  5. ^ 昔のはじまり 第27回東京国際映画祭”. TIFF. 2014年10月25日閲覧。
  6. ^ Lav Diaz film at Locarno Film Festival”. MST. 2014年7月30日閲覧。
  7. ^ Pardo d’oro (Golden Leopard)”. Pardo. 2014年8月20日閲覧。
  8. ^ The 67th edition of the Festival del film Locarno comes to an end”. Pardo. 2014年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]