ジェームズ・グレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェームズ・グレイ
James Gray
James Gray
2010年
生年月日 (1969-04-14) 1969年4月14日(48歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー
ジャンル 映画テレビドラマ[1]
配偶者 アレクサンドラ・ディクソン[2]

ジェームズ・グレイ(James Gray、1969年4月14日 - )は、アメリカ合衆国映画監督脚本家映画プロデューサーである。

経歴[編集]

1969年4月14日[3]ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区に生まれる[4]南カリフォルニア大学を卒業した[5]

1994年、『リトル・オデッサ』で長編映画監督デビューを果たす[6]。同作は、第51回ヴェネツィア国際映画祭にて銀獅子賞を受賞した[7]。2000年、『裏切り者』を監督する[8]。2007年に『アンダーカヴァー』を監督し、2008年に『トゥー・ラバーズ』を監督した[9]。2013年、マリオン・コティヤール主演の『エヴァの告白』を監督した[10]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • The Red Road (2014年) - 監督

脚注[編集]

  1. ^ Watch the James Gray-Directed First Episode of SundanceTV Drama ‘The Red Road’ Online Now”. IndieWire (2014年2月24日). 2017年2月11日閲覧。
  2. ^ Cannes: James Gray on 'The Immigrant,' Marion Cotillard and Returning to the Fest (Q&A)”. The Hollywood Reporter (2013年5月21日). 2017年2月11日閲覧。
  3. ^ James Gray”. AlloCiné. 2017年2月11日閲覧。
  4. ^ Why Is ‘Immigrant’ Director James Gray a Bigger Hit in France Than at Home in U.S.?”. Variety (2014年5月7日). 2014年9月16日閲覧。
  5. ^ Dialogue: James Gray”. The Hollywood Reporter (2007年5月20日). 2017年2月11日閲覧。
  6. ^ Conversations: James Gray”. Salon (2007年10月12日). 2017年2月11日閲覧。
  7. ^ ‘Ad Astra’ Sci-Fi Epic Director James Gray To Start Filming In 2017”. Movie News Guide (2016年5月13日). 2017年2月11日閲覧。
  8. ^ Interview: James Gray’s American Opera, “The Yards””. IndieWire (2000年10月18日). 2017年2月11日閲覧。
  9. ^ James Gray: American Cinema’s Secret Jewel”. Vulture (2014年6月3日). 2017年2月11日閲覧。
  10. ^ ‘The Immigrant’ Director James Gray Tells His Cannes Critics To ‘Go F*** Themselves’ and Explains His Deeply Personal Connection to the Film”. IndieWire (2013年5月29日). 2017年2月11日閲覧。

外部リンク[編集]