リトル・オデッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リトル・オデッサ
Little Odessa
監督 ジェームズ・グレイ
脚本 ジェームズ・グレイ
製作 ポール・ウェブスター
製作総指揮 ニック・ウェクスラー
出演者 ティム・ロス
エドワード・ファーロング
モイラ・ケリー
ヴァネッサ・レッドグレイヴ
マクシミリアン・シェル
音楽 ダナ・サノ
撮影 トム・リッチモンド
編集 ドリアン・ハリス
製作会社 ニュー・ライン・シネマ
配給 アメリカ合衆国の旗 Fine Line Features
日本の旗 メディアボックス=シネセゾン
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年9月19日
日本の旗 1995年12月23日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,300,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $1,095,885[2]
テンプレートを表示

リトル・オデッサ』(原題:Little Odessa)は、1995年制作のアメリカ合衆国の映画ジェームズ・グレイの監督デビュー作品。

第51回ヴェネツィア国際映画祭助演女優賞(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)、銀獅子賞受賞[3]

リトル・オデッサとは、ニューヨークブルックリン区ブライトン・ビーチ(Brighton Beach)の通称で、ロシア系、ウクライナ系の住民が多く住んでいる事から、ウクライナ最大の港湾都市オデッサの名を取って付けられたもの。

あらすじ[編集]

ニューヨークブルックリン区ブライトン・ビーチ、通称・リトル・オデッサ。この地で生まれ育ったロシア系ユダヤ人で殺し屋のジョシュアは、ある人物の暗殺の仕事のため、二度と戻らぬと誓って飛び出したこの地に帰ってきた。

彼を英雄視する弟のルーベンは熱狂的に歓迎してくれたが、母のイリーナは脳腫瘍で死の床にあり、父のアルカディは人の道をそれた息子を許していなかった。ジョシュアはかつての恋人アラとも再会し、2人の恋は再び燃え上がるが、アラは彼に不安を覚えていた。

一方、息子をジョシュアに殺されたロシアン・マフィアのボス・ヴォルコフは、躍起になって彼の行方を追っていた。ヴォルコフは自分に借金があるアルカディに、ジョシュアの居所を教えるよう迫る。アルカディはついに息子を裏切り、居所を告げる。

兄の危機を察知したルーベンは、ジョシュアに急いで知らせようとするのだが…。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]