マイ・ブラザー 哀しみの銃弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイ・ブラザー 哀しみの銃弾
Blood Ties
監督 ギヨーム・カネ
脚本 ジェームズ・グレイ
ギヨーム・カネ
オリジナル脚本
ジャック・マイヨフランス語版
ピエール・ショソン
エリック・ヴェニャール
原作 ミシェル・パペ
ブリュノ・パペ
Deux frères: flic & truand
製作 アラン・アタルフランス語版
ギョーム・カネ
ユゴー・セリニャック
クリストファー・ウッドロウ
ジョン・レッシャー
製作総指揮 ケリー・オレント
クリストファー・グード
ジェームズ・グレイ
ヴァンサン・マラヴァル
モリー・コナーズ
サラ・ジョンソン・リードリヒ
マリア・セストーン
ホイト・デヴィッド・モーガン
出演者 クライヴ・オーウェン
ビリー・クラダップ
マリオン・コティヤール
ミラ・クニス
ゾーイ・サルダナ
マティアス・スーナールツ
ジェームズ・カーン
撮影 クリストフ・オーファンスタンフランス語版
編集 エルヴェ・ド・ルーズフランス語版
製作会社 Les Productions du Tresor
Worldview Entertainment
Caneo Films
配給 フランスの旗 Mars
日本の旗 シンカ
公開 フランスの旗 2013年5月20日カンヌ
フランスの旗 2013年10月30日
日本の旗 2014年7月19日
上映時間 144分
127分
製作国 フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,500,000[1]
テンプレートを表示

マイ・ブラザー 哀しみの銃弾』(マイ・ブラザー かなしみのじゅうだん、Blood Ties)は、2013年フランスアメリカ合衆国合作の犯罪映画。フランスの俳優ギヨーム・カネが2008年に主演した映画『Les Liens du sang』を自ら監督して英語リメイクした作品である。原作はミシェル・パペとブリュノ・パペによる自伝『Deux frères, flic & truand』。

ストーリー[編集]

1974年。クリス(クライヴ・オーウェン)が9年の刑期を終えて刑務所から出所する。弟のフランク(ビリー・クラダップ)と姉のマリー(リリ・テイラー)が彼を出迎える。持病を抱えている父のレオン(ジェームズ・カーン)はマリーと同居している。

クリスは、堅気の仕事を通じてナタリー(ミラ・クニス)と出会い、交際を始める。しかし、昔の仕事仲間に誘われたことをきっかけに、再び犯罪に手を染めるようになる。やがて前妻のモニカ(マリオン・コティヤール)と共に始めた売春斡旋業が軌道に乗り始める。

一方、刑事のフランクはアンソニー(マティアス・スーナールツ)を逮捕する際、元恋人のヴァネッサ(ゾーイ・サルダナ)と偶然に出会う。フランクとヴァネッサは再び惹かれ合う。ヴァネッサはアンソニーと離婚することを決意する。身の危険を感じて遠くへ旅立とうとするフランクとヴァネッサを、アンソニーが追いかける。アンソニーの銃口がフランクに向けられた瞬間、クリスがアンソニーを背後から撃つ。フランクは、駆けつけた警官たちに逮捕されるクリスを呆然と見つめるが、クリスは満足げに微笑む。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

評価[編集]

The Independent』のGeoffrey Macnabは、『ミーン・ストリート』『ゴッドファーザー』『フレンチ・コネクション』といった作品への参照を指摘した上で、本作を「ギヨーム・カネによる、1970年代アメリカ犯罪ドラマへのオマージュ」と評した[2]

脚注[編集]

  1. ^ Blood Ties” (フランス語). AlloCiné. 2015年6月28日閲覧。
  2. ^ Macnab, Geoffrey (2014年8月15日). “Blood Ties, film review: Despite hints of power, this crime movie's ties don't always bind”. The Independent. 2014年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]