裏切り者 (2000年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
裏切り者
The Yards
監督 ジェームズ・グレイ
脚本 ジェームズ・グレイ
マット・リーヴス
製作 ニック・ウェクスラー
ポール・ウェブスター
ケリー・オレント
マット・リーヴス
クリストファー・グッド
製作総指揮 ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
ジョナサン・ゴードン
出演者 マーク・ウォールバーグ
ホアキン・フェニックス
シャーリーズ・セロン
音楽 ハワード・ショア
撮影 ハリス・サヴィデス
編集 ジェフリー・フォード
製作会社 ミラマックス
インダストリー・エンタテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年10月12日
日本の旗 2001年11月23日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $24,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $889,352[1]
テンプレートを表示

裏切り者』(うらぎりもの、The Yards)は、2000年アメリカ合衆国犯罪映画。監督であるジェームズ・グレイが、実際に体験した出来事を基に製作されている。

ストーリー[編集]

ニューヨーククイーンズ区。仲間を庇って刑務所に服役していたレオは、この日ついに出所する。彼は今度こそ、自分を女手一つで育ててくれた母親を悲しませないために、まっとうな人生を歩むことを誓う。そのために彼は叔父が経営する会社で働くことにするのだが、そこには悪友であるウィリーの姿もあった。

ある日、ウィリーと共に仕事の入札現場へと向かうレオだったが、彼がそこで目にしたのは汚職談合といった数々の不正の巣窟だった。しかもレオはウィリーに利用され、彼が犯した殺人の容疑をなすりつけられてしまう。これにより逃亡生活を強いられたレオは叔父を頼るも、叔父は自らの保身のために彼を始末しようとするのだった。

信じていた数々の人間に裏切られたレオは、裏切り者たちへの復讐を誓う。そこで彼はライバル会社の重役に近づき、叔父の会社の不正を聴聞会で白日の下に晒そうと計画する。レオは自らが裏切り者となることで、身の潔白を証明しようというのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
レオ・ハンドラー マーク・ウォールバーグ 伊藤健太郎
ウィリー・グティエレス ホアキン・フェニックス 平田広明
エリカ・ストルツ シャーリーズ・セロン 湯屋敦子
フランク・オルチン ジェームズ・カーン 手塚秀彰
ヴァル・ハンドラー エレン・バースティン 宮寺智子
キティ・オルチン フェイ・ダナウェイ 弥永和子
アーサー・マイダニック スティーヴ・ローレンス 長克巳
ヘクトル・ガヤルド ロベルト・モンタノ 高宮俊介
シーモア・コーマン トニー・ムサンテ 小山武宏
ジェリー・リフキン巡査 デイヴィッド・ザヤス 遠藤純一

参考文献[編集]

  1. ^ a b The Yards” (英語). Box Office Mojo. 2016年5月23日閲覧。

外部リンク[編集]