第62回ヴェネツィア国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第62回ヴェネツィア国際映画祭は、2005年8月31日から9月10日まで開催された。

金獅子賞アン・リー監督の『ブロークバック・マウンテン』が受賞した。

また、アジア映画特集が組まれ、1934年から1990年までの中国映画が15本、1926年から1978年までの日本映画が30本以上上映された。さらに、宮崎駿監督に栄誉金獅子賞が贈られ、『紅の豚』『風の谷のナウシカ』といった作品が上映されるなど、アジア映画の注目度の高い映画祭となった。

上映作品[編集]

コンペティション部門[編集]

アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
13/ザメッティ
13/Tzametti
ゲラ・バブルアニ ジョージア (国)の旗 ジョージアフランスの旗 フランス
長恨歌
長恨歌
スタンリー・クワン 香港の旗 香港
ブロークバック・マウンテン
Brokeback Mountain
アン・リー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
親切なクムジャさん
친절한 금자씨
パク・チャヌク 大韓民国の旗 韓国
Espelho Mágico
(Magic Mirror)
マノエル・デ・オリヴェイラ ポルトガルの旗 ポルトガル
ガブリエル
Gabrielle
パトリス・シェロー フランスの旗 フランスドイツの旗 ドイツイタリアの旗 イタリア
Гарпастум (Garpastum) アレクセイ・ゲルマン・Jr ロシアの旗 ロシア
グッドナイト&グッドラック
Good Night, and Good Luck.
ジョージ・クルーニー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
哀しみの日々
I Giorni dell'abbandono
ロベルト・ファエンツァ イタリアの旗 イタリア
心の中の獣
La Bestia nel cuore
クリスティナ・コメンチーニ イタリアの旗 イタリアイギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランススペインの旗 スペイン
二度目の結婚
La Seconda notte di nozze
プピ・アヴァティ イタリアの旗 イタリア
恋人たちの失われた革命
Les amants réguliers
フィリップ・ガレル フランスの旗 フランス
マリー 〜もうひとりのマリア〜
Mary
アベル・フェラーラ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
O Fatalista
(The Fatalist)
ジョアン・ボテリョ ポルトガルの旗 ポルトガルフランスの旗 フランス
Persona non grata クシシュトフ・ザヌッシ ポーランドの旗 ポーランドロシアの旗 ロシアイタリアの旗 イタリア
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
Proof
ジョン・マッデン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ロマンス & シガレット
Romance & Cigarettes
ジョン・タトゥーロ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
TAKESHIS' 北野武 日本の旗 日本
ブラザーズ・グリム
The Brothers Grimm
テリー・ギリアム イギリスの旗 イギリスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 チェコ
ナイロビの蜂
The Constant Gardener
フェルナンド・メイレレス イギリスの旗 イギリスドイツの旗 ドイツ
南へ向かう女たち
Vers le sud
ローラン・カンテ フランスの旗 フランスカナダの旗 カナダ

コンペティション外[編集]

オリゾンティ部門[編集]

:この部門には映画の新しいトレンドを紹介する目的がある。ドキュメンタリー映画も含まれる。

  • 拘束のドローイング9』:マシュー・バーニー(アメリカ)
  • 僕の大事なコレクション』:リーヴ・シュレイバー(アメリカ)
  • 『Arido Movie』:リリオ・フェヘイラ(ブラジル)
  • 『Carmen』:ジャン・ピエール・リモザン(フランス)
  • 『Die Große Stille (Into Great Silence)』:フィリップ・グローニング(ドイツ)ドキュメンタリー
  • 『East of Paradise』:レック・コワルスキー(フランス)
  • 『Hóng yán』:李玉(中国/フランス)
  • 『La Dignidad de los Nadies Armado (The Dignity of the Nobodies)』:フェルナンド・E・ソラナス(アルゼンチン)ドキュメンタリー
  • 『Musikanten』:フランコ・バッティアート(イタリア)
  • 『Pervye Na Lune (First on the Moon)』:アレクセイ・フェドルチェンコ(ロシア)ドキュメンタリー
  • 『Texas』:Fausto Paravidino(イタリア)
  • 『The Wild Blue Yonder』:ヴェルナー・ヘルツォーク(ドイツ/イギリス/フランス)
  • 『Yolda』:エルデン・キラル(トルコ/ブルガリア)
  • 『Workingman's Death』:ヴィリー・プフナー(オーストリア/ドイツ)ドキュメンタリー
  • 『Wuqiong dong (Perpetual Motion)』:ニン・イン(中国)
  • 『Veruschka – (m)ein inszenierter Körper (Veruschka: A Life for the Camera)』:ポール・モリセイ、Bernd Böhm(フランス)
  • 『Vokaldy Paralelder』:Rustam Khamdamov(カザフスタン)ドキュメンタリー

審査員[編集]

コンペティション部門[編集]

オリゾンティ部門[編集]

受賞結果[編集]

コンペティション部門[編集]

オリゾンティ賞[編集]

  • オリゾンティ賞:『East of Paradise』(レック・コワルスキー)
  • ドキュメンタリー賞:『Pervye na Lune』(アレクセイ・フェドルチェンコ)

外部リンク[編集]