李玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李 玉
プロフィール
出生: 1973年12月2日(40歳)
出身地: 中華人民共和国の旗 中国山東省浜州市鄒平県
職業: 映画監督
各種表記
繁体字 李玉
簡体字 李玉
拼音 Lǐ Yù
発音転記: リー・ユー
リー・ユイ
ラテン字 Li Yu
テンプレートを表示

李玉(リー・ユー、Li Yu、拼音: Lǐ Yù1973年12月2日 - )は、中国山東省出身の女性映画監督脚本家

人物・経歴[編集]

山東省浜州市鄒平県生まれ。10代からローカル・テレビ局に出演。山東師範大学卒業後、ローカル局で司会者を務める。北京でドキュメンタリーのナレーションの仕事に就いた後、中国中央電視台で番組制作に参加し、ドキュメンタリー作家となる。96年に『姐姐』で、全中国ドキュメンタリー協会グランプリを受賞するなどして活躍[1]。『紅顔』(2001年)以降は、劇映画を手がける。『ロスト・イン・北京』(2007年)以降の作品に、中国のトップ・スターであるファン・ビンビンが主演していることでも知られる。

主な監督作品[編集]

原題(英題) 邦題 出演 主な受賞 その他
1996 姐姐(Sisters (日本未公開)
  • 全中国ドキュメンタリー協会グランプリ[2]
ドキュメンタリー作品
1997 守望(Stay and Hope (日本未公開) ドキュメンタリー作品
1998 光栄与夢想(Honor and Dreams (日本未公開) ドキュメンタリー作品
2001 今年夏天(en:Fish and Elephant 残夏映画祭邦題 パン・イー、シートウ

中国大陸で初めてレズビアンの生活を主題とした長編映画。
日本では、2002年第11回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で初上映。

2005 紅顔(en:Dam Street (日本未公開) リウ・イー、リウ・ルイ、ホアン・シンラオ、リー・カーチュン、ワン・イージュー
  • 第62回ヴェネツィア国際映画祭国際アートシアター連盟賞
  • 第32回フランダース(ヘント)国際映画祭最優秀監督賞、最優秀作品賞ノミネート
  • 2005年金鶏奨最優秀助演女優賞ノミネート(リー・カーチュン)
  • 第8回ドーヴィル・アジア映画祭最優秀作品賞[3]
  • 第45回ウィーン国際映画祭『スタンダード』紙読者審査員賞
第62回ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門出品。
2007 苹果(en:Lost in Beijing ロスト・イン・北京 ファン・ビンビンレオン・カーファイトン・ダーウェイエレイン・ジン 日本では、2012年3月にDVD発売後、10月6日から「中国映画の全貌2012」で上映(配給:オリオ商会)。
2010 観音山(en:Buddha Mountain ブッダ・マウンテン~希望と祈りの旅 ファン・ビンビンチェン・ボーリンシルヴィア・チャン、フェイ・ロン、ジン・ジン、ファン・リー
  • 第23回東京国際映画祭最優秀芸術貢献賞、最優秀女優賞(ファン・ビンビン)、グランプリ・ノミネート。
  • 第14回ドーヴィル・アジア映画祭最優秀作品賞ノミネート

第23回東京国際映画祭にてワールドプレミア(2010年10月24日)。
日本での一般公開は2013年9月28日(配給:オリオ商会、キノ・キネマ)。

2012 二次曝光(en:Double Xposure 二重露光〜Double Xposure映画祭邦題 ファン・ビンビン、フォン・シャオフォン、フオ・スーイエン、ジョアン・チェン、ヤオ・アンリエン、リャン・ジン、コン・ウェイ、ファン・リー 日本初上映は、第9回大阪アジアン映画祭(2013年3月12日)。

脚注[編集]

  1. ^ 息子を失った元京劇スターと3人の若者がつむぐ物語 PART.2 『ブッダ・マウンテン~希望と祈りの旅』 - Trinity Web(2013年6月12日); Lost in Beijing - Hong Kong International Film Festival Society (PDF)
  2. ^ 息子を失った元京劇スターと3人の若者がつむぐ物語 PART.2 『ブッダ・マウンテン~希望と祈りの旅』(前掲)
  3. ^ 中国の「紅顔」、ドーヴィル・アジア映画祭最高賞に - 人民網(2006年3月14日)

外部リンク[編集]