陳可辛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
陳可辛
ピーター・チャン
Peter Chan.jpg
プロフィール
出生: (1962-11-28) 1962年11月28日(54歳)
出身地: 中華人民共和国の旗 中国 (香港)
職業: 映画監督映画プロデューサー
各種表記
繁体字 陳可辛
簡体字 陈可辛
拼音 Chén Kěxīn
和名表記: ピーター・チャン
発音転記: チェン・クーシン
ラテン字 Ch'en K'ehsin
英語名 Peter Chan
テンプレートを表示

陳 可辛ピーター・チャン: Peter Chan1962年 - )は、中国香港映画監督映画プロデューサー

来歴[編集]

両親はタイの華人だが、香港で生まれ、8歳のときに家族でタイ王国へ移った。父は映画監督・映画プロデューサーの陳銅民で、1977年には胴民が製作・監督し、千葉真一が主演した日本・香港・タイの合作映画『激殺! 邪道拳』に、主人公を慕う少年役で出演。18歳でアメリカ合衆国へ渡り、21歳で香港に戻った。初めて映画に触れたのはタイ語の字幕でジョン・ウーの作品だったという。

その後、ゴールデン・ハーベストに入り助監督を務め、1990年代初頭にはUFO電影公司に加わり、1991年の初監督作品『愛という名のもとに』が高評価を得た。その後も『君さえいれば/金枝玉葉』『ラヴソング』など現代人の愛情を題材にした作品を数多く生み出している。1999年には、ドリームワークスから『ラブレター/誰かが私に恋してる?』を制作した。2000年以降は多国籍の合作によるアジア映画を多く世に出している。

ラヴソング』は第16回香港電影金像奨で最優秀作品賞など9部門で受賞し、本人も最優秀監督賞を受賞した。また、第34回金馬奨でも最優秀作品賞を受賞している。2006年には『ウィンター・ソング』で第43回金馬奨の最優秀監督賞を受賞したが、本人は北京にいて授賞式に臨めず、サンドラ・ンが代理として賞を受けている。2008年には『ウォーロード/男たちの誓い』で第27回香港電影金像奨の最優秀作品賞・最優秀監督賞と第45回金馬奨の最優秀作品賞・最優秀監督賞を受賞している。

作品[編集]

※斜体表記は原題もしくは訳題

監督[編集]

製作・製作総指揮[編集]

出演[編集]

外部リンク[編集]