ウォーロード/男たちの誓い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウォーロード/男たちの誓い
The Warlords Actors and Director.JPG
タイトル表記
繁体字 投名狀
簡体字 投名状
拼音 tóu míng zhuàng
(トウ ミン ジュアン)
英題 The Warlords
各種情報
監督 ピーター・チャン
脚本 須蘭
秦天南
オーブリー・ラム
製作 ピーター・チャン
アンドレ・モーガン
黄建新
製作総指揮 ピーター・ラム
出演者 ジェット・リー
アンディ・ラウ
金城武
音楽 ピーター・カム
陳光栄
撮影 アーサー・ウォン
編集 ヴェンダース・リー
アクション指導 チン・シウトン
衣装 奚仲文
美術 奚仲文
製作会社 中国電影集団
寰亜電影有限公司 (他)
配給 日本の旗 ブロードメディア・スタジオ
公開 中華人民共和国の旗 2007年12月13日
日本の旗 2009年5月8日
上映時間 香港の旗 127分
日本の旗 113分
製作国 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
香港の旗 中華人民共和国香港特別行政区
言語 普通話
製作費 $40,000,000[1]
テンプレートを表示

ウォーロード/男たちの誓い』( - おとこたちのちかい、原題: 投名状)は、2007年中華人民共和国香港合作映画

末四大奇案の一つである馬新貽殺害事件をモチーフとしており、同じ事件をモチーフとした1973年の香港映画『ブラッド・ブラザース 刺馬』の実質的なリメイク作品となっている。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

吹き替え[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:ピーター・チャン
  • 共同監督:葉偉民(イップ・ワイマン)
  • アクション監督:程小東(チン・シウトン)
  • 製作:ピーター・チャン、アンドレ・モーガン、黄建新(ホアン・チェンシン)
  • 製作総指揮:ピーター・ラム(林建岳)
  • 脚本:須蘭(スー・ラン)、秦天南(チュン・ティンナム)、オーブリー・ラム(林愛華)
  • 撮影:アーサー・ウォン(黄岳泰)
  • 編集:ヴェンダース・リー(李棟全)
  • プロダクションデザイン:奚仲文(イー・チュンマン)
  • 衣装:奚仲文
  • 音楽:ピーター・カム(金培達)、チャン・クォンウィン(陳光栄)

受賞[編集]

  • 第27回香港電影金像奨
    • 最優秀作品賞
    • 最優秀監督賞
    • 最優秀主演男優賞(ジェット・リー
    • 最優秀撮影賞
    • 最優秀音響効果賞
    • 最優秀視覚効果賞
    • 最優秀美術賞
    • 最優秀衣装デザイン賞
  • 第45回金馬奨
    • 最優秀作品賞
    • 最優秀監督賞
    • 最優秀視覚効果賞

エピソード[編集]

  • 日本での劇場公開版(香港版よりも短縮されており、細部の編集も異なる)のエンディング・テーマには、THE ALFEEの「風の詩」が採用された。
  • 日本盤DVDおよびブルーレイは、日本での劇場公開版とは異なる126分の“完全版”としてリリースされた。本編は香港版を採用しており、THE ALFEEの「風の詩」は流れない。
  • ロケ地のひとつ、一線天は川底下村から徒歩18分のところにある。
  • 4000万ドルの製作費をかけており、軍服を着た1520人のエキストラの参加や、印象的な乗馬シーンなどがあるが、派手なアクションコレオグラフィーやカラフルな衣装に頼っておらず、映画の4分の3はモノクロに近い色で撮影され、俳優はボロボロの服を着ており、ピーター・チャンは「ファーストカットを見た中国の配給会社の人たちは、『これは大作映画じゃないのか』と言っていました」「それは、中国では予算が大きいと豪華な映像を連想するからです。中国人は、予算が大きいと豪華な映像を連想するので、予算が少なければよいとはならないのです。また、この映画には、人々が期待しているような贅沢さがないので、中国映画に対する西洋イメージとは一致しません」と述べている[2]
  • プロデューサーのアンドレ・モーガンは、「私たちは、中国の映画制作者が、『プライベート・ライアン』や『ブレイブハート』といったハリウッド映画で見られるようなリアルアクション映画をつくれるということ、空飛ぶ剣士や魔法のアクションをもつ武侠映画だけをつくっているのではないということを示したいのです」と述べている[2]
  • ニューズウィーク』は、出演者の金城武を「Japanese heartthrob」と報じている[2]

脚注[編集]

  1. ^ Coonan, C. "Chan's 'Warlords' wraps", Variety, 2007年3月30日. Retrieved on 2007年4月2日.
  2. ^ a b c SONIA KOLESNIKOV-JESSOP (2007年12月15日). “Redefining The Epic”. ニューズウィーク. オリジナルの2013年12月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131221180113/https://www.newsweek.com/redefining-epic-94405 

外部リンク[編集]