蔡明亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 ツァイ・ミンリャン
蔡明亮
蔡明亮
生年月日 (1957-10-27) 1957年10月27日(64歳)
出生地 マレーシアの旗 マレーシア クチン
職業 映画監督脚本家
活動期間 1989年 -
主な作品
愛情萬歳
西瓜
 
受賞
カンヌ国際映画祭
国際映画批評家連盟賞
1998年Hole-洞
ヴェネツィア国際映画祭
金獅子賞
1994年愛情萬歳
審査員大賞
2013年郊遊 ピクニック
国際映画批評家連盟賞
1994年『愛情萬歳』
2003年楽日
ベルリン国際映画祭
銀熊賞(審査員特別賞)
1997年
銀熊賞(芸術貢献賞)
2005年西瓜
アルフレッド・バウアー賞
2005年『西瓜』
テディ賞 審査員特別賞
2020年日子
国際映画批評家連盟賞
2005年『西瓜』
全米映画批評家協会賞
最優秀未公開映画賞
2013年『郊遊 ピクニック』
その他の賞
テンプレートを表示
蔡明亮
各種表記
繁体字 蔡明亮
簡体字 蔡明亮
拼音 Cài Míngliàng
和名表記: さい めいりょう
発音転記: ツァイ ミンリャン
テンプレートを表示

蔡 明亮ツァイ・ミンリャンMing-liang Tsai, 1957年10月27日 - ) は、台湾で活動する映画監督脚本家

来歴[編集]

1957年10月27日マレーシアクチンで生まれた。1977年、20歳の時に台湾に渡った。中国文化大学演劇科で映画演劇を学んだ後、1984年から脚本家として活動を始め、同時にテレビドラマの演出も手がけた。

1992年、初の長編青春神話』を発表。台湾の中時晩報主催の映画賞で最優秀作品賞を受賞。翌1993年には第6回東京国際映画祭のヤングシネマ部門ブロンズ賞を受賞した。1994年、長編2作目の『愛情萬歳』を発表。第51回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品され、金獅子賞を受賞。第31回金馬奨では作品賞と監督賞を受賞した。1997年には3作目となった『』を発表。第47回ベルリン国際映画祭審査員グランプリを受賞。翌1998年には一部ミュージカルの要素を取り入れた『Hole-洞』を発表。第51回カンヌ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞した。

2001年、『ふたつの時、ふたりの時間』をフランスとの合作で製作し、常連のリー・カンションの他にジャン=ピエール・レオが出演した。2003年の『楽日』は第60回ヴェネツィア国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞した。2005年の『西瓜』では過激な性描写が話題を呼び、国内で年間興行収入第1位となる大ヒットを記録。第55回ベルリン国際映画祭でも芸術貢献賞アルフレッド・バウアー賞、国際映画批評家連盟賞を受賞した。その後も『黒い瞳のオペラ』(2006年)や『ヴィザージュ』(2009年)を発表した。

2013年、長編10作目となった『郊遊 ピクニック』を発表。第70回ヴェネツィア国際映画祭審査員大賞を受賞し、金馬奨では19年ぶりに監督賞を受賞した。また、本作を最後に商業映画界から引退する意向を示した[1]

2017年、初のVRコンテンツ作品「家在蘭若寺」を監督したと発表した。[2]

人物[編集]

ゲイであることを公言している[3]

主な監督作品[編集]

長編[編集]

短編[編集]

  • 神様との会話 与神对话 (2001年) オムニバス『三人三色』の一篇
  • アクアリウム Aquarium (2004年) オムニバス『ウェルカム・トゥ・サンパウロ』の一篇
  • これは夢 是夢 (2007年) オムニバス『それぞれのシネマ』の一篇
  • 無無眠 (2015年)

監督以外の作品[編集]

主な受賞歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]