第64回ヴェネツィア国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第64回ヴェネツィア国際映画祭は、2007年8月29日から9月8日までイタリアヴェネツィアで開催された。

金獅子賞を受賞したのはアン・リーの『ラスト、コーション』で、3年連続で中国の監督が受賞したことになる。

オープニング作品はジョー・ライトの『つぐない』。

日本からはコンペティション部門に三池崇史の『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』、特別招待作品として北野武の『監督・ばんざい!』、オリゾンティ部門では青山真治の『サッド ヴァケイション』が上映された。

上映作品[編集]

コンペティション部門[編集]

アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
12人の怒れる男
12
ニキータ・ミハルコフ ロシアの旗 ロシア
つぐない
Atonement
ジョー・ライト イギリスの旗 イギリス
幇幇我愛神
(Help Me Eros)
リー・カンション  台湾
シルビアのいる街で
En la ciudad de Sylvia
ホセ・ルイス・ゲリン スペインの旗 スペインフランスの旗 フランス
Heya fawda
(Chaos)
ユーセフ・シャヒーン  エジプト
アイム・ノット・ゼア
I'm Not There.
トッド・ヘインズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Il dolce e l’amaro
(The Sweet and the Bitter)
アンドレア・ポルポラティ イタリアの旗 イタリア
告発のとき
In the Valley of Elah
ポール・ハギス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
この自由な世界で
It's a Free World...
ケン・ローチ イギリスの旗 イギリスイタリアの旗 イタリア
ドイツの旗 ドイツスペインの旗 スペイン
L'ora di punta
(The Trial Begins )
ヴィンチェンツォ・マーラ イタリアの旗 イタリア
クスクス粒の秘密
La Graine et le mulet
アブデラティフ・ケシシュ フランスの旗 フランス
我が至上の愛〜アストレとセラドン〜
Les amours d'Astrée et de Céladon
エリック・ロメール フランスの旗 フランス
フィクサー
Michael Clayton
トニー・ギルロイ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Nessuna qualità agli eroi
(Fallen Heroes)
パオロ・フランキ イタリアの旗 イタリアフランスの旗 フランススイスの旗 スイス
レンブラントの夜警
Nightwatching
ピーター・グリーナウェイ イギリスの旗 イギリスポーランドの旗 ポーランド
カナダの旗 カナダオランダの旗 オランダ
リダクテッド 真実の価値
Redacted
ブライアン・デ・パルマ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ラスト、コーション
色,戒
アン・リー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国中華人民共和国の旗 中国香港の旗 香港
スルース
Sleuth
ケネス・ブラナー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ 三池崇史 日本の旗 日本
MAD探偵 7人の容疑者
神探 Mad Detective
ジョニー・トー
ワイ・カーファイ
香港の旗 香港
陽もまた昇る
太陽照常升起
チアン・ウェン 中華人民共和国の旗 中国香港の旗 香港
ジェシー・ジェームズの暗殺
The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford
アンドリュー・ドミニク アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ダージリン急行
The Darjeeling Limited
ウェス・アンダーソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

特別招待作品[編集]

Venezia Maestri
Midnight out of competition

オリゾンティ(ホライゾン)部門[編集]

  • サッド ヴァケイション』:青山真治(日本)
  • 『Cochochi』:ラウラ・アメリカ・ガスマン、イスラエル・カルデナス(メキシコ・イギリス・カナダ)
  • 『Die Stille vor Bach (The Silence Before Bach)』:ペレ・ポルタベラ(スペイン)
  • 『Exodus』:ペニー・ウールコック(イギリス)
  • 黒い土の少女』:チョン・スーイル(韓国)
  • 官能の迷宮』:ダミアン・オドゥール(フランス)
  • 『Mal nascida』:ジョアン・カニージョ(ポルトガル)
  • 『Médée Miracle』:トニーノ・デ・ベルナルディ(イタリア・フランス)
  • サーチャーズ2.0』:アレックス・コックス(アメリカ)
  • 『Sügisball (Autumn Ball)』:Veiko Õunpuu(エストニア)
  • 『Xiaoshuo (The Obscure)』:呂楽(中国)

オリゾンティ・ドキュメンタリー部門[編集]

  • 『Anabazys』:ジョエウ・ピッジーニ、パロマ・ローシャ(ブラジル)
  • 『Andarilho』:カオ・ギマラエス(ブラジル)
  • 『Il passaggio della linea』:ピエトロ・マルチェロ(イタリア)
  • 『Jimmy Carter Man from Plains』:ジョナサン・デミ(アメリカ)
  • 『Kagadanan sa banwaan ning mga engkanto (Death in the Land of Encantos)』:Lav Diaz(フィリピン)
  • 『L’Aimée』:アルノー・デプレシャン(フランス)
  • 『ルー・リード/ベルリン LOU REED'S BERLIN』:ジュリアン・シュナーベル(アメリカ)
  • 『Madri』:バーバラ・クピスティ(イタリア)
  • 『San (Umbrella)』:杜海濱(中国)
  • 『Staub (Dust)』:ハルトムート・ビトムスキー(ドイツ)
  • 『Wuyong (Useless)』:賈樟柯(中国)
Evento Orizzonti
  • Dall’altra parte della luna (Dario Baldi・Davide Marengo)イタリア
  • 『マリア・カラスの真実』 (フィリップ・コーリー)フランス・ギリシャ
  • Carlo Goldoni Venezian (Leonardo Autera・Alberto Caldana)イタリア
  • Empire IIエイモス・ポー)アメリカ

受賞結果[編集]

審査員[編集]

コンペティション部門[編集]

オリゾンティ部門[編集]

エピソード[編集]

  • 会場の屋外に掲げられている各国の旗のうち、台湾国旗が、中国大使館の抗議で外されたことが分かった。中国は、「台湾の旗を外さなければ、審査員長を務める中国のチャン・イーモウ監督を引き揚げさせ、中国作品の出品を取り消す」と通告。映画祭は、この要請に従った。映画祭当局は「国際連合イタリアも、国としての台湾を認めていない」ことを理由に挙げたといわれている。

外部リンク[編集]