エミリアナ・トリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flag of Iceland.svg これはアイスランド人の名前です。姓にみえる部分は母称であり、の名前としてのではありません。この記事で取り扱っている人物は、正式には個人名エミリアナで呼ばれます。(Template:アイスランド人の名前
エミリアナ・トリーニ

エミリアーナ・トッリーニ・ダヴィスドッティルアイスランド語: Emilíana Torrini Davíðsdóttir ,1977年5月16日-)は、アイスランドレイキャヴィーク出身の歌手

来歴[編集]

父親はアイスランドで有名なイタリア料理レストランの経営者、母はアイスランド人。学生の頃は家業を手伝って時折ウェイトレスをしていた。7歳からコーラス隊に入り、15歳からオペラ学校に入った。

1994年に『Spoon』でデビュー。1995年の『Crouçie d'où là』で日本のピチカート・ファイヴの楽曲をカヴァー。

4thアルバム『Love in the time of science』(ティアーズ・フォー・フィアーズローランド・オーザバルらによるプロデュース作品)をファットキャット・レコーズよりリリースし世界デビューを果たす(最初の3枚のアルバムはアイスランドのみの発売)。

2002年、映画『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』のエンディングテーマのオファーを受けていたビョークが自身の妊娠を理由に断り、その代役としてほぼ無名のシンガーだったエミリアーナが大抜擢され話題となった。映画上映後は「あの歌(「ゴラムの歌」)を歌っていたのはビョーク本人ではないか?」との問い合わせが殺到した。

2003年、オーストラリアのシンガー、カイリー・ミノーグのアルバム『ボディ・ランゲージ』に楽曲を数曲提供。

2005年に大手インディーレーベル、ラフ・トレード・レコードに移籍し『フィッシャーマンズ・ウーマン』をリリース。2000年に交通事故死した恋人との思い出や、追悼の念を込めたこのアルバムは、2006年のアイスランド・ミュージック・アワードで「ポップアルバム・オブ・ザ・イヤー」と「ベストシンガー・オブ・ザ・イヤー」、そして収録曲の「Sunny Road」が「ベストソング・オブ・ザ・イヤー」と「ベストビデオ・オブ・ザ・イヤー」を受賞するという快挙を成し遂げた。

2008年、フランツ・フェルディナンドなどの作品を手がけるダン・キャリーとの共同プロデュースで『ミー・アンド・アルミーニ』を発表している。

2010年1月12日、二度目の来日(前回の来日はプロモーションのためのインタビューのみ)で初日本公演を原宿アストロホールで行う。

ディスコグラフィ[編集]

  • Spoon (1994)
  • Crouçie d'où là (1995)
  • Merman (1996)
  • Love in the time of science (1999)
  • フィッシャーマンズ・ウーマン - Fisherman's Woman (2005)
  • ミー・アンド・アルミーニ - Me and Armini (2008)
  • Tookah (2013)

カバーした主な楽曲[編集]

Crouçie d'où là (1995)
Merman (1996)
Fisherman's Woman (2005)