樋口泰人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひぐち やすひと
樋口 泰人
生誕 1957年(59–60歳)
日本の旗 日本 山梨県
職業 映画批評家音楽批評家

樋口 泰人(ひぐち やすひと、1957年 - )は、日本映画評論家音楽評論家boid主宰[1]

経歴[編集]

1957年、山梨県に生まれる[2]慶應義塾大学経済学部中退[3]。雑誌『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』の編集委員を務めた[4]。1998年にboidを設立し、ビデオ単行本CDなどを製作・発売する[5]。2004年より吉祥寺バウスシアターにて映画の爆音上映イベントを開催し[6]、2008年に爆音映画祭をスタートさせた[7]。主な著書に『映画とロックンロールにおいてアメリカと合衆国はいかに闘ったか』『映画は爆音でささやく 99-09』がある[8]

著書[編集]

単著[編集]

  • 映画とロックンロールにおいてアメリカと合衆国はいかに闘ったか(青土社、1999年)
  • 映画は爆音でささやく 99-09(boid、2010年)

共著[編集]

  • タルコフスキー・アット・ワーク(編、芳賀書店、1989年)
  • ヴィム・ヴェンダース(監修、エスクァイアマガジンジャパン編、カルチュア・パブリッシャーズ、1997年)
  • カンヌ映画祭の50年 出品全3280作リスト集(編、アスペクト、1998年)
  • ウディ・アレン(樋口泰人、都筑はじめ監修、遠山純生編、カルチュア・パブリッシャーズ、1998年)
  • ロスト・イン・アメリカ(青山真治他著、稲川方人、樋口泰人編、デジタルハリウッド出版局、2000年)

脚注[編集]

  1. ^ 早川すみれ (2008年4月22日). “boid 樋口泰人 × 冨永昌敬監督 対談”. CINRA.NET. 2014年5月15日閲覧。
  2. ^ 仙台アナログばか一代のお知らせ”. boid (2012年2月2日). 2014年5月15日閲覧。
  3. ^ 映画とロックンロールにおいてアメリカと合衆国はいかに闘ったか”. 青土社. 2014年5月15日閲覧。
  4. ^ 『黒沢清、21世紀の映画を語る』(boid)刊行記念 特別公開講座「黒沢清の"答える!"」”. Flowerwild (2011年1月15日). 2014年5月15日閲覧。
  5. ^ 筆者紹介”. 映画.com. 2014年5月15日閲覧。
  6. ^ "元祖"爆音上映館、30年の歴史に幕”. 読売新聞 (2014年3月28日). 2014年5月15日閲覧。
  7. ^ 寺下真理加 (2008年4月23日). “「爆音映画」堪能して 巨大スピーカーで臨場感”. 朝日新聞. 2014年5月15日閲覧。
  8. ^ 結城秀勇 (2010年4月11日). “『映画は爆音でささやく99-09』樋口泰人”. Nobody. 2014年5月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]