吉祥寺バウスシアター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉祥寺バウスシアター
Kichijoji Baus Theater
在りし日のバウスシアター外観(2012年6月)
情報
通称 バウスシアター、Baus
旧名称 ムサシノ映画劇場
完成 1984年3月
開館 1984年3月
閉館 2014年6月10日
最終公演 「THE LAST BAUS さよならバウスシアター、最後の宴」
収容人員 (3スクリーン)373人
設備 SRDDS・SR
用途 映画上映、各種催し
運営 株式会社武蔵野映画劇場
所在地 180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-23
位置 北緯35度42分22.76秒 東経139度34分50.61秒 / 北緯35.7063222度 東経139.5807250度 / 35.7063222; 139.5807250座標: 北緯35度42分22.76秒 東経139度34分50.61秒 / 北緯35.7063222度 東経139.5807250度 / 35.7063222; 139.5807250
アクセス 吉祥寺駅北口から徒歩6分

吉祥寺バウスシアター(きちじょうじ - 、Kichijoji Baus Theater.)は、東京都武蔵野市吉祥寺本町に所在した映画館。ロードショーの他に単館系作品も上映していた。株式会社武蔵野映画劇場が運営。

歴史[編集]

1951年、吉祥寺初の洋画専門劇場「ムサシノ映画劇場」として開館。1980年代に入り、建物の老朽化により閉館、改築を経て1984年3月に吉祥寺バウスシアターとして新たに開業。

主に娯楽系作品からインディペンデント作品まで幅広く上映しており、また独自で上映会を開催していたほか、ライブ落語会といったものまで多岐に展開された[1]

2014年6月10日をもって閉館、30年の歴史に幕を下ろした。近年の建物の経年劣化により、大規模修繕の必要性や厳しい市況から今後の長期的展望が見出せないことが理由[1]。なお、4月26日より閉館当日まで足掛け2か月に亘り閉館イベント「THE LAST BAUS さよならバウスシアター、最後の宴」が開催され、目玉イベントの「第7回爆音映画祭」等を中心に3部構成にて行われた。

2015年には建物が解体され、跡地は三井不動産による「(仮称)吉祥寺本町1丁目11番計画」の開発事業が行われている[2]

歴史[編集]

閉館後の吉祥寺バウスシアター
  • 1951年 合資会社武蔵野映画劇場が吉祥寺で初の洋画専門映画館「ムサシノ映画劇場」を開館。
  • 1984年3月 老朽化で建て直した際に名称を「吉祥寺バウスシアター」に改称。「バウス1」(218席)と「JAV50」(50席、後にバウス2に改称)の2館体制でリニューアルオープン。
  • 2000年4月29日 「バウス3」(105席)を新設し、3館体制となる。
  • 2004年5月1日 オールナイトイベント「爆音で聴く映画の夜」開催。その後の「爆音映画祭」の礎となる。
  • 2008年5月17日 - 23日 「第1回爆音映画祭」開催。以後毎年の恒例に。
  • 2010年 シアター1に3Dデジタルシネマシステムを導入。
  • 2014年
    • 4月26日 - 6月10日 閉館イベント「THE LAST BAUS さよならバウスシアター、最後の宴」を開催。
    • 5月31日 通常の作品上映を終了。
    • 6月10日 閉館。30年[3]の歴史に幕。
  • 2016年4月16日 『地獄の黙示録(劇場公開版)』をシネマート新宿等でリバイバル上映するに当たり、フィルムを提供。

各館の特徴[編集]

(2014年6月閉館時点)

  • バウス1
定員218人。常に洋画の大作・話題作を中心に上映する他、音楽家のライブや寄席などの催しも行っている。丸の内ルーブル系の作品が多い。
  • バウス2
定員50人。当初は「JAV50」という名称だったミニシアター。アート系作品の他、テーマ毎の特集上映も行っている。
  • バウス3
定員105人。2000年4月29日に新設。やや特徴のある洋画や邦画を中心に上映している。丸の内ピカデリー2・3や新宿ピカデリー系の作品が多い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 吉祥寺バウスシアター閉館のお知らせ[リンク切れ]
  2. ^ “跡地にはボーリング場?吉祥寺バウスシアター跡の事業計画が決定”. 吉祥寺経済新聞. (2015年1月26日). http://kichijoji.keizai.biz/headline/2031/ 2015年4月2日閲覧。 
  3. ^ 旧「ムサシノ映画劇場」時代から換算して63年。

外部リンク[編集]