イブライム・フェレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イブライム・フェレール

イブライム・フェレールIbrahim Ferrer, 1927年2月20日 - 2005年8月6日)は、キューバアフロ・キューバン英語版歌手

来歴[編集]

1927年2月20日、キューバ東部のサンティアーゴ・デ・クーバ (Santiago de Cuba) に生まれる。12歳の時、母親を喪う。物売りや大工、街角で歌うなどして暮らし、その後従兄弟とピネオというグループを結成、祭で歌声を披露していた。1953年キューバ革命前後に人気があったキューバの歌手であるパチョ・アロンソ英語版のグループ「ロス・ボクコース」に参加。1959年ハバナに移住。1962年にはフランス共産党の招きで、ヨーロッパソビエト連邦などを巡演。モスクワレニングラード劇場で公演。当時の書記長フルチショフに会っている。しかし、歌いたかったボレロを歌わせてもらえず、他の歌を歌っても一向に名前がクレジットされないため歌うのをやめてしまう。1996年ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブに参加するまでは、キャラメルを売ったり、靴磨きをして暮らしていた。そのお金で休日にラム酒を飲むのを何よりも楽しみにしていたという[1]

ある日、アメリカギタリストであるライ・クーダーのいるスタジオに連れて行かれ、ボレロを録音した。ライ・クーダーはキューバのナット・キング・コールと賞賛した。イブライムは「まさかこうやって歌い始めて、自分の国を代表するボレロ歌手になれるとは思わなかった」と懐述している。それが1997年発売のアルバム「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」で、グラミー賞を獲得した。1998年にはヨーロッパニューヨークで公演を果たしている。その後、同名のドキュメンタリー映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」が制作され、日本を含む世界各国でキューバ音楽ブームを引き起こす。その後も相次いでアルバムを発表し、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの一員として精力的に活躍していた[1]

ヨーロッパ公演から帰国直後の[要出典]2005年8月6日、多臓器不全のため入院先のハバナの病院で死去した。以前から肺気腫を患っていたとされる。[要出典]享年78歳[2]

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b AERA」2001年2月5日号、朝日新聞出版、「表紙の人」記事。
  2. ^ BUENA VISTA SOCIAL CLUBのヴォーカリスト、IBRAHIM FERRERが78歳で逝去 - TOWER RECORDS ONLINE”. Tower Record Japan Inc.. 2017年1月19日閲覧。

外部リンク[編集]