副島淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
そえじま じゅん
副島 淳
生年月日 (1984-07-18) 1984年7月18日(36歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都大田区
身長 195cm
職業 俳優
タレント
著名な家族 ウイリー・ドーシー(父)[1]
高橋マイケル(異母兄)[1]
事務所 リミックス
公式サイト 所属事務所のプロフィール
テンプレートを表示

副島 淳(そえじま じゅん、1984年7月18日 - )は、日本の俳優タレント。所属事務所は有限会社リミックス

日本人アメリカ人ハーフ東京都大田区蒲田生まれ。千葉県浦安市育ち。浦安市立美浜中学校柏市立柏高等学校東京成徳大学日本伝統文化学科卒業。

人物[編集]

幼少期からハーフである事を理由に、様々なイジメや差別を受けたことがある。

身長は195cmで、アフロヘアーを入れると210cm。

英語は話すことができず、2016年11月までは海外に行ったことがなかった。

柏市立柏高等学校東京成徳大学バスケットボールに打ち込み、高校時代は太田敦也(現 日本プロバスケットボールリーグ三遠ネオフェニックス)と共に全国高等学校総合体育大会全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウインターカップ)に出場している[2][3]。そのバスケットボールでは2019年より三遠ネオフェニックスの応援アンバサダーを務める[2][3]。副島自身はネオフェニックス応援アンバサダーの就任オファーについて「(ネオフェニックス所属の太田)敦也とのつながりで来たものと思った」とのことだが、実際には同チーム所属のジョシュ・チルドレスと同じアフロヘアだったことがオファーのきっかけだったと聴いて「アフロヘアにして良かったね」とコメントした[3]

小学2年生の頃に母親が再婚したがそれが嫌で家出し、この時に拉致監禁(誘拐・監禁・身の代金目的略取)された経験がある。しかし、犯人は電話が止められているほど貧困な副島の家庭環境に同情し、解放した[4]

祖母は三味線の師範代。

5時に夢中!』(TOKYO MX)では情報の開国を迫る目的で採用された外国人リポーターにも関わらず、外見以外に外国人的な要素が見当たらないと、共演のマツコ・デラックスに同番組内で指摘された。

自身の出生時に両親が籍を入れておらず、父親の顔を見ずに育ったため、父親の顔と名前を知らなかった。しかしその後、2020年6月28日放送のフジテレビ日曜THEリアル!・もう一度家族になりたい!』の番組内で、父親が日本で活動した俳優のウイリー・ドーシー、異母兄が元プロバスケットボール選手で日本代表でもあった高橋マイケルであることが明らかになった[1]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

  • The 5 Second Later Man (2014年1月13日 - 、YouTube) - ギャング 役

映画[編集]

  • Give and go(2008年) - ケニー 役
  • 僕達急行 A列車で行こう(2012年) - アクティ 役
  • 晴れのち晴れ、ときどき晴れ(2013年) - ルイス 役
  • ヲ乃ガワ WONOGAWA(2014年) - 国王B役
  • HERO (2015年)-来賓客(ノンクレジット)
  • 猫侍 南の島へ行く(2015年) - 原住民ビビ 役
  • リリカルスクールの未知との遭遇(2016年) - 音楽番組司会者 役
  • 闇金ドッグス5(2017年) - ジョンキビマキ役

舞台[編集]

  • パンク侍、斬られて候(2009年1月)- 黒和直仁 役
  • PU-PU-JUICE第10回公演「結婚狂想曲」(2010年9月、シアターサンモール)- チョップリン 役
  • よゐこライブ(2010年)- エマニエル坊や 役
  • 桃天紅(2011年4月 - 5月、シアターBRAVA!)- 桃天紅児 役
  • PU-PU-JUICE第11回公演 「奇跡の男」(2011年6月、中野ザ・ポケット)
  • PU-PU-JUICE第12回公演 「汚れたアヒル」(2012年3月、SPACE107)
  • PU-PU-JUICE 2013年夏の笑劇 5部作「パニ☆ホス」(2013年8月、SPACE107)
  • 奇跡の男(再演)(2013年9月)
  • 天才劇団バカバッカvol.13「POLYMPIC TOKYO!」(2014年4月、吉祥寺シアター)
  • 天才劇団バカバッカ Vol,15「ハッピーウェディング」(2015年3月、六行会ホール)
  • SOLID STARプロデュース 東京ギロティン倶楽部 第二回公演「幸福論」(2015年11月、新宿村LIVE)
  • 天才劇団バカバッカ Vol,16「ホテル・プラチナアイランド」(2015年12月、六行会ホール)
  • SOLID STARプロデュースVol.6「ヨビコー!!~You be cool !~」(2016年3月、六行会ホール)
  • 天才劇団バカバッカvol.17「COLORS」(2016年6月、吉祥寺シアター)
  • 50フィフティShadesシェイズ!~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~(2016年11月 - 12月、新宿FACE/サンケイホールブリーゼ)
  • 桃山ビート・トライブ(2017年11月 - 12月、EX THEATER ROPPONGI) - 弥介 役
  • 桃山ビート・トライブ~再び、傾かん~(2019年6月 - 7月、EX THEATER ROPPONGI/京都劇場) - 弥介 役[5]

ネット配信番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “DNA鑑定で判明!副島淳の実兄は、バスケットボール元日本代表のレジェンド・高橋マイケルだった”. フジテレビュー!! (フジテレビジョンネットワーク). (2020年6月28日). https://www.fujitv-view.jp/article/post-127305/?fbclid=IwAR02RLnMjx3VMSbUl1rSlyRW_eS8qFBw5zjbGIhIvXMQOCcz5ruzoGdPpEk&amp 2020年6月30日閲覧。 
  2. ^ a b "フェニックス応援アンバサダーの副島さん来社". 東愛知新聞. 東愛知新聞社. 9 March 2019. 2020年6月28日閲覧
  3. ^ a b c "副島淳が三遠応援アンバサダー「アフロで良かった」". Nikkan Sports Com. 日刊スポーツ新聞社. 7 March 2019. 2020年6月28日閲覧
  4. ^ アフロ俳優の副島淳、拉致監禁された経験語る”. Narinari.com (2016年11月11日). 2020年5月12日閲覧。
  5. ^ もっと歴史シリーズ「桃山ビート・トライブ」山本亮太&原嘉孝で再演決定”. 舞台 桃山ビート・トライブ. 2019年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]