ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファイナルファンタジーシリーズ > ファイナルファンタジーXIV > ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
ファイナルファンタジーXIV
光のお父さん
ジャンル ドラマ
放送時間 毎週月曜0:50 - 1:20(MBS)
毎週水曜1:28 - 1:58(TBS)
毎週木曜0:00配信(Netflix)
(30分)
放送期間 2017年4月17日 - 5月29日(MBS)
2017年4月19日 - 5月31日(TBS)
2017年4月20日 - 6月1日(Netflix)(7回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 MBS(毎日放送
監督 野口照夫
山本清史
原作 スクウェア・エニックスファイナルファンタジーXIV
マイディー『光のお父さん』
脚本 吹原幸太
出演者 千葉雄大
大杉漣
石野真子
オープニング GLAY「the other end of the globe」
エンディング SILENT SIREN「AKANE」
テンプレートを表示

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』(ファイナルファンタジーフォーティーン・ひかりのおとうさん FINAL FANTASY XIV Daddy of Light)は2017年4月から5月まで日本で放映されたテレビドラマ[1]

ファイナルファンタジーシリーズでは、初の実写ドラマ化となる。

なお、ドラマ化への経緯が説明されている『光のぴぃさん』についても、ここで解説する。

概要[編集]

元々は、マイディーというハンドルネームを持つ一介のゲーム好きの青年が、ブログ一撃確殺SS日記」にて連載していた『光のお父さん』というタイトルの一連のブログ日記である。60歳を超えるゲーム好きの父に、自分がユーザーであるオンラインゲームの『ファイナルファンタジーXIV』(『FFXIV』)で親孝行したいという計画が注目され、マイディーのブログは累計300万アクセスという人気を呼び、書籍化、テレビドラマ化へと至った。

タイトルは、『ファイナルファンタジーXIV』における主人公(プレイヤー)が「光の戦士」と呼ばれていることから、父親を「光の戦士=光のお父さん」と作中で命名したため。

作中のゲーム内シーンでは、実際に『ファイナルファンタジーXIV』内で原作者であるマイディーらが操作した映像が使われ、世界初の試みであるとして、これをキャラクターアクターと称している。マイディーの制作発表記者会見もオンラインゲーム内からの中継で、キャラクターを通して行われた[2]

あらすじ[編集]

ネット上のゲーム仲間たちと共に、MMORPGゲーム『ファイナルファンタジーXIV』を楽しんでいる、ゲーム好きの青年であるハンドルネームマイディー」こと稲葉 光生

光生はある日、仕事熱心だった父親が突然退職したと聞きその心境を案じる。しかし、幼いころに行き違って以来いつの間にか父子の間では会話がなくなっていた。その悩みを『FFXIV』の仲間(FCメンバー)に相談したところ、ゲーム内に父親を招待すれば、と提案される。

父親、博太郎の操作するキャラクター「インディ」に、あえて息子であることを隠して近づき、フレンド登録して共に冒険を続け、現実とオンライン上を行き来しながら父親のゲーム攻略をサポートし、攻略終盤のボスを倒した後に正体を明かす……。それは数ヶ月がかりの、壮大なオンライン育成プロジェクトであった。

フレンド達の協力のもと、様々な困難を乗り越えて、父・博太郎を『FFXIV』の世界における勇者、「光の戦士」へと鍛え上げていく「光のお父さん計画」が、今、始まるのだった。

登場人物[編集]

リアルパート[編集]

稲葉 光生(いなば あきお) / マイディー
演 - 千葉雄大 / 少年時代 - 石塚獅桜 / 声 - 南條愛乃
原作で「僕」と名乗っているが、ドラマ化に当たって名前が付けられた。ゲーム内で「マイディー」のキャラクター名を使用している。
ゲーム好きで真面目な会社員。父・博太郎とは距離を感じている。
父の本当の姿を見てみたいという思いから『ファイナルファンタジーXIV』の世界に博太郎を誘い、自らの正体を隠し父と共にプレイすることを思いつく。
稲葉 博太郎(いなば ひろたろう) / インディ
演 - 大杉漣
光生の父。60歳を超えてから『ファイナルファンタジーXIV』に夢中になる。
仕事一筋で次期社長とも目されていたが、ある日突然、家族への相談もなく仕事を辞めてしまった。
稲葉 貴美子(いなば きみこ)
演 - 石野真子
光生の母。夫・博太郎の退職を「早めの定年」として受け止めている。
楽しみにしているドラマの時間に博太郎がゲームをした為に怒りを爆発させる。
正田 陽子(しょうだ ようこ)
演 - 馬場ふみか
光生の会社の新入社員。
当初は光生に非協力的だったが、次第に好意的な態度をとるようになる。
袴田 貴弘(はかまだ たかひろ)
演 - 袴田吉彦
光生の会社の先輩。面倒見がいい。
第I話の時点で父親を亡くしている。父との関係に悩む光生に対し、自身の経験を語った。
大野 肇(おおの はじめ)
演 - 長谷川初範
博太郎の学生時代からの親友。会社を経営している。
博太郎に仕事復帰するよう依頼したが、かたくなに固辞された。
会社関係者
栗山
演 - 島津健太郎
光生の会社の課長。新人女子社員の離職率が高い原因の調査など、光生に様々な仕事を依頼する。
大谷
演 - 今井孝祐
光生の同僚。家庭の事情により退職する。
西川
演 - 小岩崎小恵
光生の会社のOL。同期入社の近藤とは仲が良い。
近藤
演 - 味岡ちえり
光生の会社のOL。
同期入社の西川とは仲が良いが、大喧嘩をしてしまう。
深津
演 - 諒太郎
光生の同僚。
藤本
演 - 本田なお
光生の同僚。
飯山
演 - 信太昌之
光生の会社の顧客である「松芝」の部長。野球好き。
宮西
演 - 大塚ヒロタ
光生の会社の顧客である「松芝」の社員。

エオルゼアパート[編集]

マイディー
声 - 南條愛乃
ゲーム内の光生のキャラクター。
FC「じょびネッツァ」のマスター。
博太郎のキャラクターであるインディと距離を縮め、会社を辞めた理由を聞き出そうと試みる。
インディ
声 - 大杉漣
ゲーム内の博太郎のキャラクター。
はじめたばかりの新米冒険者。
戦闘で苦戦している最中マイディーと出会い、それ以降は一緒に冒険を進める。
あるちゃん
声 - 寿美菜子
しっかり者。マイディーの秘書的存在。
ゆっきーとは現実世界で夫婦の仲。
きりんちゃん
声 - 悠木碧
不思議ちゃん。時々核心を突く。
きりんちゃんの提案が「光のお父さん計画」の切っ掛けとなった。
ゆっきー
声 - 湯浅かえで
あるちゃんとは現実世界で夫婦の仲。
海外に単身赴任中のためゲームの中でしか、あるちゃんと会うことができない。
せろ
声 - 村田太志

用語[編集]

Free Company
略して「FC」。
プレイヤー同士で結成するチームのこと。
気の合う仲間が集まり、プレイ拠点となる家を共有するなどしてプレイ時間を共にする。
光生/マイディーはFC「じょびネッツァ」のマスターを務めている。
エオルゼア
ファイナルファンタジーXIVの舞台となる地名。
「光のお父さん」はリアルパートとゲームパートで構成されており、ゲームパートを指す言葉として「エオルゼア」が用いられる。
ゲームパートは、プレイヤー本人たちのキャラクターを使って実際のゲームのライブサーバーで撮影された[3]
「吉田」
第II話「光のお父さんが姿を消した。」でマイディーが叫ぶ「吉田」とはファイナルファンタジーXIVプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹のこと[4]

スタッフ[編集]

  • 原作 - マイディー
  • 監督(エオルゼアユニット) - 山本清史
  • 監督 - 野口照夫
  • 脚本 - 吹原幸太
  • 撮影 - 安田光
  • 製作 - 久保忠佳
  • チーフプロデューサー - 丸山博雄/吉田直樹
  • 企画・プロデュース - 渋谷恒一/平田樹彦
  • プロデューサー - 宮田昌広/尹楊会/松瀬真一郎/白杉浩嗣/本田昌広
  • 音楽 - 森英治
  • 音楽プロデューサー - 祖堅正慶/馬場俊行
  • キャラクターアクター - FCじょびネッツァ
  • ナレーション - 大島由莉子
  • 主題歌・オープニングテーマ - GLAYthe other end of the globe
  • エンディングテーマ - SILENT SIREN 「AKANE」
  • 挿入歌 - meg「Jacarandaの花のように」

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル
毎日放送 TBS Netflix
第I話 4月17日 4月19日 4月20日 光のお父さんがやってきた。
第II話 4月24日 4月26日 4月27日 光のお父さんが姿を消した。
第Ⅲ話 5月01日 5月03日 5月04日 光のお父さんにゲームオーバーはなかった。
第Ⅳ話 5月08日 5月10日 5月11日 光のお父さんは1日1時間の戦士になった。
第Ⅴ話 5月15日 5月17日 5月18日 光のお父さんは意外な言葉を口にした。
第Ⅵ話 5月22日 5月24日 5月25日 光のお父さんはすべてを打ち明けた。
第Ⅶ話 5月29日 5月31日 6月01日 光のお父さんは本物の光の戦士だ。
特別編 6月01日 僕たちは、あるちゃんのエタバンに奔走した。

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送期間 放送日時 備考
近畿広域圏 毎日放送(MBS) TBS系列 2017年4月17日 - 5月29日 月曜 0:50 - 1:20(日曜深夜) 製作局
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) 2017年4月19日 - 5月31日 水曜 1:28 - 1:58(火曜深夜)
長崎県 長崎放送(NBC) 2017年4月25日 - 6月6日 火曜 1:01 - 1:31(月曜深夜)
宮城県 東北放送(TBC) 2017年4月30日 - 6月11日 日曜 2:13 - 2:43(土曜深夜)
北海道 北海道放送(HBC) 2017年5月8日 - 6月19日 月曜 0:50 - 1:20(日曜深夜)
岩手県 IBC岩手放送(IBC) 2017年5月18日 - 6月29日 木曜 0:26 - 0:55(水曜深夜)
熊本県 熊本放送(RKK) 2017年5月19日 - 6月30日 金曜 1:00 - 1:30(木曜深夜)
山口県 テレビ山口(TYS) 2017年5月26日 - 7月7日 金曜 1:12 - 1:42(木曜深夜)
静岡県 静岡放送(SBS) 2017年5月27日 - 土曜 1:55 - 2:25(金曜深夜)
石川県 北陸放送(MRO) 2017年5月30日 - 火曜 1:00 - 1:30(月曜深夜)
山形県 テレビユー山形(TUY) 2017年5月31日 - 水曜 1:25 - 1:55(火曜深夜)
岡山県香川県 山陽放送(RSK) 2017年6月19日 - 8月20日[5] 月曜 0:50 - 1:20(日曜深夜)
高知県 テレビ高知(KUTV) 2017年6月29日 - 木曜 1:56 - 2:26(水曜深夜)

2017年4月20日よりNetflixで配信されている。6月1日からNetflix限定の特別編が配信開始。

『光のぴぃさん』[編集]

『光のお父さん』を書籍化・テレビドラマ化していく経緯は、ブログ「一撃確殺SS日記」にて、『光のぴぃさん』(The XXXXXXXX of Light→The Producer of Light)というタイトルで不定期で連載されている。

あらすじ[編集]

「光のお父さん計画」のプロジェクト完遂まで、あと数回の連載を残す頃、マイディーに『光のお父さん』の書籍化の話が次々に舞い込んでくる。しかし、他のゲームに設定だけを転用しようとしたり、『FFXIV』のことをよく理解していない業界人が多く、作品へのリスペクトに欠ける提案ばかりで、マイディーは憂鬱になってしまう。

そんなマイディーの元に、「ぴぃ」と名乗るルガディンが現れる。現在ゲーム業界で働いているぴぃさんは、かつて映画業界にいた経験があり、大きな夢があるという。その夢を叶えるために、『光のお父さん』のTVドラマ化の企画を立てて、出資者に提案することを許可してほしいと、マイディーにお願いにきたのだ。

ぴぃさんの熱意に心を打たれたマイディーは、「『FFXIV』をよく分かっていない人に、大切な作品を任せたくない」との思いから、「ぴぃさん自ら『FFXIV』のプレイヤーとなって、大迷宮に挑みツインタニアを倒すこと」を条件に、ぴぃさんの提案を受け入れる。そして、ここに新たな戦士「光のぴぃさん」と仲間たちとの、現実とオンライン上をまたいだ大冒険の物語が、再び始まるのであった。

『光のでぃさん』[編集]

『光のお父さん』の撮影秘話や撮影ポイント等を振り返って解説する企画がブログ「一撃確殺SS日記」にて、『光のでぃさん』(The XXXXXXXX of Light→The Director of Light)というタイトルで毎回のNETFLIXの配信に合わせ連載されている。

書籍[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

MBS ドラマイズム
前番組 番組名 次番組
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
TBS 水曜 1:28 - 1:58(火曜深夜)枠
笑う招き猫
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
怪獣倶楽部〜空想特撮青春記〜