秋元真夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あきもと まなつ
秋元 真夏
Manatsu Akimoto Nogizaka46 HTC event 20140903.jpg
秋元 真夏
プロフィール
愛称 まなったん
生年月日 1993年8月20日
現年齢 22歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県
血液型 B型
公称サイズ(2012年[1]時点)
身長 / 体重 156 cm / kg
備考 靴のサイズ 22cm
活動
デビュー 2011年
ジャンル J-POP
所属グループ 乃木坂46
活動期間 2011年8月 -
主な出演作 超能力研究部の3人
アイドル: テンプレート - カテゴリ

秋元 真夏(あきもと まなつ、1993年8月20日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバーである[1]埼玉県出身[注 1]

略歴

1993年8月20日、東京都の病院で生まれ、0歳7か月の時に埼玉県へ転居し[2]、マンションで育った[3]秋元康の娘ではない[4]

幼稚園生の頃、芸能界に憧れ始めた[5]。小学生の頃、将来の夢は女子アナウンサーで高島彩に憧れた[3]。小学4年生の時にバトン部に入部し、小学5年生の時に家庭科部へ転部したが、小学6年生の時にバトン部に戻った[3]。小学校高学年の頃から塾に通い始め、私立の女子中高一貫校に進学した[3]。中学1年生の時、調理部に所属しながら生徒会の副会長を務めた[3]。元乃木坂46の2期生・西川七海は[注 2]、中学生時代の同級生である[7]

高校2年生の時、文系のクラスに所属し、目立ちたいという理由から[8]、生徒会の会長を務めた[3]。元乃木坂46の2期生・矢田里沙子は[注 3]、高校生時代の後輩である[10]。高校3年生の時、乃木坂46の1期生オーディションを朝の情報番組で知った[3]。当時はアイドルになろうとは考えておらず、なるとしたらアナウンサー[注 4]、女優、タレントだった[3]。友達からオーディションを勧められたが応募するつもりはなかった[3]。しかし、たまたま携帯電話を操作していた時に、ちょうど乃木坂46の1期生オーディションの締切日が画面に表示されたため[3]、直感で応募してみることにした[12]

2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションでは中ノ森BANDの「Oh My Darlin'」を歌った[13]。暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は前列だった[14]。だが、通っていた高等学校から芸能活動の許可が下りなかった[4]。転校を考えたが母親に反対された[3]。秋元真夏は「一度しかない自分の人生だから、自分の思うようにさせて」とお願いしたが、父親から「将来を考えたら、学業はちゃんとやらなくちゃいけない」と言われた[15]。家を飛び出して外で頭を冷やすこともあった[15]。このようなやりとりが一月間続き、父親は「大学に合格して、きちんと通学するなら」という条件のもと合意した[15]。このため、高校卒業まで芸能活動を休止した[16]。活動休止中『乃木坂って、どこ?』を視聴して「自分があの中にいたら…」と思いをはせることもあったが[17]、大学受験に向けて乃木坂46の関連番組はなるべく視聴せず、録画のみに留めた[12]

2012年4月、高等学校を卒業後、女子大学に進学した[4]。大学合格後も親から反対されたが[12]、乃木坂46の活動に復帰するため、録画していた乃木坂46の関連番組をすべて視聴した上でレッスンに参加し[18]、番組の収録や公演などに同行した[19]。しかし、この間に仲良くなれたメンバーは1人もいなかった[17]。2012年10月、いつもどおり番組の収録に同行し『乃木坂って、どこ?』を見学していたところ[20]、乃木坂46の4thシングル「制服のマネキン」の選抜メンバーに選ばれ、八福神となった[19]。この七福神から八福神への拡大、ひいては秋元真夏のサプライズ復帰はメンバーに動揺を与え、押し出されるかたちで選抜落ちした中田花奈は泣き叫び、八福神から漏れて2列目から3列目に下がることになった西野七瀬は「大阪に帰ります」と言った[17]。西野は秋元真夏と一切喋らなくなり、そのわだかまりは後まで続いたが[17]、秋元真夏は復帰後、乃木坂46の3rdシングル「走れ!Bicycle」の発売記念全国握手会へ参加したり[21]、お笑い芸人の出川哲朗のような身体を張ったキャラクターで[22]、ヒット祈願キャンペーンとして乃木坂46の4thシングル「制服のマネキン」で滝行[23]、5thシングル「君の名は希望」でスカイダイビングをこなした[24]

2013年、『BAD BOYS J』(日本テレビ)でテレビドラマに初のレギュラー出演を開始した[25]。2014年1月10日、乃木神社で成人式を迎えた[26]。2014年12月6日、映画『超能力研究部の3人』で初の主演を務めた[27]。21歳の時、一人暮らしを始めた[28]

人物

愛称は、真夏さん[29]、まなつ[30]、まなったん[31]。母親は「光砂(こうさ)」という名を考えていたが、夏に生まれたから父親が「真夏」と名づけた[3]。弟がいる[32]。必殺技は「ずっきゅん」[33]、行動原理は「かわいく見える」「目立てる」である[3]。肩が出ているトップスとミニスカートのコーディネートにこだわりがある[34]。好きなブランドはsnidel、HONEY MI HONEY、理由は肩が出ていて透けている服が多いからである[5]。チャームポイントは太もも[5]

料理アイドルを目指しており[35]、デビュー当時は料理の得意なお嬢様アイドルになるつもりだったが[3]、いつの間にか握手会で「釣り師」と呼ばれるアイドルになっていた[36]。釣り師と呼ばれるようになっても料理とラジオの仕事を志望している[37]

好きな人物は渡辺美優紀[4]、尊敬する人物は須田亜香里[38]。渡辺美優紀・須田亜香里が「釣り師」と呼ばれていることは知っている[3]。好物は雑煮[4]、飲むヨーグルト、餅[29]。好きな音楽は[Alexandros]西野カナ[39]指原莉乃の推したいメンバーのひとり[40]

趣味

趣味は料理、裁縫、スポーツ観戦[38]

料理ではレシピ本を読むのが好きで[41]、アイドルでなければパティシエになるのが夢だった[42]。得意料理はガトー・オ・ショコラ、タルト、クリームコロッケ[43]。とくにお菓子作りが好きでガトー・オ・ショコラを作っては乃木坂46のメンバーに食べてもらっている[44]白石麻衣によれば、秋元真夏の作るガトー・オ・ショコラは美味しい[44]。成功させたい料理はマカロン[42]。マカロンはなかなかうまく作れず、どら焼きのような大きいマカロンを作って食べたい[42]

特技

特技は反復横跳び、料理、洗濯[4]、ヴァイオリン[45]

反復横跳びは運動音痴である秋元真夏の中では得意なだけで、乃木坂46のメンバー内では平均以下である[46]。運動音痴で[3]、握力は7キログラム[47]、ソフトボール投げは3メートル、50メートル走は13秒6[3]、泳げない[48]、学生時代の体育の成績は1か2だった[3]。乃木坂46の6thシングル「ガールズルール」の特典映像「初夏の全力! 乃木坂46大運動会」の全員リレー対決では乃木チームの4番走者として出場し[49]、50メートル走8秒06の若月佑美と対決したが、50メートル走7秒88の桜井玲香[50]星野みなみ、和田まあやらの前走者がリードした分を追い抜かれ、後に秋元真夏のいる乃木チームは敗北した[49]

また、方向音痴で[41]、自転車は小学2年生の時に一瞬乗れたが、その後は乗れなくなった[3]。ただし、スキーは学校で習った経験があり、滑ることができる[51]

ダンスも苦手で[52]、乃木坂46の活動に復帰する前は生田絵梨花のような歌とダンスのできる正統派アイドルになるつもりで[53]、「このダンスがいい」「自分ならこう表現したい」と考えていたが、復帰した後は「制服のマネキン」のダンスの激しさに追いつくことで精一杯でわけがわからなくなった[54]。このため、2014年度の課題としてパフォーマンス能力の向上を掲げた[3]。それまでは苦手なりにダンスの振りができればよいと考えていたが『乃木坂46アンダーライブ』でアンダーメンバーに感化されて『真夏の全国ツアー2014』から練習量を増やした[55]。乃木坂46の11thシングル「命は美しい」では格好よく踊る自分自身に酔いしれた[56]

保有資格は家庭料理技能検定3級[57]語彙・読解力検定準2級[58]

乃木坂46 

乃木坂46の出川哲朗[59]検定八福神[60]an・an美脚選抜[61]

乃木坂46では桜井玲香、中田花奈、若月佑美とよく遊ぶ[62]。乃木坂46で好きな曲は「制服のマネキン」「気づいたら片想い」「命は美しい[56]。好きな振付けは「気づいたら片想い[63]

作品

シングル

乃木坂46

アルバム

乃木坂46

映像作品

出演

テレビドラマ

  • BAD BOYS J(2013年4月6日 - 6月22日、日本テレビ) - 上条真理子 役[25]
  • オトナヘノベル「突然の“炎上”〜そのときどうする!?〜」(2015年4月2日、NHK Eテレ) - 主演・カレン 役[64]
  • 初森ベマーズ(2015年7月11日 - 9月26日、テレビ東京)- ハーバード 役[65]

映画

書籍

写真集

雑誌連載

  • 月刊ENTAME(2015年5月30日 - 、徳間書店) - まなったんのただいま花嫁修業中[68]

関連書籍

  • 映画 超能力研究部の3人 公式ブック(2014年12月5日、講談社[69]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 出生は東京都だが、出身は埼玉県である[2]。ただし「東京都生まれの埼玉県育ち」と発言することもあり、埼玉県出身であるか否かは安定していない[要出典]
  2. ^ 西川七海は2014年3月22日付で乃木坂46を辞退した[6]
  3. ^ 矢田里沙子は2014年10月18日付で乃木坂46を辞退した[9]
  4. ^ アナウンサー・高島彩の『聞く、笑う、ツナグ。』を読んだ経験があり[11]、その他、子どもの頃に沖縄旅行で飛行機に乗った際、客室乗務員の制服を見て憧れたことから[3]、客室乗務員・松澤萬紀の『100%好かれる1%の習慣』を読んだ経験もある[11]

出典

  1. ^ a b 秋元 真夏|メンバー紹介”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2012年). 2012年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月9日閲覧。
    秋元真夏 (2012年10月13日). “変な人? 5”. 乃木坂46 秋元真夏 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年10月13日閲覧。
  2. ^ a b 秋元真夏 (2013年4月2日). “100回記念なのに...(´°ω°`)100”. 乃木坂46 秋元真夏 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年4月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 「あなたのハートにずっきゅん♥」『FLASHスペシャル-グラビアBEST』2014年夏号、光文社、2014年7月4日、A4版、89-97頁。ASIN B00J5CLZO4
  4. ^ a b c d e f 「打倒AKB、やれんのか? 乃木坂の乱! vol.12-秋元真夏って…誰? 史上最速インタビュー」『BUBKA』2012年12月号、BUBKA編集部、白夜書房、2012年10月31日ASIN B009S9ZM6Q
  5. ^ a b c 「LOVE BULLET「秋元真夏 (乃木坂46)」」『OVERTURE』No.003、徳間書店〈Town Mook〉、2015年6月19日、49-54頁。ISBN 978-4-19-710408-6
  6. ^ 研究生:西川七海、活動辞退のお知らせ”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2014年3月15日). 2014年3月15日閲覧。
  7. ^ 「真夏のアイドル事変」『ENTAME』2013年8月号、大貫真之介、徳間書店、2013年6月29日、月刊版、65頁。ASIN B00DELFOA8
  8. ^ a b 秋元真夏 (2015年7月11日). [Interview] 秋元真夏が乃木坂46で見つけた新しい自分. (インタビュー). TOKYO POP LINE.. https://tokyopopline.com/archives/44876 2015年10月1日閲覧。 
  9. ^ 研究生 矢田里沙子、米徳京花活動辞退のお知らせ”. 乃木坂46 公式サイト. 乃木坂46LLC (2014年9月12日). 2014年9月12日閲覧。
  10. ^ 「イマドキJKアイドル誕生!! 乃木坂46 NOGISTYLE vol.27」『B.L.T.』2014年2月号、東京ニュース通信社、2013年11月22日、月刊版、174頁。ASIN B00GJXOHOC
  11. ^ a b 向原康太 (2014年10月20日). “乃木坂46メンバーがオススメ書籍を紹介 秋元真夏「高島彩さんの本で“世渡り”を学んだ」”. Real Sound. サイゾー. 2014年10月20日閲覧。
  12. ^ a b c 「砂糖細工ができるまで」『UTB+』vol.11、ワニブックス、2012年11月22日、2013年1月号、72頁。ASIN B009VT3LVG
  13. ^ “「乃木坂46」なりたい人集まれ〜公募開始”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年6月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110629-797108.html 2011年6月29日閲覧。 
    “「乃木坂46」最終オーディション取材レポート(2)【合格者一覧(前半)】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月22日). http://www.scramble-egg.com/artist/event11/nogizaka46_02.htm 2013年4月13日閲覧。 
  14. ^ “AKB48公式ライバル「乃木坂46」最終オーディション【速報ダイジェスト】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月22日). http://www.scramble-egg.com/artist/event11/nogizaka46_01.htm 2013年4月13日閲覧。 
  15. ^ a b c 鈴木繁 (2013年11月3日). “秋元真夏さん(乃木坂46)と読む『とんび』”. BOOK.asahi.com. 朝日新聞社. 2016年1月3日閲覧。
  16. ^ 秋元真夏 (2012年12月18日). 乃木坂46「制服のマネキン」特集 - 秋元真夏に訊きたい46のコト (7-10). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/nogizaka46_04/page/7 2012年12月18日閲覧。 
  17. ^ a b c d 「乃木坂46物語 まさかの電撃復帰! 帰ってきた“秋元真夏”」『週刊プレイボーイ』2015年6月15日号、プレイボーイ編集部、集英社、2015年6月1日ASIN B00Y1YL1PO
  18. ^ 「乃木坂46 4thシングル『制服のマネキン』発売記念グラビア」『BOMB』2013年1月号、学研マーケティング、2012年12月8日、月刊版、45頁。ASIN B00AAGOXYI
  19. ^ a b “1年休止の秋元真夏が乃木坂「八福神」に”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年10月8日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20121008-1029448.html 2013年4月11日閲覧。 
    秋元真夏 (2012年10月12日). “アメイジングな発表♪4”. 乃木坂46 秋元真夏 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年4月11日閲覧。
  20. ^ 「聖☆福神」『GIRLPOP』561号、エムオン・エンタテインメント〈M-ON! ANNEX〉、2012年12月1日、2013 WINTER、110頁。ISBN 978-4-7897-7182-5
  21. ^ “乃木坂46秋元真夏、明日の幕張握手会に急遽参加”. ナタリー (ナターシャ). (2012年10月13日). http://natalie.mu/music/news/78195 2013年4月4日閲覧。 
    “乃木坂46秋元真夏、幕張握手会でファンに初の挨拶”. ナタリー (ナターシャ). (2012年10月14日). http://natalie.mu/music/news/78210 2013年4月6日閲覧。 
  22. ^ “美少女軍団に出川キャラ!? ヨゴレアイドル秋元真夏の魅力”. BUBKA Web (白夜書房). (2013年8月13日). http://bubkaweb.com/idol/archives/85 2013年8月13日閲覧。 
  23. ^ “乃木坂ヒット祈願で荒行! 山、崖、滝…”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年12月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/p-et-tp0-20121204-1055212.html 2012年12月4日閲覧。 
    秋元真夏 (2012年12月18日). “火曜曲♪”. 乃木坂46 秋元真夏 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年12月18日閲覧。
  24. ^ “乃木坂46橋本奈々未、過去のヒット祈願企画を批判? 「みんなにとってプラスになる企画をやりたい」”. Real Sound (blueprint). (2015年10月12日). https://realsound.jp/2015/10/post-4850.html 2015年10月12日閲覧。 
  25. ^ a b “伝説のヤンキーマンガドラマ化でAKB板野、乃木坂橋本共演”. ナタリー (ナターシャ). (2013年3月16日). http://natalie.mu/music/news/86816 2013年4月4日閲覧。 
    秋元真夏 (2013年4月30日). 乃木坂46「BAD BOYS J」特集 (3/4). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/bbjnogizaka/page/3 2013年4月30日閲覧。 
  26. ^ “「もっと若作りしなくちゃ」乃木坂46メンバー5人が成人式”. ナタリー (ナターシャ). (2014年1月10日). http://natalie.mu/music/news/107474 2016年1月10日閲覧。 
  27. ^ a b Cast&Staff”. 映画『超能力研究部の3人』公式サイト. 2014「超能力研究部の3人」製作委員会 & BS-TBS (2014年9月5日). 2014年9月5日閲覧。
  28. ^ 「03 MANATSU AKIMOTO」『20±SWEET』465号、KUZUNORI OKUBO、東京ニュース通信社〈TOKYO NEWS MOOK〉、2014年12月26日、2015 WINTER、61頁。ISBN 978-4-86336-450-9
  29. ^ a b 「美女散歩 Vol.22 乃木坂46と妄想デート」『Samurai ELO』2014年8月号、ANDRE、三栄書房、2014年6月24日、月刊版、150頁。ASIN B00KVMCHV2
  30. ^ 「乃木坂46 雨のち晴れ 秘密のガールズトーク」『BOMB』2013年7月号、eiichiro miyata、学研マーケティング、2013年6月7日、月刊版、63頁。ASIN B00CYLVCGY
  31. ^ 秋元 真夏(あきもと まなつ) - 乃木坂と、まなぶ”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2013年4月4日閲覧。
  32. ^ “大人になりきれない乃木坂 高山一実「ピーターパン世代」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年1月11日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/01/11/kiji/K20140111007360850.html 2014年1月11日閲覧。 
  33. ^ 秋元真夏 (2014年7月12日). 乃木坂46 西野七瀬、秋元真夏、若月佑美 独占インタビュー. (インタビュー). THE PAGE.. http://thepage.jp/detail/20140712-00000007-wordleaf?page=2 2014年7月12日閲覧。 
  34. ^ “乃木坂46・秋元真夏:「握手会」でのこだわり語る”. MANTANWEB (毎日新聞デジタル). (2015年3月5日). http://mantan-web.jp/2015/03/05/20150305dog00m200028000c.html 2015年8月5日閲覧。 
  35. ^ (乃木坂46日々是勉強)秋元真夏 ダメな自分もチャンスに”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2014年10月31日). 2014年10月31日閲覧。
  36. ^ 秋元真夏; 西野七瀬 (2014年4月1日). 乃木坂46「気づいたら片想い」特集 - 西野×秋元ガチトーク (2/9). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/nogizaka46_09/page/2 2014年4月1日閲覧。 
  37. ^ 乃木坂46 シングル表題曲を完全網羅 少女たちの3年の軌跡を詰め込んだ 待望の1stアルバムが完成」『Va』JANUARY 2015 vol.150、FUMIAKI KUREBAYASHI、TSUTAYA、2014年12月20日、3-6頁。
  38. ^ a b 「マナツ13」『EX大衆』2014年5月号、双葉社、2014年4月15日、月刊版。ASIN B00J8PZFC6
  39. ^ 「乃木坂46 暑チューお見舞い申し上げます」『HR』2015年9月号、グラフィティ〈Tokyograffti〉、2015年8月8日、9頁。ASIN B012TPRN2G
  40. ^ 指原 乃木坂の“推しメン”は秋元真夏「前向きですてきだなあ」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2014年3月4日). 2014年3月4日閲覧。
  41. ^ a b 『AKB48×週刊プレイボーイ2012』 集英社、2012年11月12日、不定版、75頁。ASIN B009SJCEJE
  42. ^ a b c 秋元真夏 (2015年10月29日). 乃木坂46 秋元真夏が可愛すぎる料理姿を披露. (インタビュー). ドワンゴジェイピーnews.. http://news.dwango.jp/2015/10/29/60018/idol/2/ 2015年10月29日閲覧。 
  43. ^ 秋元真夏 (2014年7月14日). 乃木坂46・秋元真夏の得意な手作り料理BEST3. (インタビュー). rankingbox.. http://rankingbox.jp/article/4018 2014年7月14日閲覧。 
  44. ^ a b “乃木坂46白石麻衣、秋元真夏のガトーショコラを絶賛「いつかお店を出して」”. マイナビニュース (マイナビ). (2014年11月6日). http://news.mynavi.jp/news/2014/11/06/119/ 2014年11月6日閲覧。 
  45. ^ 「まなったんのただいま花嫁修業中」『月刊ENTAME』2015年11月号、トリゴエカナ、徳間書店、2015年9月30日ASIN B013GW96US
  46. ^ “乃木坂46、生ドルでメンバー相手に検証企画”. ナタリー (ナターシャ). (2014年11月2日). http://natalie.mu/music/news/130269 2014年11月2日閲覧。 
  47. ^ 「Disc4 未公開映像」『NOGIBINGO!』DVD-BOX、バップ、2014年3月7日、初回限定版。ASIN B00IAQXO36
  48. ^ 「NOGIHOLIC #9 秋元真夏 夏影」『BUBKA』2015年9月号、白夜書房、2015年7月31日、21頁。ASIN B00ZD9F9ZO
  49. ^ a b 初夏の全力! 乃木坂46大運動会」『ガールズルール』 Sony Music Records、2013年7月3日、Type-B。ASIN B00CP82NKU
  50. ^ 乃木坂って、どこ?|2011/10/24(月)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2011年). 2011年10月24日閲覧。
  51. ^ 「秋元真夏 真冬の真夏 〜真夏と雪の物語空〜」『FLASHスペシャル グラビア BEST』2015年早春号、光文社、2015年2月20日、76頁。ASIN B00T9XHW9G
  52. ^ 秋元真夏 (2014年7月9日). 【インタビュー】乃木坂46 私を変えてくれた大切な場所 一歩ずつ登り始めた大人の階段. (インタビュー). rankingbox.. http://rankingbox.jp/article/4144 2014年7月9日閲覧。 
  53. ^ 秋元真夏; 高山一実; 若月佑美 (2015年1月6日). 乃木坂46「透明な色」「VA」インタビュー完全版 (前編). インタビュアー:FUMIAKI KUREBAYASHI. TSUTAYA on IDOL.. http://tsutaya.tsite.jp/feature/music/idol/nogizaka46/nogizaka46-2 2015年1月6日閲覧。 
  54. ^ 「HISTORY OF THE TITLE SONG」『OVERTURE』NO.001、徳間書店、2014年10月3日、32頁。ISBN 978-4-19-710393-5
  55. ^ 秋元真夏; 生田絵梨花; 高山一実 (2015年1月6日). 乃木坂46、秋元真夏・生田絵梨花・高山一実インタビュー 2014年に起きたグループの一大変化とは?. インタビュアー:香月孝史. リアルサウンド.. http://realsound.jp/2015/01/post-2172_3.html 2015年1月6日閲覧。 
  56. ^ a b 斉藤貴志 「乃木坂46楽曲総選挙」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2015』2015年10月15日号、集英社、2015年9月17日、増刊号、88頁。ASIN B01518F35W
  57. ^ 乃木坂46橋本奈々未、バスケ愛をアピール 「芸能界いちバスケが好きな自信ある」”. Real Sound. サイゾー (2014年11月17日). 2015年8月17日閲覧。
  58. ^ 乃木坂メンバー、準2級に10人合格 語彙・読解力検定”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2014年2月21日). 2014年2月21日閲覧。
  59. ^ “さしこ「いい感じの滝、ないですか?」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年1月7日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/p-et-tp0-20140107-1240571.html 2014年1月7日閲覧。 
  60. ^ 乃木坂メンバーの合否は…? 語彙・読解力検定の結果発表”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2013年7月30日). 2013年7月30日閲覧。
  61. ^ “乃木坂46“美脚”選抜10人、タオル一枚のセクシーショット”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年5月18日). http://mdpr.jp/news/detail/1487766 2015年5月18日閲覧。 
  62. ^ 「秋元真夏-バラエティの『最終兵器』はリアクション職人を目指す!?」『日経エンタテインメント! ネクストメジャー・アイドル Special』 田口俊輔、日経BP社、2013年11月29日、32-33頁。ISBN 978-4-8222-7578-5
  63. ^ 「乃木坂46 メンバーアンケート 全メンバーに聞く「乃木坂46の好きなクリエイション」CDジャケット/映像作品/衣装/振付け」『MdN』vol.252、エムディエヌコーポレーション、2015年3月6日、2015年4月号、78頁。ASIN B00TSOFB2G
  64. ^ 2015年4月2日放送 突然の“炎上”〜そのとき どうする!?〜”. オトナヘノベル. 日本放送協会 (2015年). 2015年4月3日閲覧。
  65. ^ 人物紹介”. 初森ベマーズ. テレビ東京 (2015年8月11日). 2015年8月11日閲覧。
  66. ^ キャスト&スタッフ”. Sexy Zone 中島健人初主演映画! 劇場版「BAD BOYS J」大ヒット上映中!. 劇場版「BAD BOYS J」製作委員会 (2013年). 2014年8月1日閲覧。
  67. ^ 秋元真夏」『季刊 乃木坂』vol.3 涼秋、東京ニュース通信社、2014年8月11日、86-95頁。ISBN 978-4-86336-426-4
  68. ^ 「まなったんのただいま花嫁修業中↓」『ENTAME』2015年7月号、徳間書店、2015年5月30日、月刊版。ASIN B00UJXL76O
  69. ^ 乃木坂46、2014「超能力研究部の3人」製作委員会 『映画 超能力研究部の3人 公式ブック』 モーニング編集部、講談社〈講談社 Mook〉、2014年12月5日ISBN 978-4-06-389865-1

外部リンク