みよこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みよこ
本名 山中美代子
生年月日 (1983-12-13) 1983年12月13日(35歳)
出身地 東京都江戸川区
血液型 B型
身長 163cm[1]
言語 日本語
最終学歴 日出高等学校
コンビ名 マンゴスティン(解散)
グループ名 三等分(解散)
相方 宮島里奈(マンゴスティン時代の元相方)
ちーちゃん(三等分時代の元相方)
たまこ(三等分時代の元相方)
芸風 漫談、一人コント
事務所 松竹芸能
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

みよこ1983年12月13日 - )は東京都江戸川区出身[2]の女性お笑いタレントである。松竹芸能(東京)所属。本名・山中 美代子(やまなか みよこ)。

人物・来歴[編集]

  • 身長163cm、体重49kg[1]。スリーサイズはB79cm、W64cm、H92cm[3]
  • 日出高等学校卒業[2]。学生時代は陸上部に所属し、長距離の選手でもあった。今でも週に一、二度、最低5kmは走っているとのこと[4]
  • 英語検定準2級資格を所持。
  • かつて浅井企画に所属していた時は女性お笑いコンビ「マンゴスティン」のメンバーであり、元相方は同じ中学校、高校の同級生でもあった宮島里奈。高校生だった1999年に結成して活動を開始し、マンゴスティンではみよこはツッコミ役だった[4]
    • 2008年3月に相方の宮島の結婚と妊娠が浅井企画オフィシャルサイトと公認ブログで発表され(この年中に出産)、それにより、コンビとしてのマンゴスティンでの活動は当面休止することになり、再開までは山中が一人で活動を続けることも合わせて報告された。この間ピン芸人として、また同じ事務所所属のまぁことのコンビでライブに出演したなどということもあったが、同年10月にマンゴスティンは活動再開することなく解散、そして宮島とともにみよこも浅井企画を退社することを発表した。ASAI RED ROSEでの活動は同年12月7日メルシートゥフェスタまで続けた[5]
  • 2009年1月に元フリーサイズのたまこ、元ブルームフラワーのちいとトリオ『三等分』を結成。2010年2月にたま子が脱退。2010年12月に、三等分は松竹芸能所属となる[6]。その後2013年11月2日のライブ『MUSIC-ECO-#55』(東京・高田馬場live cafe MONO)を最後にちーちゃんも脱退し[7]、その後はピン芸人となる。最初、三等分では『みよこ』と名乗っていたが、2009年3月22日から『みよ』と改め[8]、ちーちゃん脱退後ピン芸人となってからは『三等分みよ』と名乗っていたが、2015年2月から、芸名を現在の『みよこ』に改めた[9]
  • かつては家田荘子の物真似をしていたことがあった。綾戸智恵似という評判があり、綾戸の物真似が持ちネタにある[10]。また、新宿角座の『角座eステーション』ライブや、『チームG』(ニセAKB)のライブに、指原莉乃の真似で出演したこともある[11][12][13]。物真似レパートリーは他に櫻井翔[4]菊地亜美[14]山崎夕貴フジテレビアナウンサー)などがある[14]。しかし櫻井のものまねについては、みよこがものまねしたのを八幡カオルがパクったとして本気で怒っているというが、2019年1月22日放送『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS)にて、八幡から「自分が先に(櫻井のものまねを)やっていた」ということと、櫻井本人に会ってほぼ公認をもらえたということを弁明されている[14]
  • この他、自身の体のサイズを活かしたポージングネタ、首長族のネタなどを持つ[4]
  • 相撲好きであり、相撲をテーマにトークをするライブ『うっちゃりトーク』(第一回=“初場所”は2010年5月23日)を瞬間メタルと共に行っている[15]。好きな力士は白鵬宝富士(2015年当時)、錦木(2017年時点)[16]相撲好きになったきっかけは、三等分時代の相方・ちーちゃんに本場所観戦に連れて行ってもらったことで、中でも白鵬の尻がきれいだったことが印象に残っているとのことで「世界で一番きれいなお尻」だとも話している。以来「3度の飯より力士の尻が好き」になった[16]。思い出の一番には2014年九月場所の逸ノ城×戦を挙げている[17]。また、2015年から相撲情報フリーペーパー『TSUNA』にて連載を開始。安田大サーカスHIROを筆頭に、松竹芸能の相撲好き芸人で2015年に結成された『松竹相撲部』のメンバーに名を連ねている[18][19]。また、力士の尻を見ればを見ることが出来るという「力士の尻占い」も特技[1]。一日に5回から10回ほど必ず四股を踏んでトレーニングしている[1]大相撲埼玉県などの巡業で、土俵作りなどの手伝いに行ったこともある[20]

出演[編集]

テレビ[編集]

単独ライブ[編集]

  • 出馬宣言(2015年11月14日 東京・中野区 Studio twl)[27]
  • 振り返ればみよこがいる(2016年12月17日 東京・中野区 Studio twl)[28]
  • 地球はまぁるい。(2017年7月29日 東京・中野区 Studio twl)[29]

マンゴスティン時代の出演についてはマンゴスティン (お笑い)#出演、三等分時代の出演については三等分#出演を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(331)】稀勢の里の優勝に大喜びの相撲大好き女ピン芸人、みよこ(2/2)”. サンケイスポーツ (2017年4月8日). 2017年4月8日閲覧。
  2. ^ a b みよこfacebook 自己紹介(2018年8月20日閲覧)より。
  3. ^ #外部リンク節掲載の「公式プロフィール」参照
  4. ^ a b c d 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(331)】稀勢の里の優勝に大喜びの相撲大好き女ピン芸人、みよこ(1/2)”. サンケイスポーツ (2017年4月8日). 2017年4月8日閲覧。
  5. ^ 新☆美代子日記2008年10月1日
  6. ^ 三等分ちーちゃんの『くつ下 片っぽどっかいっちゃったっ!!』2010年12月17日 20:42更新より。
  7. ^ 最後のライブのお知らせ。”. みよの富士部屋にようこそ (2013年11月1日). 2015年2月4日閲覧。
  8. ^ 三等分みよの『お友達からお願いします』2009年3月22日更新分より
  9. ^ 改名。”. みよの富士部屋にようこそ (2015年1月31日). 2015年2月4日閲覧。
  10. ^ 業界で話題沸騰!第4回すぐ言う芸王座決定戦!!”. 『芸人報道』公式ホームページ (2013年4月23日). 2015年2月4日閲覧。
  11. ^ 松竹AKBとは。”. みよの富士部屋にようこそ (2013年10月28日). 2015年2月4日閲覧。
  12. ^ ニセAKB。”. みよの富士部屋にようこそ (2014年6月18日). 2015年2月4日閲覧。
  13. ^ 解散…”. みよの富士部屋にようこそ (2014年11月1日). 2015年2月4日閲覧。
  14. ^ a b c 2019年1月22日放送 有田哲平の夢なら醒めないで”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2019年1月22日). 2019年1月24日閲覧。
  15. ^ 瞬間メタル・三等分の「うっちゃりトーク初場所」”. 三等分みよの『お友達からおねがいします』 (2010年5月23日). 2015年2月4日閲覧。
  16. ^ a b 『大相撲ジャーナル』2017年8月号 p52
  17. ^ 大相撲ぴあ(ぴあMOOK、2015年1月20日発行)69ページより。
  18. ^ あかつや松竹相撲部が相撲愛語り尽くす「OH!相撲ナイト」”. お笑いナタリー (2016年3月10日). 2016年7月11日閲覧。
  19. ^ うっちゃりトーク34場所目。”. みよの富士部屋にようこそ (2015年11月30日). 2016年7月11日閲覧。
  20. ^ 大相撲ジャーナル(報知新聞社編集、アプリスタイル刊)2017年10月号 p.59
  21. ^ みよこtwitter 2017年5月16日
  22. ^ みよこtwitter 2017年9月26日
  23. ^ バイキング 2017年5月23日”. gooテレビ (2017年5月23日). 2017年5月24日閲覧。
  24. ^ とんねるずのみなさんのおかげでした 歳末爆笑2時間半スペシャル”. gooテレビ (2017年12月21日). 2017年12月22日閲覧。
  25. ^ 2018年11月24日放送 ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2018年11月24日). 2018年11月25日閲覧。
  26. ^ 金曜プレミアム 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル 2019年5月17日(金)”. gooテレビ] (2019年5月17日). 2019年7月3日閲覧。
  27. ^ みよこtwitter 2015年11月1日
  28. ^ みよこtwitter 2016年11月11日
  29. ^ 地球はまぁるい。”. みよの富士部屋にようこそ (2017年7月31日). 2017年7月31日閲覧。

外部リンク[編集]