毎日放送の深夜ドラマ枠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本項では、毎日放送(MBS)制作にて未明(深夜)帯にて放送された連続ドラマ放送枠について解説する。

金曜ナイト劇場』『ドラマイズム』『ドラマ特区』に関しては該当項を参照。

概要[編集]

制作局の毎日放送にて木曜未明(水曜深夜)帯に放送されたものを除いて、関東圏ではTBSでネット。

下記の放送作品の放送日については制作局である毎日放送のものに準拠する。一部ネット局では各作品の放送開始前に事前番組を放送する。

放送作品 (金曜未明〈木曜深夜〉)[編集]

金曜未明帯の第1期は、金曜ナイト劇場の後継枠。第3期終了後、月曜未明帯枠設定。

放送時間・ネット局(金曜未明)[編集]

放送作品 (日曜未明〈土曜深夜〉)[編集]

木曜未明帯枠、金曜未明帯枠(第1期)終了後に枠設定。半年後に廃枠となり、金曜未明帯枠(第2期)を再設定。

放送時間・ネット局(日曜未明)[編集]

放送作品 (月曜未明〈日曜深夜〉)[編集]

金曜未明帯枠(第3期)終了後に枠設定。約2年後の2016年4月改編で月曜未明の新枠名として「ドラマイズム」を制定[1]

放送時間・ネット局(月曜未明)[編集]

放送作品 (木曜未明〈水曜深夜〉)[編集]

2008年に毎日放送深夜ドラマ枠で最初に設定。一時、金曜ナイト劇場金曜未明帯枠と並列。

放送時間・ネット局(木曜未明)[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ この作品以降、製作局より2日先行で放送開始
  2. ^ この作品以降、製作局より5日遅れ
  3. ^ D×D〜ドラマナイト〜第2枠
  4. ^ 東北地方太平洋沖地震の影響により、第3話で打ち切りとなった。
  5. ^ MBSでは9月24日に最終話を含む2話分放送するため、先行放送のTBSより早く終了した。
  6. ^ D×D〜ドラマナイト〜第1枠
  7. ^ 『新解釈・日本史』は、TOKYO MXでも放送され、東京都では事実上の再放送となった。
  8. ^ 『となりの関くんとるみちゃんの事象』は、tvkでも放送され、神奈川県では事実上の再放送となった。
  9. ^ 後年のドラマ特区と同様
出典

関連項目[編集]