劇場版 仮面ライダービルド Be The One

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
劇場版 仮面ライダービルド
Be The One
監督 上堀内佳寿也
脚本 武藤将吾
原作 石ノ森章太郎
出演者 犬飼貴丈
赤楚衛二
高田夏帆
武田航平
越智友己
小久保丈二
木山廉彬
藤井隆
松井玲奈
滝裕可里
水上剣星
前川泰之
勝村政信
音楽 川井憲次
主題歌 Beverly「Everlasting Sky」
製作会社 劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会
配給 東映
公開 日本の旗2018年8月4日
上映時間 66分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判
次作 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER[1]
テンプレートを表示

劇場版 仮面ライダービルド Be The One』(げきじょうばん かめんライダービルド ビー ザ ワン)は、2018年8月4日より東映系で公開された日本の映画作品。同時上映作品は『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』。

キャッチコピーは「さぁ、最後の実験をはじめようか[2]」「未来を創る、ただひとつの答え。[3]」「奇跡を創る法則は、二人の絆。[4]」。

概要[編集]

特撮テレビドラマ仮面ライダーシリーズ』の『仮面ライダービルド』の単独映画作品[5]時系列上ではテレビシリーズ第45話と第46話の間の話となっている[6][7][注釈 1]。本作品では、ラストパンドラパネルホワイトが創った新世界の一端が先行披露される[8]

前年までと同様に次回作の主役ライダーの先行登場も踏襲されており、『仮面ライダージオウ』から仮面ライダージオウがテレビシリーズの放送開始に先駆けて登場する[9][10][11]ほか、『ジオウ』のクロスオーバー要素も兼ねて『ビルド』以前の平成ライダーと一部の怪人も登場する[8]

ストーリー[編集]

愛と平和のために桐生戦兎 / 仮面ライダービルドがエボルトと激闘を繰り広げている中、伊能賢剛率いるブラッド族が暗躍を始める。東都、西都、北都の都知事になったブラッド族はエボルトに代わって地球滅亡を企み、邪魔なビルドを倒すためにビルド殲滅計画を始動し、日本の全国民を洗脳して暴徒化させてビルドを襲わせる。それにより、戦兎の仲間である石動美空と滝川紗羽も敵と化したうえ、猿渡一海 / 仮面ライダーグリスと氷室幻徳 / 仮面ライダーローグも捕まったばかりでなく、戦兎の相棒である万丈龍我 / 仮面ライダークローズもブラッド族の手先になってしまう。

龍我が戦兎を倒してハザードトリガーを手に入れると、伊能は仮面ライダーブラッドに変身し、パンドラボックスをも手に入れようと画策する。

史上最悪の危機に、ビルド最後の実験が始まる。

本作品の登場人物[編集]

テレビシリーズの登場人物については仮面ライダービルド#登場人物を参照。

ブラッド族[編集]

エボルトと同じ地球外生命体の集団。10年前、石動惣一と共に火星を探査した「極プロジェクト」の宇宙飛行士たちに憑依し、陰からエボルトに協力していたが、なかなか地球を滅ぼそうとしないエボルトに代わって自分たちで地球を滅ぼすため、パンドラタワーに樹立された新政府の都知事として暗躍する。

伊能 賢剛いのう けんご / 仮面ライダーブラッド
新たに東都の都知事に就任した男性。西都首相の御堂正邦の参謀として、裏で暗躍していた。刑務所から脱獄した龍我の情報を惣一に流させ、戦兎と龍我を巡り合わせるよう仕向けた。
郷原 光臣ごうばら みつおみ / ゼブラロストスマッシュ
新たに西都の都知事に就任した男性。北都首相の多治見喜子の参謀として、裏で暗躍していた。また、龍我の監視役として、彼の恋人であった小倉香澄をバーンスマッシュに仕立て上げることを提案した。
才賀 涼香さいが りょうか / シザーズロストスマッシュ
新たに北都の都知事に就任した女性。東都首相の氷室泰山の側近として、氷室幻徳を首相代理にさせ、彼を西都や北都との戦争に駆り立てた。

その他の登場人物[編集]

舞原 由宇まいはら ゆう舞原 新汰まいはら あらた
ストレッチクローンスマッシュ、フライングクローンスマッシュに襲われていたところを戦兎に助けられた姉弟。

本作品オリジナルの仮面ライダー[編集]

仮面ライダービルド クローズビルドフォーム[編集]

桐生戦兎が、万丈龍我と合体し変身する新たなベストマッチフォーム[12][13]

細部の意匠こそ異なるものの、その名の通り基本的にはビルド ラビットラビットフォームのハーフボディ[注釈 2]と、クローズのドラゴンハーフボディを組み合わせた姿[注釈 3]をしており、腰部にはローブが新たに追加されている。それぞれのパーソナルカラーである赤と青に加え、ビルド側には金、クローズ側には銀がアクセントとして加えられている。

変身の際にはラビットタンクスパークリングと同様にクローズビルド缶を振り、プルタブを引いた後にビルドドライバーに装填。「クローズビルド!」の音声が流れた後にレバーを回すことで、スナップライドビルダーが前後に形成、「変身!」の掛け声と共に龍我もハーフボディとともに戦兎に結合され、変身を完了する。変身音声は「ラビット!ドラゴン!Be The One!クローズビルド イエーイ!イエーイ![14]

飛行能力を有する[15]他、クローズドラゴン・ブレイズやラビットラビットアーマーに似たエネルギー体を召喚することも出来る。

必殺技
ラブ&ピースフィニッシュ
ビルドドライバーのレバーを再度回すことで、「Ready go!」の音声と共に発動する。ドラゴン型のエネルギー体が敵を拘束した後、飛び蹴りを叩き込む。技名は2人同時に叫ぶ。

仮面ライダーブラッド[編集]

伊能賢剛が変身する仮面ライダー。カラーリングは赤・黒・金を基調としており、背部にはマントを纏っている。

変身の際には、ハザードトリガーを装着したビルドドライバーとコブラロストフルボトルを装填したグレートクローズドラゴンを使う。レバーを回すとスナップライドビルダーが展開し、パイプが2体のロストスマッシュと龍我を取り込む。変身音声は「ウェイクアップ クローズ!ゲット グレートドラゴン!ブラブラブラブラブラッド!ヤベーイ!」。

ジーニアスフォームとなったビルドを上回る戦闘力を持つ上、ロストスマッシュと融合することによってさらなる強化も可能であり、今までの敵とはスペックや能力の面で一線を画している[15][16][17][18][19][20]。飛行能力やコブラ型エネルギー体を操る能力も備えている。武器及び必殺技は劇中未使用。

ツール
ビルドドライバー
伊能が使用する変身ベルト。
グレートクローズドラゴン
龍我がグレートクローズに変身する際に用いるドラゴン型自律行動ユニット。
上二つとも元々は龍我が使用していた物で、龍我が伊能に提供した。
ハザードトリガー
ビルドドライバー用の機能拡張デバイスで、龍我が戦兎から強奪したもの。劇中では起動スイッチを2回押してマックスハザードオンの状態で使用した。

スマッシュ[編集]

シザーズロストスマッシュ
才賀がハサミロストフルボトルで変身するロストスマッシュ。
切れ味が鋭い両腕のハサミを武器にする。
ゼブラロストスマッシュ
郷原がシマウマロストフルボトルで変身するロストスマッシュ。
強烈な格闘術を持つ。

本作品オリジナルの用語・アイテム[編集]

用語[編集]

ビルド殲滅計画
伊能たちが進める計画。全国民を洗脳して暴徒化させ、ビルド=戦兎を精神的に追い詰めようとしていた。

アイテム[編集]

金銀のフルボトル
通常とはボトルカラー、シールディングキャップのラベルデザイン[注釈 4]が異なるフルボトル。2つとも、クローズビルドフォームの変身が解除されると元のラビットフルボトルとドラゴンフルボトルに戻った。
ゴールドラビットフルボトル
金のラビットボトル[21]。ラビットフルボトルが戦兎のハザードレベル7.0到達の影響を受けて変化したもの[22]。クローズビルド缶の合成素材の一つ[13]
シルバードラゴンフルボトル
銀のドラゴンボトル[21]。ドラゴンフルボトルが龍我のハザードレベル7.0到達の影響を受けて変化したもの[23]。クローズビルド缶の合成素材の一つ[13]
クローズビルド缶
クローズビルドフォームへの変身時に使用する缶型のアイテムで、上記の金銀のフルボトルとジーニアスフルボトルがベルナージュの力で融合したもの。戦闘後は元の3つのフルボトルに戻っている。
コブラロストフルボトル、ハサミロストフルボトル、シマウマロストフルボトル
エボルトから渡ったロストフルボトル。

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

音楽[編集]

主題歌「Everlasting Sky」[33]
サウンドプロデュース - 冨田恵一 / 作詞 - 藤林聖子 / 作曲 - カワイヒデヒロ / 歌 - Beverly

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、ラビット・ドラゴンフルボトルがすでにテレビシリーズ本編中で金銀に変化している点や、美空がまだベルナージュの力を持つなど相違点がある。
  2. ^ 厳密にはラビットタンクハザードフォームのハーフボディに、ラビットラビットアーマーが装着された状態。
  3. ^ ベストマッチでは唯一、有機物(生物)同士の組み合わせである。
  4. ^ テレビシリーズのロストフルボトルと同様のデザインになっている。
  5. ^ 仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』に来瀬 荘司(くるせ そうじ)/ ロボルバグスター役でゲスト出演した、プロレスラーの棚橋弘至の長女[25]
  6. ^ 公開当時キャストは未発表だったため、エンドクレジットやパンフレットには「????」と表示されていた。

出典[編集]

  1. ^ “平成仮面ライダー20作記念映画!『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』12月22日公開”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2018年8月3日). https://www.cinematoday.jp/news/N0102640 2018年8月3日閲覧。 
  2. ^ 劇場版 仮面ライダービルド/快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film (アンフィルム) 特報 - YouTube”. 東映映画チャンネル (2018年2月24日). 2018年7月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i toei_riderBUILDのツイート(1005993376309600257)
  4. ^ キャストメインのクールな仕上がり! 映画「ビルド・ルパパト」ムビチケ限定の新ビジュアル公開”. 株式会社KADOKAWA. 2018年7月27日閲覧。
  5. ^ 劇場版「ビルド」「ルパパト」予告公開、勝村政信が仮面ライダーブラッドに変身 - 映画ナタリー”. 株式会社ナターシャ (2018年6月11日). 2018年7月28日閲覧。
  6. ^ 仮面ライダービルド 第46話 誓いのビー・ザ・ワン”. 東映株式会社. 2018年7月22日閲覧。
  7. ^ toei_riderBUILDのツイート(1020828001812922368)
  8. ^ a b 仮面ライダービルド 第47話 ゼロ度の炎”. 東映株式会社. 2018年8月2日閲覧。
  9. ^ 新番組「仮面ライダージオウ」9月2日(日)より放送スタート!”. 東映株式会社. 2018年7月26日閲覧。
  10. ^ てれびくん9 2018, p. 23
  11. ^ テレビマガジン9 2018, pp. 3-6
  12. ^ 『劇場版仮面ライダービルド Be The One』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーen film』”. 東映株式会社. 2018年7月2日閲覧。
  13. ^ a b c 劇場版『ビルド・ルパパト』クローズビルドフォームとルパントリコロールの詳細が判明”. 株式会社KADOKAWA. 2018年8月4日閲覧。
  14. ^ 仮面ライダービルド DXクローズビルド缶”. 株式会社BANDAI SPIRITS. 2018年8月4日閲覧。
  15. ^ a b 宇宙船161 2018, p. 7
  16. ^ 製作報告会見実施> この夏、最も熱い2作品が遂に始動! 「仮面ライダービルド」シリーズの集大成! 犬飼貴丈、1年で最高の変身をスクリーンで魅せる!! Wレッド・伊藤あさひ&結木滉星 初劇場版参戦で、大画面で華麗にアクションを披露!?”. 株式会社テレビ朝日 (2018年6月14日). 2018年6月23日閲覧。
  17. ^ “54歳勝村政信「年寄りが」最強の敵仮面ライダー”. 日刊スポーツ. (2018年6月12日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806120000424.html 2018年6月23日閲覧。 
  18. ^ ““最強の敵”仮面ライダーブラッド 生お披露目でアクションも”. 毎日新聞. (2018年6月12日). https://mainichi.jp/articles/20180612/dyo/00m/200/009000c 2018年6月23日閲覧。 
  19. ^ 「ビルド」&「ルパパト」夏映画本予告解禁!国民が、万丈が…すべてがビルドの敵になる!?”. シネマズ. 株式会社クラップス (2018年6月11日). 2018年6月23日閲覧。
  20. ^ パンフレット 2018, 「仮面ライダーブラッド」.
  21. ^ a b 仮面ライダービルド 第43話 もう一人のビルド”. 東映株式会社. 2018年7月10日閲覧。
  22. ^ ゴールドラビットフルボトル”. 株式会社テレビ朝日. 2018年7月8日閲覧。
  23. ^ シルバードラゴンフルボトル”. 株式会社テレビ朝日. 2018年7月8日閲覧。
  24. ^ a b c 劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アンフィルム)』 本予告 - YouTube”. 東映映画チャンネル (2018年6月10日). 2018年7月2日閲覧。
  25. ^ プロレスラー棚橋弘至の娘・呼春、映画『仮面ライダービルド』で女優デビュー”. ORICON NEWS (2018年7月20日). 2018年8月13日閲覧。
  26. ^ “「仮面ライダージオウ」主演は表参道X・奥野壮、犬飼貴丈や飯島寛騎ら先輩陣も出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年8月7日). https://natalie.mu/eiga/news/294362 2017年8月8日閲覧。 
  27. ^ パンフレット 2018, 「仮面ライダービルド インタビュー 勝利の法則、笑顔の未来 犬飼貴丈」.
  28. ^ a b c パンフレット 2018, 「仮面ライダービルド インタビュー 勝利の法則、笑顔の未来 赤楚衛二×武田航平×水上剣星」.
  29. ^ パンフレット 2018, 「仮面ライダービルド インタビュー 勝利の法則、笑顔の未来 勝村政信」.
  30. ^ パンフレット 2018, 「仮面ライダービルド インタビュー 勝利の法則、笑顔の未来 藤井隆」.
  31. ^ パンフレット 2018, 「仮面ライダービルド インタビュー 勝利の法則、笑顔の未来 松井玲奈」.
  32. ^ パンフレット 2018, 「仮面ライダービルド インタビュー 勝利の法則、笑顔の未来 高田夏帆×滝裕可里 ガールズトーク」.
  33. ^ 「劇場版 仮面ライダービルド Be The One」主題歌はBeverlyの新曲”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年6月13日). 2018年6月13日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]