おぐらとしひろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おぐら としひろ
おぐら としひろ
本名 小倉 敏博
生年月日 (1971-05-09) 1971年5月9日(48歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
民族 日本人
身長 165cm
ジャンル アクション俳優
活動期間 1990年 -
活動内容 俳優スーツアクター
主な作品
仮面ライダー電王』(リュウタロス)
テンプレートを表示

おぐら としひろ1971年5月9日[1][2] - )は日本の俳優、アクション監督である。スタントマンや特撮番組のスーツアクターとしての活躍で知られている。ジャパンアクションエンタープライズ(JAE)所属。

本名・旧芸名は小倉 敏博(読み同じ)。東京都出身[2]。身長165cm。体重52kg。

人物・来歴[編集]

JAC(現JAE)第20期生[2]。スーツアクターとしては小柄な体型が特徴で、全身を用いたアクションやコミカルな演技を得意としている[2]

高校生の時に、JAC創立20周年記念映画『リメインズ 美しき勇者たち』のオーディションに合格し、JACに入門[2]後楽園ゆうえんちの『鳥人戦隊ジェットマン』ショーで補助を務めた後、JACが統合された日光江戸村のアクションショーに配属される[2]

スーツアクターとしては、後楽園ゆうえんちの『五星戦隊ダイレンジャー』ショーで戦闘員役を初めて務め、特撮テレビドラマ『重甲ビーファイター』の怪人役を経て、『ビーロボカブタック』『テツワン探偵ロボタック』『燃えろ!!ロボコン』の3作品でレギュラーを務めた[2]

同枠が平成仮面ライダーシリーズへ移行した頃より、同シリーズにスポットで参加しつつ、活動の中心を小劇場に移す[2]。2007年『仮面ライダー電王』のリュウタロス役で『ロボコン』以来のレギュラーキャラクターを担当[2]。『海賊戦隊ゴーカイジャー』や『仮面ライダーウィザード』でもレギュラーを務めた[2]

『ゴーカイジャー』などでアクション監督補佐を務めた後、映画『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』でアクション監督としてデビュー[2]。以後、俳優業と並行してアクション監督としても活動している[2]

エピソード[編集]

JACを志望した理由は、小学生時代から愛好していた必殺シリーズにJACのメンバーが多数出演していたからであったが、入所後に同シリーズはJACメインではないことを聞き間違いに気づいたという[2]。オーディションではトランポリンを踏み外しており、おぐら自身はなぜ合格できたかわからないと述べており、またトランポリンもトラウマになったという[2]

日光江戸村では、毎日十数ステージの立ち回りを経験したことが自身の財産になっているといい、また高岩成二岡元次郎らJACの先輩との絡みを経験できたことも勉強になったと述べている[2]

重甲ビーファイター』第27話で演じたイカリボンバ2は、ロボット怪人であることからおぐらはロボットをイメージして演じたところアクション監督の竹田道弘から「ロボコンじゃねえんだよ」と叱責され、周囲は爆笑していたがおぐら自身はショックを受けたという[2]。しかし翌々年『ロボコン』と同じロボットコメディ作品である『カブタック』になりレギュラーを得ることができ、従来通りの作品では自身がレギュラー入りすることはなかっただろうと述べている[2]

仮面ライダー響鬼』でバケネコ役に起用されたのは、おぐらが飼っていた猫の話をよくしていたところ、アクション監督の宮崎剛から猫つながりで勧められたからであった[2]

アクマイザー3』を愛好しており、映画『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』でアクマイザー3のリメイクキャラクターが登場することを聞きつけた際は、自ら監督の坂本浩一に電話し、『アクマイザー』のガブラのリメイクであるガーラ役を得た[2]。ガーラが水を飲む描写は脚本にはなく、おぐらの発案によりオリジナルを踏襲したものである[2]

出演[編集]

※『JAE NAKED HERO』「LIST OF WORKS おぐらとしひろ」より[3]

テレビドラマ(出演)[編集]

特撮テレビドラマ(出演)[編集]

テレビスペシャル[編集]

バラエティ番組(出演)[編集]

映画(出演)[編集]

Vシネマ(出演)[編集]

舞台(出演)[編集]

CM(出演)[編集]

CD(出演)[編集]

  • スイートドラゴン(2000年、ウォーター・オリオン) - シーラ・ガンガ・ドラゴン 役[注釈 1]
  • クロックタワー3(2001年、カプコン) - デニス吹き替え[注釈 1]
  • J-MEN 『限界revolution/Believe 〜君は君のままで〜』(2010年)

ゲーム(出演)[編集]

DVD(出演)[編集]

  • ウィッチクローズ(2002年) - シュタイナー 役[注釈 1]
  • R.O.M?(2004年、NTT東日本BBチャンネル) - SAT 役、アクションコーディネーター[注釈 1]
  • リヤル防衛隊 YAJI KITA 特典 short film(2005年) - 喜多六 役[注釈 1]

ネットムービー(出演)[編集]

イベント(出演)[編集]

  • MASKED RIDER LIVE&SHOW 〜十年祭〜(2009年、国際フォーラム) - MC、ゲスト出演
  • JAE・スペシャルイベント 俺たち参上!!(2009年、シアターGロッソ) - メインキャスト
  • ももいろクローバーZ 「サマーダイブ2011 極楽門からこんにちは」 ものクロ帝国(2011年、よみうりランド イースト)
  • 小倉祭(2012年、ネイキッドロフト) - メインキャスト
  • JAE "春"プレミアムイベント ~Jump Up!~(2016年、新宿文化センター

スタッフ[編集]

テレビドラマ(スタッフ)[編集]

  • 土曜ワイド劇場「検事・朝日奈耀子シリーズ」
    • 第8作 『医師&検事〜2つの顔を持つ女!空飛ぶ注射針トリック!?殺人犯を透視する“女”の罠』(2009年10月31日、テレビ朝日)殺陣
    • 第11作 『医師&検事〜2つの顔を持つ女! 死体が歩いてアリバイを崩した!! ひまわりとコスモスの同時開花トリック!?』(2011年11月12日、テレビ朝日) - アクションコーディネーター
  • ど根性ガエル(2015年7月 - 9月、日本テレビ) - アクション監督補佐
  • 神の舌を持つ男(2016年7月 - 9月、TBS) - 共同アクションコーディネーター、補佐
  • レンタル救世主(2016年10月 - 12月、日本テレビ) - 共同アクションコーディネーター
  • おんな城主 直虎(2017年1月8日、NHK) - 共同アクションコーディネーター
  • フランケンシュタインの恋(2017年、日本テレビ) - アクション・スタントアシスタント[5]
  • トレース~科捜研の男~(2019年1月7日 - 、フジテレビ) - アクションコーディネーター[5]
  • トクサツガガガ(2019年1月18日 - 3月1日、NHK) - アクション指導

バラエティー(スタッフ)[編集]

特撮テレビドラマ(スタッフ)[編集]

  • スーパー戦隊シリーズ
    • 海賊戦隊ゴーカイジャー(2011年 - 2012年) - アクション監督補佐(第1話)[1]
    • 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(2018年 - 2019年) - アクション監督(第18話、第19話)
  • 仮面ライダーシリーズ
    • 仮面ライダー鎧武(2013年 - 2014年) - アクション監督補佐
    • 仮面ライダードライブ(2014年 - 2015年) - アクション監督補
    • 仮面ライダービルド(2017年 - 2018年) - アクション監督補

映画(スタッフ)[編集]

オリジナルビデオ(スタッフ)[編集]

  • てれびくん超バトルDVD 仮面ライダープライムローグ(2018年、東映) - アクション監督補

Vシネマ(スタッフ)[編集]

ネットムービー(スタッフ)[編集]

ヒーローショー(スタッフ)[編集]

  • 獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年)
    • 「荒れるぜ!真夏のキョウリュウ大決戦!!」
  • 烈車戦隊トッキュウジャー(2014年 - 2015年)
    • 「烈車戦隊トッキュウジャー! シアターGロッソに現る!!」 - アクション監督補佐
    • 「最終列車がやってくる! 輝けレインボーライン!!」
  • 手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年)
    • 「最強忍者が暴れるぜ!真夏のニンジャ祭り!!」
  • 動物戦隊ジュウオウジャー(2016年)
    • 「動物戦隊ジュウオウジャー シアターGロッソに現る!!」 - 演出兼アクション監督
    • 「友情パワー全開!5人の絆をなめるなよ!!」
    • 「伝説大解放!ジュウオウイーグル覚醒!!」
  • 宇宙戦隊キュウレンジャー(2017年)
    • 「宇宙戦隊キュウレンジャー!シアターGロッソに現る!!」 - 演出
    •  「究極の選択!天秤にかけられた友情!!」 - 野川瑞穂と共同演出兼共同アクション監督

舞台(スタッフ)[編集]

  • K(2014年、ブルーシアター)殺陣補佐

イベント(スタッフ)[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd 「小倉敏博」名義での出演。
  2. ^ 本編ではカットされている。
  3. ^ a b 福沢博文と共同で担当。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 「SUITS ACTOR INTERVIEW_08 おぐらとしひろ」『海賊戦隊ゴーカイジャー公式読本 豪快演義』グライドメディア〈グライドメディアムック73〉、2012年6月1日、126-127頁。ISBN 978-4-8130-8173-9
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 仮面俳優列伝 2014, pp. 91-99, 「第2章 昭和から平成へ仮面の下のイノベーション 08 おぐらとしひろ(東映ヒーローMAX vol.34掲載)」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 「LIST OF WORKS おぐらとしひろ」『JAE NAKED HERO』太田出版、2010年3月8日、74頁、75頁。ISBN 978-4-7783-1210-7
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 「東映仮面俳優列伝 おぐらとしひろ」『東映ヒーローMAX Vol.34』辰巳出版、2010年9月10日、52頁。ISBN 978-4777808083
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 公式プロフィールより。
  6. ^ 智一・美樹のラジオビッグバン2012年10月29日放送出演時の本人の発言より[出典無効]
  7. ^ 「仮面ライダードライブ スタッフ・キャストリスト」『仮面ライダードライブ超全集小学館てれびくんデラックス 愛蔵版〉、東京、2015年11月11日、第1版、107頁。ISBN 978-4-09-105152-3
  8. ^ 「小澤亮太・細貝圭対談」『CAST-PRIX ZERO』第17号、グライドメディア、2011年、 29頁。
  9. ^ 騎士竜戦隊リュウソウジャー ケボーーーンなキャスト大発表〜‼ パート2”. 東映オフィシャルサイト. 東映. 2019年2月24日閲覧。
  10. ^ さらば仮面ライダー電王 スペシャルイベント -さらばイマジン! 日本全国クライマックスだぜー!! (DVD) 
  11. ^ 『EPISODE RED』映画パンフより。
  12. ^ a b 出演情報|株式会社ジャパンアクションエンタープライズ”. 2011年7月9日閲覧。
  13. ^ 映画パンフレットより。
  14. ^ 映画パンフレットより。
  15. ^ “「平ジェネFOREVER」が“電王映画”になった経緯とは?佐藤健の思いが明らかに”. 映画ナタリー. (2018年12月27日). https://natalie.mu/eiga/news/314144 2018年12月27日閲覧。 
  16. ^ a b c アクション・スタントならJAE 株式会社ジャパンアクションエンタープライズ”. 2019年7月27日閲覧。
  17. ^ 映画パンフレットより。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]