ショッカーライダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ショッカーライダーは、特撮テレビドラマシリーズ「仮面ライダーシリーズ」の作品に登場する架空のキャラクターである。

概要[編集]

オリジナルは特撮テレビ番組『仮面ライダー』に登場。シリーズ初の仮面ライダーの偽物であり[1][2]、悪の仮面ライダーの元祖ともされる[3]

ショッカーライダーの原点は石森が描いた漫画版に登場する「12人の仮面ライダー」[注釈 1]であり[4][5]、この漫画版とテレビ版へのオマージュとして、後の作品にも設定が変更されて登場している。

各作品でのショッカーライダー[編集]

テレビシリーズ[編集]

第91話 - 第94話に登場(2号以降は第93話より)。初登場時は「にせ仮面ライダー」と表記されていた。

ゲルショッカーが仮面ライダーの設計図をもとに作り上げた仮面ライダー新1号と同型の改造人間で、No. 1 - No. 6[注釈 2]の全6体が存在する。本物とは異なり手袋とブーツは黄色[7]。また、マフラーの色も全員異なり、眼の周囲が黒く縁取られている[7]。本郷猛の声帯機能を持っており[13]、本郷猛と同じ声を出すことも可能。

本物の仮面ライダーと同じ身体能力を有するうえ[7]、指先から弾丸[注釈 3]を発射したり、つま先に隠し短剣を仕込むなど、怪人としての特殊武器も備えている[7][14]。それぞれ独自の特殊能力も有しているという設定だが、劇中では使われなかった[注釈 4]

ゲルショッカーの活動を妨害するアンチショッカー同盟を壊滅させることと、彼らが手に入れた首領の正体が記録されたコンピューターテープを強奪することが使命である。No.1とNo.2が活動した後、第93話で6人全員が姿を現す。第94話で、首領がいるとされる筑波山へやってきた新1号・新2号を全員で待ち伏せしたが、新1号・新2号の新技ライダー車輪を受け、互いに空中で激突して全滅する。

改造人間としての基本性能は本物の仮面ライダーと同等でも、自己の強さに慢心せず常に鍛錬を重ねてきた彼らとは、技の精度で差が開いていた[15]。また、ショッカーライダーは6人とも互いを信じていないため、新1号と新2号のように力を合わせることができない[16]。そのため、人数の優位も活かせずに敗れたのである。

スーツはそれぞれ新1号の予備スーツを流用したもので[17]、No. 3とNo. 6のスーツはビニールレザー製である[14]

ショッカーライダーNo. 1(1号)
声 - 池水通洋
マフラーの色は黄。口から火炎を吐くことができる(劇中未使用)。第92話では、新1号のライダーキックと同等のライダーキックを披露している。
仮面ライダー新1号がムカデタイガーと相打ちになって生死不明になった際に招聘され、ハエトリバチとの性能テストを経て実践に投入される。新1号に成りすまして少年仮面ライダー隊本部に現れ、滝和也に同行してアンチショッカー同盟からテープを受け取り破壊しようとする。生きていた新1号にテープを奪い返されるが、ハエトリバチと共闘して一度は新1号を破ることに成功する。その後、テープを破壊しようとするが、エイドクガーから命令変更を伝えられ、滝と立花藤兵衛に自身が本物であると信じこませるため、エイドクガーと戦う芝居をする。しかし、エイドクガーが持ち帰ったテープは偽物であったため、アンチショッカー同盟へ入り込んでコンピューターを破壊するが、南米から本物のテープを持って来た一文字隼人に正体を見破られる。一文字が変身した仮面ライダー新2号と戦い、ともに崖下へ落ちて爆破する。その後、No.2からNo.6とともに新1号・新2号と戦う。
ショッカーライダーNo. 2(2号)
声 - 市川治
マフラーの色は白。本編ではライダーニーブロックも使いこなしている。体から毒煙を放つことが可能(劇中未使用)。
エイドクガーと共に少年仮面ライダー隊本部へ潜入し、駆け付けた本郷を撃退して少年仮面ライダー隊のスタッフを拉致する。その後、No.1とNo.3からNo.6とともに新1号・新2号と戦う。
ショッカーライダーNo. 3(3号)
マフラーの色は緑。ショッカーライダーの1体。爆雷を内蔵している(劇中未使用)。
ショッカーライダーNo. 4(4号)
声 - 倉口佳三(ノンクレジット)[6]
マフラーの色は青。ショッカーライダーの1体。地震を起こすことができる(劇中未使用)。
ショッカーライダーNo. 5(5号)
声 - 倉口佳三(ノンクレジット)[11][8]
マフラーの色は紫。ショッカーライダーの1体。放電攻撃を行える(劇中未使用)。
ショッカーライダーNo. 6(6号)
声 - 富士乃幸夫(ノンクレジット)[6]辻村真人(ノンクレジット)[11][8]
マフラーの色は桃。ショッカーライダーの1体。溶解液を噴射する(劇中未使用)。

テレビシリーズの設定を基にした作品[編集]

ゲーム作品
PS用ゲーム『仮面ライダー
声 - 池水通洋
操作できる隠しキャラクターとしてショッカーライダーNo.1が登場。投げ技「にせライダーきりもみシュート」を使う。
漫画作品
仮面ライダーSPIRITS
時空魔方陣により復活した6体
他のゲルショッカーの怪人が京都府に出現する中、地獄大使率いられて東京都に出現する。TVシリーズで未使用だった、口から火炎を吐ける(1号)、爆雷を内蔵している(3号)、溶解液を噴射する(6号)といった各ショッカーライダーに付加された能力が使用されている。最後は1号とZXによるライダー車輪で倒される。
体から毒煙を放てる(2号)、地割れを起こせる(4号)、放電攻撃を行える(5号)といった漫画でも未登場となった各能力は、オフィシャルファイルマガジンの6体揃った「怪人戯画」で描かれている。
第二期強化改造人間
『新仮面ライダーSPIRITS』第4話から登場。暗黒組織による当時の最高の開発技術粋を結集して生み出された最初の集大成である第一期強化改造人間「本郷猛」をプロトタイプとし、「偉大なる計画」の過程で生み出された第二期仮面ライダー。本郷の脱走後に仮面ライダー1号の戦闘データを基として開発されたため、身体能力は仮面ライダー1号を超える。仮面ライダー2号こと一文字隼人もこのメンバーに選ばれていたが、脳改造前に助け出される[注釈 5]。一文字以外の5人もキックボクシングレスリング中国拳法剣道と身体的に優れた人間(身体の扱い方に熟知している人間)が素体となっている(あと1人は、ライフルの達人である)。人間態の風貌や体格は仮面ライダー2号を演じていた大野剣友会高橋一俊中村文弥飯塚実中屋敷鉄也岡田勝の創生期メンバーをモデルにしている[注釈 6]。容姿は仮面ライダー旧2号そのものだが、後期ショッカーライダー同様にCアイに隈取りがあることや、グローブの形状や体型髪の毛が露出していない(ただし、この番外編においては2号も髪の毛は露出していない)など微妙な違いがあり、ライフルのショッカーライダーのサングラスに隠れた目は仮面ライダーのCアイのように人間態の時点で既に複眼化している。本人たちの話によれば、さらなる強さを得るために望んで改造を受けた模様。5人の数と能力で本郷と、改造された肉体に不慣れな一文字を追い詰めたが、5人のうち3人は戦術の腕を上げた本郷によって倒され、もう1人も一文字の決死の機転によって倒される。最後に残ったライフルのショッカーライダーも、ショッカーと戦う決意を固めた一文字のライダーパンチによって粉砕される[注釈 7]
小説作品
『S.I.C. HERO SAGA KAMEN RIDER OOO EDITION -OOZ-』については、『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』の後日談のため、平成ライダーシリーズ関連作品を参照。
S.I.C. HERO SAGA MASKED RIDER EDITION -Missing Link-』
仮面ライダー』の第13話と第14話の間の話。旧2号を含めた12体のショッカー製のショッカーライダーが登場している[注釈 8]
単行本の解説ではショッカーライダーNo.1 - No.6も『仮面ライダー』本編のものとは別の存在とされている。彼らと違い、バックルには弱点である風車を保護するショッカーエンブレムを模したバックルを付けている。また、肩などにある銀色のラインも仮面ライダー2号と同じ1本である。さらに、小型の拳銃やショットガン(S.I.C.vol.12ハカイダー付属の物と同じ)を持ってダブルライダーに戦いを挑んだ。彼らにはサイクロン号の代わりに、ショッカータンクが専用のマシンとして与えられている。
  • ショッカーライダーNo.1(マフラー:黄色)
  • ショッカーライダーNo.2(マフラー:白)
  • ショッカーライダーNo.3(マフラー:緑)
  • ショッカーライダーNo.4(マフラー:青)
  • ショッカーライダーNo.5(マフラー:紫)
  • ショッカーライダーNo.6(マフラー:桃)
  • ショッカーライダーNo.7(マフラー:橙)[注釈 9]
  • ショッカーライダーNo.8(マフラー:灰色)
  • ショッカーライダーNo.9(マフラー:黒)
  • ショッカーライダーNo.10(マフラー:銀)
  • ショッカーライダーNo.11(マフラー:金)
  • ショッカーライダーNo.12(マフラー:赤)

『仮面ライダー THE NEXT』[編集]

  • 身長:175 - 190cm
  • 体重:65 - 80kg
  • パンチ力:3t 
  • キック力:10t 
  • ジャンプ力:一跳び15.00m 
  • 走力:100mを5.0秒で走る

全員がナノロボットで改造された上級戦闘員。オリジナルのホッパーである2人はショッカーを裏切っているが、彼等が改造人間の中でも高い潜在能力を秘めていた事から、ホッパータイプが次期主力改造人間として採用され、ホッパーの量産型となるショッカーライダーが生み出される事となった。2号とは色違いの特殊強化服とマスクを着用。V3のように正式なナンバリングは施されていないが、デザイン上のコンセプトは「1号・2号からV3への過渡期」とのこと[18]

チェーンソーリザードの尖兵として、どの戦闘にも常に6人1チームで登場。メンバーの負傷や死亡に際しては、その都度新たなメンバーが補充され(身長・体重が一定していないのはそのため)、各々に明確な「個人の意志」は存在していない。能力は一般戦闘員を大きく上回り、ダーツ型爆弾といったオリジナル・ホッパーにはない武器も装備するが、オリジナルとの戦闘経験量の違いや量産化仕様に伴う性能劣化など、単体の戦闘力では1・2号に及ばず見劣りする。耐久性も劣っており、1号のパンチをパンチで受け止めた際には腕の骨が外に飛び出し、また2号によって背骨を踏み折られた者もいる。しかし基本スペックを集団戦闘でカバーするため、6対1の戦いではオリジナルを圧倒、驚異的な連携攻撃で2度までも本郷を追い詰めた。なおバイクを操る能力にも長けており、XR250、XR250モタード[19]、XR400を駆り、サイクロンで逃走する本郷と壮絶なバイクチェイスを展開した。

ショッカーアジトであるレストランでは、ナノロボット散布を妨害する1号、2号を迎撃。2大怪人(シザーズジャガーとチェーンソーリザード)と共に各3対1の戦いに持ち込みダブルライダーを追い詰めるが、V3の加勢やダブルライダーの見切りによって次第に形勢を逆転され、最後はダブルライダーの手によって全滅する。明確な個性は描かれず、色やデザインは全員共通となっており、他の怪人の指揮下で行動する、死傷者が出てもその都度新たな個体が投入されるなど、戦闘員のような扱いになっている。使用するマシンもサイクロンを模したものではなく、戦闘員用のものと同じ。

本作ではゲルショッカーではなく(石ノ森漫画版と同様に)ショッカーの所属である。スーツは1号と同じくセパレートタイプ(上着とパンツが別れている)だが、2号同様に肩や肘のアーマーは生地の内側につけられており、1号と2号の中間のようなスタイルだった。仮面は1号2号と同じデザイン(触角状のアンテナの形状が異なる)。6人とも仮面やプロテクター部分・グローブとブーツのカラーリングが金色系のオリーブドラブ色で、複眼はダークグリーン、マフラーは黄色で統一されている。仮面に2号と同じデザインの白の塗り分けがある。

平成ライダーシリーズ関連作品[編集]

映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号
オリジナルとは関係なく、ショッカーに洗脳された仮面ライダーの総称として用いられている。劇中ではBLACK(劇中RXと同一人物という設定)、ファイズ、ゼロノス、マッハ以外のV3からドライブまでの主役ライダーの他、カリス、ギャレン、レンゲルが洗脳されていた。
詳しくは、スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号#関連用語・装備・戦力を参照。
dビデオスペシャル 仮面ライダー4号
映画『仮面ライダー3号』の後日談。『仮面ライダー3号』同様の用法で使用されている。こちらは各作品の主役ライダーではなく、王蛇、サソード、ダークキバ、バロンの4名で構成されている。
詳しくは、スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号#登場戦士・怪人(dビデオスペシャル)を参照。
小説『S.I.C. HERO SAGA KAMEN RIDER OOO EDITION -OOZ-』
映画『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』に登場したショッカーグリードが変身した個体として登場。なお、映画『レッツゴー仮面ライダー』劇中、1号と2号が洗脳されショッカーの兵士となっているが、『仮面ライダー3号』と異なりショッカーライダーとは呼ばれていない。
ゲーム『仮面ライダー クライマックスヒーローズ フォーゼ
仮面ライダー1号のミッションボスとして、ショッカーライダーNo.1が戦闘員を引き連れて登場。
ゲーム『オール仮面ライダー ライダージェネレーション
6体とも幹部格(中ボス)として登場。ステージ2‐2「霧への誘い」、2‐6「驚異の科学」に登場。
ゲーム『オール仮面ライダー ライダージェネレーション2』
前作同様、6体とも幹部格(中ボス)として登場。ステージ4‐4「襲・撃・包・囲」、6‐2「怪・人・行・進」、A‐14「残・党・怪・人」にて登場。

コンパチヒーローシリーズ[編集]

コンパチヒーローシリーズには、仮面ライダーのライバルキャラクターとして、ライダーキラーという悪役が登場。一部の作品では、一文字隼人が正体など、ショッカーライダーとの共通点も存在する。

スーパーヒーロー作戦 ダイダルの野望
ショッカーの改造人間(地獄大使の配下)として登場。『ダイダルの野望』ではショッカーの後、デストロンが出現することになっていて、ハサミジャガーによりショッカーライダーが処刑されるシーンが存在する。

関連マシン[編集]

ショッカーサイクロン[編集]

にせサイクロン[12][8]にせ新サイクロン号[6])とも呼ばれるショッカーライダー専用マシンで、仮面ライダーが乗る新サイクロン号とほぼ同じ外観・性能を持つ[7]。相違点はフロントカウルと車体後部の側面に入っている黄色のライン[7]。劇中ではNo. 1のみが使い、第92話では新1号の新サイクロンと激しいバイクチェイスを展開した。また、第93話でも使っているが、新2号とのバイクチェイスの末に破壊されている。

もともとショッカー科学陣が改造した仮面ライダーの同型をゲルショッカーが投入するのは当然としても、緑川博士がつくった[注釈 10]サイクロン号の性能までコピーされたことは仮面ライダーにとって悩みの種であり、さらなる高性能マシンの研究を要求されることになったという[20]

撮影では、ショッカーサイクロンの登場に際して2台目の新サイクロン号が制作されたが、書籍によって「ショッカーサイクロンが新車である[21]」とするものと「新1号用が新車になり、従来の新サイクロン号がショッカーサイクロンに流用された[22]」とするものの2説がある。その後、ショッカーサイクロンが新2号用の新サイクロン号へ流用されたという点はどちらの説でも共通している[21][22]

第92話の脚本では、本物の仮面ライダーだと思い近づいてきた子供をショッカーライダーがショッカーサイクロンで跳ね飛ばすという描写が存在した[12][23]

ショッカーサイクロン(第二期強化改造人間用)[編集]

新 仮面ライダーSPIRITS』に登場。

一文字を含めた第二期強化改造人間用にショッカーが用意したバイク。エンブレムは立花レーシングクラブの物ではなく、ショッカーマークのレリーフが施されている 。6台あった中の1台をルリ子が立花と滝を乗せて持ち帰っている[注釈 11]

ショッカータンク[編集]

  • 全長:2440cm 全幅:1200cm 全備重量:660t 最高速度:60km/h

小説『S.I.C. HERO SAGA MASKED RIDER EDITION -Missing Link-』に登場。

ショッカーが11人のショッカーライダーにサイクロン号の代わりに与えた戦車。800mm滑空砲1門を備え、チタンとセラミックによる複合装甲で覆われている。360度旋回する熱線映像装置により、自動照準を可能とする。

乗員は通常砲手と操縦手の2人を要するが、射撃管制能力のある改造人間が乗ればその限りではない。劇中ではかなりの数が登場し仮面ライダー1号に襲い掛かったが、上からの攻撃に弱く、ライダー1号と2号のダブルライダーキックで全て破壊された。

関連キャラクター[編集]

後発の作品に登場する仮面ライダーの偽物にはショッカーライダーを踏襲して黄色いマフラーやブーツなどを着用しているものがいる[2]

ニセスカイライダー
仮面ライダー (スカイライダー)』第48話に登場。ネオショッカーの怪人ドロリンゴが変身した姿。ショッカーライダーを髣髴とさせる黄色いマフラーとブーツを着用している[24][2]
ロボットスーパー1
仮面ライダースーパー1』第37話に登場。ショッカーライダーを踏襲し、黄色いマフラーを着用している[2]
トライアルF
仮面ライダー剣』に登場するキャラクター。ショッカーライダーを踏襲したデザインとされている[25]
一文字隼人
石森が描いた漫画版では、ショッカー側の12体の仮面ライダー[注釈 1]敵のうちの1体として登場。『新 仮面ライダーSPIRITS』や小説『S.I.C. HERO SAGA MASKED RIDER EDITION -Missing Link-』では、ショッカー製のショッカーライダーの1体として登場。
デストロンライダー
小説『S.I.C. HERO SAGA MASKED RIDER V3 & RIDERMAN EDITION -RIDERMAN ANOTHER AFTER-』に登場したヨロイ元帥が変身した姿。V3の姿や一部の能力を模している。
ショッカーグリード
オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』が初出のキャラクター。小説『S.I.C. HERO SAGA KAMEN RIDER OOO EDITION -OOZ-』では、ショッカーグリードがショッカーライダーへと変身している。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 敵組織(漫画ではショッカー)が制作した仮面ライダー1号と同タイプの敵キャラクターという設定などは同じものの、漫画『仮面ライダー』ではショッカーライダーの名称は使われていない。
  2. ^ 第93話では「No.◯」と名乗っているが、第94話のオープニングクレジットでは「◯号」と表記している。書籍によっては、「ショッカーライダー1号 - 6号」と記載している[9][10][11][12][8][5]
  3. ^ 書籍『仮面ライダー怪人大全集』では、ロケット弾と記述している[7]
  4. ^ それらは、後年の漫画『仮面ライダーSPIRITS』やゲーム『スーパー特撮大戦2001』『スーパーヒーロー作戦 ダイダルの野望』で再現されている。
  5. ^ サブタイトル『7人の仮面ライダー』の第二期仮面ライダー5人と本郷と一文字、さらに本編(TV版『仮面ライダー』)で登場した6人と合計すると、原作萬画の『13人の仮面ライダー』になる。
  6. ^ リーダー格のサングラスのライフルのライダーが高橋、キックボクシングのライダーが中村、一番体格の良いレスリングのライダーが飯塚、長身の中国拳法のライダーが中屋敷、鋼の木刀を持つ剣道のライダーが岡田に当たる。
  7. ^ 最初に倒されたのがレスリングのショッカーライダーで、仮面ライダー1号のライダーキックを受けて左腕を切断されて助命を願ったため、ライフルのショッカーライダーに射殺される。2人目が剣道のショッカーライダーで、仮面ライダー2号によるショッカーサイクロンの遠隔操作で体当たりされ、絶命する。キックボクシングと中国拳法のショッカーライダーは巧みなバイク操作でジャンプした仮面ライダー1号を追ってジャンプしたが、運転を誤ってバイク同士ごと接触・自滅する。そして、最後にライフルのショッカーライダーは2号のライダーパンチで絶命する。
  8. ^ 12体のショッカーライダーのうち1人が一文字という設定は、漫画版『仮面ライダー』から。
  9. ^ 作例ではNo.7だけがショッカーバックルを付けていなかった。
  10. ^ 仮面ライダーカードの原文ママ。劇中での新サイクロン号は、立花藤兵衛らの開発という設定で第68話から登場した。
  11. ^ 後のサイクロンと違ってメーターなどの計器類がほとんど無く、全自動とリモコンの切り替えスイッチが見受けられる。

出典[編集]

  1. ^ 常識 2012, pp. 114-115, 「仮面ライダーのニセモノってどんなヤツ」.
  2. ^ a b c d 常識 乱世激闘篇 2013, pp. 130-135, 「黄色いマフラーはフェイクのしるし? ニセライダーたちの軌跡」
  3. ^ 常識 2012, pp. 46-47, 「悪の仮面ライダーってどんヤツ?」.
  4. ^ 大全集 1986, p. 139.
  5. ^ a b 超辞典 2011, p. 398
  6. ^ a b c d e f キャラクター大全1号・2号編 2014, pp. 122-123
  7. ^ a b c d e f g h i 怪人大全集 1986, p. 53, 「ショッカーライダー(No.1-No.6)」
  8. ^ a b c d e f 怪人列伝 2011, pp. 160-162, 「ショッカーライダー(1号-6号)」
  9. ^ 超全集 1992, p. 74.
  10. ^ 宇宙船SPECIAL 1998, p. 61.
  11. ^ a b c 画報 2001, p. 51
  12. ^ a b c 大研究 2007, p. 248, 「94 にせライダーの非道ぶりを描くNGネタとは?」
  13. ^ 仮面ライダー大全 2000, p. 223.
  14. ^ a b OFM 特2 2005, p. 31.
  15. ^ カード図鑑 1997, p. 142, 仮面ライダーカードNo.425「なぜライダーは強い!」.
  16. ^ カード図鑑 1997, p. 142, 仮面ライダーカードNo.426「ふたりのライダーの弱点」.
  17. ^ 大全集 1986, p. 49.
  18. ^ 鶯谷五郎他『仮面ライダー THE NEXT公式ブック 21st CENTURY MASKER WORLD』(CAST-PRIX PREMIUM編集部・和田谷洋子・橋本学編、ジャイブ、2007年 ISBN 978-4-86176-450-9
  19. ^ 「宇宙船vol.120特別付録 宇宙船 YEARBOOK 2008」、『宇宙船』vol.120(2008.春号)、ホビージャパン2008年4月1日、 別冊pp.34-35、 ISBN 978-4894256934
  20. ^ カード図鑑 1997, p. 158, 仮面ライダーカードNo.491「ライダーのなやみ」.
  21. ^ a b 画報 2001, p. 90, 「COLUMN 05 ライダーマシーン徹底比較」
  22. ^ a b キャラクター大全1号・2号編 2014, pp. 78、149
  23. ^ 怪人列伝 2011, p. 162.
  24. ^ 大全集 1986, p. 99, 「翔の戦士」.
  25. ^ 僕たちの「仮面ライダー」怪人ランキング 18ページより。

参考文献[編集]