仮面ライダーSD グランショッカーの野望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダーSD > 仮面ライダーSD グランショッカーの野望
仮面ライダーSD
グランショッカーの野望
ジャンル ボードゲーム
ロールプレイングゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 メガハウス
発売元 エンジェル
プロデューサー 服部大三郎
ディレクター 保光峰之
デザイナー 島田晋作
保光峰之
プログラマー なかしまゆうじ
音楽 YAMADA
美術 島田晋作
保光峰之
あらいみゆき
シリーズ 仮面ライダーSDシリーズ
人数 1人
メディア ロムカセット
発売日 日本 199301221993年1月22日
その他 型式:ANG-KA
テンプレートを表示

仮面ライダーSD グランショッカーの野望』(かめんライダー エスディー グランショッカーのやぼう)は、1993年1月22日にエンジェルから発売されたファミリーコンピュータ用ソフト。メガハウスが制作に参加している。

概要[編集]

仮面ライダーシリーズ』(1971年 - )の派生作品、『仮面ライダーSD』のゲーム作品。システムは、仮面ライダーが敵と直接格闘するものではなく、バイクレースによって対決するロールプレイングゲーム形式となっている。マップ移動はボードゲーム形式で、ルーレットによって出た目分移動する。

グランショッカーによって復活した各仮面ライダーの宿敵達により支配された日本の各地方を、仮面ライダー軍団が解放しに行き、最終的にグランショッカーのアジトを目指すというストーリー。

登場するキャラクターは仮面ライダーSDに登場したものに準じている。ただし、 ライダーマンとスカイライダーはバイクのチューンナップと偵察のサポートという形で登場するため、操作キャラクターとして選択はできない。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

操作できる9人の仮面ライダーは、オンロードが得意な「バトルライダーズ」、オフロードが得意な「ワイルドライダーズ」、平均的な「メカニックライダーズ」の3つのチームに分かれており、ライダーキャリアから出撃する際どれかを選択する。

レベルアップの要素があるが、その場でバイクの性能が上がるわけではなく、ライダーキャリアにいるライダーマンによってチューンナップされる事により初めて性能が上がる。なお、強化できる性能は「エンジン」、「耐久力」、「燃料タンク」の3つで、任意に選択できる。

「エンジン」は戦闘時のバイクのスピードやルーレットの数値に影響し、「耐久力」は文字通りバイクの耐久力をあらわし、「燃料タンク」はバイクの燃料の限界量となる。耐久値は敵からに対する行動によって、燃料は自らの行動によって、それぞれ常に減少し、どちらかが0になったライダーは戦闘することができない。

マップ・戦闘[編集]

各地方のMAP画面はルーレットによって出た数値によって進むすごろく形式を取っており、ルーレット内の数値はエンジンの性能によって数値が上昇する。なお、止まったマスによって仮面ライダーに影響を及ぼすイベントが発生するものもある。その例として、タイヤのパンクがあり、パンクしたバイクのライダーは戦闘することができない。

何もイベントが起こらない場所で止まると敵との遭遇画面に移行する。ここで戦うか逃げるかを選択できる。戦闘方法は1体ごとのターン制のドラッグレース形式。ターンごとにバイクを走らせるコマンド以外にも、隣接する敵を足止めする「妨害」やアイテムの使用ができる。戦闘終了条件は、敵味方含めて最大3体までをゴールまで移動させる、ミサイルを使用して耐久力をゼロにし全滅させる、の2つがある。戦闘に勝利したライダーは経験値を、チーム全体はお金を得る。敵がゴールした場合はゴールしていないライダーのバイクの耐久力が減る。なお、イベント戦闘の場合は条件によって即ゲームオーバーになることもある。

資金として獲得したお金はアイテムショップでアイテムを購入したり、マップに点在するガソリンスタンドでの燃料補給・耐久力回復で使用される。

各地方の親玉との対戦はサーキットマップでのすごろく形式で、勝利条件は3週分周回し1位でゴールするか、敵の全滅。敗北条件は、1位を取れない、および耐久力が0になった時。ルーレットによって移動し、移動した後はカードを一枚引き、それに描かれた行動を取る。敵と重なり合った場合は、戦闘画面に以降、ボタンの連打で耐久力を削りあう。

スタッフ[編集]

  • ゼネラル・プロデューサー:SUNNY SASAKI
  • プロデューサー:服部大三郎
  • ディレクター:保光峰之
  • ゲーム・デザイン:島田晋作、保光峰之、GODDEMN NAK
  • メイン・プログラム:なかしまゆうじ
  • プログラム:おかじまとおる
  • サンクス:あらいひろゆき、にしだともひろ
  • サブ・スクリプト:OKKEY
  • グラフィック:島田晋作、保光峰之、あらいみゆき
  • 音楽:YAMADA
  • スペシャル・サンクス:KNIGHT SUZUKI
  • デディケイド:にしだともひろ

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 19/40点[1]
ファミリーコンピュータMagazine 19.8/30点[2]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計19点(満40点)[1]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.8点(満30点)となっている[2]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.6 3.2 3.1 3.2 3.2 3.5 19.8

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 仮面ライダーSD グランショッカーの野望 まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年8月12日閲覧。
  2. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 30頁、 ISBN 雑誌26556-4/15