村枝賢一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
村枝 賢一
生誕 1967年9月5日(48歳)
日本の旗 日本熊本県葦北郡芦北町
国籍 日本
活動期間 1987年 -
ジャンル 少年漫画青年漫画
代表作 俺たちのフィールド
RED
仮面ライダーSPIRITS』など
公式サイト 村枝賢一のブログ
テンプレートを表示

村枝賢一(むらえだ けんいち、1967年9月5日 - )は、日本漫画家熊本県葦北郡芦北町出身[1]。男性。血液型はO型。妻は同じく漫画家の森真理

代表作に『俺たちのフィールド』『RED』『仮面ライダーSPIRITS』など。

略歴[編集]

漫画家・吉田聡アシスタントを経て、1987年に『アーム・ア・チャンピオン』(『週刊少年サンデー増刊号』11月号)でデビュー。

仰天人間バトシーラー』のコミカライズを担当した立迫文明とは幼稚園時代からの幼馴染[2]河合克敏久米田康治椎名高志藤田和日郎など『週刊少年サンデー』に連載経験のある漫画家たちとの交友関係が知られているほか、声優の関智一とも友人である。

2012年春には東京から故郷の熊本県芦北町へ移住している[1][3]

ヒーロークロスライン[編集]

村枝は、日本漫画界初のクロスオーバー作品企画『ヒーロークロスライン』(通称:HXL)の中心人物でもある。この企画は村枝が『月刊マガジンZ』に掲載経験のある漫画家を中心に集め、2007年からさまざまな媒体や表現方法でオリジナルのヒーロー作品を発表しており、なおかつ前述の通りその作品のほぼすべてが同一世界観で展開されている。自身もヒーロー漫画作品『ジエンド』及び『Z-END』や『サンデー×マガジン クロスライン』などで参加しているほか、同人サークル「ヒーロークロスライン」として同人誌即売会に参加し、HXL公式同人誌ヒーロークロスライン アフターミッション』を寄稿している。なお、同人サークル「Z-END」としても隣同士のブースで同時参加しており、自身のラフイラストやカラーイラストを収録した同人誌を配布していた。

これに関連し、ヒーローショーを中心に活動するアクション集団「Project ENJIN」の立ち上げにも関わっている。

作品リスト[編集]

連載[編集]

読み切り[編集]

  • アーム・ア・チャンピオン(『週刊少年サンデー増刊号』1987年11月号) - デビュー作
  • 超純情症候群(『週刊少年サンデー増刊号』1989年2月号)
  • 中山雅史物語(『週刊少年サンデー』1993年)
  • かみつけ!(『週刊少年サンデー増刊号』1994年11月号,1995年2月号)
  • ウルフガン(『週刊少年サンデー超』1996年10月号,11月号)
  • 美丈夫三四郎(『週刊少年サンデー超』1997年7月号)
  • RED SpecialMix(『週刊ヤングマガジン』2001年48号)
  • ジングルベルアーミー(『ヤングマガジンアッパーズ』2004年1号)
  • 聖なる夜に散歩する(『週刊ヤングマガジン』2005年2・3合併号) - 『妹先生 渚』第5巻収録
  • 鉄屑のニコル(『週刊少年マガジン』2005年4・5合併号)
  • ホーリーナイトベースボール(『週刊ヤングマガジン』2005年52号)
  • 海鮮オクトパシー(『月刊少年シリウス』2007年7月号付録小冊子)
  • 彼女が泉で溺れたら(『月刊少年シリウス』2007年12月号)
  • サンデー×マガジン クロスライン
    • AUSDYN〜オースダイン〜(『週刊少年サンデー』2009年32号)
    • MINEZAAG〜マインザーグ〜(『週刊少年マガジン』2009年32号)
  • 山吹神社さい銭泥棒事件(『マガジンSPECIAL』2010年1月号) - 原作:島田英次郎、合作漫画
商業誌以外

書籍[編集]

漫画単行本[編集]

関連書籍[編集]

小説挿絵[編集]

イラストなど[編集]

カード用に、秘密戦隊ゴレンジャーのヒーロー5人のイラストを描き下ろした。

師匠[編集]

アシスタント出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 写真ニュース:芦北伽哩街道に助っ人 在住の漫画家・村枝さん - 47NEWS 2013年7月4日
  2. ^ 『仰天人間バトシーラー』単行本第2巻、村枝のイラストのコメントより。
  3. ^ 西へ還る - 村枝賢一のブログ 2012年3月22日

外部リンク[編集]