仮面ライダーディエンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダーディケイド > 仮面ライダーディエンド
仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダージオウ > 仮面ライダーディエンド

仮面ライダーディエンド(かめんライダーディエンド)は、『仮面ライダーディケイド』などの仮面ライダーシリーズの作品に登場する仮面ライダー。ここでは、仮面ライダーディエンドと同じアイテムで変身したチノナマコ・ディエンド変身態についても解説する。ライダーロボ・ディエンド変身態については、ショッカー首領を参照。

仮面ライダーディエンド[編集]

海東大樹(かいとう だいき)がディエンドライバーライダーカードを使用して変身する仮面ライダー。ディケイドと同様に様々な異世界を自由に行き来可能。

カメンライド・ディエンドのライダーカードを使用して変身する。基本カラーはシアン・黒・金色

身軽な動きと銃撃を活かしたヒット&アウェイ戦法を得意とし、ディケイドと同様に他の仮面ライダーとのファイナルフォームライドや、それに応じたコンビネーション技を使用可能。

ツール
ディエンドライバー
ディエンドへの変身にも使用する二連銃型の変身アイテム兼専用武器。ディケイドライバーと同様にライダーカードのエネルギーを二次元から三次元に解放する次元転換解放機の役割を果たす。変身前後を問わず、クラインの壺から取り込んだ次元エネルギーをエネルギー弾に変換して放つ2連式の銃としても使用可能。有効射程距離は300m。通常は半自動で発射するが、トリガーを引いての発射も可能。ワイヤーの射出機能も備えている[注釈 1]
銃身側面中央部に設けられたカード挿入口にライダーカードを装填し、銃身をポンプアクションのように前にスライドさせることでそのカードの種類が発声・投影されて待機音が鳴り、トリガーを引くことでそのカードの能力名が発声され、同時にカードの裏面に描かれたライダーの紋章の投影図が発射されて効果を発揮する。ライダーカードを複数枚同時に使用することも可能。音声はディケイドライバーとほぼ同様。カメンライドは変身ではなく、カードに応じたライダーを召喚する。
『オールライダー対大ショッカー』で、海東が大ショッカーから奪った物だと明かされた。能力や機能から見て、ディケイドライバーとライドブッカーのプロトタイプではないかと推測されている。
ディエンドベルト
ディエンドの腰に装着されたベルト。左腰にはライダーカードホルダーがあるほか、ベルト内部に時空間移動システム画内蔵されている。
音撃棒(名称不明)
「響鬼の世界」にて使用した音撃武器。響鬼が使用する烈火を、色が青に変えた形になっている。
使用技
いずれの技もアタックライドのライダーカードを使用して発動する。
ディエンドブラスト
ディエンドライバーの銃身を強化・分身させ、光弾を高速連射する。連射エネルギー弾・ホーミング弾・空中分裂する特殊エネルギー弾などの種類がある。
ディエンドインビジブル
身体を透明化して姿を消す。テレビシリーズや劇場版では逃走用に使用することが多かった。
『超・電王トリロジー EPISODE YELLOW』でウラタロスが憑依したUディエンドが使用した際には、敵に気付かれずに近づいて零距離の攻撃を放つという方法で使用した。
クロスアタック
召喚した仮面ライダーの必殺技を発動する。劇中では「アギトの世界」で仮面ライダードレイクのライダーシューティングと仮面ライダーデルタのルシファーズハンマーのみ発動した。
ディエンドイリュージョン
自身の分身体を複数生成する。鳴滝のパワーアップカードによって得た技。
ディエンドバリア
『オールライダー対大ショッカー』で使用。ディエンドライバーから自身の紋章を模したバリアを発生させる他、敵を吹き飛ばす衝撃波も発生する。
必殺技
ディメンションシュート
ファイナルアタックライド・ディエンドのライダーカードを使用して発動する。クウガからキバまでの平成9大ライダーとディエンド自身が描かれた半透明のカードが照準となって敵を捕捉し、カードのエネルギーを込めた巨大なエネルギー光線を発射する。
その際召喚されたライダーも還元されてエネルギーの一部となるが、取り込まない場合もある。

コンプリートフォーム[編集]

黒崎レイジから託されたケータッチで変身したディエンドの最強形態。同等のシステムで変身するディケイドのコンプリートフォームと似通ったパーツが付くが、微妙な差異がある。

  • 腕と足の色がディケイドと同様の黒と銀のツートンに変わり、頭部のディエンドクラウンに、コンプリートフォームのファイナルカメンライドのライダーカードが表示されるほか、頭部のカードを支えているライドプレートと肩の近いラインが黄色に変化しており、ディエンドライバーに近いカラーリングに変化している。
  • ディケイドの場合は頭部にクラウンが出現してスーツが変化するが、ディエンドはスーツの変化後にクラウンが現れる。
  • 胸部装甲のヒストリーオーナメントに表示されるライダーカードが平成仮面ライダーシリーズの劇場版で初登場した8人の仮面ライダー(G4リュウガオーガグレイブ歌舞鬼コーカサスアーク[注釈 2]スカル)のカードになっており、カードの位置が、ディケイドのように肩から胸の横一列ではなく、胸部の上下二段四列になっている。
ツール
ケータッチ(K-TOUCH)
黒崎レイジから受け取ったタッチパネル式携帯電話型ツール。ディケイドが使用する物と同型だが、マゼンタのストライプ部分がシアンになっている。
ディエンド専用のコンプリートカードを装填し、G4からスカルまでの紋章アイコンを劇場公開順にタッチすることで「ファイナルカメンライド・ディエンド」の電子音声が発声され、ディエンドベルトの中心部に装着することで変身完了する。
使用技
劇場版(GEKIJYOUBAN)
劇場版ライダー8人を召喚して、後述の強化ディメンションシュートと独自の必殺技を一斉に放つ。召喚されたライダー達が放つ技は以下の通り。
技名 仮面ライダー 脚注
ギガント G4
ドラゴンライダーキック リュウガ
オーガストラッシュ オーガ
グラビティスラッシュ グレイブ
音撃打・業火絢爛
(おんげきだ・ごうかけんらん)
歌舞鬼 [注釈 3]
ライダーキック コーカサス
ライダーキック アーク [注釈 3]
ライダーキック スカル [注釈 3]
必殺技
強化ディメンションシュート
ディメンションシュートの強化版。通常形態と同様の技だが、照準になるライダーカード状のエネルギーの色がエメラルドグリーンからゴールドに変化し、ディエンド以外のライダーカードの絵柄が自身が召喚する劇場版ライダー8人に変わっている。

ネオディエンドライバーVer.[編集]

『仮面ライダージオウ』EP29から登場。海東大樹がネオディエンドライバーを使用して変身する仮面ライダーディエンドの新たな姿。

姿は旧来のディエンドライバーを使用したものとほぼ同様だが、ネオディエンドライバーを武器とする。

スペック[編集]

名称 身長 体重 パンチ力 キック力 ジャンプ力
(ひと跳び)
走力
(100m)
仮面ライダーディエンド 194cm 88kg 6t 8t 30m 5秒
仮面ライダーディエンド コンプリートフォーム 201cm 107kg 14t 16t 60m 3.5秒
仮面ライダーディエンド(ネオディエンドライバーVer.) 194.0cm 88.0kg 24.5t 36.4t 48.2m 3.1秒
ネオディエンドライバー
海東が使用する新たな二連銃型の変身アイテム兼専用武器。配色が旧型よりもシアンが占める割合が多くなっている。ネオディケイドライバー同様、『クウガ』から『キバ』までに登場する平成ライダーに加えて、『W』以降に登場する第2期平成ライダーを召喚することが可能[1]。また、アタックライド(技)のライダーカードもネオが付いたものに一新されている。
アタックライド(技)
ネオインビジブル
ネオインビジブルのライダーカードを使用して発動する。身体を透明化して姿を消す。
ディエンドネオブラスト
ディエンドネオブラストのライダーカードを使用して発動する。高威力の銃弾を連射する。
必殺技
ディメンションシュート
ファイナルアタックライド・ディエンドのライダーカードを使用して発動する。半透明のカードが照準となって敵を捕捉し、カードのエネルギーを込めた巨大なエネルギー光線を発射する。
原典では基本的に発動の際に召喚されたライダーは還元されてエネルギーの一部となるが、EP29では還元されずに召喚されたままだった。

専用ビークル[編集]

マシンディエンダー
ディエンドの専用バイク。設定のみで劇中未登場(未制作)であったが、『オールライダー超スピンオフ』第3話でネタにされ、マシンディケイダーをディエンドカラーにした色調加工映像として登場(直後にディエンドカラー化したディケイドが画面に登場して種明かしとなる)。
後年制作された『レッツゴー仮面ライダー』ではほんの一瞬だが正式に専用ビークルとして使用された。

チノマナコ・ディエンド変身態[編集]

  • 身長:207cm
  • 体重:138kg

仮面ライダーが存在しない「シンケンジャーの世界」において、外道衆のアヤカシ・チノマナコが海東から奪ったディエンドライバーを使い変身した姿で、鳴滝曰く「この世界で最初のライダー」。『侍戦隊シンケンジャー』の第二十一幕にも登場した。

海東が変身するものと比べ醜悪な姿になっており、ディエンドライバーの音声や紋章のデザインも変化するが、四肢はチノマナコのまま。ディエンドライバーを奪うまでのチノマナコは普通に言葉を発していたが、その後は徐々に様子がおかしくなり、変身後には言葉を話さず常に唸り声をあげている。

能力
外道衆の「この世に長時間存在すると、水切れを起こしてこの世に居られなくなる」という時間制限がない代わりに、倒された後に「二の目」の力で復活して巨大化する能力がない。自身の体の隙間からナナシ連中を召喚する。
カイジンライド
本来のディエンドが使うカメンライドと同様の方法で、ライダー世界の怪人を召喚するカード[注釈 4]。本作品ではイーグルアンデッドとムースファンガイアを召喚した。
この他、通常のカメンライドでブレイドを召喚した。怪人やライダーを召喚する際には目玉のような物が取り付いて実体化する。
必殺技
ディメンションシュート
ディエンドと同様の技。ただし、「召喚されたブレイドがエネルギーの一部として還元されていない」「照準になるカード型エネルギーおよび発射されるビームの色がエメラルドグリーンからパープルへと変化している」などの違いがある。

カードの一覧[編集]

劇中で使用された・テレビ朝日公式サイトで図柄が公開されているカードを以下に示す。またアルファベットの略称は仮面ライダーディケイド#カードの種類を参照。

名称は「仮面ライダーWEB 仮面ライダー図鑑」に基づく[2]

カメンライド[編集]

「DIEND(ディエンド)」のライダーカードのみ変身に使用。他のカードは召喚の効果を持つ。

カード名
カード表記
登場作品 使用者 効果 備考
ディエンド
MASKED RIDER DIEND
『ディケイド』ほか ディエンド
チノマナコ
ディエンドに変身する[3][4]
チノマナコ・ディエンド変身態に変身する。
ディエンド(パワーアップ)
MASKED RIDER DIEND
『ディケイド』 ディエンド ディエンドのパワーアップ用カード。 [注釈 5][注釈 6]
アギト
MASKED RIDER AGITO
『しにがみ博士』 アギト グランドフォームを召喚。
G3
MASKED RIDER G3
『超電王』 G3を召喚する。
G4
MASKED RIDER G4
『超電王トリロジー』 コンプリートフォーム G4を召喚する。 [注釈 7]
ナイト
MASKED RIDER KNIGHT
『ジオウ』 ネオディエンドライバーver ナイトを召喚する。
王蛇
MASKED RIDER OUJA
『超電王』 ディエンド 王蛇を召喚する[7][4]
シザース
MASKED RIDER SCISSORS
『ディケイド』 シザースを召喚する[5][4]
ライア
MASKED RIDER RAIA
ライアを召喚する[5][4]
ファム
MASKED RIDER FEMME
ファムを召喚する[5][4]
ガイ
MASKED RIDER GAI
劇場版 ガイを召喚する[7][4]
リュウガ
MASKED RIDER RYUGA
『超電王トリロジー』 コンプリートフォーム リュウガを召喚する[8][4] [注釈 7]
デルタ
MASKED RIDER DELTA
『ディケイド』 ディエンド デルタを召喚する[3][4]
カイザ
MASKED RIDER KAIXA
劇中未使用 カイザを召喚する[8][4]
オーガ
MASKED RIDER ORGA
『超電王トリロジー』 コンプリートフォーム オーガを召喚する。 [注釈 7]
サイガ
MASKED RIDER PSYGA
『ディケイド』 ディエンド サイガを召喚する[3][4]
ライオトルーパー
RIOTROOPER[注釈 8]
ライオトルーパー(3体もしくは5体)を召喚する[3][4]
ブレイド
MASKED RIDER BLADE
ディエンド
ディエンド変異態
ブレイドを召喚する[3][4]
グレイブ
MASKED RIDER GLAIVE
『超電王トリロジー』 コンプリートフォーム グレイブを召喚する。 [注釈 7]
轟鬼
MASKED RIDER TODOROKI
『ディケイド』 ディエンド 轟鬼を召喚する[5][4] [注釈 9]
歌舞鬼
MASKED RIDER KABUKI
『ディケイド』
『超電王トリロジー』
ディエンド
コンプリートフォーム
歌舞鬼を召喚する[3][4] [注釈 7]
斬鬼
MASKED RIDER ZANKI
『ディケイド』 ディエンド 斬鬼を召喚する[5]
威吹鬼
MASKED RIDER IBUKI
威吹鬼を召喚する[5][4]
ドレイク
MASKED RIDER DRAKE
ドレイクを召喚する[3][4]
サソード
MASKED RIDER SASWORD
サソードを召喚する[3][4]
コーカサス
MASKED RIDER CAUCASUS
『超電王』
『超電王トリロジー』
ディエンド
コンプリートフォーム
コーカサスを召喚する[7][4] [注釈 7]
ヘラクス
MASKED RIDER HERCUS
『ディケイド』 ディエンド ヘラクスを召喚する[5][4]
ケタロス
MASKED RIDER KETAROS
ケタロスを召喚する[5][4]
パンチホッパー
MASKED RIDER PUNCH HOPPER
劇場版 パンチホッパーを召喚する[7][4]
電王
MASKED RIDER DEN-O
『ディケイド』 電王を召喚する[3][4]
キバ
MASKED RIDER KIVA
キバを召喚する[3][4]
レイ
MASKED RIDER REY
レイを召喚する[3][4]
サガ
MASKED RIDER SAGA
サガを召喚する[3][4]
イクサ
MASKED RIDER IXA
イクサを召喚する[3][4]
アーク
MASKED RIDER ARC
『超電王トリロジー』 コンプリートフォーム アークを召喚する。 [注釈 7]
J
MASKED RIDER J
劇場版
『MOVIE大戦2010』
ディエンド Jを召喚する。
スーパー1
MASKED RIDER SUPER1
『しにがみ博士』
『MOVIE大戦2010』
スーパー1を召喚する。
ストロンガー
MASKED RIDER STRONGER
『HERO SAGA』 ストロンガーを召喚する。
BLACK RX
MASKED RIDER BLACK RX
『しにがみ博士』 BLACK RXを召喚する。
BLACK
MASKED RIDER BLACK
『ディケイド』 「BLACKの世界」の南光太郎を召喚する[4] [注釈 10]
アクセル
KAMEN RIDER ACCEL
『ジオウ』 ネオディエンドライバーver アクセルを召喚する。
スカル
KAMEN RIDER SKULL
『超電王トリロジー』 コンプリートフォーム スカルを召喚する。 [注釈 7][注釈 11]
バース
KAMEN RIDER BIRTH
『ジオウ』 ネオディエンドライバーver バースを召喚する。
バロン
KAMEN RIDER BARON
バロンを召喚する。
スペクター
KAMEN RIDER SPECTER
スペクターを召喚する。
ブレイブ
KAMEN RIDER BRAVE
ブレイブを召喚する。

ファイナルカメンライド[編集]

カード名
カード表記
登場作品 使用者 効果 備考
ディエンド コンプリートフォーム
DIEND COMPLETE FORM
『超電王トリロジー』 コンプリートフォーム [注釈 12]

ファイナルフォームライド[編集]

カード名
カード表記
登場作品 使用者 効果
ブレイド
BLADE BLADE
『ディケイド』 ディエンド ブレイドをブレイドブレードに変身させる[9][10]
電王[デンライナー]
DENLINER
劇中未使用 電王をデンオウデンライナーに変身させる[9][注釈 13]
電王[モモタロス]
MOMOTAROS
ディエンド 電王をモモタロスに変身させる[9][10]
キバ
KIVA ARROW
キバをキバアローに変身させる[9][10]
ディケイド
DECADRIVER
劇場版 ディケイドをジャンボディケイドライバーに変身させる[7][10]

アタックライド[編集]

カード名
カード表記
登場作品 使用者 効果 備考
ブラスト
BLAST
『ディケイド』 ディエンド ディエンドブラストを発動する[11]
イリュージョン
ILLUSION
ディエンドイリュージョンを発動する[11]
インビジブル
INVISIBLE
ディエンドインビジブルを発動する[11]
クロスアタッ
クCROSS ATTACK
召喚した仮面ライダーの必殺技を発動する[12][11]
バリア[注釈 14]
BARRIER
劇場版 ディエンドバリアを発動する[11]
劇場版
GEKIJYOUBAN
『超電王トリロジー』 コンプリートフォーム 劇場版8人ライダー[注釈 15]を召喚し、必殺技を発動する[14][11]
ネオブラスト
NEO BLAST
『ジオウ』 ネオディエンドライバーver ネオディエンドブラストを発動する。
ネオインビジブル
NEO INVISIBLE
ネオディエンドインビジブルを発動する。
ネオクロスアタック
NEO CROSS ATTACK
劇中未使用
ネオバリア
NEO BARRIER
劇中未使用

ファイナルアタックライド[編集]

カード名 登場作品 使用者 発動技 備考
ディエンド
DIEND
『ディケイド』 ディエンド
チノマナコ・ディエンド変身態
ディメンションシュート[15][16]
ブレイド
BLADE
ディエンド ディエンドエッジ[15][16]
キバ
KIVA
ディエンドファング[15][16]

カイジンライド[編集]

カード名 登場作品 使用者 効果 備考
ムースファンガイア
MOOSE FANGIRE
『ディケイド』 チノマナコ・ディエンド変身態 ムースファンガイアを召喚する[17]
イーグルアンデッド
EAGLE UNDEAD
イーグルアンデッドを召喚する[17]

このほか、『S.I.C. HERO SAGA MASKED RIDER DECADE EDITION -オーズの世界-』では、ライダーロボ・ディエンド変身態がキングダーク・岩石大首領・ネオショッカー首領・骸骨恐竜を召喚。さらにフォッグマザーとクライス要塞を召喚しようとするが阻止される。

種類不明[編集]

カード名 関連作品 効果 備考
コンプリートカード ディケイド ケータッチのパネル用カードとして使用される。

変身者[編集]

海東 大樹かいとう だいき
仮面ライダーディエンドに変身する青年。一人称は「僕」。「ディエンドの世界」出身。様々な世界を単独で往来し「僕の旅の行き先は、僕が決める」という信念のもとで価値のある"お宝"と判断した物を収集している。
感傷に浸ること無く“お宝”にのみ価値を見出すドライな性格。士は彼の“お宝”への執着について、かつて自分が信じていた物に裏切られたことで自分自身をも信じられなくなり、“お宝”を集めることでその気持ちを誤魔化しているのだと推測している。さらに料理の腕前も達者で、指鉄砲で他人に狙いを定める癖がある。「〜(し)たまえ」が口癖。なおかつ生意気で他人から誤解を招きやすい。
かつては「ディエンドの世界」でフォーティーンの側近としてローチと共に働いていたが、兄である純一が捕まったことをきっかけに、管理社会の真相を知り離反。後にディエンドライバーを入手し士達よりも先に異世界を渡り歩いていた様子で、異世界の事象にも詳しい。本人曰く士とは古い知り合い。鳴滝とも面識がある。
士達との馴れ合いや人付き合いを好まず別行動を取り、目的の相違から彼らの旅を妨害することもしばしば。当初足手纏い扱いした士と共闘する際も「お宝より大事な物」という言葉への興味本位であることが多かったが、終盤では士に助言をしたりと気にかける様な行動を見せており、アスムとの再会により士達が大切な存在=仲間というお宝であることを自覚する様になる。
「アギトの世界」では仮面ライダーG3-Xの装着者となる。
チノマナコ
  • 身長:198cm
  • 体重:95kg
「シンケンジャーの世界」(『侍戦隊シンケンジャー』と連動した世界)にいる外道衆のアヤカシ。海東からディエンドライバーを奪い、チノマナコ・ディエンド変身態に変身する。

登場作品[編集]

仮面ライダーディケイド』放送中の派生作品
映画『劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦
デンライナーの面々とオニ一族の決戦の最中に突然現れ、「面白そう」という理由だけで、G3・王蛇・コーカサスを召喚し、「楽しんでくれ」と自分だけ戦わずにそのまま去っていった。
藤沢真行による漫画版
オニ一族の切り札である「鬼の戦艦」を手に入れるべく、ユウの石をゴルドラに渡した後、ウラタロス達に武器を向けられた際に、お詫びとしてG3・王蛇・コーカサスを召喚して去っていった。
映画『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー
ライダー達の宝を手に入れるために「ライダートーナメント」に参加。劇中ではアマゾンのギギの腕輪を手に入れていた。士とユウスケと共に決勝戦まで勝ち進めるも、戦闘中自ら退場。
その後戦闘員の振りをして大ショッカーから夏海を助け、士や他のライダー達と共に大ショッカーに立ち向かい、ギギの腕輪をアマゾンに返した。また同作品ではディエンドライバーが大ショッカーから盗んだ物であることを明かしている。
舞台『MASKED RIDER LIVE&SHOW 〜十年祭〜
「ライダープリズン」を訪れ、監獄内のライダー達に「ライダー漫才」で最もおもしろかった者に牢獄のカギを与えると告げる。
映画『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010
ディケイドが起こしたライダー大戦では参戦せず様子見していたが、自らの命を絶った士の復活の方法を知る夏海を行かせる為にスーパーショッカーに立ち向かった。その後、復活した士や他の仮面ライダーと共に戦う。
映画『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ』
劇中における主役。「電王の世界」でかつて手放した黒崎家の宝飾拳銃をもう一度手に入れる為、スパイダーイマジン(赤目)に「野上良太郎に会いたい」と契約。彼を囮にして、野上良太郎やモモタロス達が下りたデンライナーと、電王が戦闘中に放り投げたライダーパスを手に入れて「2008年の11月22日」の自分を止めようとする。
実は自分に恨みを抱いていた時間警察の黒崎レイジが母親の水島さゆりを恨んでいることを知り、自分が奪った拳銃の箱に家の理由でレイジ宛の彼女の手紙が隠していたことを知るが、追いかけてきた警察の発砲で失ってしまう。その歴史を変える為にデンライナーを盗み、再び拳銃を手に入れる行動に入った。
お宝を求める性格は変わらないが、士たちの衝突や共闘を経て人間性も成長し、仲間や他人の想いをお宝と認識して、レイジに母親の想いを分からせるために今回の行動を起こした。
映画『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー
岩石大首領の猛攻に苦戦するオーズたちの前に、伊達明 / 仮面ライダーバースが連れてきた平成のサブライダーの1人として登場。
春映画
映画『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦
スーパー戦隊を潰そうとする士と、ライダーを倒そうとするキャプテン・マーベラス / ゴーカイレッドの目的を探るべく、泉比奈、ジョー・ギブケン / ゴーカイブルー、ドン・ドッゴイヤー / ゴーカイグリーンと行動を共にする。
終盤で作戦のためとはいえ友情を踏みにじり、ジョーと自分の心を傷つけた士とマーベラスに憤慨し、2人が阻止しようとしたビッグマシンの完成を果たしてしまう。最終的にビッグマシンが破壊され、重傷を負いながらもなんとか生還し、士からディケイドのカードを盗んで姿を消した。
映画『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦
霧野エイトが開発したゲーム『超スーパーヒーロー大戦』のトーナメント戦において、ライダーオールブルーの緑枠として参戦。1回戦では、スーパー戦隊オールレッドのニンジャレッドと対戦。
仮面ライダージオウ
EP29から登場。異世界を渡り歩く仮面ライダー。士同様、仮面ライダーとしての記憶・能力は失っておらず、オーロラカーテンでタイムスリップを行う能力を持つ。原典同様に怪盗として珍しいお宝を狙っており、「通りすがりの仮面ライダーを追いかける者」と自称している。突如クジゴジ堂に現れソウゴたちに豪華な朝食を振る舞うが、実は白ウォズの依頼で彼らの持つライドウォッチを盗むための策略であった。戦いの末いくつかのライドウォッチは再びソウゴらに奪還されるが、彼が盗んだジオウライドウォッチIIとゲイツリバイブライドウォッチは白ウォズの手に渡された[ep 1]
ジオウの世界のお宝である白ウォズの未来ノートを盗んだ後、祝電としてオーロラカーテンで2068年の世界にいるオーマジオウとソウゴ・ゲイツを対面させる[ep 2]
タイムジャッカーによって歴史が改変されたジオウの世界に再び現れ、加古川飛流から歴史改変の能力を持つアナザージオウIIウォッチを奪うも、スウォルツに時間を止められ、失敗。その後、スウォルツから時間を静止させる能力を強引に与えられ、その力を使いグランドジオウライドウォッチをソウゴから奪い[ep 3]、スウォルツの指示で不要になったウールとオーラの始末を命じられるが、スウォルツの指示には従わず、オーラにグランドジオウライドウォッチを手渡す。その後、ソウゴたちとアナザーライダー軍団の戦闘に乱入し、時間を静止させる能力を使って士の時間を止め、スウォルツにディケイドの力を奪わせ、その報酬としてアナザージオウIIウォッチを手にした[ep 4]
命を落とした士をアナザージオウIIウォッチの力によって蘇らせるが、その副作用で自身がアナザージオウIIとなる。最後のお宝として士の命を狙うが、ディケイドの力を半分取り戻した士とソウゴによって倒され、アナザージオウIIウォッチも破壊される[ep 5]

関連キャラクター[編集]

仮面ライダーディケイド
ディエンドと同じくライダーカードを使用する仮面ライダー。
アナザージオウII
仮面ライダージオウ』内で海東大樹が変身した怪人。
ライダーロボ
『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』に登場するロボット。『S.I.C. HERO SAGA』内でディエンドを取り込み、ライダーロボ・ディエンド変身態に変化する。

仮面ライダーディエンドを演じた人物[編集]

俳優[編集]

戸谷公人
  • 『仮面ライダーディケイド』
  • 『仮面ライダージオウ』
  • 『劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦』
  • 『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』
  • 『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』
  • 『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ』
  • 『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』

スーツアクター[編集]

永徳
  • 『仮面ライダーディケイド』
  • 『仮面ライダージオウ』
  • 『劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦』
  • 『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』
  • 『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』
  • 『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ』
横田遼
  • 『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』
中田裕士
  • 『仮面ライダージオウ』

声優[編集]

戸谷公人

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『超・電王トリロジー EPISODE YELLOW』で使用。
  2. ^ 原典ではかなり大型サイズに作られているため、一部写真には写らないこともある。
  3. ^ a b c 本作品で初使用。
  4. ^ 『週刊 仮面ライダー オフィシャルデータファイル』によれば、これ等のカードは海東が所持していたらしいと記載されているが[要文献特定詳細情報]、ジオラマ小説『S.I.C HERO SAGA オーズの世界』においては、チノマナコがディエンドライバーの力を使いこなしたことで、ディエンドが所持していたライダーカードが変質した物だと士が語っている。
  5. ^ 背景が黄色い。「アマゾンの世界」で鳴滝からもたらされた。小学館の『仮面ライダーディケイド超全集・下巻』ではライダーカード紹介の項で「十面鬼との最終決戦ではパワーアップカードの方で変身した」と記述されている[5]
  6. ^ 書籍『仮面ライダー平成 vol.10 仮面ライダーディケイド』では「パワーアップ用カメンライド」に分類している[6]
  7. ^ a b c d e f g h コンプリートフォーム時に、胸部のヒストリーオーナメントに装着される。
  8. ^ ディエンドライバーからの電子音声は「RIOTROOPERS(ライオトルーパーズ)」と複数形になっている。
  9. ^ 最初にこのカードを使用した時の描写は省略されており、召喚の演出も他のライダーと異なる。
  10. ^ 元々はディケイドが所持していたが、カードの絵柄が戻った直後に奪われた。ディエンドによると、ディケイドには使えないカードらしい。またこのカードで召喚された光太郎は、ディメンションシュート発射時にディエンドライバーに還元されない。
  11. ^ 『MOVIE大戦2010』に登場したものとは背景が異なる。書籍『仮面ライダー平成 vol.10 仮面ライダーディケイド』では「スカル(色違い)」と表記している[6]
  12. ^ ディエンド コンプリートフォームの頭部に装着される。
  13. ^ 劇中でFFR MOMOTAROSに変化した。「デンオウデンライナー」の表記は『仮面ライダーディケイド超全集〈上巻〉』p.35より。カード効果は『仮面ライダー OFFICIAL DATAFILE 118号』より[要ページ番号]
  14. ^ 資料によっては、バリヤーと表記している[11][13]
  15. ^ MOVIEライダー・ライバルライダーなどと書籍によって表記が異なる。電王シリーズは未登録。

出典[編集]

  1. ^ 宇宙船164 2019, pp. 32-33, 「仮面ライダージオウ」
  2. ^ アイテム・その他図鑑”. 仮面ライダーWEB 仮面ライダー図鑑. 東映. 2019年11月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 超全集 上巻 2009, pp. 24-27, 「ライダーカード図鑑 カメンライド」
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 超辞典 2011, pp. 230-233, 「カメンライド」
  5. ^ a b c d e f g h i 超全集 下巻 2010, pp. 20-21, 「ライダーカード図鑑」
  6. ^ a b 平成10 2015, pp. 30-31, 「『ディケイド』大図鑑 ライダーカード」
  7. ^ a b c d e 超全集 下巻 2010, pp. 80-83, 「ライダーカード図鑑」
  8. ^ a b 『仮面ライダーディケイド 特写写真集 カメンライド』p.64-67より。
  9. ^ a b c d 超全集 上巻 2009, pp. 32-35, 「ライダーカード図鑑 ファイナルフォームライド」
  10. ^ a b c d 超辞典 2011, pp. 645-646, 「ファイナルフォームライド」
  11. ^ a b c d e f g 超辞典 2011, pp. 39-41, 「アタックライド」
  12. ^ 超全集 上巻 2009, pp. 30-31, 「ライダーカード図鑑 アタックライド」
  13. ^ ディケイド特写 2019, pp. 72-75, 「全ライダーカード一挙掲載」
  14. ^ 超全集 下巻 2010, p. 88, 「仮面ライダーディエンド コンプリートフォーム」
  15. ^ a b c 超全集 上巻 2009, pp. 36-39, 「ライダーカード図鑑 ファイナルアタックライド」
  16. ^ a b c 超辞典 2011, p. 644, 「ファイナルアタックライド」
  17. ^ a b 超全集 下巻 2010, pp. 34-35, 「シンケンジャーの世界」

『ジオウ』参照話数[編集]

  1. ^ EP29「ブレイド・ジョーカー!?2019」”. 仮面ライダージオウ. テレビ朝日 (2019年3月31日). 2019年3月31日閲覧。
  2. ^ EP30「2019:トリニティはじめました!」”. 仮面ライダージオウ. テレビ朝日 (2019年4月7日). 2019年4月7日閲覧。
  3. ^ EP42「2019:ミッシング・ワールド」”. 仮面ライダージオウ. テレビ朝日 (2019年7月7日). 2019年7月7日閲覧。
  4. ^ EP43「2019:ツクヨミ・コンフィデンシャル」”. 仮面ライダージオウ. テレビ朝日 (2019年7月14日). 2019年7月14日閲覧。
  5. ^ EP47「2019:きえるウォッチ」”. 仮面ライダージオウ. テレビ朝日 (2019年8月11日). 2019年8月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • 関連書籍
    • てれびくんデラックス愛蔵版(小学館
      • 『仮面ライダーディケイド超全集』上巻、中村公紀・吉田伸浩編、小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、2009年7月21日。ISBN 978-4-09-105127-1
      • 『仮面ライダーディケイド超全集』下巻、中村公紀・吉田伸浩編、小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、2010年6月3日。ISBN 978-4-09-105130-1
    • 『仮面ライダーディケイド&平成仮面ライダーシリーズ10周年記念公式読本』グライドメディア〈グライドメディアムック〉、2009年11月11日。ISBN 978-4813080459
    • 『JAE NAKED HERO』太田出版、2010年3月8日。ISBN 978-4-7783-1210-7
    • 『仮面ライダー超辞典』監修:石森プロ東映双葉社、2011年7月24日。ISBN 978-4-575-30333-9
    • 成瀬史弥『平成仮面ライダー怪人伝』カンゼン、2011年12月24日。ISBN 978-4-86255-114-6
    • 『東映ヒーロー仮面俳優列伝』鴬谷五郎[編著]、辰巳出版、2014年12月20日。ISBN 978-4-7778-1425-1
    • 『仮面ライダー 平成 vol.10 仮面ライダーディケイド』講談社〈講談社シリーズMOOK(仮面ライダー Official Mook)〉、東京、2015年2月25日。ISBN 978-4-06-353560-0
    • 『DETAIL OF HEROES EX 仮面ライダーディケイド 特写写真集 KAMENRIDE【復刻版】』ホビージャパン、2019年5月31日。ISBN 978-4-7986-1926-2
  • 雑誌
  • 劇場パンフレット
    • 『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer / 騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ! 恐竜パニック!!』パンフレット 2019年7月26日発行 / 構成・文:用田邦憲 / 発行所:東映 事業推進部

外部リンク[編集]