中村優一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なかむら ゆういち
中村 優一
生年月日 (1987-10-08) 1987年10月8日(35歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市[1][2]南区[3]
身長 177 cm[4][5]
血液型 O型[5]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 2003年 - 2012年
2014年 -
活動内容 2004年:俳優デビュー
配偶者 一般女性 (2022 - )
事務所 G-STAR.PRO
業務提携はワタナベエンターテインメント
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
仮面ライダー響鬼
仮面ライダー電王
もやしもん
薄桜鬼SSL 〜sweet school life〜
映画
劇場版 仮面ライダー電王』シリーズ
湾岸ミッドナイト THE MOVIE
風が強く吹いている
スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号
ウルトラマントリガー エピソードZ
テンプレートを表示

中村 優一(なかむら ゆういち、1987年10月8日[4][5][6] - )は、日本俳優神奈川県[4][6]横浜市[1][2]南区[3]出身。

身長177cm[4][5]、体重67kg[5]血液型O型[5]G-STAR.PRO所属[4][6]、業務提携先はワタナベエンターテインメント[4]

来歴[編集]

2003年までジャニーズJr.に所属[7]

2004年7月、「第1回D-BOYSオーディション」でグランプリを受賞[7]。同年10月、D-BOYSに加入。2005年、『ごくせん 第2シリーズ』にて俳優デビュー[6]。同年9月、『仮面ライダー響鬼』に桐矢京介役で出演[注釈 1]

2007年、『仮面ライダー電王』に桜井侑斗 / 仮面ライダーゼロノス役で出演。侑斗役は『響鬼』後半および『電王』のチーフプロデューサーを務めた白倉伸一郎からのオファーで決まった。またエンディングテーマ「Action-ZERO」の歌唱も担当し、曲はオリコンチャートのランキングでデイリー3位、週間7位を記録した。この出演により平成仮面ライダーシリーズの2作品でメインキャラクターを務めることとなった。

2010年3月、D☆DATEのメンバーとなる。同年8月16日、持病の腰痛が悪化したことを理由に、同月26日から出演予定だった「D-BOYS STAGE 2010 trial-2『ラストゲーム』」の笠井和也役を降板、代役は鈴木裕樹が務めることになった[8]。9月19日、前述の体調不良により芸能活動を一時休止し、休養することを発表[9]

2011年11月8日、治療に専念するため、D-BOYSとD☆DATEから脱退[10]2012年9月末日をもってワタナベエンターテインメントとの契約を終了、芸能界からの引退が発表された[11]

2013年2月14日、新たなブログを開設、仲間とともに表現活動を開始したことを宣言[12]2014年8月30日、俳優業再開を発表した[13]

2022年12月18日、一般女性との結婚を発表[14][15]

人物[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

Webドラマ[編集]

CM[編集]

テレビアニメ[編集]

  • 美肌一族(2008年10月 - 12月、テレビ東京) - 源剛 役
  • ポプテピピック 第2シリーズ(2022年10月2日、TOKYO MX 他) - タイムパトロール隊長 役(実写出演、第1話OP映像、第12話)、レジスタンスリーダー 役(実写出演、第12話、声:中村悠一

イベントDVD[編集]

  • 仮面ライダー電王
    • 仮面ライダー電王 スペシャルトークショー ~イマジン大集合! クライマックスだぜー!!~(2007年11月)
    • 仮面ライダー電王 ファイナルステージ&番組キャストトークショー(2008年4月)
    • 仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー劇場公開記念スペシャルステージ イマジン超クライマックスツアー 2010(2010年9月)
  • 東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー ラジレンまつり2015(2016年1月)

ラジオ[編集]

  • SUNDAY TALKING D-THEATER featuring 中村優一「いつもそばにいるよ」(2009年4月5日 - 2010年、bayfm
  • D-BOYS BE AMBITIOUS(2010年9月 - 12月、InterFM
  • 東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー 第151回(2015年8月21日) ラジレンまつり2015の公開録音内のゲスト
  • 君の話も聞かせて(2015年10月14日 - 2016年3月30日、bayfm)

ゲーム[編集]

作品[編集]

DVD[編集]

  • プリンセス・プリンセスD キャラクターイメージDVD Vol.2(2006年)
  • ボクの方程式「Actor 中村優一」(2008年10月)
  • D-BOYS BOY FRIEND series vol.2「中村優一 SELF-DISCOVERY」(2009年8月21日、ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン) CLVS-1016
  • MAKING OF 湾岸ミッドナイト THE MOVIE 〜朝倉アキオ in 悪魔のZ〜(2009年8月)

CD[編集]

  • プリンセス・プリンセスD キャラクターソングシリーズ Vol.2 幸せの予感(2006年9月20日)
  • ドラマCD 『獣のごとくひそやかに -言霊使い-』 フランケンウルフ 役(2007年7月30日)
  • 仮面ライダー電王 エンディング曲「Action-ZERO」桜井侑斗&デネブ(CV. 中村優一・大塚芳忠)(2007年9月5日)
  • JUNON恋愛小説 映画「同級生」/「体育館ベイビー」エンディング・テーマ&オリジナル・サウンドトラック(2008年5月9日)
  • 仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル 主題歌「Action-ZERO 2010」桜井侑斗&デネブ(CV. 中村優一・大塚芳忠)(2010年5月26日)
  • あと1cmのミライ(2010年12月1日) - D☆DATEとして(通常版収録曲「想い D☆DATE Version」作詞担当)

書籍[編集]

写真集[編集]

雑誌連載[編集]

  • JUNON「恋愛マスター(仮) 中村優一のハチャメチャ相談室」(2008年7月号 - 2010年6月号、主婦と生活社

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当初、安達明日夢役のオーディションや、同時期の『魔法戦隊マジレンジャー』のオーディションも受けていた。
  2. ^ a b AbemaTVと名古屋テレビによる共同制作。
  3. ^ 映画『シャカリキ!』協賛
  4. ^ スペシャルユニット「D☆DATE」企画写真集第一弾

出典[編集]

  1. ^ a b 中村優一 (2019年6月7日). “中村優一。神奈川県。横浜市出身。神奈川県を横浜を愛してます。浸透させて。”. 中村優一 Twitter. Twitter. 2022年3月18日閲覧。
  2. ^ a b マイ風呂バッグを持つほどの風呂好き!イケメン俳優・中村優一が東白楽の銭湯へ”. Walkerplus (2018年5月29日). 2022年3月18日閲覧。
  3. ^ a b 中村優一のプロフィール”. エキサイトニュース. 2022年3月18日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 中村優一”. ジースター・プロ. 2017年3月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 中村優一”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年3月8日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 宇宙船177 2022, pp. 96–97, 「[インタビュー]中村優一」
  7. ^ a b ジャニーズJr.出身イケメン・中村優一が写真集で全脱ぎを披露!”. アサジョ (2017年6月18日). 2022年12月19日閲覧。
  8. ^ ラストゲーム製作委員会、他. “中村優一 「ラストゲーム」降板のお知らせ”. 2010年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月16日閲覧。
  9. ^ D☆DATE OFFICIAL☆WEB SITE. “中村優一に関しまして”. 2010年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月15日閲覧。
  10. ^ D-BOYS・D☆DATE スタッフ一同. “中村優一に関するお知らせ”. 2012年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月8日閲覧。
  11. ^ “中村優一、芸能界卒業を決断「違う道を」”. 日テレNEWS24. (2012年9月25日). オリジナルの2012年12月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121214064615/http://news24.jp/entertainment/news/1624737.html 
  12. ^ 中村優一 (2013年2月14日). "Valentine's day start". Yuichi Nakamura Official Blog. 2013年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月18日閲覧
  13. ^ 元D-BOYS中村優一が芸能界復帰 新事務所で俳優業再開”. ORICON NEWS. oricon ME (2014年8月30日). 2018年3月11日閲覧。
  14. ^ “中村優一、一般女性との結婚報告「人生を支え合いながら歩んでいけたら」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年12月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2261188/full/ 2022年12月18日閲覧。 
  15. ^ 中村優一 [@NvKknpbmkIbDg6m] (2022年12月18日). "私事で大変恐縮ではございますが、かねてよりお付き合いさせて頂いている一般の方と結婚いたしましたことをご報告させて頂きます。(画像)" (ツイート). Twitterより2022年12月18日閲覧
  16. ^ ぴょんちゃん。” (2017年7月26日). 2018年3月11日閲覧。
  17. ^ a b イケメンガレッジ vol.7 中村優一『イケメン年鑑』”. ORICON STYLE. 2014年7月7日閲覧。
  18. ^ a b c イケメンガレッジ vol.7 中村優一『優一STYLE』”. ORICON STYLE. 2014年7月7日閲覧。
  19. ^ 『がる★パラ!』(GungHo). “聞きました!がる★パラ!乙女からの一問一答♪(2008年9月22日掲載分より)”. 2008年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月4日閲覧。
  20. ^ プレセペ presepe(Impress Touch Inc.). “TVアニメ『美肌一族』でイケメン源剛役を演じる中村優一さんにインタビュー!(2008年11月6日掲載分より)”. 2010年1月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月8日閲覧。
  21. ^ 中村優一 [@NvKknpbmkIbDg6m] (2017年12月23日). "最近。 yahooで。 中村優一で検索すると。 中村悠一さんが。 Googleで。 中村優一で検索すると。 中村悠一さんが。 何故急にこうなった。笑 そろそろ制作会社の皆様。 中村悠一様とお仕事させてください。 出来れば、コンビが良いです。" (ツイート). Twitterより2022年12月4日閲覧
  22. ^ 舞台『ガンダム00』ミスター・ブシドー(CV:中村悠一)を俳優の中村優一が担当!”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2020年2月4日). 2022年12月4日閲覧。
  23. ^ 周木翔 (2020年2月4日). “舞台「機動戦士ガンダム00」続編決定! ミスター・ブシドー(CV.中村悠一)を中村優一が演じる名采配”. ねとらぼ. ITmedia. 2022年12月4日閲覧。
  24. ^ ポプテピピック第2期:最終回は特撮 蒼井翔太が変身 中村優一、中村悠一 “西川総帥”西川貴教も”. まんたんウェブ (2022年12月18日). 2022年12月18日閲覧。
  25. ^ 仮面ライダージオウ 第33話 「2005: いわえ!ひびけ!とどろけ!」”. 平成仮面ライダー20作品記念公式サイト. 東映. 2019年4月7日閲覧。
  26. ^ 仮面ライダージオウ 第39話 「2007:デンライナー・クラッシュ」”. 平成仮面ライダー20作品記念公式サイト. 東映. 2019年6月1日閲覧。
  27. ^ 【緊急速報】ドゲンジャーズにあの#中村優一さんの友情出演が決定!!!(2020年3月1日)2021年1月17日閲覧
  28. ^ “「永遠の昨日」に大友花恋や新原泰佑が出演、主題歌はAyumu Imazuと久保あおい”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年9月28日). https://natalie.mu/eiga/news/495332 2022年9月28日閲覧。 
  29. ^ 綱本将也×吉原基貴の「U-31」が映画化!馬場良馬、中村優一ら出演”. コミックナタリー (2016年1月17日). 2016年1月17日閲覧。
  30. ^ “「仮面ライダー電王」中村優一、またヒーローに!”. シネマトゥデイ. (2016年11月9日). http://www.cinematoday.jp/page/N0087393 2016年11月17日閲覧。 
  31. ^ CHARACTER”. 仮面ライダー バトライド・ウォー 創生 公式サイト. バンダイナムコエンターテインメント. 2016年1月8日閲覧。
  32. ^ ボイス紹介”. 仮面ライダー ブットバソウル公式サイト. バンダイナムコエンターテインメント. 2018年3月7日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『宇宙船』vol.177(SUMMER 2022.夏)、ホビージャパン、2022年7月1日、 ISBN 978-4-7986-2862-2

外部リンク[編集]