殺人の追憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
殺人の追憶
살인의 추억
監督 ポン・ジュノ
脚本 ポン・ジュノ
シム・ソンボ
製作 チャ・スンジェ
ノ・ジョンユン
出演者 ソン・ガンホ
キム・サンギョン
パク・ヘイル
音楽 岩代太郎
撮影 キム・ヒョング
編集 キム・ソンミン
配給 大韓民国の旗 CJエンタテインメント
日本の旗 シネカノン
公開 大韓民国の旗 2003年5月2日
日本の旗 2003年11月9日TIFF
日本の旗 2004年3月27日
上映時間 130分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
テンプレートを表示
殺人の追憶
各種表記
ハングル 살인의 추억
漢字 殺人의追憶
発音 サリネ・チュオク
英題 Memories of Murder
テンプレートを表示

殺人の追憶』(さつじんのついおく)は、2003年韓国映画。軍事政権下で比較的治安のよかった1980年代に発生し、10人の犠牲者を出した華城連続殺人事件を元にした戯曲の映画化作品[1]。なお、実在の事件を題材にしているが原作は戯曲であり、映画はあくまでフィクションである。現実の事件とは状況や関連人物の背景にも相応の差異がある。第40回大鐘賞で最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀主演男優賞(ソン・ガンホ)を受賞。

あらすじ[編集]

1986年10月、農村地帯華城市用水路から束縛された女性の遺体が発見される。地元警察刑事パク・トゥマン(ソン・ガンホ)とチョ・ヨング(キム・レハ)、ク・ヒボン課長ピョン・ヒボン)が捜査にあたるが、捜査は進展せず、2か月後、線路脇の稲田でビョンスン(リュ・テホ)の遺体が発見される。どちらも赤い服を身に着けた女性で、被害者の下着で縛られた上に、絞殺されていた。パク刑事は恋人ソリョン(チョン・ミソン)の情報から、ビョンスンに付きまとっていたという知的障害を持つ焼肉屋の息子グァンホ(パク・ノシク)に目をつけ、彼を取り調べる。そこへソウル市警の若手刑事ソ・テユン(キム・サンギョン)が赴任する。グァンホを犯人と決めつけたパク刑事とチョ刑事は、証拠捏造し、暴力的な取り調べで自供を迫る。すると、グァンホは殺害方法を話し始める。この供述からグァンホが犯人と思われたが、ソ刑事は遺体の状況からグァンホの麻痺したでは犯行は不可能であると断定する。同時期に警察の拷問による自白強要が問題化し、ク課長は解任される。新任のシン課長(ソン・ジェホ)はソ刑事の主張を支持し、グァンホを釈放する。

ソ刑事は、殺害がの日に行われていると指摘し、行方不明になっているヒョンスン殺害を示唆する。ソ刑事の進言を受けてシン課長は大掛かりな捜査に着手する。その結果、ヒョンスンの腐乱死体が発見される。しばらくしてセメント工場近くで女性の遺体が発見される。犯人は現場に手がかりとなる証拠を残さず、実像が見えない。そんな中、女性警官ギオクがある情報をもたらす。彼女が好んで聴いているFMラジオ局で毎日放送されている音楽番組に、「憂鬱な手紙」というがよくリクエストされているという。しかも、事件が発生した日に必ずその曲がリクエストされていた。DJが読む葉書によるとリクエストしたのは「テリョン村の寂しい男」。ソ刑事はその葉書を入手し、指紋筆跡鑑定を行おうと課長に提案し、ラジオ局に連絡するが、葉書は既に焼却されていた。

パク刑事とチョ刑事は第4の事件の犯行現場に待ち伏せし、そこに現れた変態男を捕まえるが、この男は事件とは無関係であった。捜査が進展せず焦るソ刑事は、捜査中に出会った女子中学生が語った「学校トイレに隠れた変質者が、夜な夜な出没する」という話を思い出した。学校に赴いてその女子中学生から再び話を聞くが、彼女は詳細を知らなかった。しかし、別の学校関係者から学校の向こうので泣いている女性を見たという話を聞く。その女性を求めて一軒の農家にたどり着くが、女性はソ刑事を見た途端に怯えて家の中に隠れてしまう。彼女は被害に遭いながらも唯一助かった女性だった。ギオクを連れて再び彼女の家を訪れ話を聞くと、「犯人は手が女性のように柔らかかった」という証言を得る。その、ラジオ放送で「憂鬱な手紙」が流れた。そして、第5の事件が発生する。

ギオクが放送局に問い合わせ、曲をリクエストした人物がテリョン村に住む青年パク・ヒョンギュ(パク・ヘイル)であることが判明する。女性の証言と一致した為、青年を署に連行し、取り調べを行う。事件やリクエストした曲について追及するが、ヒョンギュはぬらりくらり否定する。これに怒ったチョ刑事が暴力的な行動に出て、課長が激怒。取り調べは混乱し、結局この日は不調に終わる。取り調べ後、ソ刑事はパク刑事との会話の中で、グァンホの殺害方法の自供を思い出す。テープに録音されたそれを改めて聞いてみると、自供と思われていたそれは殺人事件の目撃証言であった。2人はグァンホからもう一度話を聞くため、焼き肉店である彼の家に向かう。すると、取り調べから外されたチョ刑事が酔っ払い自暴自棄になって店内で暴れまわり、他の客と乱闘を繰り広げていた。そこに帰宅したグァンホが乱闘に加わり、チョ刑事のを棒で殴打する。混乱したグァンホは店を飛び出す。田んぼに逃げたグァンホを追いかけ、ヒョンギュの顔写真を見せて、犯人のの確認を迫る。グァンホは質問に答えず、意味不明なことを繰り返し呟く。そこに先ほどの店内で暴れていた客が現れ、ソ刑事とパク刑事に襲い掛かってきた。一瞬目を離した隙に、グァンホは線路に立ち入り、追いかけてきたパク刑事が注意するも間もなく汽車に敷かれて即死する。

容疑の固まらないヒョンギュが釈放される。次の日、課長の元に、科学捜査課から犯人の精液が見つかったという連絡が入る。精液のDNAとヒョンギュのそれが一致すれば確実な物証になると鑑識医は話す。しかし、DNA鑑定出来る設備が韓国にはなく、それをアメリカまで送らなければならない。ソ刑事はその間に、事件が起こるかも知れないと焦燥感を募らせる。ソ刑事は捜査課長からの命令で、ヒョンギュを24時間監視する。しかし、バスに乗った彼を見失ってしまったその夜に、事件が発生する。被害者は、捜査中に出会った女子中学生であった。ソ刑事はヒョンギュの自宅に乗り込み、無理やり外に連れ出す。暴行を繰り返し、鉄道トンネルの前まで連れていくと、拳銃を突きつけ自白を迫る。ヒョンギュはそれに挑発的に応じる。ソ刑事は暴行をさらに加速させる。そこに、DNA鑑定の結果を知らせる書類を持ったパク刑事が現れる。ソ刑事は暴行をやめ、書類に目を通すが茫然とする—『DNAが一致しないため、犯人とは断定できない』。ソ刑事は怒りに任せて、逃げようとするヒョンギュに向けて発砲するが、パク刑事に止められる。ヒョンギュは暗いトンネルの奥に消えていった。

2003年。刑事を辞め、セールスマンに転職したパクは、2人の子供に恵まれ充実した日々を送っていた。ある日、仕事の途中で事件現場を訪れる。女性の遺体が発見された用水路を覗きこんでいると1人の少女が話しかけてきた。以前、別の中年男性が同じように用水路を覗いていたのだという。更に詳しく聞いてみると、その男性は「昔、自分がここでしたことを思い出して久しぶりに来てみた」と話していたという。これを聞いたパクは愕然とする。それは事件の真犯人がまだこので生きているという事実であった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
パク・トゥマン ソン・ガンホ 山路和弘
ソ・テユン キム・サンギョン 小山力也
チョ・ヨング キム・レハ 後藤敦
シン・ドンチョル ソン・ジェホ 伊井篤史
ク・ヒボン ピョン・ヒボン 大塚周夫
ペク・グァンホ パク・ノシク 岡野浩介
パク・ヒョンギュ パク・ヘイル 石田彰
カク・ソリョン チョン・ミソン 藤貴子
チョ・ビョンスン リュ・テホ 長島雄一

スタッフ[編集]

  • 監督: ポン・ジュノ
  • 脚本: ポン・ジュノ、シム・ソンボ
  • プロデューサー: チャ・スンジェ、ノ・ジョンユン
  • 撮影: キム・ヒョング
  • 照明: イ・ガンサン
  • 編集: キム・ソンミン
  • 助監督: ハン・ソングン
  • 音楽: 岩代太郎
  • 制作: サイダス
  • 配給: CJエンタテインメント
  • 日本での配給: シネカノン

脚注[編集]

  1. ^ 当時の韓国警察は反政府勢力の抑圧などの公安対策に傾倒し、刑事事件の捜査や犯罪の抑止といった本来の任務を軽視していたとの見方もある。

外部リンク[編集]