大鐘賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大鐘賞
主催 韓国映画人協会韓国放送公社中央日報
司会 シン・ヒョンジュンハ・ジウォン(第50回)[1]
開催日 2013年11月1日 (2013-11-01)(第50回)[1]
韓国の旗 韓国
授賞式会場 汝矣島KBSホール(第50回)[1]
初回 1962
最新回 2013
最新受賞者 『観相』
公式サイト www.daejongfilmaward.kr
テレビ放送
放送局 KBS(第50回)[1]
テンプレートを表示
大鐘賞
各種表記
ハングル 대종상
漢字 大鐘賞
発音 テジョンサン
日本語読み: テジョンしょう
英語 Daejong award / Grand Bell award
テンプレートを表示

大鐘賞(テジョンしょう)は、大韓民国映画賞。創設は1962年で、青龍賞(朝鮮日報社主催)とともに権威ある映画賞とされ、「韓国のアカデミー賞」と称されることがある。現在は韓国映画人協会を中心にKBS(2010年までSBS)・中央日報社などが主催している。

沿革[編集]

国内映画産業の振興を目的として1959年にはじめられた文教部による優秀国産映画賞が源流で、1962年公報部に主管が移され、その下で第1回大鐘賞映画祭が開催された。長らく政府主導の映画賞であり、1970年代から80年代にかけては「反共部門」「啓蒙部門」なども存在した。1991年までは政府からの補助金を受けていた関係でその影響下におかれていたが、1992年からは民間主導に移り、経済不況による中断などを含みながら現在に至っている。

毎年10月ないし11月に「大鐘賞映画祭」が行われ、授賞式が行われる。2008年までは夏に開催されていた。

授賞部門[編集]

2007年(第44回)の授賞部門は以下の通り。

  • 最優秀作品賞
  • 監督賞
  • 男優主演賞
  • 女優主演賞
  • 男優助演賞
  • 女優助演賞
  • 新人監督賞
  • 新人男優賞
  • 新人女優賞
  • 人気賞
  • 企画賞
  • シナリオ賞
  • 撮影賞
  • 照明賞
  • 編集賞
  • 映像技術賞
  • 音響技術賞
  • 音楽賞
  • 美術賞
  • 衣装賞


逸話[編集]

主要部門受賞者[編集]

最優秀作品賞 監督賞 男優主演賞 女優主演賞 男優助演賞 女優助演賞
1 1962年 燕山君
シン・サンオク
シン・サンオク
離れの客とお母さん
シン・ヨンギュン
(燕山君)
チェ・ウニ
常緑樹
イ・イェチュン
玄界灘は知っている
ハン・ウンジン
(燕山君)
2 1963年 烈女門
シン・サンオク
ユ・ヒョンモク
(惜しみなく捧げる)
シン・ヨンギュン
(烈女門)
ト・グンボン
(新妻)
パク・ノシク
(秦の始皇帝と万里の長城)
ファン・ジョンスン
(新妻)
3 1964年 血脈
キム・スヨン
イ・マニ
帰らざる海兵
キム・スンホ
(血脈)
ファン・ジョンスン
(血脈)
キム・ヒガプ
チェ・ジヒ
金薬局の娘たち
4 1965年 聾唖の三龍
シン・サンオク
シン・サンオク
(聾唖の三龍)
シン・ヨンギュン
(悲恋の王妃妲己)
チェ・ウニ
(日清戦争と女傑閔妃)
パク・ノシク
(日清戦争と女傑閔妃)
ユン・インジャ
空爆作戦命令 赤いマフラー
5 1966年 浜辺の村
キム・スヨン
ユ・ヒョンモク
殉教者
キム・ジンギュ
太陽はまた昇る
チェ・ウニ
ミンミョヌリ 許嫁
チェ・ナミョン
(秋風嶺)
ファン・ジョンスン
(浜辺の村)
6 1967年 帰路
イ・マニ
キム・スヨン
パク・ノシク
(告発)
ムン・ジョンスク
(帰路)
ユン・イルボン
(愛河)
チュ・ジュンニョ
(満船)
7 1968年 大院君
シン・サンオク
シン・サンオク
(大院君)
シン・ソンイル
(李箱の翼)
ムン・ヒ
カインの後裔
パク・ノシク
(カインの後裔)
ファン・ジョンスン
(母の日記)
8 1969年 中止のため受賞者なし
9 1970年 脚本賞のみ授与(チェ・グムドン、『若い息子の最後の歌』)
10 1971年 無名の教師
(不明)
ユ・ヒョンモク
(糞禮記)
チャン・ドンヒ
(大戦場)
ユン・ジョンヒ
(糞禮記)
チェ・ムリョン
(最後の皇太子英親王)
サ・ミジャ
(糞禮記)
最優秀作品賞 監督賞 男優主演賞 女優主演賞 男優助演賞 女優助演賞
11 1972年 義士安重根
チュ・ドンジン
シン・サンオク
(平壌爆撃隊)
ファン・ヘ
(平壌爆撃隊)
コ・ウナ
(嫁)
キム・ヒガプ
(小さな夢が花開く時)
ト・グンボン
(小さな夢が花開く時)
12 1973年 紅衣将軍
イ・ドゥヨン
チェ・フン
(水仙花)
ナムグン・ウォン
(多情多恨)
ユン・ヨンギョン
(悲恋の聾唖者三龍)
パク・アム
(十人宮女)
チェ・インスク
(悲恋の聾唖者三龍)
13 1974年 土地
キム・スヨン
キム・スヨン
(土地)
パク・クニョン
(李仲燮)
キム・ジミ
(土地)
ホ・ジャンガン
(花御輿)
ト・グンボン
(土地)
14 1975年
ユ・ヒョンモク
イ・マニ
森浦への道
ハ・ミョンジュン
(炎)
キム・ジミ
肉体の約束
キム・ジンギュ
(森浦への道)
パク・チョンジャ
(肉体の約束)
15 1976年
イム・ウォンシク
ソル・テホ
(元山工作)
シン・イルリョン
(アラビアの熱風)
チェ・ミニ
(雨の中の恋人たち)
チャン・ドンヒ
(母)
テ・ヒョンシル
(元山工作)
16 1977年 乱中日記
チャン・イルホ
チェ・イニョン
執念
キム・ジンギュ
(乱中日記)
ユン・ミラ
(古家)
ユン・イルボン
(草墳)
ソヌ・ヨンニョ
(山火事)
17 1978年 警察官
イ・ドゥヨン
イム・グォンテク
族譜
ハ・ミョンジュン
(族譜)
コ・ウナ
(寡婦)
チェ・ブラム
(世宗大王)
ムン・ジョンスク
(警察官)
18 1979年 旗のない旗手
イム・グォンテク
チョン・ジヌ
(シムブァッタ)
チェ・ブラム
(走れマンソク)
ユ・ジイン
(シムブァッタ)
ファン・ヘ
(シムブァッタ)
チョン・エラン
(乙火)
19 1980年 人間の息子
ユ・ヒョンモク
イ・ジャンホ
風吹く良き日
イ・デグン
カッコーの啼く夜 別離
チョン・ユニ
(カッコーの啼く夜 別離)
パク・アム
(地響き)
キム・シンジェ
(カッコーの啼く夜 別離)
20 1981年 招かれた人々
チェ・ハウォン
イム・グォンテク
曼陀羅
ナムグン・ウォン
避幕
(不明) チョン・ムソン
(曼陀羅)
チョン・ユニキム・ヒョンジャ
愛の望郷 激流を超えて
最優秀作品賞 監督賞 男優主演賞 女優主演賞 男優助演賞 女優助演賞
21 1982年 神よ、ここに光を
イ・ジャンホ
イ・ジャンホ
(神よ、ここに光を)
アン・ソンギ
鉄人たち
キム・ボヨン
コバン村の人々
キム・ヒラ
(コバン村の人々)
(不明)
22 1983年 糸をつむぐ女
イ・ドゥヨン
イ・ドゥヨン
(糸をつむぐ女)
アン・ソンギ
霧の村
チャン・ミヒ
赤道の花
キム・ヒラ
炎の娘
コ・ドゥシム
(嫉妬)
23 1984年 マーニム 愛の嵐
チョン・ジヌ
チョン・ジヌ
(マーニム 愛の嵐)
ユン・イルボン
(行きたい)
イ・ミスク
その年の冬は暖かかった
キム・ムセン
(深い深いそこに)
パク・チョンジャ
(マーニム 愛の嵐)
24 1985年 ディープ・ブルー・ナイト
ペ・チャンホ
ペ・チャンホ
(ディープ・ブルー・ナイト)
イム・グォンテク
キルソドム
アン・ソンギ
(ディープ・ブルー・ナイト)
キム・ジミ
(キルソドム)
ナ・ギス
(火女村)
ハン・ウンジン
(オシン)
25 1986年 霧の柱
パク・チョルス
イム・グォンテク
チケット
イ・ヨンハ
(霧の柱)
チェ・ミョンギル
(霧の柱)
シン・ソンイル
月の光 猟師
イ・ヘヨン
冬の旅人
26 1987年 燕山日記
イム・グォンテク
イム・グォンテク
(燕山日記)
イ・ヨンハ
女と男 愛の終着駅
カン・スヨン
(女と男 愛の終着駅)
イ・デグン
じゃがいも
キム・ヒョンジャ
(じゃがいも)
1988年 IMF経済危機の影響で中止[3]
27 1989年 波羅羯諦 ハラギャティ
イム・グォンテク
イム・グォンテク
(波羅羯諦 ハラギャティ)
イ・ドックァ
(追憶の名前で)
カン・スヨン
(波羅羯諦 ハラギャティ)
ハン・ジニル
(波羅羯諦 ハラギャティ)
キム・ジミ
(追憶の名前で)
28 1990年 墜落するものには翼がある
チャン・ギルス
チャン・ギルス
(墜落するものには翼がある)
シン・ソンイル
処刑警察
バイオレンス・コネクション
カン・スヨン
(墜落するものには翼がある)
キム・ヒラ
(雄鶏)
ユ・ヘリ
(ウムクペミの愛)
29 1991年 若き日の肖像
クァク・チギュン
クァク・チギュン
(若き日の肖像)
イ・ヨンハ
あなたが女というだけで
ウォン・ミギョン
(あなたが女というだけで)
パク・クニョン
(誰が竜の爪を見たのか)
ペ・ジョンオク
(若き日の肖像)
30 1992年 開闢
イム・グォンテク
キム・ホソン
(死の讃美)
イ・ドックァ
(開闢)
チャン・ミヒ
(死の讃美)
イ・ギョンヨン
(死の讃美)
イ・ヘヨン
ミョンジャ・明子・ソーニャ
最優秀作品賞 監督賞 男優主演賞 女優主演賞 男優助演賞 女優助演賞
31 1993年 風の丘を越えて/西便制
イム・グォンテク
イム・グォンテク
風の丘を越えて/西便制
イ・ドックァ
(生きるんだ)
シム・ヘジン
(結婚物語)
イ・ギョンヨン
ホワイト・バッジ
イ・ミヨン
(樹氷)
32 1994年 二人の女の物語
イ・ジョングク
チャン・ソヌ
(華厳経)
パク・チュンフンアン・ソンギ
ツー・コップス
ユン・ジョンヒ
(無頼漢)
シン・ソンイル
蒸発
ナム・スジョン
(二人の女の物語)
33 1995年 永遠なる帝国
パク・ジョンウォン
パク・チョンウォン
永遠なる帝国
キム・ガプス
太白山脈
チェ・ジンシル
(女房殺し)
チェ・ジョンウォン
永遠なる帝国
チョン・ギョンスン
太白山脈
34 1996年 エニケーン
キム・ホソン
キム・ホソン
(エニケーン)
チェ・ミンス
テロリスト 悲しき男に捧げる挽歌
シム・ヘジン
銀杏のベッド
キム・イル
学生府君神位
キム・チョン
(エニケーン)
35 1997年 接続 ザ・コンタクト
チャン・ユニョン
チョン・ジヨン
(ブラックジャック)
ハン・ソッキュ
グリーン・フィッシュ
シム・ヘジン
グリーン・フィッシュ
イム・チャンジョン
(ビート)
チョン・ギョンスン
(娼)
1998年 経済不況によりスポンサーが集まらず延期
36 1999年 スプリング・イン・ホームタウン
イ・グァンモ
イ・グァンモ
スプリング・イン・ホームタウン
チェ・ミンシク
シュリ
シム・ウナ
美術館の隣の動物園
チョン・ジニョン
(約束)
イ・ミヨン
女校怪談
37 2000年 ペパーミント・キャンディ
イ・チャンドン
イ・チャンドン
ペパーミント・キャンディ
チェ・ミンス
ユリョン
チョン・ドヨン
我が心のオルガン
チュ・ジンモ
ハッピーエンド
キム・ヨジン
ペパーミント・キャンディ
38 2001年 JSA
パク・チャヌク
ハン・ジスン
エンジェル・スノー
ソン・ガンホ
JSA
コ・ソヨン
エンジェル・スノー
チョン・ウンピョ
キリマンジャロ
ユン・ソジョン
エンジェル・スノー
39 2002年 おばあちゃんの家
イ・ジョンヒャン
ソン・ヘソン
パイラン
ソル・ギョング
公共の敵
チョン・ジヒョン
猟奇的な彼女
仲村トオル
ロスト・メモリーズ
パン・ウンジン
受取人不明
40 2003年 殺人の追憶
ポン・ジュノ
ポン・ジュノ
殺人の追憶
ソン・ガンホ
殺人の追憶
イ・ミヨン
純愛中毒
ペク・ユンシク
地球を守れ!
ソン・ユナ
ジェイル・ブレーカー
最優秀作品賞 監督賞 男優主演賞 女優主演賞 男優助演賞 女優助演賞
41 2004年 春夏秋冬そして春
キム・ギドク
パク・チャヌク
オールド・ボーイ
チェ・ミンシク
オールド・ボーイ
ムン・ソリ
浮気な家族
ホ・ジュノ
シルミド
キム・ガヨン
どこかで誰かに何かあれば
間違いなく現れるMr.ホン
42 2005年 マラソン
チョン・ユンチョル
ソン・ヘソン
力道山
チョ・スンウ
マラソン
キム・ヘス
顔のない女
ファン・ジョンミン
甘い人生
ナ・ムニ
クライング・フィスト
43 2006年 王の男
イ・ジュニク
イ・ジュニク
王の男
カム・ウソン
王の男
チョン・ドヨン
ユア・マイ・サンシャイン
ユ・へジン
王の男
カン・ヘジョン
トンマッコルへようこそ
44 2007年 家族の誕生
キム・テヨン
ポン・ジュノ
グエムル-漢江の怪物-
アン・ソンギ
ラジオスター
キム・アジュン
カンナさん大成功です!
キム・ユンソク
タチャ イカサマ師
シム・ヘジン
約束
45 2008年 チェイサー
ナ・ホンジン
ナ・フンジン
チェイサー
キム・ユンソク
チェイサー
キム・ユンジン
セブンデイズ
ユ・ジュンサン
リターン
キム・ヘスク
ファム・ファタール
46 2009年 神機箭(シンギジョン)
キム・ユジン
キム・ヨンファ
国家代表!?
キム・ミョンミン
私の愛、私のそばに
スエ
あなたは遠いところに
チン・グ
母なる証明
キム・ヨンエ
グッバイ、マザー
47 2010年 ポエトリー アグネスの詩
イ・チャンドン
カン・ウソク
黒く濁る村
ウォンビン
アジョシ
ユン・ジョンヒ
ポエトリー アグネスの詩
ソン・セビョク
春香秘伝 The Servant 房子伝
キム・ヒラ
ポエトリー アグネスの詩
ユン・ヨジョン
ハウスメイド
48 2011年 高地戦
チャン・フン
カン・ヒョンチョル
サニー 永遠の仲間たち
パク・ヘイル
神弓 KAMIYUMI
キム・ハヌル
ブラインド
チョ・ソンハ
哀しき獣
シム・ウンギョン
ロマンチックヘブン
49 2012年 王になった男
チュ・チャンミン
チュ・チャンミン
(王になった男)
イ・ビョンホン
(王になった男)
チョ・ミンス
嘆きのピエタ
リュ・スンニョン
(王になった男)
キム・ヘスク
10人の泥棒たち
50 2013年 観相師-かんそうし-
ハン・ジェリム
ハン・ジェリム
(観相師-かんそうし-)
リュ・スンニョン
(7番部屋の贈り物)
ソン・ガンホ
(観相師-かんそうし-)
オム・ジョンファ
(モンタージュ)
チョ・ジョンソク
(観相師-かんそうし-)
チャン・ヨンナム
私のオオカミ少年
51 2014年 バトル・オーシャン 海上決戦
キム・ハンミン
キム・ソンフン
(最後まで行く)
チェ・ミンシク
(バトル・オーシャン 海上決戦)
ソン・イェジン
(海賊:海へ行った山賊)
ユ・ヘジン
(海賊:海へ行った山賊)
キム・ヨンエ
(弁護人)
最優秀作品賞 監督賞 男優主演賞 女優主演賞 男優助演賞 女優助演賞

脚注[編集]

  1. ^ この年度より規約が改正され、外国籍の出演者、スタッフへのノミネートや受賞が可能となった。仲村の他、『インディアン・サマー』の音楽監督であるミヒャエル・シュタウダッヒャードイツ)と、『MUSA -武士-』の衣装担当である黄寶榮中国)もノミネートされた[2]

文献[編集]

  1. ^ a b c d 조경이 한재림 감독 '관상', 제50회 대종상 최우수작품상 수상 '6관왕' (朝鮮語) star.ohmynews.com 2013.11.1付記事
  2. ^ '집으로…' 대종상서 주요 3개부문 석권 (朝鮮語) ハンギョレ 2002.5.26付記事
  3. ^ [대종상 영화제] 4월8일 국립극장서 개최 (朝鮮語) hankooki.com 1999.2.12付記事

関連項目[編集]

外部サイト[編集]