高山猛久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「髙山猛久」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
たかやまたけひさ
高山猛久
生年月日 (1979-05-23) 1979年5月23日(38歳)
出生地 長野県諏訪市
国籍 日本の旗 日本
血液型 B
職業 俳優
公式サイト http://ameblo.jp/jdblog/
主な作品
映画「NANA」、ドラマ「風魔の小次郎」など

高山 猛久(たかやま たけひさ、1979年5月23日 - )は、日本俳優である。長野県諏訪市出身。G-STAR.PRO所属。

人物・来歴[編集]

  • 高校卒業後、単身渡米し演技を学ぶ。6年間の滞在後、2004年ドラマ「マザー&ラヴァー」高石宏一役でドラマデビュー。翌年2005年映画「NANA」高倉京助役で映画デビュー。
  • 映画好きが高じて、+act(ワニブックス)にて映画コラム「銀幕便り」を連載していた。続編を時々自らのオフィシャルブログで公開している。
  • 2008年、若林謙(現脚本家・一雫ライオン)と、演劇ユニット「東京深夜舞台」を結成。
  • 若林ともどもロック好きで、東京深夜舞台の自主制作映像作「銀行強盗前夜」のエンディング曲は、一雫ライオンが作曲、高山が歌っている。

出演[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

声優[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • 「BAND AGE」(2005年2月)- ケンジ 役
  • J-WAVE 'ASIENCE SPIRIT OF ASIA' 「未来タクシー」(2008年4月)- 運転手 しげお 役

ネットドラマ[編集]

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

関連書籍[編集]

  • CanCam」エビちゃんシアター(小学館、2006年)
  • 「+act(プラスアクト)」東京深夜舞台の「リアルタイム〜なんでもありでしょ?〜」(ワニブックス、2008年4月〜)

外部リンク[編集]