栗原英雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くりはら ひでお
栗原 英雄
本名 栗原 英雄
生年月日 (1965-07-04) 1965年7月4日(52歳)
出生地 日本の旗 日本 栃木県下都賀郡壬生町
身長 174cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
主な作品

舞台
ライオンキング』/『コーラスライン
人間になりたがった猫』/『キャッツ』他

テレビドラマ
真田丸

栗原 英雄(くりはら ひでお、1965年7月4日 - )は日本俳優栃木県下都賀郡壬生町出身[1]。株式会社レ・ブリアン(Les Brillants)所属。

略歴[編集]

国学院栃木高校在学時に演劇を志し[2]1984年、高校卒業後に上京して劇団四季に入団[2]。ミュージカル『ライオンキング』をはじめ数々の演目に出演し、2009年退団。

退団後は舞台や映画を中心に活動を続け、2016年大河ドラマ真田丸』(真田信尹 役)でテレビドラマ初出演を果たした[3]

役者[編集]

  • 中学時代に役者を目指し始め、国学院栃木高校入学と共に演劇部へ入部。「自分の肉体を駆使する表現がしたい」との思いからシェークスピア作品を読むなどして本格的に演劇を志した。[4]
  • 当時憧れていた俳優(ジェームズ・ディーンロバート・デ・ニーロアル・パチーノ)全員が『アクターズ・スタジオ』で演劇を学んだ経験を知り、更に浅利慶太の「劇団四季は食べられる」というインタビュー記事を読んだことで、劇団四季を受けることを決めたという。[4]
  • 劇団四季にはテスト生として合格。合格理由について浅利慶太に「才能はない。だが素質はある」と伝えられたという。[4]
  • 初舞台は19歳『コーラスライン』である。[4]
  • 劇団内でベテランとなってからは、浅利慶太の補助として研究生を指導する側に立つこともあった。[4]
  • 2009年、役者としてより成長したいとの思いから、25年間所属していた劇団四季を退団した。[4]
  • 初映像作品はBABEL LABELの『けむりの街の、より善き未来は』(監督・藤井道人)。若者が作っていく現場に参加したいという意志で自らオーディションに参加し、藤井監督よりオファーをもらったことがきっかけである。[5]
  • 以降BABEL LABEL作品には幅広い役柄(ダメ親父・地下アイドルファン・女装する役など)で多数出演している。[5]
  • 真田丸』出演は、同ドラマ脚本の三谷幸喜が出演舞台『タイタニック』を観劇したことがきっかけである。三谷と親交のあった共演のシルビア・グラブ経由で「映像作品への興味」を尋ねられ、興味がある旨を伝えたところ後日出演オファーが来たという。[5]
  • 真田丸』クランクインは2015年9月3日乗馬シーンから。30度の急斜面を馬で駆け上がる撮影に備えハードな乗馬訓練を重ねて本番に臨んだが、本編ではそのシーン自体全てカットされてしまった。しかし、撮影終了後も定期的に乗馬訓練場に通い続けている。[6]

演劇論[編集]

  • 芝居で大切なのは相手役の反応や出方であり、それを敏感に受けそして返していく演技こそが最上の演技である、と語っている。[7]
  • 「感情は自分で作るのではなく相手役からもらうもの。自分がどうしたいかというのを相手にぶつけた時に、相手役の反応によって初めて感情は生まれる」「自分は自分の色だけでは生きられない役者。カメラマンや演出家の言葉が必要」「自分を常にニュートラルな状態に置くことも重要」とも語っている。[8]
  • 役をもらい役に入ると、普段の生活もその役の感じでしかいられなくなりがちとも話す。[9]

人物[編集]

  • 最初の演劇体験は幼稚園のお遊戯大会で「おにぎり」役だった。[4]
  • 好きな俳優は「嘘のない演技が出来る人」としてハーヴェイ・カイテルを挙げている。他にもロバート・デ・ニーロアル・パチーノフィリップ・シーモア・ホフマンなど。[5]
  • 好きな映画は『ユリシーズの瞳』・『スモーク (映画)』・『バグダッド・カフェ』など。主にロードムービー群像劇を好む。[5]
  • 真田信尹役を演じたことがきっかけで、信尹が祀られている山梨県北杜市の龍岸寺にはたびたび参拝し、訪れるたびに「おかえりなさい」と声を掛けられているという。[8]
  • 劇団四季時代は「自分に厳しく、他人に厳しく」のスタンスだったが、退団後は「自分に厳しく、他人に優しく」のスタンスにシフトしたという。[4]
  • ミュージカル『タイタニック』『パジャマゲーム』の演出家、トム・サザーランドから、「幸せというのは色んなところにあるじゃないかというのが、あなたを見ていたら滲み出ている」と評価されている。[4]
  • 役者を志した高校時代から地元の方言(栃木弁)は封印してきた。[6]
  • 野外イベントやロケなどでは晴れることが多く、晴れ男を自負している。[6]
  • 日常にルーティーンがあり、必ず出かける2時間前には起床している。仕事や撮影のある日などは出かける4時間前には起床し準備しているという。[6]
  • 動物園と水族館のどっち派という質問に対し「居酒屋派」と答えるほどのお酒好き。基本的には何でも飲むが、特に日本酒が好み。ただし撮影前日などは焼酎に切り替えるなど気を遣っている。休肝日は設けておらず、時に二日酔いすることもあると語っている。[6]
  • 「メンクイ」と自称するほどの麺好きで、三食麺類でも大丈夫という。一番好きな麺類は「蕎麦」。中でも十割に近いものを選ぶようにしている。蕎麦屋で天ぷらを肴に焼酎のそば湯割りを飲み、せいろで締めるのがいいと語っている。[10]
  • ラーメンも好きだが食べるタイミングには気を付けており、なるべく無化調の(化学調味料を使わない)ものを食べるようにしている。他にもパンは全粒粉、ごはんは玄米食とするなど、食生活にはかなり気を遣っている。[6]
  • 苦手な食べ物はタマネギである。形が残っていないほど煮込んであれば大丈夫とも話す。長ネギは食べられるという。[6]
  • 愛犬家で犬を2匹飼っている(ぽろん・ワイリー)。ツイッター等のSNSで時折登場するが、ぽろん(ロングコートチワワ・雌)はひらがなでしかしゃべれない設定で、自分のことを「ちちー」と呼ばせている。ワイリー(パピヨン・雄)はカタカナも使える設定で、自分のことは「パパー」と呼ばせている。[6]
  • 三谷幸喜とは舞台『不信〜彼女が嘘をつく理由』オファー後に初めて連絡先の交換をしたという。最初のやりとりが(「本日はありがとうございました。今後ともよろしくお願いします」「こちらこそよろしくお願いします」という内容で)「まるで付き合い始めの思春期のカップルみたいなやりとりだった」と述懐している。[9]
  • 舞台『不信〜彼女が嘘をつく理由』初日直前会見の場では、共演者である戸田恵子に「思いのほか天然なところがある」と評されている。
  • 朝日新聞夕刊に連載されているエッセイ「三谷幸喜のありふれた生活844(2017年4月13日掲載)」にて、『不信~彼女が嘘をつく理由』の現場で見せた素顔の一端を三谷幸喜から「大人の雰囲気がある」「たまに見せるおちゃめな部分が非常にキュート」と評されている。同エッセイで三谷は、共に仕事をしたかった役者として岸田森成田三樹夫(いずれも故人)を挙げた上で、最後に「叶わぬ夢に、少し淋しい気持ちになってしまうのだが、もう大丈夫。/僕には栗原英雄がいる」と締めくくった。この言葉はそのままエッセイの表題になっている。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • けむりの街の、より善き未来は(2012年)
  • 男たちの楽園(2013年)
  • ドキュメント(2013年)
  • 寄り添う(2014年)
  • めちゃくちゃなステップで(2014年)
  • 私糖尿病ですって(2015年)
  • 猿たちの舟(2015年)
  • TOKYO CITY GIRL(2015年)
  • あなたがここにいてほしい(2016年)
  • ホテルコパン(2016年)[14] - 段来示 役
  • TOKYO CITY GIRL -2016-[15](2016年)
  • 沈黙 -サイレンス-(2017年)

舞台[編集]

劇団四季にて[編集]

劇団四季退団後[編集]

  • アンタッチャブル - カルロ・ニコラ役(アル・カポネの部下)
  • ミーグウイッチ
  • ディートリッヒ - ゲッベルス役(ナチス党宣伝大臣)
  • 2 -two-(トリプルtime)
  • 12〜twelve〜(OOBJ)- No4役※2011年初演版 [16]
  • SEMPO -日本のシンドラー 杉原千畝物語- - グッシェ 役[17]
  • ふと、立ち止まり、語り出す(2013年10月10日-10月14日、So Creativeプロデュース公演・演出:志真健太郎
  • タイタニック - エドガー・ビーン 役[18]
  • しあわせのかたち[19]
  • 太平洋食堂[20]
  • 不信〜彼女が嘘をつく理由[21]
  • ミュージカル『パジャマゲーム』 - ハインズ役[22]
  • ミュージカル『メンフィス』 - シモンズ役[23]
  • ミュージカル『マタ・ハリ』-パンルヴェ役[24]
  • 日生劇場『リトル・ナイト・ミュージック』-カールマグナス伯爵[25]

ラジオドラマ[編集]

  • NHKオーディオドラマ 青春アドベンチャー「帝冠の恋」 - ナイペルク伯役[26]
  • NHKオーディオドラマ 青春アドベンチャー「また、桜の国で」-後藤副領事役[27]

脚注[編集]

  1. ^ 壬生町長のすまいるとーく”. Facebook (2016年3月8日). 2016年5月6日閲覧。
  2. ^ a b 【「真田丸」の栃木県出身俳優に聞く(1)】真田信尹役・栗原英雄さん(壬生出身)”. 下野新聞 (2016年5月1日). 2016年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月6日閲覧。
  3. ^ 【真田丸】元劇団四季俳優・栗原英雄、テレビドラマ初出演”. ORICON STYLE (2016年2月28日). 2016年5月6日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i ワニブックス『+act.(プラスアクト)』2017.Mar.vol.75掲載”. 2017年3月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e 2016年8月21日放送「BABEL RADIO」”. 2016年9月7日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h 2016年8月27~28日開催「JINBA KOGEN FES’16」栗原英雄トークショー”. 2016年9月7日閲覧。
  7. ^ 東京ニュース通信社「TV Bros」平成28年12月3日号”. 2017年3月29日閲覧。
  8. ^ a b 宅ふぁいる便「仕事インタビュー 私の職務経歴書」”. 2017年3月20日閲覧。
  9. ^ a b マイナビニュース 栗原英雄インタビュー”. 2017年3月29日閲覧。
  10. ^ 週刊現代 2017年1月14・21日合併号”. 2017年3月21日閲覧。
  11. ^ スペシャルドラマ「LEADERSⅡ」(TBSテレビ)”. 2017年3月29日閲覧。
  12. ^ ドラマ24「孤独のグルメSeason6」(テレビ東京)”. 2017年6月27日閲覧。
  13. ^ 三谷氏新作「風雲児たち」来年元日放送!栗原英雄&阿南健治&高木渉も出演”. Sponichi Annex (2017年10月6日). 2017年10月6日閲覧。
  14. ^ 映画「ホテルコパン」公式サイト(※音が出ます)”. 2016年9月10日閲覧。
  15. ^ 「映画」マイナビpresents TOKYO CITY GIRL -2016-”. 2016年9月10日閲覧。
  16. ^ 龍平カンパニー”. 2017年3月20日閲覧。
  17. ^ キャスト一覧”. ミュージカル 『SEMPO』〜日本のシンドラー 杉原千畝物語〜 2013. 2016年5月6日閲覧。
  18. ^ キャスト”. ミュージカル『タイタニック』. 2016年5月6日閲覧。
  19. ^ しあわせのかたち”. しあわせのかたち. 2016年11月9日閲覧。
  20. ^ 太平洋食堂”. 太平洋食堂|メメント. 2016年11月9日閲覧。
  21. ^ 公演情報”. PARCO Production 不信 ~彼女が嘘をつく理由. 2016年11月9日閲覧。
  22. ^ ミュージカル『パジャマゲーム』公演情報”. ミュージカル『パジャマゲーム』. 2017年2月1日閲覧。
  23. ^ ミュージカル『メンフィス』公演情報”. ミュージカル『メンフィス』. 2017年4月4日閲覧。
  24. ^ 「マタ・ハリ」特設ページ”. 「マタ・ハリ」特設ページ. 2017年10月6日閲覧。
  25. ^ 日生劇場「リトル・ナイト・ミュージック」”. 日生劇場「リトル・ナイト・ミュージック」. 2017年10月6日閲覧。
  26. ^ NHKオーディオドラマ 青春アドベンチャー「帝冠の恋」”. NHKオーディオドラマ 青春アドベンチャー「帝冠の恋」. 2017年3月20日閲覧。
  27. ^ NHKオーディオドラマ 青春アドベンチャー「また、桜の国で」”. NHKオーディオドラマ 青春アドベンチャー「また、桜の国で」. 2017年6月27日閲覧。

外部リンク[編集]

栗原英雄official Facebook(日本語)
栗原英雄official(ほぼ本人)Twitter(日本語)