国際市場で逢いましょう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
国際市場で逢いましょう
국제시장
監督 ユン・ジェギュン
脚本 ユン・ジェギュン
音楽 イ・ビョンウ
撮影 チェ・ヨンファン
配給 CJ Entertainment Japan
公開 大韓民国の旗 2014年12月17日
日本の旗 2015年5月16日
上映時間 127分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 朝鮮語
テンプレートを表示
国際市場で逢いましょう
各種表記
ハングル 국제시장
漢字
発音 クッチェシジャン
日本語読み: こくさいいちばであいましょう
題: Ode to My Father
テンプレートを表示

国際市場で逢いましょう』(こくさいいちばであいましょう、原題:국제시장)は、2014年韓国映画。家族を守るために、朝鮮戦争ベトナム戦争といった激動の時代を生き抜いた男の生涯を描いた映画。第52回大鐘賞では作品賞を始め10部門を受賞した。観客動員数は1300万人を突破し、韓国映画の歴代観客動員数2位につけている。

ストーリー[編集]

朝鮮戦争時の1950年、興南(現在の北朝鮮、興南区域)から撤退しようとしていたドクスとその一家は父と末妹と離れ離れになるが、長男であるドクスは父から「お前が家長になるんだ。家長はどんな時でも家族が優先だ。」と家族を任される。釜山へと渡ったドクスら一家は国際市場にある叔母の店で働くようになる。やがて青年になり家計を支えるようになったドクス(ファン・ジョンミン)だったが、弟の大学進学資金を稼ぐために旧友のダルグ(オ・ダルス)と共に炭鉱作業員として西ドイツに出稼ぎに出る。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

受賞[編集]

外部リンク[編集]