王の男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
王の男
왕의 남자
監督 イ・ジュニク
脚本 チェ・ソックァン
原作 キム・テウン
製作 チョン・ジナン
イ・ジュニク
出演者 カム・ウソン朝鮮語版
イ・ジュンギ
チョン・ジニョン
音楽 イ・ビョンウ
撮影 チ・ギルン
編集 キム・サンボム
キム・ジェボム
制作会社 イーグル・ピクチャーズ
CJエンタテインメント
配給 大韓民国の旗 CJエンタテインメント
日本の旗 シネマサービス
公開 大韓民国の旗 2005年12月29日
日本の旗 2006年12月9日
上映時間 119分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
製作費 44億ウォン[1]
テンプレートを表示
王の男
各種表記
ハングル 왕의 남자
漢字 王의 男子
発音 ワンエ ナムジャ
ローマ字 Wang-eui Namja / King and the Clown
テンプレートを表示

王の男』(おうのおとこ、原題:왕의 남자)は、2005年12月29日公開の韓国映画

劇作家・演出家で韓国芸術総合学校教授のキム・テウンが2000年に発表した戯曲『朝鮮語版』を原作とする。チェ・ソックァンが脚本を、イ・ジュニクが演出および製作を担当(製作はチョン・ジナンと共に)。カム・ウソン朝鮮語版イ・ジュンギが主役の広大(旅回りの芸人)役、チョン・ジニョン燕山君役、カン・ソンヨン朝鮮語版チャン・ノクス役を演じた。

製作費は広報の費用も含めて67億ウォン[1]と低予算であったが、公開後46日後の2006年2月11日付で観客動員1,000万人を突破[2]。国内上映が終了した同年4月18日時点で累計1,230万1,289人を動員するヒット作となった[3]。この記録は同年9月に『グエムル-漢江の怪物-』に抜かれるまで、韓国における観客動員数の最高記録であった[4]。また同年度の大鐘賞最優秀作品賞を始め、その年の映画賞を複数受賞している。

燕山君治世下の李氏朝鮮漢城にやってきた二人の広大が燕山君に仕えることとなり、宮廷の陰謀や策略に巻き込まれる様子が描かれている。

あらすじ[編集]

チュルタギ(綱渡り芸)。チャンセンが得意とする。

16世紀はじめ、燕山君治世下の李氏朝鮮。広大のチャンセンは仲間のコンギルが夜は男娼として売られていることにガマンができずに親方を刺してふたりで逃亡、共に漢城にやってきた。ふたりはそこで、燕山君と愛妾チャン・ノクスを風刺する芸を披露して有名人となるが、国王を風刺した咎でふたりは義禁府に捕らえられてしまった。「王を笑わせたら罪を許す」という約束をとりつけたチャンセンはあの手この手で芸をするが燕山君は無反応。しかしその時コンギルが機転を利かせて芸をし、燕山君を笑わせた事でふたりは罪を許された。

燕山君に仕えることとなったチャンセンとコンギルは宮中でさまざまな芸を披露するが、その度に粛清の嵐が起きた。ある時は重臣が、ある時は先王の後宮が罰を受けたり斬り殺されたりしていった。二人はこれを最後に王宮を出るつもりで、燕山君の内侍・チョソンから指示された中国の京劇風の衣装で王が女にそそのかされて妻に死ぬように毒を渡すという筋書きの劇を演ずると、燕山君はそれを自分の父と母のことだと激高・混乱して劇と現実の区別が付かなくなり、宮女や祖母に母は毒殺されたと難詰し、燕山君の母は病死だったと説明(史実では廃妃尹氏は劇のとおり賜薬による死とされている)されても耳を貸さず、祖母がショック死する。その事でふたりは重臣たちから疎まれていき、重臣たちは彼らを宮中から追い出そうと策略を巡らせる。

喪中で白い服を着ている燕山君と重臣たちの朝議で燕山君はコンギルを官職を与え、その祝宴をやるように指示するが、喪中なので祝宴は出来ないが狩りならできると重臣が提案して狩りをやることになる。狩りといっても芸人が動物に扮し、鏃は丸めた布という模擬矢による遊びだが、コンギルは本物の矢で狙われユッカプが庇って死ぬ。一方、燕山君の関心がふたりに向いている事で嫉妬心を燃やすチャン・ノクスも陰謀を企み、コンギルの筆跡にそっくり真似た燕山君批判の抗議文を市中に貼り付ける。コンギルがそれに問われるとチャンセンが自分がコンギルに字を教えたのでそれは自分の字だと庇い、チャンセンは王宮から追放されるが、王宮に侵入して燕山君の目の前で綱渡りをしながら燕山君批判をして目潰し刑を受ける。コンギルは燕山君の私室で手首を切るが一命は助かる。その裏で君側の奸ではなく燕山君そのものを打倒しようとする動きがはじまっていた。

チャンセンとコンギルは燕山君の前に連れ出されて、綱渡りをやるように強要される。綱の上で再会した二人は、芸人はつらかったがまた生まれ変わっても芸人をやりたいと言い合う。そこにクーデター勢力が雪崩れ込んでくる。呆然とする燕山君と、内待から逃げるように言われても覚悟してそこに座り続け殺されるチャン・ノクス。スタッフロールでは野山をチャンセン、コンギルやユッカプたちが楽しそうに遊芸している姿が映し出される。


登場人物[編集]

役名 俳優 日本語吹替 作品中の設定等
チャンセン カム・ウソン朝鮮語版 森川智之 広大。綱渡り朝鮮語版の名人で度胸と巧みな話術を持って漢城で成功していく。仲間であるコンギルの事を見守っている。
コンギル イ・ジュンギ 石田彰 広大で女形を担当。美貌と演技力で燕山君の心を捉えていく。
燕山君 チョン・ジニョン 堀内賢雄 李氏朝鮮第10代国王。作品中では気性が荒いながら心の奥底に孤独や悲しみを抱えた人物として登場する。コンギルに惹かれていく。
チャン・ノクス カン・ソンヨン朝鮮語版 魏涼子 燕山君の愛妾。王の関心を奪ったチャンセンとコンギルを疎み、彼らを宮中から排しようと画策する。
チョソン チャン・ハンソン 藤本譲 燕山君に仕える老内侍
ユッカプ ユ・ヘジン 小野健一 チャンセンとコンギルが漢城で出会った広大。後彼らの仲間となる。
チルトゥク チョン・ソギョン 鈴木貴征 広大でユッカプの仲間。
パルポク イ・スンフン 広大でユッカプの仲間。
ソン・ヒアン ユン・ジュサン 朝廷に仕える文臣。後に中宗反正に参加し燕山君を王位から引きずり下ろした。
ソン・ジュン チェ・イルファ 朝廷に仕える文臣。甲子士禍に巻き込まれて死去した。
イ・グッキュン シン・ジョングン 朝廷に仕える文臣。ソン・ジュン同様甲子士禍の犠牲となった。
パク・ウォンジョン パク・スイル 朝廷に仕える武臣。 中宗反正の首謀者。
ホン内官 ウ・ヒョン 朝廷に仕える内侍。
仁粋大妃 ユン・ソジョン 燕山君の祖母。燕山君の憎悪の対象のひとり。

反応[編集]

同作品のファンミーティングに参加したイ・ジュンギ(2007年、済州島

韓国国内では4か月間の上映期間(最終日が2006年4月18日)の間に1,230万人(ソウル特別市内では約366万人)の観客動員を記録し[3]、歴代の観客動員記録の第1位となった。また12か月間の上映期間で726億ウォンの総収入を挙げた[5]。上映された全ての国における総収入は7,440万ドルである[6]。低予算で製作された(製作費用約44億ウォンであり、そして2月11日付で観客動員数1,000万人を突破した)この作品は、作品そのものの出来の良さと俳優陣の演技の素晴らしさのゆえに好意的な批評を得、また作品に対する肯定的な口コミが広まった。そして作品は商業的な成功を収め、同性愛的なテーマと合わせ、この作品が伝統芸術へ注目した点が考察された。[訳語疑問点]またこの作品は、同じく観客動員数1,000万人超えを記録した『ブラザーフッド』や『シルミド』のような作品と比較されたが、それらの作品とは違い多額の製作費用はかけられておらず、また人々の耳目を集めるような俳優・監督も参加していなかった[7][8]

この作品は韓国映画振興委員会によって、『グエムル-漢江の怪物-』と『絶対の愛』を抑えて第79回アカデミー外国語映画賞候補作品として選ばれ出品されたが、最終候補5作品には入らなかった[9][10]。また無名であったイ・ジュンギは、この作品をきっかけにアジア圏内でスターとなった[11]


受賞歴[編集]

本節の記述は、個別に注釈がない場合は[12][13][14][15]に基づく:

韓国国外での上映[編集]

関連作品[編集]

DVD[編集]

2007年4月に角川エンターテインメントよりスタンダード・エディションとコレクターズ・エディションの2種類が発売された[17][18]

書籍[編集]

2006年11月、角川文庫よりノベライゼーションが刊行された[19]

脚注[編集]

  1. ^ a b 박인규 "연극 '이'로 '왕의 남자' 기록 세우려면 40년 걸려" (朝鮮語) プレシアン 2006.2.4付記事
  2. ^ 김명희 영화 ‘왕의 남자’ 네 주인공 인터뷰 & 촬영 에피소드 공개 (朝鮮語) 女性東亜 2006.3.8付記事
  3. ^ a b 이희진 자민당은 보도를 조작해, 진실을 전하지 않고, 국민을 속이고 있다 (朝鮮語) NEWSEN 2006.4.19付記事
  4. ^ a b 韓国歴史的ヒットの「王の男」は「同性愛映画ではない」 映画.com 2006.9.26付記事
  5. ^ "South Korea Box Office: March 17–19, 2006" (英語) Box Office Mojo 2016.4.26 21:18 (UTC) 閲覧
  6. ^ "World wide Box Office: King and the Clown" (英語) Box Office Mojo 2016.4.26 21:18 (UTC) 閲覧
  7. ^ Yi, Ch'ang-ho (2006年2月13日). “King and the Clown expected to be as popular as Taegukgi and Silmido”. Korea Film Biz Zone. Korean Film Council. http://www.koreanfilm.or.kr/jsp/news/news.jsp?mode=VIEW&seq=349 2012年10月16日閲覧。 
  8. ^ “'The King and the Clown' Draws 10 Million Viewers”. 朝鮮日報英語版. (2006年2月10日). http://english.chosun.com/site/data/html_dir/2006/02/10/2006021061013.html 2012年10月16日閲覧。 
  9. ^ Paquet, Darcy (2006年9月21日). “King and the Clown chosen as Korea`s Oscar entry”. Korea Film Biz Zone. Korean Film Council. http://www.koreanfilm.or.kr/jsp/news/news.jsp?mode=VIEW&seq=457 2012年10月16日閲覧。 
  10. ^ “South Korea rests Oscar hope on gay-themed film”. The Guardian. (2006年9月21日). http://www.guardian.co.uk/film/2006/sep/21/news 2012年10月16日閲覧。 
  11. ^ [King and the Clown Special]왕의 남자 (The King and The Clown) Part 1 of 3 (朝鮮語) twitchfilm.com 2006.9.1付記事
  12. ^ 왕의 남자 수상정보 (朝鮮語) KMDb 2016.4.16 00:23 (UTC) 閲覧
  13. ^ 대종상 영화제 2006년 제43회 (朝鮮語) NAVER 2016.4.16 00:23 (UTC) 閲覧
  14. ^ 백상예술대상 2006년 제42회 (朝鮮語) NAVER 2016.4.16 00:23 (UTC) 閲覧
  15. ^ 제27회 청룡영화상 (朝鮮語) 青龍映画賞公式サイト 2016.4.16 00:23 (UTC) 閲覧
  16. ^ スケジュール 10.21(土) 第19回東京国際映画祭公式サイト(アーカイヴ)
  17. ^ 王の男 スタンダード・エディション Amazon.co.jp 2017.10.22 00:25 (UTC) 閲覧
  18. ^ 王の男 コレクターズ・エディション Amazon.co.jp 2017.10.22 00:25 (UTC) 閲覧
  19. ^ 王の男 KADOKAWA 2017.10.22 08:20 (UTC) 閲覧

外部リンク[編集]