帰宅部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

帰宅部(きたくぶ)とは、小学校中学校高等学校などクラブ活動(部活)が強制されていない(活動が任意とされている)学校で、放課後の部活動をせずに帰宅すること、およびどの部活動にも所属していない生徒を意味する俗語[1]

概要[編集]

放課後の部活動が強制でなく「任意」とされている学校で、どの部活にも所属しないまま帰宅するため、「帰宅部」と呼称される[1]

その理由として、

  • アルバイト[2][3][4]
  • 受験でに通うため[2][3][5]
  • 学校外での活動を楽しむため[4]
  • 希望する部活動が学校に存在しないため[5]
  • 学校内の部活動より、校外のスポーツクラブで活動したいため[5][6]

などが挙げられる。

また、少子化による生徒数の減少や[4][6]、生徒の意識の変化[6]、指導する教師の忙しさや指導者不足[6]が背景にあるとする報道もある。

部活動に参加しないことで自由時間が増えることから、過剰な塾通いや[5][7]、生徒が非行に走ることを懸念する意見[5][8]と交えて報じられることある。1989年平成元年)の学習指導要領改訂以降、部活動がカリキュラム内に組み込まれたため、ほぼ強制的に活動させることが必須となり、帰宅部を一切認めない風潮がまかり通りつつある[9]

「帰宅部」という言葉は1980年代後半から使用例が見られ[7][10]読売新聞の解説記事では1986年昭和61年)における流行語の一つとして「帰宅部」を挙げている[7]。また、1996年(平成8年)の産経新聞の記事では「『帰宅部』は死語になった」とも報じられている[11]

学園漫画やドラマなどのフィクション作品では、中学・高校の部活が強制でない場合もあるため、「帰宅部」が題材として用いられることもある(→#使用例)。

使用例[編集]

小説[編集]

漫画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “帰宅部(キタクブ)”. デジタル大辞泉/大辞林第3版コトバンク. 小学館/三省堂朝日新聞社. https://kotobank.jp/word/%E5%B8%B0%E5%AE%85%E9%83%A8-677401 2015年4月30日閲覧。. 
  2. ^ a b “目耳録 若者気質” (日本語). 中日新聞(夕刊、社会面) (中日新聞社): p. 11. (1992年4月14日)  - G-Searchにて2015年4月30日閲覧。
  3. ^ a b “高校生活 様変わり(2の1)*かつては野球 今ではサッカーにスノーボード*熱血指導なお健在*簿記、ワープロは激減(道北ワイド)” (日本語). 北海道新聞(朝刊地方、旭B) (北海道新聞社): p. 21. (2002年4月13日)  - G-Searchにて2015年4月30日閲覧。
  4. ^ a b c “いきいき学習NIE 高校生の部活動 "帰宅部"員増加 生徒数の減少 "球児の夏"を横目に 坂井農業高では部員集めに懸命 部員不足 運動部の微減つづく県内 全国平均を上回る 部活動加入率” (日本語). 中日新聞(朝刊、福井総合版) (中日新聞社): p. 21. (1997年7月19日)  - G-Searchにて2015年4月30日閲覧。
  5. ^ a b c d e “断面/中学の部活、自由参加に/新要領前倒し、仙台でも導入増加/延びる放課後、親は心配/"帰宅部"わずか、学校安堵” (日本語). 河北新報 (河北新報社): p. ページ数不明. (2000年5月25日)  - G-Searchにて2015年4月30日閲覧。
  6. ^ a b c d “EYE/揺れる中学部活動(下)/指導教員不足、自主性尊重/地域クラブ、サークル広がる脱「部」の動き/生徒の気持ち複雑” (日本語). 河北新報 (河北新報社): p. ページ数不明. (2005年5月1日)  - G-Searchにて2015年4月30日閲覧。
  7. ^ a b c 吉川正義 (1986年12月31日). “流行語でつづる「'86プッツン回顧」(解説)” (日本語). 読売新聞(東京朝刊) (読売新聞社): p. 9  - G-Searchにて2015年4月30日閲覧。
  8. ^ “部活動:25(こども・しゃかい・こども)” (日本語). 朝日新聞(東京朝刊、3社) (朝日新聞社): p. 25. (1987年8月8日)  - G-Searchにて2015年4月30日閲覧。
  9. ^ 大塚玲子 (2015年9月22日). “なぜ中高の「部活動」は"強制"になったのか? 子どもたちも先生も疲弊している!” (日本語). 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2017年3月12日閲覧。
  10. ^ 山岸駿介 (1986年9月11日). “高校新聞様変わり 「怒り」古びて「優しさ」 「反戦」は健在” (日本語). 朝日新聞(東京夕刊、らうんじ) (朝日新聞社): p. 3  - G-Searchにて2015年4月30日閲覧。
  11. ^ “日刊じゅく〜る 338号 様変わりする中・高部活事情” (日本語). 産経新聞(東京夕刊、塾2面) (産業経済新聞社): p. 6. (1996年8月20日)  - G-Searchにて2015年4月30日閲覧。
  12. ^ 本作では「帰宅部」とは正反対の「帰宅しない部」が登場するストーリーとなっている。

関連項目[編集]