ムービル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムービル
MOVIL
SotetsuMOVIL.JPG
ムービルの外観(幸橋と五番街側入口 2009年6月撮影)
情報
正式名称 ムービル
旧名称 相鉄ムービル1・2・3・4・5
完成 1988年
開館 1988年11月12日
収容人員 (5館合計)1,956人
延床面積 4,770m²
設備 ドルビーデジタル(サラウンドEX)、DTSMasterImage 3D
用途 映画上映
運営 東急レクリエーション
所在地 220-0005
横浜市西区南幸2丁目1-22 相鉄南幸第2ビル
位置 北緯35度27分49.3秒 東経139度37分8.3秒 / 北緯35.463694度 東経139.618972度 / 35.463694; 139.618972座標: 北緯35度27分49.3秒 東経139度37分8.3秒 / 北緯35.463694度 東経139.618972度 / 35.463694; 139.618972
アクセス 相模鉄道横浜駅(みなみ西口)横浜市営地下鉄ブルーライン横浜駅(3番出口)より徒歩約3分
JR横浜駅(みなみ西口)より徒歩約5分
外部リンク http://109cinemas.net/movil/
テンプレートを表示
相鉄ムービル
Sotetsu MOVIL
店舗概要
所在地 220-0005
神奈川県横浜市西区南幸2丁目1-22
開業日 1988年11月12日
正式名称 相鉄第2南幸ビル[1]
施設管理者 相鉄ビルマネジメント
敷地面積 3,572m²[1]
延床面積 13,858m²[1] 
中核店舗 映画館(ムービル1・2・3・4・5)、ライブハウス(Yokohama O-SITE)、飲食施設ほか
店舗数 16店舗(2015年1月現在)[1]
営業時間 各フロアによって異なる
最寄駅 横浜駅
SOTETSU logo horizontal.svg
テンプレートを表示
正面入口(西側)

ムービル(MOVIL)神奈川県横浜市西区横浜駅西口付近にある映画館。以前は相鉄ローゼンが運営・経営していたが、2006年6月から東急レクリエーションが経営している。また、建物の管理は引き続き相鉄ビルマネジメントが行っている。

本項では、当館の隣接地に開設されていた3DCGホログラフィック専用劇場DMM VR THEATER」(後節参照)、およびその跡地に開設されたライブハウス1000 CLUB」(後節参照)についても解説する。

概要[編集]

前身[編集]

1956年4月2日相鉄不動産[注 1](旧法人、のちに相鉄興業(現 相鉄ローゼン)が継承)によって横浜駅名品街(現在の相鉄ジョイナスの通路付近)内に第1劇場第2劇場の2館体制で映画館を開業し、1958年9月19日に第3劇場を開業。1962年8月に相鉄興業(現 相鉄ローゼン)に譲渡された。第3劇場は1962年12月から2年間相模興業に賃貸され、相鉄日活劇場への改称を経て1969年9月30日閉館。第1劇場・第2劇場は、初代 相鉄ムービル開業に伴い1971年3月5日に閉館[2]

これとは別に1957年9月1日、相鉄不動産によって相鉄文化会館(現在は相鉄ジョイナスの敷地の一部、横浜駅西口郵便局付近)に第1劇場(後に相鉄映画劇場に改称)、相鉄地下劇場相鉄演芸場寄席)の3館体制で開業。1962年8月に相鉄興業に譲渡。初代 相鉄ムービル開業に伴い1971年3月5日に閉館[2]

初代[編集]

相鉄ジョイナス(新相鉄ビル)の建設に伴い横浜駅名店街・相鉄文化会館の取り壊しが決定したため、1971年3月5日、相模鉄道本社(相鉄ビル)北側に初代「相鉄ムービル」(相鉄映画館ビル[3] 相鉄ビル・相鉄映画館ビルのいずれも、現在は横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズの敷地の一部[4])を開館し、2か所に分かれていた映画館を集約。相鉄映画劇場(東宝洋画系)、相鉄文化劇場(松竹・東急系)、相鉄東宝劇場(東宝邦画系)、相鉄東映劇場(後の相鉄国際劇場、東宝洋画系)、相鉄名作劇場(後の相鉄中央劇場、東映→松竹邦画系)の5館体制で数々のヒット作を上映。2代目相鉄ムービルへの移転に伴い、1988年11月7日に閉鎖[2]

2代[編集]

横浜駅西口駅前再開発事業により、相模鉄道本社・初代相鉄ムービル・高島屋駐車場ビル用地に横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズを建設することが決定したため[5]1988年11月12日に現在地へ移転。移転を機に映画館名自体を相鉄ムービル1〜5に改称し、本多劇場グループの経営による小劇場演劇専用の相鉄本多劇場(2014年11月30日閉館)も開設。ライブハウスやジャズバー、相鉄不動産・相鉄エージェンシー(現 横浜メディアアド)も入居した[6]

しかし2000年代になり、ワーナー・マイカル・シネマズみなとみらい(1999年9月10日開業、現・イオンシネマみなとみらい)などのシネマコンプレックスが同市内に台頭した影響で、徐々に客足を奪われると共に営業損失の計上が続くようになる。このため2005年11月17日、相鉄ローゼンは映画館5館を2006年5月31日で閉館することを発表したが[7]、相鉄映劇時代から50年続いた映画館業が街の魅力向上に必要だったことから、6月1日より東急レクリエーションへ経営譲渡することで危機を免れた[8][9]

東急傘下へ[編集]

こうして再出発したムービルは同年12月9日に内装を一新[10]2011年3月12日、3DデジタルシステムMasterImage 3D」を導入しリニューアル。また、109シネマズとの提携により、109シネマズポイントカードの各種サービスが受けられるようになった。ただし入口の看板の表記は、2019年4月現在も「SOTETSU MOVIL」のままになっている。

データ[編集]

初代ムービル[編集]

  • 所在地:神奈川県横浜市西区北幸1丁目3番23号 相鉄映画館ビル
  • 運営:相鉄興業(現 相鉄ローゼン、1971年3月5日 - 1988年11月7日)

2代目ムービルに移転するため閉館した。

1F
相鉄東宝劇場
相鉄東映劇場 → 相鉄国際劇場(1977年4月29日より)
相鉄名作劇場 → 相鉄中央劇場(1977年4月29日より)
3F
相鉄映画劇場
相鉄文化劇場

2代目ムービル[編集]

  • 所在地:神奈川県横浜市西区南幸2丁目1番22号 相鉄第2南幸ビル
  • 運営:相鉄ローゼン(1988年11月12日 - 2006年5月31日)→東急レクリエーション(2006年6月1日 - 現在)
  • 支配人:近沢善孝(2005年)→板倉竜也(2006年[10]
各館の特徴
スクリーン名 所在階 座席数 備考
ムービル1 2階 529 5.1chデジタルサウンド
ムービル2 2階 312 6.1chサラウンドEX
車椅子用スペース有り
ムービル3 4階 506 6.1chサラウンドEX、DTS
ムービル4 4階 337 6.1chサラウンドEX、DTS
車椅子用スペース有り
ムービル5 4階 269 6.1chサラウンドEX
車椅子用スペース有り

隣接地の施設[編集]

DMM VR THEATER[編集]

DMM VR THEATER
DMM VR THEATER 01.jpg
情報
完成 2015年
開館 2015年9月11日
開館公演 hide crystal project presents RADIOSITY -prologue- [11]
閉館 2020年4月30日
収容人員 385[12]
延床面積 794[12]
設備 大型ホログラフィック・ステージ「EyelinerTM」[11]
用途 3DCGホログラフィックを用いた多様な公演
運営 シアターVR有限責任事業組合(DMM.futureworks、相鉄エージェンシー、Zeppホールネットワークローソンエンタテインメント[12]
所在地 220-0005
横浜市西区南幸2丁目1-5 相鉄南幸第10ビル[13]
アクセス 相模鉄道横浜駅(みなみ西口)横浜市営地下鉄ブルーライン横浜駅(3番出口)より徒歩約5分
JR横浜駅(みなみ西口)より徒歩約7分
外部リンク https://vr-theater.dmm.com
テンプレートを表示

隣接地の駐車場跡には相鉄アーバンクリエイツが「YOKOHAMA SOTETSU SQUARE(横浜相鉄スクエア)」[14][注 2]を開設しており、常設型では世界初となる3DCGホログラフィック専用エンターテインメント劇場DMM VR THEATER(ディーエムエム・ヴイアール・シアター)」[注 3]2015年9月11日開業)や飲食店の「ポムポムプリンカフェ」(同年10月28日開店)を設置している[11][14][15][16][17]

DMM VR THEATERは、初音ミクのライブを手がける DMM.futureworks(旧・ワイドワイヤワークス)やコンサートホールを運営する Zeppホールネットワーク、チケットの販売を行うローソンエンタテインメントなどが企画・運営に参加している。また、ステージ企画は DMM.futureworks と大型ホログラフィック・ステージ・システム「eyeliner」を開発したスピンの studioTED(スタジオテッド)が共同で行う。舞台では原則CG映像のみの中長期公演を想定しており、コンサートゲーム伝統芸能など多様な興行に対応するとしている[11][18][19][20][21]

第一弾公演は X JAPAN のギタリスト・hideライブホログラフィック先行プレミアム公演「hide crystal project presents RADIOSITY -prologue-(ヒデ・クリスタルプロジェクトプレゼンツ・レディオシティ・プロローグ)」で、同年10月から行われる本公演「hide crystal project presents RADIOSITY(ヒデ・クリスタルプロジェクトプレゼンツ・レディオシティ)」との二部構成になっている[11][12]

しかし、物件契約(賃貸借契約)の満了でDMM VR THEATERは2020年4月末に閉館となった[22]新型コロナウィルス流行の影響で休業していたポムポムプリンカフェは同年9月末に正式閉店[23])。

1000 CLUB[編集]

DMM VR THEATERの跡地(改装利用)に、エル・ディー・アンド・ケイが運営する収容数約1,000人のライブハウス1000 CLUB(サウザンド クラブ)」[24]が、2020年7月末開業[25][26]。同年8月5日かりゆし58こけら落しライブを行った[27]

その他[編集]

エキサイトよこはま22(横浜駅周辺大改造計画)」では、当館の再開発も想定されている[28][29]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1955年8月設立、1962年1月に相模鉄道に吸収合併。現在の相鉄不動産(1979年12月設立)とは異なる。
  2. ^ 正式名称が発表される以前の仮称は、「Sotetsu YOKOHAMA Village(相鉄ヨコハマビレッジ)」としていた。
  3. ^ DMM.comネーミングライツを取得。なお正式名称が発表される以前の仮称は、単に「3DCGシアター(3DCG THEATER)」としていた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 2015年1月31日(土)新しいエンターテインメントスペース「Yokohama O-SITE」がオープン (PDF) - 株式会社相鉄ビルマネジメント(2015年1月20日)
  2. ^ a b c 相鉄グループ100年史』 相鉄ホールディングス 、2018年12月、352ページ
  3. ^ 「第三編 戦後の再建と新発展の時代 第四章 高度経済成長期 第三節 黄金の六〇年代 2」『大林組八十年史』、大林組、1972年10月
  4. ^ 相鉄グループ100年史』 相鉄ホールディングス 、2018年12月、98ページ「新相鉄ビル計画図」より
  5. ^ 相鉄グループ100年史』 相鉄ホールディングス 、2018年12月、98ページ・175ページ
  6. ^ 相鉄グループ100年史』 相鉄ホールディングス 、2018年12月、175ページ
  7. ^ “「相鉄ムービル」の映画館5館、来年5月末で閉鎖”. ヨコハマ経済新聞. (2005年11月18日). http://www.hamakei.com/headline/1150/ 2015年1月16日閲覧。 
  8. ^ “相鉄ムービルの映画事業を東急レクリエーションが継承”. ヨコハマ経済新聞. (2006年4月29日). http://www.hamakei.com/headline/1596 2015年1月16日閲覧。 
  9. ^ 「相鉄ムービル」運営継承について (PDF) - 株式会社東急レクリエーション(2006年5月26日)
  10. ^ a b “横浜西口の映画館「ムービル」がリニューアル、内装を一新”. ヨコハマ経済新聞. (2006年12月10日). http://www.hamakei.com/headline/2047/ 2015年1月16日閲覧。 
  11. ^ a b c d e 横浜西口に世界初の3DCGホログラフィック専用劇場「DMM VR THEATER」 初回公演は「hide」(ヨコハマ経済新聞 2015年9月10日)
  12. ^ a b c d 世界初のライブホログラフィックエンタテイメント常設劇場「DMM VR THEATER」がグランドオープン、初回公演コンテンツは「hide」(シアターVR有限責任事業組合)(CGWORLD.jp 2015年8月18日)
  13. ^ 相鉄グループ100年史』 相鉄ホールディングス 、2018年12月、248ページ
  14. ^ a b YOKOHAMA SOTETSU SQUARE(横浜相鉄スクエア)公式ページ(株式会社相鉄アーバンクリエイツ 公式サイト内)
  15. ^ 横浜の3DCGホログラフィック専用劇場が9月上旬に開設へ--名称は「DMM VR Theater」(CNET Japan, 2015年6月30日)
  16. ^ 「ポムポムプリンカフェ」が横浜にオープン - 杏仁プリンや飲茶など限定メニューも(FASHION-PRESS 2015年10月21日)
  17. ^ 9月11日(金) 横浜駅西口に世界初のライブホログラフィックエンターテインメント常設劇場 「DMM VR THEATER」が「YOKOHAMA SOTETSU SQUARE」内にグランドオープン! (PDF) (株式会社相鉄アーバンクリエイツ 2015年8月20日)
  18. ^ 世界初の3DCGホログラフィック専用 エンターテインメント劇場を建設 横浜駅西口に2015年春オープン予定 (PDF) (株式会社相鉄アーバンクリエイツ 2015年1月15日)
  19. ^ “最新3D映像を体験 今春、横浜駅西口に専用劇場開業 相鉄アーバン”. 神奈川新聞:カナロコ. (2015年1月16日). http://www.kanaloco.jp/article/82815/cms_id/121219 2015年1月18日閲覧。 
  20. ^ “神奈川県・横浜に3Dホログラム専用劇場-初音ミクのライブ制作社が企画担当”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年1月16日). http://s.news.mynavi.jp/news/2015/01/16/110/ 2015年1月18日閲覧。 
  21. ^ 世界初 3DCGホログラフィック専用エンターテインメント劇場が横浜駅西口に今春オープ年ン”. ねとらぼ. ITmedia (2015年1月17日). 2015年1月18日閲覧。
  22. ^ 横浜駅「DMM VR THEATER」が2020年4月に閉館(はまこれ横浜 2020年5月7日)
  23. ^ ポムポムプリンカフェ横浜店(横浜駅)、2020年9月30日をもって閉店(はまこれ横浜 2020年9月8日)
  24. ^ 1000 CLUB 公式サイト
  25. ^ LD&Kが新しいライブホールを横浜駅前に7月末開業。 エル・ディー・アンド・ケイ 2020年5月28日
  26. ^ 売り上げ9割減、支出は毎月1億円。でも、ライブハウスで勝負する。音楽レーベル社長が語った勝算”. HUFFPOST (2020年7月14日). 2020年7月15日閲覧。
  27. ^ 横浜駅前にライブホール「1000CLUB」オープン〜こけら落としは8/5「かりゆし58」(AO Navi, 2020年7月27日)
  28. ^ 第4回 エキサイトよこはま22懇談会(2013年6月14日開催) > 資料6:横浜駅周辺地区のまちづくり(横浜駅周辺開発想定エリア) (PDF) (横浜市都市整備局)
  29. ^ 高島屋も建て替えへ!? 横浜駅大改造計画キャッシュ(みなとみらい線周辺散歩日記 2007年9月15日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]