BRAVE10

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BRAVE10
ジャンル 歴史フィクション時代劇SFコメディ
ストーリー漫画青年漫画
漫画:BRAVE10(第一部)
BRAVE10 S(第二部)
作者 霜月かいり
出版社 メディアファクトリー
掲載誌 コミックフラッパー(第一部)
月刊コミックジーン(第二部)
レーベル MFコミックス
発表号 第一部: 2006年11月号 - 2011年1月号
第二部: 2011年7月号 -
巻数 第一部: 全8巻
第二部: 既刊7巻
アニメ
原作 霜月かいり
監督 佐山聖子
シリーズ構成 池田眞美子
キャラクターデザイン 番由紀子
音楽 長岡成貢
アニメーション制作 スタジオさきまくら
製作 トムス・エンタテインメントメディアファクトリー
青二エンターテインメント高尾
放送局 #放送局を参照
放送期間 2012年1月 - 3月
話数 全12話
インターネットラジオ:
柿原徹也・森川智之の BRAVE10 on the radio
配信期間 2011年12月10日 - 2012年4月28日
配信サイト 超!A&G+HiBiKi Radio Station
配信回数 21
パーソナリティ 柿原徹也森川智之
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

BRAVE10』(ブレイブ・テン)は、霜月かいりによる日本漫画作品。『コミックフラッパー』(メディアファクトリー)の2006年11月号[1]から2011年1月号まで連載。その後、『BRAVE10 S』(ブレイブ・テン・スパイラル)として、同社『月刊コミックジーン』の2011年7月号(創刊号)より連載中。

2007年11月21日にはマリン・エンタテインメントからドラマCDが発売。コミックスは2011年1月現在、全8巻(第一部)発売中。『月刊コミックジーン』2011年8月号にてテレビアニメ化が発表され、2012年1月から3月まで放送された。

あらすじ[編集]

関ヶ原の戦いが始まるおよそ1年前。伊賀の忍者霧隠才蔵は、出雲の巫女伊佐那海と出会う。伊佐那海は襲撃者に全てを焼かれ、信州の真田幸村を頼ろうとしているところであった。そして真田幸村は10人の同志を集めている最中であった。

登場人物[編集]

※声の記述は、ドラマCD版 / テレビアニメ版の順。

真田十勇士[編集]

霧隠才蔵(きりがくれ さいぞう)
声 - 森川智之 / 小野大輔
主人公、19歳、身長:178センチメートル、体重:66キログラム[2]、B型[3]
伊賀の里出身の伊賀忍者。異名は摩利支天であり、暗殺を生業としてきた。ある日伊佐那海と出会い、紆余曲折を経て、真田十勇士の1人となり、第一部終盤では佐助の推薦で十勇士の与頭(リーダー)に推薦される。癖の強い面子の多い十勇士の中では割と常識人であるため、損な役回りをさせられることもある。武器は巨大クナイ「摩利包丁」であったが、第一部終盤で壊れてしまい、第二部からは刀「極光神威」を新調している。術を使うときに唱えることがある真言は「オン マリシエイ ソワカ」。甲賀忍者が嫌い。アナとは同郷の幼馴染。作者にはニートと呼ばれている[4]。30歳以上はオッサンと認識しているらしい。
技: 奥義 天唾返し(てんだがえし) / 瞬光(しゅんこう) / 忍法 五月雨(さみだれ) / 伊賀流投術 光陰(こういん) / 一閃(いっせん) / 忍法霧隠式 陽炎斬(ようえんざん) / 忍法 隼落とし(はやぶさおとし) / 忍法霧隠式 砕氷斬(さいひょうざん)
10の根源の力のうち、に相当する。
伊佐那海(いさなみ)
声 - 植田佳奈 / 佐藤利奈
ヒロイン、16歳、出雲の巫女。正体は戦慄の女神イザナミノミコト。赤ん坊の頃、出雲大社の鳥居の下に捨てられていたところを三好清海入道に発見され、巫女として神主に育てられた。出雲大社を徳川の刺客によって焼かれ、真田幸村の元へと逃げ延びて身を置いたことから、真田十勇士の1人となる。自身に危機が迫った際には周囲にブラックホールのような力が発動し、それに飲み込まれたものは枯れ果てるか消滅する。神主から預けられた翡翠の奇魂の簪は伊佐那海の本来の力を抑えるものであることからその奇魂を狙われ、伊達政宗に誘拐される。が得意。大食漢で、好物は蕎麦と甘いもの。才蔵に好意を寄せている。第二部からは自分も強くなるという決意を秘め、鉄扇を武器にしている。
技: 名称不明
10の根源の力のうち、に相当する。
猿飛佐助(さるとび さすけ)
声 - 福山潤 / 柿原徹也
真田忍隊の頭を務める甲賀忍者で、真田十勇士の1人。真田幸村への忠誠心は厚く、忍隊を率いて真田の地を守ることを誇りとしている。カタコト口調。かなり照れ屋な性格。動物を操る能力に長けており、森に棲む狼や猿、鳥などを多数従えている。ミミズク(蒼刃、朱刃)や(雨春、多雨)を飼っており、動物達との会話能力も持っている。身のこなしが軽く、苦無や体術を駆使する。伊賀忍者が嫌いな反面、才蔵やアナスタシアの実力を認めており、信頼を寄せている。
技: 甲賀転身術 鎌鼬(カマイタチ)
10の根源の力のうち、に相当する。
海野六郎(うんの ろくろう)
声 - 木内秀信 / 神谷浩史
真田幸村の小姓であり、真田十勇士の1人。真田家に代々使える術師の一族。幼い頃から幸村に付き従い、破天荒な彼の言動を諌めることも多い。冷静沈着な性格だが怒らせると怖く、主である幸村にすらお仕置きを行うこともある。口から超音波らしきものを放って鼓膜を揺らしたり、防壁を作る。武器の寸鉄は、着物の装飾品と合わせることで鞭のように振るえる。包帯を巻いて隠している右目は「水紋の眼」と呼ばれ、見たものや相手の記憶などを写し取って記憶する力があり、幸村と「その右目を誰にも触らすな」と約束していた。アナに裏切られた際には、記憶情報が敵の手に渡ることを防ぐために自ら右目を潰したうえ、以後は海野家の継嗣に伝えられる一子相伝の神玉「蒼玉髄」を埋め込み、同時にその能力である「水」を操る力を得た。
技: 名称不明
10の根源の力のうち、に相当する。
アナスタシア
声 - 近野真昼 / 浅川悠
南蛮人の金髪爆乳くノ一伊賀忍者であり、才蔵の幼馴染。通称アナ(漢字では「亜那」)[5]。異名は、氷華のアナスタシア。異名通り氷の術を使うが、術の発動には霧や川などの多量の水分を必要とする。真田幸村の寝首を掻こうとしたところを返り討ちにされて十勇士の一員となるが、実は伊賀異形五人衆の1人で、反間(二重スパイ)を務めていた。六郎の右目を奪おうとするも失敗し、佐助と才蔵の追撃を逃れて一時行方をくらました後、半蔵から十勇士抹殺の命を受けて上田に敵として舞い戻る。根津甚八を襲撃するも敗れ、再び十勇士に加わった。第二部での才蔵との会話から、幸村とは何らかの約束を交わしているようだが、詳細は不明。
技: 伊賀亜流氷術 絶海(ぜっかい) / 伊賀亜流氷術 槍氷華(そうひょうが) / 伊賀亜流氷術 極氷棺(ごくひょうかん) / 伊賀亜流忍術 氷葬(ひょうそう) / 伊賀亜流氷術 獄氷筍(ごくひょうじゅん) / 伊賀亜流氷術奥義 永久凍土(ヴェーチナ・ミョールズヌチ)
10の根源の力のうち、に相当する。
筧十蔵(かけい じゅうぞう)
声 - 藤原啓治 / 置鮎龍太郎
真田幸村の家臣であり、真田十勇士の1人。種子島による射撃の腕に長け、狙撃も得意とする。紗綾(さあや)を携帯し、その他に仕込み銃も持っている。第二部では新たに「琥珀」と名付けた火縄銃を持っており、十番仕合では2丁の短筒(拳銃)を使用していた。生真面目で不器用な性格のため、女性との戦いでは躊躇することもある。幸村に命じられて諸国を廻った後に上田へ戻ってきたが、後に清海に壊された銃に代わる新たな銃を求め、自らの意志で再び出た旅の道中で根津甚八に出会い、意気投合する。大酒飲みのザル。高所恐怖症。
技: 名称不明
10の根源の力のうち、に相当する。
由利鎌之介(ゆり かまのすけ)
声 - 高城元気
19歳。才蔵より5か月早い夏生まれ。170cm。52kg。性別不明の元山賊。出雲へ行く途中の才蔵達を、足を挫いた女性のふりをして襲った。作者曰く「変態」で、血を見ると異様なまでに興奮し、戦うことに快楽を感じている。
才蔵に強い興味と好意(?)を寄せ、彼と戦うために上田までやってきて真田十勇士の一員となった。伊佐那海とは犬猿の仲。紅く長い髪を持ち、左目には刺青をいれている。
才蔵や幸村には女だと思われており、朽葉の幻術の中ではとして扱われていたが、本人は男であると主張している。武器は鎖鎌で、風を自在に操ることができる。
技: 由利鎖鎌奥義 一目連(ひとつめのむらじ) / 由利鎖鎌奥義 風神掌(ふうじんしょう) / 巨旋風(おおつむじ) / 由利鎖鎌奥義 破裏鎌(はりけん) / 由利鎖鎌奥義 大追風(おおおいて)
10の根源の力のうち、に相当する。
三好清海入道(みよし せいかいにゅうどう)
声 - 田中一成庄司宇芽香(少年時)
自称・伊佐那海の兄で、出雲大社の鳥居の下に捨てられていた彼女を最初に見つけた。伊佐那海と同じ神社で神主に育てられるが、15歳のときに出雲を発って諸国を巡り、あらゆる神仏を学ぶ。信条は「神仏はみな同じ、信じた数だけ救われる」。信仰に節操が無く、仏教や神道からキリスト教、イスラム教まで信仰の対象としている。出雲襲撃の報を受けて伊佐那海を探し回って上田に至り、勇士として幸村に召し抱えられた。素手で十蔵の種子島を曲げたり、落石や橋を木っ端微塵に砕くほどの剛力。肉体もきわめて頑丈であり、クナイ程度の刃は弾き返す。武器は素手、または巨大な鉄棍棒。作者曰く「シスコン」。伊佐那海の言葉に弱く、彼女に危害を加えることや侮辱するものを許さない。
技: 大山鳴動(たいざんめいどう) / 六根清浄(ろっこんしょうじょう)(※様々な宗教の祈りの言葉や用語を掛け声に拳を繰り出す)
10の根源の力のうち、に相当する。
望月六郎 / 弁丸(もちづき ろくろう / べんまる)
声 - 橘田いずみ
殿様に召し抱えられ、侍になることを目指している幼い少年。才蔵らが京都に向かう途中で道を教えるが、その道の先には仕える相手の実力を試すため、弁丸自身が幾重もの罠を仕掛けていた。元は捨て子だが、その技術と度胸が幸村に気に入られて真田十勇士の1人となってからは、名前がかぶる海野六郎と区別するため、弁丸[6]と名付けられる。爆薬と罠を仕掛けることに長けている。手先も器用。やや毒舌。
作成武器: 弁丸式機巧炸裂拳 火之迦具土(べんまるしきからくりさくれつけん・ヒノカグツチ)
10の根源の力のうち、に相当する。
根津甚八(ねづ じんぱち)
声 - 中井和哉
徳川家康の追っ手から逃げる真田幸村らを助けた、湖賊の頭領。上田を離れていた筧十蔵を世話したことが縁で、真田十勇士に加わる。大の酒と女好き。自由を愛し、束縛や自分のことを勝手に決められることを何よりも嫌う。十蔵とは義兄弟の契りを交わしている。槍の扱いに長け、多節棍のようになる槍を武器に持ち、手から雷を発する能力を持つ。その威力は絶大で、十勇士数人がかりの攻撃を耐えたこともある三好清海入道を一撃で昏倒させた。相棒として黒豹(ヴェロニカ)を連れている。
技:霹靂咆哮(へきれきほうこう)
10の根源の力のうち、に相当する。

武将[編集]

真田幸村(さなだ ゆきむら)
声 - 平田広明 / 森川智之
上田城の主。訳あって、森羅万象を司る10の根源の力(土金雷火風氷水草光闇)を受け継ぐ10人の同志を集めている。無精髭を生やして着流しを着ており、キセルを吸っていることもある。普段から飄々としていて掴みどころがないが、相当の実力者な様子。一見軽そうな見た目や日頃の言動とは裏腹に、懐が深く、時に思慮深い策士ぶりを見せる。口もかなり達者で、鎌之助や甚八も上手くその言葉に乗せ、十勇士に加えた。破天荒な言動を六郎に諌められることも少なくない。誰を前にしても不敵な態度を崩さないが、兄、信幸に対しては書状を見ただけで表情を崩し、仮病を使ってやり過ごそうとするなど苦手としてる様子。石田三成直江兼続とは親友である。
徳川家康(とくがわ いえやす)
声 - 石塚運昇
奇魂を探していて、そのために出雲大社に刺客を送り、徹底的に神社を焼き尽くした。自らの力を誇示するため、諸大名を京都に集めて茶会を開いたこともある。
伊達政宗(だて まさむね)
声 - 子安武人
奥州の主。危うい均衡で保たれている世界をひっくり返すために、世の均衡を保つ奇魂の破壊を狙っていて、壱丸・弐虎を徳川に派遣したり伊佐那海を誘拐したりする等、物語各所で家康とは別に、幸村や十勇士相手に暗躍する。派手好きで活発であり、城を抜け出そうとしては片倉小十郎(声 - 稲田徹)や鬼庭綱元(声 - 松野太紀)、伊達成実に阻止されている。長刀を武器とする。前述の派手さ、活発さとは裏腹に、幸村にも劣らない策士な一面をのぞかせることもあるが、その様や、竜を名乗りながら狸(家康)に従ってる様子から、幸村に「泥鰌」と言われている。
石田三成(いしだ みつなり)
声 - 小野大輔 / 緑川光
徳川家康のことを嫌っている豊臣派の1人。口が悪く、作者曰く「小悪魔」。
直江兼続(なおえ かねつぐ)
声 - 櫻井孝宏 / 三木眞一郎
豊臣派の1人。三成以上に口が悪く、幸村も口では彼に勝てないらしい。
真田昌幸(さなだ まさゆき)
真田幸村・真田信幸の父。上田城にいるが、政事の一切を幸村に任せている。一見すると好々爺の様に見えるが、政宗に対する言動から、幸村同様、只者では無い様子を覗かせている。
真田信幸(さなだ のぶゆき)
真田幸村の兄。沼田城城主で徳川派。弟、幸村と比べると真面目な性格で身なりもしっかりしている。真田家の将来を案じ、豊臣派の幸村を徳川派に転向させようとしている。張りのある大声の持ち主で、鎌之助を腕一本で押さえつけて正座させたり、畳を投げつけるなど腕力も強いが、政宗の口車に乗せられる等、謀略面には疎い様子。眉間に皺を寄せ、不機嫌そうな顔を浮かべることが多いが、十番勝負で死の危機に瀕してまで降参せずに戻ってきた七隈に対し「死んではこの先自分に仕えることはできない」「お前は私のそばで精進していけば良い」と言葉を掛けるなど、ただ堅物な人物ではない。
本多忠勝(ほんだ ただかつ)
徳川家康の重臣。信幸の義理の父親。
小松殿(こまつどの)
信幸の妻で、忠勝の娘。薙刀を得意とする。
海野七隈(うんの ななくま)
信幸の配下で、六郎の双子の弟。容姿、能力、戦い方、ほくろの位置まで六郎にそっくりであるが、幸村に仕える兄を軽蔑している。六郎と比べるとプライドが高く、激情的な一面を持つ。幼い頃、容姿も能力も同じでありながら、「水紋の眼」が兄、六郎に発現したことで、彼の「影」として生きることを余儀なくされた経緯から、六郎に対しコンプレックスを抱いており、信幸の恥にならぬようにと、信幸にふさわしい小姓になろうと努めてきた。
那須与一(なすの よいち)
弓の名手と言われる下野の那須家当主。源義経に仕えた家臣「那須与一」の末裔で、当代随一と呼ばれる弓の腕前を持つ。戦いに独自の美学を持ってるようで、鎌之助の攻撃を「雑で下品」と評する一方で、十蔵の武器を「美しい」と評している。また、十番仕合終了後、十蔵と互いに頭を下げるなど礼儀正しさを持つ。クロスボウのような形状の弓を扱う。
御子神典膳(みこがみ てんぜん)
徳川家剣術指南役で、天下に聞こえた剣豪。相手の気配を察し、無心で切り捨てる「夢想剣」の使い手で、目を瞑ったままでも相手の武器を奪い、それを己の手足の如く扱う等、政宗も「敵に回したくない」と評するほどの技量の持ち主。

忍者[編集]

服部半蔵(はっとり はんぞう)
声 - 櫻井孝宏
徳川家康の忍。実力は才蔵以上にあると思われ、独自の思想を持っている。表向きは徳川の従順な忍だが、裏から天下を支配しようと目論む、伊賀異形五人衆の頭である。
技: 奥義 火生三昧(かしょうざんまい)
桜割(おうかつ)
声 - 井上喜久子
徳川家康の忍。蛇使いで、幻術使いでもある妖艶美女。彼女の操る蛇は毒を持っており、傀儡に攻撃を与えると爆発する仕掛けになっている。四肢で相手を蛇のごとく締め上げる力もあり、上田では猿飛佐助を、出雲では筧十蔵を襲った。
技: 蟲傀儡秘儀 蛇玉繭(むしくぐつひぎ・じゃぎょくけん)
壱丸(いちまる)
声 - 浅利遼太
元々は伊達の忍で、徳川をクビにされた後に再び政宗に拾われた。伊佐那海を想っている様子だが、仕事には私情を挟まない。
弐虎(にこ)
声 - 赤羽根健治
壱丸と同様、伊達から徳川に派遣された忍。徳川をクビにされたあと、再び政宗に拾われた。包帯を顔に巻きつけている。巨乳好きで、アナがお気に入り。
技: 秘術 千枚刃(せんまいば)
石川五右衛門(いしかわ ごえもん)
片倉小十郎配下の忍。石川五右衛門の娘で二代目を名乗っている。石川組の総領で、小十郎のことが好き。女装している
灰桜(かいおう)
声 - 園崎未恵
伊賀異形五人衆の1人。蟲使いの異名を持つ妖艶美女。桜割の妹。上田で桜割を倒した佐助と、出雲で討った筧十蔵を仇と狙う。伊佐那海を捕えて囮とし、佐助と十蔵をおびき寄せ、大量の蟲を操って窮地に陥らせた。
技: 伊賀亜流操蟲術 千極蟷螂(いがありゅうそうちゅうじゅつ・せんごくどうろう) / 伊賀亜流操蟲術 蛛霰弾(しゅさんだん)
白群(びゃくぐん)
声 - 本田貴子
伊賀異形五人衆の1人。外見は小柄な少女だが、自らの数十倍はある鉄球や岩を軽々と持ち上げる怪力の持ち主。清海と弁丸を襲う。体中にお札が貼ってあり、それが外れると途端に大人の姿に成長する。
朽葉(くちば)
声 - 鳥海浩輔
伊賀異形五人衆の1人。黒衣で全身を覆った幻術使いで、幸せを感じるような幻術をかけて対象の意識を永遠に奪い、死に至らせる。強力な幻術で鎌之介を翻弄した。
技: 伊賀亜流忍術 血奉(ちまつり)
風魔小太郎
元は北条氏の配下だったが、今は流れ者。伊達政宗に雇われて十番勝負に参戦し、佐助と戦う。

用語[編集]

真田十勇士(さなだじゅうゆうし)
真田幸村が集めた10人の強者。
奇魂(くしみたま)
伊佐那海が神主から託された物。奇妙な力が宿っているらしい。
伊賀異形五人衆(いがいぎょうごにんしゅう)
5つの忍技(神速、剛力、幻惑、妖術、冷酷)を操る、忍者を抹殺するために結成された忍者。かつてはアナスタシアも、このメンバーだった。

書誌情報[編集]

単行本[編集]

テレビアニメ[編集]

2012年1月から3月まで、独立局ほかにて放送された。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ
精霊飛来」(第1話、第2話、第4話 - 第6話、第8話 - 第11話)
作詞・作曲 - koujin、gennbu、sayroo / 編曲 - koujin、taka / 歌 - 小野大輔&柿原徹也
第12話はOP曲が無いため未使用。
天下を躍る」(第3話、第7話)
作詞・作曲 - koujin、gennbu、sayroo / 編曲 - koujin、taka / 歌 - 森川智之&神谷浩史
エンディングテーマ「艶男。-adeosu-」
作詞・作曲 - 福助。 / 編曲・歌 - ADAPTER。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
其之壱 運命のふたり 池田眞美子 佐山聖子 鶴田仁美
其之弐 闇と光 横手美智子 佐山聖子 佐藤清光 山田裕子、佐々木睦美
其之参 旋風の谷 池田眞美子 大地丙太郎 村上貴之 河野真貴、米本奈苗(原画作監)
森田実(レイアウト作監)
其之四 神々の魂 広田光毅 西本由紀夫 山口頼房 中村純子、高橋賢
其之伍 竜の懐 横手美智子 佐山聖子 小野田雄亮 吉田尚人
其之六 大山鳴動 広田光毅 佐山聖子 鶴田仁美、江森真理子
其之七 剣と扇 大地丙太郎 矢花馨 佐々木睦美、竹森由加
其之八 勇士誕生 池田眞美子 西本由紀夫 村上貴之 五十内裕輔
其之九 氷の素顔 横手美智子 佐山聖子 森宮崇佳 松浦里美、石川健介
高橋賢、飯飼一幸
高原修司
其之拾 惨劇の幕開け 広田光毅 吉田りさこ 薄谷栄之、米本奈苗
河野真貴
其之拾壱 闇の慟哭 横手美智子 佐山聖子 江森真理子、村上真紀
佐々木睦美
其之拾弐 光の勇士 池田眞美子 米本奈苗、北沢典子
竹森由加、飯飼一幸
竹田逸子

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
東京都 TOKYO MX 2012年1月8日 - 3月25日 日曜 2:00 - 2:30(土曜深夜) 独立局
神奈川県 tvk
兵庫県 サンテレビ 2012年1月10日 - 3月27日 火曜 0:35 - 1:05(月曜深夜)
埼玉県 テレ玉 火曜 1:05 - 1:35(月曜深夜)
千葉県 チバテレビ 2012年1月11日 - 3月28日 水曜 2:00 - 2:30(火曜深夜)
愛知県 テレビ愛知 水曜 2:30 - 3:00(火曜深夜) テレビ東京系列
日本全域 DMM 水曜 10:00 更新 インターネット配信
ShowTime 水曜 12:00 更新
バンダイチャンネル
ムービースクエア[7]
ニコニコチャンネル 水曜 23:00 更新
アニマックス 2012年1月12日 - 3月29日 木曜 22:00 - 22:30 CS/BS放送 リピート放送あり
BS11 2012年1月14日 - 3月31日 土曜 0:00 - 0:30(金曜深夜) BSデジタル放送 ANIME+』枠
GyaO! 2012年1月19日 - 4月5日 木曜 0:00 更新(水曜深夜) インターネット配信

関連商品[編集]

BD / DVD[編集]

2012年3月21日から発売。発売元、販売元はメディアファクトリー。各巻の特典としてキャストオーディオコメンタリーが収録、番由紀子による描き下ろしジャケット、プロモーション映像、特製リーフレットが同梱予定。各初回生産限定盤のジャケットは霜月かいりによる描き下ろし三方背特製BOXになっている。

封入特典として奇数巻にスペシャルドラマCD、偶数巻にゆーぽん(ニトロプラス)による描き下ろしラバーストラップが同梱されている。また、第1巻にはイベントチケット優先販売申込券も同梱されている。第2巻には2011年12月30日に両国KFCホールで開催された『「柿原徹也・森川智之のBRAVE10 on the radio」公開録音&第1話上映会』のトークパートダイジェスト映像が収録されている。

巻数 発売日 収録話 規格品番
BD DVD
1 2012年3月21日 第1話 - 第2話 ZMXZ-7731 ZMBZ-7741
2 2012年4月25日 第3話 - 第4話 ZMXZ-7732 ZMBZ-7742
3 2012年5月23日 第5話 - 第6話 ZMXZ-7733 ZMBZ-7743
4 2012年6月25日 第7話 - 第8話 ZMXZ-7734 ZMBZ-7744
5 2012年7月25日 第9話 - 第10話 ZMXZ-7735 ZMBZ-7745
6 2012年8月29日 第11話 - 第12話 ZMXZ-7736 ZMBZ-7746

CD[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2012年2月22日 精霊飛来 ZMCZ-7717
BRAVE10 ドラマCD Vol.1 『風花の狂宴』 ZMCZ-7761
2012年4月25日 BRAVE10 ドラマCD Vol.2 『異国異聞録』 ZMCZ-7762

WEBラジオ[編集]

柿原徹也・森川智之の BRAVE10 on the radio』は、2011年12月から超!A&G+HiBiKi Radio Stationで配信されているラジオ番組である[8]。第21回(最終回)は2012年4月28日に配信された。パーソナリティは柿原徹也森川智之[9]

DVD+モバコンでパッケージ化され、スタジオ収録風景やおまけコーナーなどを映像として収録している[10]

Vol 発売日 予約特典 規格品番 購入特典
DVD+モバコン DVD+モバコンHQ
1 - 予約特典付 2012年1月27日 番組オリジナルトレーディングフォト- セット.1 CTVR-900040 CTVR-900057 ×なし
1 - 通常版 2012年1月27日 ×なし CTVR-309942 CTVR-309959 ×なし
2 - 予約特典付 2012年2月24日 番組オリジナルトレーディングフォト- セット.2 CTVR-900064 CTVR-900071 イベント参加応募券
2 - 通常版 2012年2月24日 ×なし CTVR-309966 CTVR-309973 イベント参加応募券
3 - 予約特典付 2012年5月18日 番組オリジナルトレーディングフォト- セット.3 CTVR-900088 CTVR-900095 番組オリジナル携帯ストラップ: 佐助と幸村(非売品)
3 - 通常版 2012年5月18日 ×なし CTVR-309980 CTVR-309997 番組オリジナル携帯ストラップ: 佐助と幸村(非売品)
4 - 予約特典付 2012年8月8日 番組オリジナルトレーディングフォト- セット.4 CTVR-900101 CTVR-900118 番組オリジナルフィギュア(1)(非売品)
4 - 通常版 2012年8月8日 ×なし CTVR-900002 CTVR-900019 番組オリジナルフィギュア(1)(非売品)
5 - 予約特典付 2012年8月8日 番組オリジナルトレーディングフォト- セット.5 CTVR-900125 CTVR-900132 番組オリジナルフィギュア(2)(非売品)
5 - 通常版 2012年8月8日 ×なし CTVR-900026 CTVR-900033 番組オリジナルフィギュア(2)(非売品)

モバイル[編集]

NECビッグローブスマートフォン向けアプリのカードコレクションゲーム『嫁コレ』に参加している。撮り下ろしボイスが用意されている。

脚注[編集]

  1. ^ コミックフラッパー2006年11月号 バックナンバー
  2. ^ 作者の公式サイトの日記より。
  3. ^ コミックジーン2011年8月号より
  4. ^ 『BRAVE10』1巻の後書きより。
  5. ^ コミックジーン2011年9月号より。
  6. ^ 真田幸村の幼名。
  7. ^ ムービースクエア
  8. ^ 【新番組】最強勇士ここに参上!「BRAVE10」のラジオ番組がスタート!!”. 2011年11月15日閲覧。
  9. ^ 番組紹介:柿原徹也・森川智之の BRAVE10 on the radio”. 2011年11月15日閲覧。
  10. ^ 『柿原徹也・森川智之の BRAVE10 on the radio』DVD+モバコン 特設サイト”. 2012年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]