真田幸昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
真田幸昌
真田幸昌.jpg
時代 江戸時代前期
生誕 慶長6年7月24日1601年8月22日[1]
または慶長5年(1600年[2]、慶長7年(1602年[3][4]、慶長8年(1603年[5]
死没 慶長20年5月8日1615年6月4日
別名 信昌、幸綱、治幸、通称:大助
諡号 頤神院殿直入全孝大居士
墓所 善名称院(真田庵)
主君 豊臣秀頼
氏族 真田氏
父母 父:真田信繁、母:竹林院大谷吉継の娘)
兄弟 阿菊/すへ(石合重定/道定室)[6]、於市、
阿梅片倉重長後室)、あくり(蒲生郷喜室)、
幸昌なほ(御田姫、岩城宣隆室)、阿昌蒲(片倉定広室)、おかね(石川貞清室)、
守信三好幸信

真田 幸昌(さなだ ゆきまさ)は、江戸時代前期の武将である。真田信繁(幸村)の嫡男、母は竹林院大谷吉継の娘)。通称は大助で、講談では真田 大助の名で登場する。

生涯[編集]

父・信繁が関ヶ原の戦いの後に高野山に流され、紀伊国九度山[7]に蟄居していた時期に生まれる。

慶長19年(1614年)、父とともに九度山を脱出して大坂城へ入った。翌年の大坂夏の陣道明寺の戦いに出陣して、敵の武将の首を取ったが、手傷を負い、主君の豊臣秀頼が和議を検討しているという噂があるからそれを阻止するようにと父に言い含められて、秀頼を見届けるように命じられた。この時、幸昌は父とともに最後まで付き従うつもりだったが、父の命令には逆らえず、やむなく大坂城に引き返したとされる。

大坂城落城時、まだ若年であり、また豊臣に特別な恩顧もないことから速水守久らから脱出を勧められたが拒絶して、秀頼の切腹に殉ずることにした。死の経緯については諸説あるが、幸昌は「我は真田左衛門佐信繁の倅なり」と叫んで介錯を加藤弥平太にして切腹したとも、加藤と刺し違えたとも云う。また別説の『武辺咄聞書』『老将座談』では(幸昌は13歳の児小姓とされているため)秀頼の命で加藤と武田左吉が介錯をするように定められたともする。いずれにしても、幸昌の殉死は美談として有名である。

また享年についても13から16の間で諸説ある。

墓所は和歌山県九度山町の善名称院ほか。また、父の信繁同様に各地に生存伝説が残る。

現在の大阪城の淀殿、豊臣秀頼らの自害の地に建てられた地蔵の前に、淀殿や秀頼、大野治長と並んで真田幸昌(大助)の名前も記されている。鹿児島市谷山には幸昌が逃がしたとされる秀頼の墓が残されている。

登場する作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『仙台真田系譜』
  2. ^ 『信濃郷土叢書』第一期上巻
  3. ^ 『蓮花定院書面』
  4. ^ 小林計一郎 1989, p.96
  5. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  6. ^ 小林計一郎 1989, pp.95, 187-188
  7. ^ 現在の和歌山県伊都郡九度山町。近くに歴史資料館九度山・真田ミュージアムがある。配所であった真田庵は同町の善名称院であり、九度山は高野山の表参道口にあたる場所の地名であって、山があるわけではない。

参考文献[編集]