服部半蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

服部 半蔵(はっとり はんぞう)は、戦国時代から江戸時代にかけて松平氏から徳川氏の麾下で活躍した者を指す。代々「半蔵」を通称の名乗りとした服部半蔵家の歴代当主である。詳細は不明であるが、忍者だったのは初代だけであり、2代目以降は忍者ではなかったとされる。

もともとの先祖は、伊賀国花垣村余野(現伊賀市)に居住し、そこで代々伊賀流忍者の首領を務めてきた一族とされる[1]

歴代[編集]

4代目以降、服部半蔵家は大服部家として桑名藩で存続した。[2][3][4][5]

初代 服部半蔵(半三)保長/正種[編集]

生没年不詳。伊賀出身の忍者。伊賀を出て室町幕府12代将軍足利義晴に、続いて三河にて松平清康に仕える。隠居後は号を浄閑として岡崎城下で没した[4]。名や出生地については、伊賀国予野荘の服部(千賀地)保長が寛政重修諸家譜をはじめ通説となっているが、三代目半蔵正就の子孫が仕えた桑名藩の服部家譜は名を服部正種とし[4]、今治藩の家譜では伊賀国荒木(阿拝郡荒木)の服部正種と記されている[5]

2代目 服部半蔵正成[編集]

徳川家康に仕えた、伊賀同心の支配役。いわゆる「服部半蔵」として世間でよく知られるのは彼の事である。だがあくまで伊賀同心は配下の一部門であり、自身は甲冑を着て足軽を率いた武士である。名は弥太郎、官位は石見守。慶長元年11月14日没。法号は専称院殿安誉西念大居士。

3代目 服部半蔵正就[編集]

父である正成の死後、伊賀同心200人の支配を引継ぎ、先手の鉄砲奉行を務める。しかし伊賀同心とは父の代より確執があり、仔細あって改易を申し付けられる。このため正就は伊賀同心の支配の役目を解かれ岳父である松平定勝の元で蟄居となった。後に大坂の陣で行方不明となり、高野山で葬儀のみ行われる。名は源左衛門、官位は石見守。法号は了義院殿前石州禅室参公大居士。

4代目 服部半蔵正重[編集]

2代目正成の次男で、3代目正就の弟。兄の後を継いで服部半蔵を襲名する。徳川秀忠の小姓や家康の近侍を務め、大久保長安の娘婿となり佐渡金山同心を務めた。後の大久保長安事件では咎を受けなかったものの別件で改易となり村上義明に預かられ、のちに許されて堀直寄に仕えた。その後、桑名の松平定綱に年寄の身分で召し抱えられ、二千石を得る[6]。これにより桑名藩の家老として服部半蔵家は存続した(大服部家)。名は長吉、官位は伊豆守。桑名で左太夫を名乗る。慶安5年5月27日(1652年7月2日)没。法号は清流院殿澄性日浄大居士。

正重の兄・正就の妻は桑名藩主松平定勝の姉であり、その子・服部正辰(正重の甥)も桑名藩に仕えている。血統から藩主一族の扱いを受け、服部半蔵家以上に優遇されている(小服部家)。

5代目 服部半蔵正吉[編集]

正重の息子。父とともに桑名へ招かれて1000石を与えられ、親子で侍組および足軽100人を預かった。正重の後に家督を相続。

服部半蔵正勝[編集]

寛文3年(1663年)家督を継ぎ1600石を得る。

服部半蔵正秀[編集]

延宝8年(1680年)家督を継ぎ、1500石の年寄となり前方先手を預る。宝永3年(1703年)没。名は七兵衛。

服部半蔵正輔[編集]

正秀の息子。宝永3年(1706年)家督を継ぎ、1600石の年寄となる。享保9年(1724年)4月に没した。正輔の息子もすでに没していたため、服部家は養子縁組の願いを提出し、正輔の弟の家系である助五郎に家督を相続させる。

服部半蔵正明[編集]

正輔の息子。名は主税。

服部半蔵正盈[編集]

正輔の息子が早世したため、養子となり跡目を継いだ。名は助五郎。父は半蔵正輔の兄弟である服部加藤次。享保5年(1720年)正月に知行と屋敷を召し上げられる。これによりお家断絶の危機に見舞われたが、当時の桑名藩主松平定賢が正成の時代からの服部家の武功と家柄を思い、ふさわしい者に跡を継がせるよう命じたため、服部半蔵家は存続を許された。

服部半蔵正賢[編集]

今治藩松平筑後守家の家臣である服部伊織の次男。名は茂十郎。享保18年(1733年)家督を相続し、1000石の年寄となる。病弱であったため再三にわたりお役御免を申し出るがそのたびに引き留められ、温泉地などで寛々と養生するよう申し付けられる。安永3年(1766年)病没。

服部半蔵(内記)[編集]

桑名藩家老。

服部半蔵正礼[編集]

桑名藩家老。服部日記を記す。文政7年8月4日(1824年8月27日)没。

服部半蔵(不明)[編集]

桑名藩家老。千石。

服部半蔵正啓[編集]

桑名藩家老。名は吉人。文政8年2月18日(1825年4月6日)没。

11代目 服部半蔵正綏[編集]

最後の服部半蔵である正義と桑名藩家老 酒井孫八郎の父。文政7年家督を継いだ。初め左太夫、伊豆と名乗った。

12代目 服部半蔵正義[編集]

弘化2年(1845年)9月29日生まれ。21歳で(大服部家)家督を継ぎ桑名藩家老となる[7]。名は半十郎。服部半蔵日記を記す。桑名藩家老である酒井孫八郎は正義の弟である。藩主の松平定敬が京都所司代となり、その補佐として正義も京に赴く。慶応4年、鳥羽・伏見の戦いに桑名軍を率いて参戦、明治元年(1868年)閏4月には転戦した柏崎鯨波戦争で指揮官を務める。同年9月26日に庄内にて降伏。官軍に身柄を拘束され謹慎処分となるが、明治2年12月、桑名藩の戦後処理の終了と共に謹慎が解かれ自由の身となる。その後は桑名藩の要職や三重県第一・第三区長を務め、明治19年(1886年)1月22日に没した。

関連する作品[編集]

歴史上の服部半蔵は伊賀者の統率者であっても自身の忍者としての性格は薄いが、現代では服部半蔵は最も名の知れた伊賀忍者のひとりとなっている。このため、服部半蔵という名前の忍者、あるいはそれをモチーフとするキャラクターが登場する小説時代劇漫画ゲームなど数知れず存在する。

小説作品では、山田風太郎の最初の「忍法帖」作品で代表作のひとつ『甲賀忍法帖』に三代目が登場し、同作を題材にした漫画『バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』、劇場映画『SHINOBI』にも同じ役柄で登場した。

映像化作品では全6作が制作された映画『新・影の軍団』やテレビドラマ『服部半蔵 影の軍団』にて、千葉真一が服部半蔵を演じた。近年では映画『キル・ビル』にも服部半蔵が登場するが、これは監督のクウェンティン・タランティーノがこの服部半蔵 影の軍団シリーズのファンであったため、同じ千葉真一に出演依頼したのである。

その他、横山光輝による『伊賀の影丸』および『兵馬地獄旅』などで漫画化されている。また、白土三平による『サスケ』や小山ゆうの『あずみ』、藤子不二雄Aの『忍者ハットリくん』を始めとして、登場人物のひとりとして活躍する漫画作品も数多く刊行された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「15 服部半蔵と家康」三重県環境生活部文化振興課県史編さん班
  2. ^ 桑名藩集成
  3. ^ 天明由緒(文政10年 1827年 桑名藩)
  4. ^ a b c 元御家人筋并御由緒有之蒙仰御用相勤候家附服部家畧系(文化元年 1804年)
  5. ^ a b 今治拾遺附録 士族一之巻 服部速水正宣家譜
  6. ^ 厚遇された半蔵の子孫-桑名藩古文書が伝える” (日本語). 発見!三重の歴史. 三重県. 2016年6月2日閲覧。
  7. ^ 服部半蔵” (日本語). 郷土史(人物編). 桑名市. 2016年6月2日閲覧。

関連項目[編集]