山田悠介 (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまだ ゆうすけ
山田 悠介
生年月日 (1987-07-29) 1987年7月29日(33歳)
出生地 日本の旗 日本埼玉県[1]
身長 177 cm[1]
血液型 O型[2]
職業 俳優
タレント
ジャンル テレビドラマ
映画
舞台
活動期間 2008年 -
事務所 ワタナベエンターテインメント
公式サイト プロフィール
主な作品
テレビドラマ
仮面ライダーオーズ/OOO
映画
学校裏サイト
テンプレートを表示

山田 悠介(やまだ ゆうすけ、1987年昭和62年)7月29日 - )[1]は、日本俳優タレントである。所属事務所はワタナベエンターテインメント。同事務所の男性俳優集団D-BOYSのメンバーである。成城大学経済学部[3]卒業

略歴[編集]

2008年平成20年)6月、第5回D-BOYSオーディションでグランプリを獲得。ワタナベエンターテインメントの所属タレントとなる。同年にオリジナルビデオ喧嘩番長』で俳優デビュー[3]

2009年(平成21年)7月1日よりD-BOYSに加入。同月に主演映画『学校裏サイト』が公開される[4]

2012年(平成24年)3月、1年留年して大学を卒業した[5]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

  • D-BOYS STAGE Vol.3「鴉〜KARASU〜 04」(2009年4月) - 堀田半兵衛 役
  • D-BOYS STAGE 2010 trial-1「NOW LOADING」(2010年4月 - 5月) - リー 役
  • D-BOYS STAGE 2010 trial-3「アメリカ」(2010年9月 - 11月) - 佐々木 役
  • *pnish* vol.13「トラベルモード」(2011年11月)
  • 飛び加藤〜幻惑使いの不惑の忍者〜(2012年6月 - 7月)
  • Dステ 11th「クールの誕生」(2012年8月 - 9月) - 近石 役
  • アトリエダンカン・デラシネラプロデュース「日々の暮し方」(2012年10月)
  • 博士と太郎の異常な愛情(2013年7月)
  • Dステ 14th「十二夜」(2013年10月) - フェイビアン 役
  • 広島に原爆を落とす日(2013年12月)
  • Dステ15th「駆けぬける風のように」(2014年10月) - 中岡慎太郎 役 (演劇集団キャラメルボックスとのコラボ)
  • 劇団TEAM-ODAC「僕らの深夜高速」(2014年11月)
  • タカハ劇団「わたしを、褒めて」(2015年2月)
  • 劇団アメリカンコミックシアター「二度寝クライシス」(2015年3月)
  • シスカンパニー公演 日本文学シアターvol.2【夏目漱石】『草枕』(2015年6月) - 久一 役
  • ホテル・カルフォリニア〜HOTEL CALFORINIA〜(2016年2月、紀伊國屋ホール) - 健二 役[7]
  • 演劇集団キャラメルボックス「また逢おうと竜馬は言った」(2016年5月 - 6月) - 本郷 役
  • Dステ19th「お気に召すまま」(2016年10月) - フィービー 役
  • 劇団ワンツーワークス「アジアン・エイリアン」(2017年6月)
  • ミュージカル「マリアと緑のプリンセス」(2017年8月)
  • 関数ドミノ(2017年10月) - 土呂弘光 役
  • シスカンパニー公演「近松心中物語」(2018年1月 - 2月)
  • 西瓜糖「ご馳走」(2019年5月)
  • 私立恵比寿中学主演舞台「ボクコネ 〜ぼくはテクノカットよりコネチカット〜」(2020年3月 ※ 新型コロナウイルスの影響により公演中止。尚、同年4月に有料配信) -佐藤 役-

バラエティ[編集]

インターネットドラマ[編集]

配信[編集]

  • 俳優落語(2020年5月)

ラジオドラマ[編集]

  • 青春アドベンチャー ゴー・ゴー! チキンズ(2009年10月、NHK-FM
  • 青春アドベンチャー ゴー・ゴー! チキンズ パート2(2010年7月、NHK-FM)

ゲーム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “山田悠介”. ワタナベエンターテインメント. http://www.watanabepro.co.jp/mypage/10000030/ 
  2. ^ “山田悠介のプロフィール|オリコン芸能人事典”. ORICON STYLE. http://www.oricon.co.jp/prof/artist/367789/profile/full/ 2014年4月2日閲覧。 
  3. ^ a b “【D-BOYS 役者魂】先のビジョン 見つけ出したい 山田悠介”. msn産経ニュース. (2011年6月9日). オリジナルの2014年4月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140407073300/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110609/ent11060912160006-n4.htm 
  4. ^ “山田悠介主演ケータイホラー『学校裏サイト』 - 「オバケより人間が怖い」”. マイナビニュース. (2009年7月27日). http://news.mynavi.jp/news/2009/07/27/023/index.html 
  5. ^ “【D-Next】とにかく、もっとたくさん演じたい 山田悠介”. イザ!. (2012年7月5日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130501150939/http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/stage/574051/ 
  6. ^ “ぴぷる:梶裕貴主演ドラマのAI役にアヤカ・ウィルソン 大原櫻子、忍成修吾も ポスター公開”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2020年3月12日). https://mantan-web.jp/article/20200311dog00m200047000c.html 2020年3月12日閲覧。 
  7. ^ 舞台「ホテル・カルフォリニア」開幕!太田基裕の女装や今野杏南の下着姿も”. コミックナタリー (2016年2月4日). 2016年2月5日閲覧。

外部リンク[編集]