この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

仮面ライダージオウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダージオウ

平成仮面ライダーシリーズ
第19作 仮面ライダービルド 2017年9月
- 2018年8月
第20作 仮面ライダージオウ 2018年9月
-
仮面ライダージオウ
ジャンル 特撮テレビドラマ
放送時間 日曜 9:00 - 9:30(30分)
放送期間 2018年9月2日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 田崎竜太
原作 石ノ森章太郎
脚本 下山健人
プロデューサー 佐々木基井上千尋・菅野あゆみ(テレビ朝日)
白倉伸一郎武部直美(東映)
出演者 奥野壮
押田岳
大幡しえり
渡邉圭祐
板垣李光人
紺野彩夏
兼崎健太郎
生瀬勝久
ナレーター 藤野直彦
小山力也(OPナレーション)
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 地上デジタル放送
オープニング 「Over "Quartzer"」
歌:Shuta Sueyoshi feat. ISSA
外部リンク 仮面ライダージオウ|テレビ朝日

特記事項:
平成仮面ライダーシリーズ」第20作
テンプレートを表示

仮面ライダージオウ』(かめんライダージオウ、欧文表記:KAMEN RIDER ZI-O)は、2018年9月2日からテレビ朝日系列で、毎週日曜9:00 - 9:30[1]JST)に放送されている特撮テレビドラマ作品[2]、および作中で主人公が変身するヒーローの名称。

キャッチコピーは、「俺は仮面ライダーの王となる![3]」「祝え!新たな王の誕生を!![4]」「祝え、次代の王の誕生を。[5]」。

概要

平成仮面ライダーシリーズの20作品記念作品。これに関連して「Since2000 平成20 Kamen Rider Kicks」の記念ロゴマークも新規に製作され、公式サイトや関連商品、オープニングのタイトル表記時などに使用されている。

時計をモチーフとした本作品では、主人公のジオウをはじめとする仮面ライダーたちも時空を巡って戦う「タイムトラベルライダー」として位置付けられている[6]。シリーズ第1作『仮面ライダークウガ』から第19作『仮面ライダービルド』までの各作品の時代を含めた、さまざまな時空を巡るタイムトラベルという要素やジオウが「未来の魔王」であるという設定は、20作品目に相応しい壮大なスケールを志向したことに起因する[7]

ジオウたちは歴代平成仮面ライダーたちの力を持つアイテム「ライドウォッチ」によって彼らの力を使用できるほか、ストーリー面でも歴代平成仮面ライダーたちとの出会いが強調されたものとなっている[8]。歴代平成仮面ライダーたちとのクロスオーバー作品である点は、シリーズ節目の作品であった第10作『仮面ライダーディケイド』とも共通しているが、本作品ではそれとの差別化を図るべく「レジェンドから逃げない」というスタンスが、企画段階より明確に打ち出されている[7]

EP02以降ではアバンタイトルでウォズがストーリーテラーとして前回までの出来事を説明するが、最後にうっかり未来の出来事を口にしてしまうという演出がとられている。

制作

東映プロデューサーの白倉伸一郎は本作品を平成仮面ライダーシリーズの集大成とした理由について、平成改元となることと平成仮面ライダーシリーズが20作品目を迎えることが重なったことを挙げているほか、前作『仮面ライダービルド』が玩具売上や映画興行などは好調であったものの視聴率的には苦戦したことから[注釈 1]、視聴率が4割向上した『仮面ライダーディケイド』と同じくレジェンドの要素を取り入れたことを述べている[9]。当初、白倉はレジェンドを扱わない方向性でも企画を検討していたが、共同プロデューサーの武部直美から「それは逃げです」と言われ、現在の方向性に改めた[10]

作品内容については、同じく歴代仮面ライダーを扱った『ディケイド』が各作品を知らない人に向けて再構成したものであったのに対し、本作品ではジオウとオリジナルの仮面ライダー、そしてアナザーライダーとの三つ巴の戦いを軸としている[9]。白倉は『ディケイド』や本作品と同じくタイムトラベルを題材とした『仮面ライダー電王』などとの差別化は考えておらず、面白い要素であれば1度やっていても気にしないとする方向性を語っている[9]。タイムトラベルについて白倉は、設定が複雑になりがちであることから避けたかったが、監督の竜太から「時計顔のライダーが時間移動しなかったら詐欺ですよ」と指摘されたことも理由に挙げている[10]

時計というモチーフは、平成という時代を象徴する仮面ライダーであることから選ばれ、一旦はメカニカルで格好いいデザインに決定しかけたが、歴代仮面ライダーと並んだ時に面白みや主役感に欠けることから文字の要素が加えられた[9][10]

パイロット監督の田は、各時代の描写について各作品の世界観との整合性や厳密な時代考証よりも各仮面ライダーに会える時代を描くというスタンスであることを述べている[11]。オーマジオウのいる時代設定は、シリーズ第1作『仮面ライダー』の100年後である2071年にするという案も存在したが、第1作との関連に気づく視聴者がどれだけいるのか疑問視されたため、採用されなかった[9]

あらすじ

西暦2018年の秋。王様になることを夢見る常磐ソウゴは、高校3年生のある日、巨大なロボットで自分を抹殺しようとする明光院ゲイツ / 仮面ライダーゲイツに襲撃され、それを止めようとする少女ツクヨミに助けられ、タイムワープを経験する。その中でソウゴは、50年後の自分が時の王者オーマジオウとして西暦2068年の世界を支配することを知るが、「サイテーサイアクの魔王」ではなく、世界を良くする「最高最善の魔王」になることを宣言し、仮面ライダージオウへと変身。歴史改変を企てるタイムジャッカーが生み出したアナザーライダーとの戦いに身を投じる[12]

登場人物

仮面ライダーの変身者

常磐 ソウゴときわ ソウゴ / 仮面ライダージオウ
本作品の主人公。2000年4月28日生まれの18歳で、光ヶ森高校に通う高校3年生。得意科目は歴史で、物理学などの理系全般は苦手[ep 1]。後述の通り漠然ながら世界中全ての人々の幸せを実現したいと強く願っており、その為には王様になるしかない、という考えから「王様になる」という夢を持ち、高校の進路指導でもそれを公言してはばからない。
「なんか行ける気がする」という口癖からも窺えるようにポジティブな性格の持ち主で、50年後の自身が「世界を破滅させる魔王」となるとツクヨミから告げられてもそれを受け止め、魔王ではなく人々の幸せを実現する「最高最善の魔王」になることを決意し[ep 1]、仮面ライダージオウとなって乱れた時を正す戦いに身を投じる。
アナザーライダーの出現によって歴史が変化することを認識している一方で、「人間に危害を加えないアナザーライダーは、無闇に倒す必要は無い」と考えており[ep 2]、またアナザーライダーによって生じるトラブル等の解決法については、アナザーライダーとなった人間がタイムジャッカーと契約した経緯を調べたりすることで「根本的な解決」を図ろうと模索しており、「アナザーライダーを倒せば全て解決する」と考えるゲイツや、ソウゴを「ライドウォッチの入手」に専念させようとするウォズと対立することもある[ep 3]
  • 「王様」というキャラクター付けは、レジェンドライダーを無意識にフラットな視点で見ることが必要であることから設けられた[10][注釈 2]。『仮面ライダーディケイド』の門矢士や『海賊戦隊ゴーカイジャー』のキャプテン・マーベラスも同様の理由から「俺様キャラ」であったが、本作品ではレジェンドを迎え入れるホストとしての要素も持つことから受容性のある「王様」とされた[10]
  • 変身ポーズは、時計の針の動きをイメージしている[11]。メイン監督の竜太は、演じる奥野壮にバレエ経験があるため手の先まで細やかな神経が通っていると評している[11]
  • 名字の常盤は「時」、名前のソウゴは「大言壮語」に由来する[10]。名前には仮面ライダーシリーズの原作者である石ノ森章太郎の住居兼仕事場であったトキワ荘トキワそうの名が含まれている[14]が、東映プロデューサーの白倉伸一郎は意図したものではないことを語っている[9][10]
明光院 ゲイツみょうこういん ゲイツ / 仮面ライダーゲイツ
2068年の未来から来た戦士。2050年生まれの18歳。レジスタンスとしてオーマジオウと戦っていたが苦戦を強いられ、オーマジオウとして覚醒する前にソウゴの命を奪おうと2018年の時空に出現[ep 1]。しかしツクヨミからの説得でソウゴの抹殺を保留とし、彼の監視も兼ねてツクヨミと共にクジゴジ堂へ居候し[ep 4]、光ヶ森高校に編入した[ep 5]。しかし、2010年の時空にソウゴとツクヨミが向かった後、何も告げずに荷物をまとめてクジゴジ堂を去っていった[ep 6]
タイムジャッカーのスウォルツが接近し、勧誘したがこれを断りアスラが変身したアナザー鎧武が襲われていた人を救出した後にヘイヘイムの森に吸い込まれ、彷徨っているときに駆紋 戒斗と出会う[ep 7]
目的のためには強引な手段も辞さない一方、一般人が危険に晒されているのを見過ごせないだけの正義感も持ち合わせている。ジオウであるソウゴに対しては居候が決まった後も敵意を隠そうとしないが、アナザーライダーとの戦いにおいては必要に応じて共闘に踏み切ったり[ep 4]、過去の時代の知識や語学力を活かして助言したりと[ep 5]、柔軟な対応を見せることもある。
  • 演じる押田岳は、ゲイツの性格を「昔ながらの日本男児」と解釈している[15]
  • アクションシーンや変身ポーズには、押田の特技であるストリートダンスの要素が取り入れられている[15]

仮面ライダーの関係者

ツクヨミ
ゲイツと同じく2068年の未来から来たレジスタンスの少女。ソウゴ、ゲイツと同い年の18歳[ep 5]。ゲイツを追って2018年の時空に現れ、ソウゴがオーマジオウとして覚醒しないように働きかけようとする[ep 1]。ソウゴがジオウとなることは阻止できなかったものの、苦戦するゲイツをソウゴが助けたことから、未来のオーマジオウになるのか疑問を抱き、彼の監視も兼ねてゲイツと共にクジゴジ堂へ居候し[ep 4]、光ヶ森高校に編入した[ep 5]
武器であるファイズフォンXの他にタブレット端末を所持しており、これを用いて特定人物の情報を引き出したり、訪れた先の時代で必要なもの[注釈 3]を調達したり、傷を治癒できる[ep 1]
ウォズ
未来から現れ、ソウゴを主(「我が魔王」)と仰ぐ神出鬼没の青年。アバンタイトルなどではストーリーテラー的な役割も務める[ep 4]
「逢魔降臨暦」という名の書物を常に携えており、「ソウゴを正しく導く」という目的の下、「この本によれば…」とソウゴに予言めいた言葉をかけたり、「最高最善の魔王」になることを決意したソウゴにジクウドライバーを授ける[ep 1]など、彼に対して協力的な姿勢を示している。また、ジオウ(ソウゴ)が初めて変身したり、ライダーアーマーを初めて纏った際には口上を述べ挙げている。生身でもアナザーライダーと互角に戦え、衝撃波や空中浮遊能力、マフラーを触手のように伸ばす力を持つ[ep 8][ep 2]
未来ではかつてゲイツの仲間であったが現在は仲違いしている。タイムジャッカー側も古い知り合いであるため、ウォズを警戒している節がある[ep 2]。また、本来正当な歴史のオーマジオウは単独で魔王になったため、現在のソウゴには仲間は不要と考えており、彼がゲイツやツクヨミを仲間にしたいと思っていることには歴史が歪みかねないと危惧している[ep 2]
  • メインライターの下山健人は、狂言回しとして使い勝手がよく、書きやすいキャラクターであることを述べている[13]
常磐 順一郎ときわ じゅんいちろう
ソウゴの大叔父にして時計堂クジゴジ堂の店主。時計店を営むが、時計とは関係ないラジオ等の修理を頼まれることも多いが、断らずに引き受けている[注釈 4]
時計から価値を見出だし、ソウゴに「時計の針は止まるし、巻き戻すこともできる。だが、人生は違う」と話す[ep 1][注釈 5]
空室だったクジゴジ堂の2階へゲイツとツクヨミを居候させる[ep 4]
ソウゴたちに何気なく話した言葉が事件解決につながることもある。

タイムジャッカー

人間に歴代平成仮面ライダーの力を与えて「アナザーライダー」と呼ばれる仮面ライダーに変える者たち。ジオウ(オーマジオウ)ことソウゴとは別の「時の王者」の候補を探し、新たなライダーを擁立する事で正当な歴史を改変しようと目論む[ep 5]。自身と対象以外の周囲の時間を一時的に停止させる能力を持つ[注釈 6]

2068年の「未来のソウゴ」であるオーマジオウとは何らかの関わりがある模様で、現代(2018年)のソウゴの事は「若いジオウ」と呼んでいる[ep 5]。目的は共通であるものの、「候補者」として選ぶ対象は各々異なっており、またメンバー間の関係も良好とは言えない[ep 8]。ゲイツを勧誘したが断られてしまう[ep 7]

ウール
タイムジャッカーの一員で無邪気な性格の少年。青色を基調とした服装をしている。アナザーライダーとの契約時にはその後に起こる悲劇の直前で時を止め、その悲劇を回避するために強制的に契約させる[ep 1]。また、心の弱みにつけこんで契約を持ちかけることもある[ep 2][ep 6]
オーラ
タイムジャッカーの一員で大人びた雰囲気の女性。銀色を基調とした服装をしている。アナザーライダーとの契約時には「あなたにちょっとだけ悪い知らせと、めちゃくちゃ良い知らせがあるの」というセリフで契約を持ちかける。
スウォルツ
タイムジャッカーのリーダー格で冷徹な長身の男。紫色を基調とした服装をしている。
ウールやオーラよりも強大な力を持ち、時を止める能力もほかのタイムジャッカーも影響されるほどで、念動力も操る。なかなか目的を果たせないウールやオーラに高圧的な態度で発破をかけ、またウールたちとは違い契約者の意志を確かめずに強引に契約する[ep 8]

他作品の登場人物

仮面ライダービルド』から登場
桐生 戦兎きりゅう せんと / 仮面ライダービルド万丈 龍我ばんじょう りゅうが / 仮面ライダークローズ
EP01・EP02に登場。西暦2017年の仮面ライダー。ソウゴが迷い込んだ2017年の時空でスマッシュと戦っていた際にソウゴと出会うが、後から来たツクヨミに過去への干渉を防ぐため、気絶させられる[ep 1]
改変後の2018年では両者共、ライダーとしての能力と記憶を失い、戦兎は「葛城巧」と名乗っている。ロックバンド「ツナ義ーズ」のファンになっていたが、2018年の時空でアナザービルドが倒された際に一時的に記憶を取り戻し、ソウゴに自分たちの力が宿ったライドウォッチを渡した[ep 4]
そして、再び過去に戻ってきたソウゴやゲイツと共にアナザービルドと交戦するも、影響が進んで変身できなくなり、二人に後を託す。アナザービルドが倒された後、別れ際のソウゴからブランクウォッチを渡された[ep 4]が、ジオウがビルドの力を「奪った」ことで歴史改変が発生し、仮面ライダービルドがいない歴史となった。
仮面ライダーエグゼイド』から登場
宝生 永夢ほうじょう えむ / 仮面ライダーエグゼイド鏡 飛彩かがみ ひいろ / 仮面ライダーブレイブ
EP03・EP04に登場。西暦2016年の仮面ライダー。2018年現在では原典同様に「聖都大学附属病院」に勤めており、永夢は小児科医、飛彩は外科医として働いている。
大勢の人々が意識不明に陥る異常事態が発生し、病院に搬送された患者たちがプレイしていた「クリアできないゲーム(無理ゲー)」に原因があると考えていた永夢はそのゲームについて調べる中、ドイツ語で書かれたゲームの攻略法のメモを残して行方を眩まし無断欠勤状態となっていた。その後、永夢の残した攻略法を使ってゲームエリアに入りアナザーエグゼイド=飯田と交戦したジオウとゲイツの前に現れた永夢はエグゼイドに変身し、何故かジオウたちに襲いかかる。その目的は飯田の息子・ケイスケが突発性拡張型心筋症で命の危機に瀕しているため、飯田をケイスケのそばに居させることにあった。だが、ケイスケの病状はすでに進行しており、死を待つしかない状況だった。
2016年でアナザーエグゼイドが誕生した影響で2018年の永夢はライダーとしての記憶と能力を失うが、ソウゴにエグゼイドライドウォッチを渡し、エグゼイドの力を託す。ジオウによってアナザーエグゼイドが2016年で倒された後、ソウゴからケイスケを治してほしいと言われ、仮面ライダーエグゼイドがいない歴史になったものの、親子ともに健在な未来に書き換えられた。
檀 黎斗だん くろと / アナザーオーズ
EP09・EP10に登場。本作では大企業檀ファウンデーションの社長。2010年にウールと契約しアナザーオーズの力を手に入れる。
2018年に日本からの独立を宣言し、檀黎斗王(だん くろとおう)を自称するようになり、行く行くは檀黎斗大王(だん くろとだいおう)になろうとしていた。本作でも自分本位な性格は変わっておらず、自身の行動を批判した記者を屑ヤミーに変えたり、比奈を強引に妃にさせたりしようとする。
魔王になる為勉強をしに、自身の軍門に降ったソウゴを部下にするが、自身の考え方に嫌悪感を抱かれ反旗を翻される。その後、2010年でジオウと交戦するも敗北し、アナザーライダーの力を失った。その後、ウォズからは「ソウゴが魔王になるための偉大なる肥やし」と貶された。
檀 正宗だん まさむね
EP09・EP10に登場。黎斗の父親で、前檀ファウンデーション社長。2016年にアナザーオーズに変身した黎斗に殺害された。後姿と顔写真のみが登場。
仮面ライダーフォーゼ』から登場
仮面ライダー部の面々は卒業生として写真が登場している。
如月 弦太朗きさらぎ げんたろう / 仮面ライダーフォーゼ
EP05に登場。西暦2011年の仮面ライダー。
2018年では原典同様に天ノ川学園高校の教師として勤務している。『ウィザード&フォーゼ』での設定同様、仮面ライダー部の顧問として活動している。
2011年にてアナザーフォーゼの誕生によりライダーとしての記憶と能力を失い、2018年現在は失踪した女子生徒を探して奔走している。本編では後ろ姿のみの登場でツクヨミとすれ違う描写がある。
大杉 忠太おおすぎ ちゅうた
EP05・EP06に登場。2018年でも弦太朗の先輩教師として天ノ川学園高校に勤務している仮面ライダー部の前顧問。仮面ライダー部の部室に来ていたゲイツのライドウォッチを目にし、弦太朗から預かって保管していたフォーゼライドウォッチをソウゴに渡した。その後、ソウゴたちにカリン以外にてんびん座生まれの18歳の生徒がもう一人いたことを話す。
近藤 大太こんどう だいた根津 誓夫ねづ ちかお
EP05に登場。2018年では天ノ川学園高校・仮面ライダー部の部員。ソウゴとゲイツが仮面ライダーだと知り、2人を仮面ライダー部の部室に案内した。
仮面ライダー555』から登場
EP05・EP06に登場。
乾 巧いぬい たくみ / 仮面ライダーファイズ
西暦2003年の仮面ライダー。「流しのクリーニング」を生業とし、「西洋洗濯舗 菊池」のポイントカードに自分の名前を書き足したものを名刺代わりとしている。
元の仲間だった草加が女子校生の山吹カリンを襲っているのを知り、止めるために現れた。
草加 雅人くさか まさと
巧の仲間の男性。ファイズ本編とは異なり、2018年でも生存している。
自身と同じ「流星塾」出身者の孤児であるカリンと佐久間龍一をアナザーライダーの呪縛から救うために、カリンを殺そうとする。
仮面ライダーウィザード』から登場
仁藤 攻介にとう こうすけ / 仮面ライダービースト
EP07・ EP08に登場。西暦2012年の仮面ライダー。ウィザードとビーストのライドウォッチを所持している。
ゲイツのことは一貫して「ツンツン」と呼んでいる。ゲイツとアナザーウィザードの戦闘を傍観していたが、ゲイツが気づくとすぐに逃げ去ってしまった。その後、神社の境内でゲイツに発見され、ライドウォッチを奪おうとするが記憶がないから渡せないと拒否される。その後、ジオウがアナザーウィザードを倒したことにより一時的に記憶が戻ると、ゲイツの力を試すため突如変身して襲い掛かる。力を認めるとライドウォッチが昔ゲイツから渡されたものだと語り、ウィザードライドウォッチのみを託し去って行った。
仮面ライダーオーズ/OOO』から登場
EP09・ EP10に登場。
火野 映司ひの えいじ / 仮面ライダーオーズ
西暦2010年の仮面ライダー。「たくさんの人と手を繋ぐ」という理想を実現するため国会議員になった。既に、オーズの力と記憶を失っている。
黎斗によって誘拐され、地下室に監禁される。比奈の協力で地下室から脱出するも、黎斗に襲われる。だが、ソウゴに助けられ彼にオーズライドウォッチとタジャドルコンボライドウォッチを渡した。
泉 比奈いずみ ひな
2018年では檀ファウンデーションの服飾部門に所属している。原典では映司の仲間だったが、本作では彼とは初対面。
黎斗の暴政を批判するが、彼の怒りを買い地下室に監禁される。その後、怪力で扉をこじ開け映司と共に一旦脱出。その後、ソウゴに助けられる。
仮面ライダー鎧武』から登場
EP11・ EP12に登場
葛葉 紘汰かずらば こうた
駆紋 戒斗くもん かいと
チームバロンのリーダーだったが、同チームを追い出され、スウォルツによりアナザー鎧武のアナザーウォッチを手に入れたアスラにより2013年にヘイヘイムの森に追放される。森を彷徨っているときにゲイツと出会う[ep 7]

戦士

ツール

ジクウドライバー
ジオウとゲイツ共通の変身ベルト[17]。バックルの状態で携行され、腹部に当てると自動でベルトが伸長して装着される。変身時はドライバーの右側にある「D'9スロット」にライドウォッチを装填し、ドライバー上部の「ライドオンリューザー」を押し込むことでドライバーのロックを解除してライドウォッチを承認させた後、「変身!」の掛け声と共にメインユニットの「ジクウサーキュラー」を反回転させることで、「ライダータイム!」の音声と共に理論具現化装置「ジクウマトリクス」によって実体化されたライドウォッチのデータを装着し、変身が完了する[18]。さらにドライバーの左側にある「D'3スロット」にライドウォッチを装填することによって、ライドウォッチに対応したライダーのアーマーを身にまとうアーマータイムを発動することが出来る[18]。またライドウォッチのスイッチを押してからドライバー上のスイッチを押して、ジクウサーキュラーを回転させることで「フィニッシュタイム!」の音声と共に必殺技を発動する[注釈 7]
撮影用プロップはアップ用とアクション用が存在し、前者は回転ギミックが再現可能である[19]
ライドウォッチホルダー
ジオウとゲイツの両腕に装備されたライドウォッチを装填するためのブレスレット型ホルダー。ライドウォッチを2個装填できるスロットを持つ他、装填したライドウォッチの冷却機能やデータのバックアップなどでメンテナンスする機能も備えている。
ゲイツのみは変身前でも左腕に装着している。
ライドウォッチダイザー
EP04から登場した六角形の台座型のアイテムで、1段につき7つのライドウォッチを装填可能で3段に積み重ねられている。いつもはクジゴジ堂に置かれ、ソウゴやゲイツはここにライドウォッチを飾り必要に応じライドウォッチを持ち出し使用している。
ファイズフォン Xファイズフォン テン
ツクヨミやゲイツ、ウォズなどが所持するファイズフォンを模した可変マルチデバイス[20]。「フォンライドウォッチ」から携帯電話として使用できる「フォンモード」、銃として使用できる「ブラスターモード」に変形できる。
フォンモードでは「Calling!」の音声の後、別の時間にいる所有者との通話が可能。
ブラスターモードでは精密射撃に特化した「シングルモード」、破壊力を高めた「バーストモード」、破壊光を発射する「チャージモード」の3種類のエネルギー弾丸「フォトンバレット」を撃つことが可能となっており、出力調整により相手を気絶させる程度まで抑えることも出来る[21]
タカウォッチロイド
EP09で突如現れアナザーオーズを妨害したタカカンドロイドに似たメカ鳥。炎攻撃のファイヤーホーク、冷気攻撃のブリザードホーク、雷攻撃のサンダーホーク、サーチホークと攻撃が変わる。

ビークル

ライドストライカー
  • 全長:2.181m
  • 乾燥重量:114.2kg
  • 馬力:152.3ps(112.0kw)
  • 最高時速:298km/h
ジオウとゲイツが使用するバイク型マシン。バイクライドウォッチ状態から起動スイッチを押すことで大型化・変形する。
タイムマジーン
  • 全高:7.28m
  • 体重:52.0t
  • 最高速度:722.3km/h(地上走行時。時間移動中は計測不能)
タイムトラベルの機能を持った高性能マシン。機体に組み込まれた時空転移システムによってタイムトラベルが可能となる[22]。さらにビークルモードから人型戦闘モード(ロボモード)への変形機能も搭載しており、使用するライドウォッチにより、頭部ユニットにそのライドウォッチを模した単眼のフェイスモジュールが付く。コックピットにはビークルモードは座って、人型戦闘モードは立って操縦する。
ゲイツが使用する赤いゲイツ機は「ゲイツモード」[注釈 8]、ツクヨミとジオウが使用する黒いジオウ機は「ジオウモード」[注釈 9]と称される[23]
仮面ライダーだけではなく他の勢力も使用しており、2068年ではフェイスモジュールのない単眼の量産型機がある。
オーズモード
  • 体重:53.2t
オーズライドウォッチを使用。腕部にトラクローが追加される。
タジャドルコンボモード
  • 最高速度:1444.3km/h(地上走行時。時間移動中は計測不能)
タジャドルコンボライドウォッチを使用。背中に羽が追加され空中戦を得意とする。必殺技は、ギガスキャンタイムブレ-ク。
ゲイツ機
ゲイツ専用の赤いタイムマジーン。
ウール機
  • 全高:8.25m
  • 体重:67.4t
  • 最高速度:680.6km/h(地上走行時。時間移動中は計測不能)
ウール専用タイムマジーン。キャプテンゴースト型の特殊ユニットを持ち、分離変化する。
オーラ機
  • 全高:8.66m
  • 体重:70.8t
  • 最高速度:715.6km/h(地上走行時。時間移動中は計測不能)
オーラ専用タイムマジーン。キャッスルドラン型の特殊ユニットを持ち、翼竜形態から分離変化する。

本作品オリジナルの仮面ライダー

本作品のキーアイテム「ライドウォッチ」で変身する。各ライダーには共通して、複眼や足裏、装備などには文字がデザインされている。

仮面ライダージオウ

常磐ソウゴが変身する仮面ライダー。「全ライダーの力を持つ魔王」と形容される[24]。過去の平成ライダーの力を託されることで、その力を宿したアーマーを身につけることが出来るようになるが、ゲイツはこれを「過去のライダーの力を奪い、オーマジオウへの道を歩んでいえる」として警戒している。

  • 「ジオウ」は「王子(オウジ)」のアナグラムであり、漢字をあてると「時王」、即ち時の王という意味にとれ[注釈 10]、さらに20作品の「20」にかけている[16][11][注釈 11]
  • 複眼や足裏、装備などにはマゼンタのカタカナ文字がデザインされているが、これはデザイナーによるアイデアである[25]
フォーム
通常形態
ジオウライドウォッチを使用して変身する基本形態。カラーリングは白・黒・マゼンタ。
変身音声は「ライダータイム!仮面ライダージオウ![26]
複眼に「ライダー」の文字がある。
デザインモチーフは機械式腕時計である[19]。触覚クロックブレードAは長身と短針、ボディ中央のラインミッドバンドライナーMの意匠はメタルバンドを模している[19]
ビルドアーマー
ビルドライドウォッチを使用して変身する、ビルド ラビットタンクフォームの力を宿した派生形態。カラーリングは赤・青・銀。
変身音声は「アーマータイム!ベストマッチ!ビルド!」。
複眼に「ビルド」の文字がある。
ドリルクラッシャーを模した武器ドリルクラッシャークラッシャーを右腕に装備して突貫攻撃を行う。ビルドドライバーのレバーを回す要領で右腕を動かすことで空中に数式が実体化する[注釈 12]
エグゼイドアーマー
エグゼイドライドウォッチを使用して変身する、エグゼイド アクションゲーマー レベル2の力を宿した派生形態。カラーリングはピンク・蛍光グリーン・銀。
変身音声は「アーマータイム!レベルアップ!エグゼイド!」。
複眼に「エグゼイド」の文字がある。
ガシャコンブレイカーを模した武器ガシャコンブレイカーブレイカーを両腕に装備して打撃を行う。エグゼイドと同様に、攻撃をヒットさせると文字が出るが、原典が「HIT!」と英字表記なのに対し、こちらは「ヒット!」とカタカナ表記になる。
フォーゼアーマー
フォーゼライドウォッチを使用して変身する、フォーゼ ベースステイツの力を宿した派生形態。カラーリングは白・オレンジ。
変身音声は「アーマータイム!3!2!1!フォーゼ!」。
複眼に「フォーゼ」の文字がある。
両腕のブースターモジュールで空中を自在に飛行できる他、アーマーの各部を変形・移動させることでロケットモードになる。
ロケットモードに変形するため、他のアーマーとはパーツ構成が異なっている[27]
オーズアーマー
オーズライドウォッチを使用して変身する、オーズ タトバコンボの力を宿した派生形態。カラーリングは赤・黄・緑。3体のアニマルが出現し、頭部にタカ、上半身にトラ、脚部にバッタを装着する。
変身音声は「アーマータイム!タカ!トラ!バッタ!オーズ!」。
複眼に「オーズ」、胸部に「タカ」「トラ」「バッタ」の文字がある。
右腕に装備したトラクローZで攻撃する他、脚部は強力な跳躍力を持つ。各アニマルモードは装着前に敵に攻撃を仕掛けることもできる。
鎧武アーマー(ガイムアーマー)
鎧武ライドウォッチを使用して変身する、鎧武 オレンジアームズの力を宿した派生形態。頭上にアームズを召喚し装着する。
変身音声は「アーマータイム!ソイヤー!鎧武!」。名乗り口上は「花道で、オンパレードだぁ」。
複眼に「ガイム」の文字がある。
武器はオレンジの剣、大橙丸Zの二刀流。
スペック
名称 身長 体重 パンチ力 キック力 ジャンプ力
(ひと跳び)
走力
(100m)
その他の数値 初登場
仮面ライダージオウ 200㎝ 92kg 8.2t 19t 30.2m 5秒 劇場版ビルド
第1話
ビルドアーマー 108kg 10.1t 23.5t 37.5m 4.0秒 劇場版ビルド
第2話
エグゼイドアーマー 204.8㎝ 110.6kg 10.8t 24.4t 43.1m 4.2秒 第4話
フォ-ゼアーマー 202.7㎝ 142.2kg 20.2t 19.8t 26.6m 6.3秒 飛行速度:49000km/h 第5話
オーズアーマー 202.0㎝ 116.0kg 13.1t 26.1t 92.4m 4.7秒 第10話
鎧武アーマー 207.0㎝ 128.5kg 10.6t 25.1t 24.2m 5.4秒 第11話
ツール・武器
ジカンギレード
専用装備。ケンモードとジュウモードの2つのモードに変形する。スロットにライドウォッチを装填し、トリガーを引くことで必殺技が発動する。
ケンモード
メインとなる剣形態。刀身に「ケン」の文字がある。出現時には「ケン!」の音声が鳴る。
ジュウモード
銃形態。銃身に「ジュウ」の文字がある。変形時には「ジュウ!」の音声が鳴る。
アップ用プロップは、刀身展開ギミックを仕込んでいる[19]
必殺技
タイムブレーク
敵の周囲に「キック」の文字を展開した後、右足の足裏に文字を集束させて飛び蹴りを叩き込む。
ボルテックタイムブレーク
ビルドアーマー時に使用。1次関数のグラフを出現させて、滑走しながらドリルクラッシャークラッシャーで貫く。グラフで敵を拘束する場合もある。
クリティカルタイムブレーク
エグゼイドアーマー時に使用。実体化した「クリティカルタイムブレイク」のロゴで直接攻撃し、最後にロゴの文字をガシャコンブレイカーブレイカーに収束させて連続で叩く。
リミットタイムブレーク
フォーゼアーマー時に使用。ロケットモードに変形し体当たりをして宇宙まであがり、『宇宙ロケットキリモミキック』を放つ。その場で『ロケットキリモミキック』を放つことも可能。
スキャニングタイムブレーク
オーズアーマー時に使用。空中に飛び3つのオーメダルを浮かび上がらせてタトバキックを放つ。
スカッシュタイムブレーク
鎧武アーマー時に使用。2振りの大橙丸Zで斬りつける。倒される時にオレンジが切れるエフェクトが現れる。
ギリギリスラッシュ
ジカンギレード ケンモードにライドウォッチを装着し、「フィニッシュタイム!」の音声が流れ「○○(装填したライドウォッチ)!ギリギリスラッシュ!」の音声と共に発動する[ep 1]
ジオウライドウォッチ
時計のエフェクトと共に敵を切り裂く。
ギリギリ斬り
ジカンギレード ケンモード通常必殺技。
スレスレシューティング
ジカンギレード ジュウモードにライドウォッチを装着し、「フィニッシュタイム!」の音声が流れ「○○(装填したライドウォッチ)!スレスレシューティング!」の音声と共に発動する。
フォーゼライドウォッチ
フォーゼアーマー時に使用。ロケットモジュール型のエネルギー弾を形成し発射する。
スレスレ撃ち
ジカンギレード ジュウモード通常必殺技。「ジュウ」のエフェクトと共にエネルギー弾を放つ。
ライダーロケットパンチ[28]
フォーゼアーマー時に使用。一回転をした後にブースターの衝撃でパンチを浴びせる。

仮面ライダーゲイツ

明光院ゲイツが変身する仮面ライダー。複眼や足裏、装備など内は各形態に共通して黄色いひらがな文字がデザインされている。

  • 「ゲイツ」は英語で門を指し、古代文明では王を門と呼ぶことがある[注釈 13][16]
フォーム
通常形態
ゲイツライドウォッチを使用して変身する基本形態。カラーリングは赤・黒・黄色。
変身音声は「ライダータイム!仮面ライダーゲイツ![26]
複眼に「らいだー」の文字がある。
デザインモチーフはミリタリー系デジタル腕時計である[29]。ボディ中央部ミッドバンドライナーRのディテールは、ラバーベルトを模している[29]。ボディ部分のデザインはジオウと共通である[29]
ゴーストアーマー
ゴーストライドウォッチを使用して変身する、ゴースト オレ魂の力を宿した派生形態。カラーリングは赤・黒・オレンジ。
変身音声は「アーマータイム!カイガン!ゴースト![30]
複眼に「ごーすと」の文字がある。
両肩のゴースト眼魂型装甲眼魂ショルダーからパーカーゴースト(オレ、ムサシ、ニュートン、エジソンの4体)を召喚するほか、空中を浮遊できる。
ドライブアーマー
ドライブライドウォッチを使用して変身する、ドライブ タイプスピードの力を宿した派生形態。カラーリングは赤・黒。
変身音声は「アーマータイム!ドライブ!ドライブ!」。
複眼に「どらいぶ」の文字がある。
高速移動のほか、両腕からシフトスピードを模したサポートメカシフトスピードスピードを射出できる。
ビルドアーマー
ビルドライドウォッチを使用して変身する、ビルド ラビットタンクフォームの力を宿した派生形態。カラーリングは赤・青・黒。
変身音声は「アーマータイム!ベストマッチ!ビルド!」。
複眼に「びるど」の文字がある。
ジオウ同様に「ドリルクラッシャークラッシャー」を右腕に装備して突貫攻撃を行う。
ファイズアーマー
ファイズライドウォッチを使用して変身する、仮面ライダーファイズの力を宿した派生形態。肩アーマーはファイズフォンを模した[31]フォンギアショルダーとなっている。
変身音声は「アーマータイム!コンプリート!ファイズ!」。
複眼に「ふぁいず」の文字がある。
武器はファイズフォンXで、「555 ENTER」のコードを入力することでポインター555やファイズショットなどの拡張デバイスギア555を出現させる。
ファイズショットのプロップは新規造形である[31]
ウィザードアーマー
ウィザードライドウォッチを使用して変身する、ウィザード フレイムスタイルの力を宿した派生形態。
変身音声は「アーマータイム!プリーズ!ウィザード!」。
複眼に「うぃざーど」の文字がある。
魔動力を動力源とし、魔法陣が変形した魔動力増幅器エングレイブドカタリスターによって円形の誘導サーキットを任意の場所に展開して、魔動力を増幅・収束させて効果を最大化させる。
ゲンムアーマー
ゲンムライドウォッチを使用して変身する、ゲンム アクションゲーマー レベル2の力を宿した派生形態。
変身音声は「アーマータイム!レベルアップ!ゲンム!」。
複眼に「げんむ」の文字がある。
エグゼイドアーマーに酷似しているが、色はゲンムに準拠しており、両腕の武装が存在しない。トリックフライホイールに似たエネルギー波を飛ばすことが可能。
スペック
名称 身長 体重 パンチ力 キック力 ジャンプ力
(ひと跳び)
走力
(100m)
初登場
仮面ライダーゲイツ 194.5cm 92kg 8.5t 18.7t 30m 5.2秒 第1話
ゴーストアーマー 202.2cm 108kg 10.5t 23.2t 37.2m 4.7秒
ドライブアーマー 198.8cm 109.5kg 11.1t 23.8t 36.8m 5.0秒
加速時:1.2秒(100m)
第3話
ビルドアーマー 198.2cm 108.0kg 10.5t 23.2t 37.2m 4.2秒 第5話
ファイズアーマー 198.5cm 109.0kg 10.7t 23.1t 38.4m 4.4秒 第6話
ウィザードアーマー 198.1cm 124.0kg 8.9t 19.8t 32.7m 5.0秒 第8話
ゲンムアーマー 204.8cm 110.6kg 9.5t 23.2t 40.2m 4.5秒 第9話
ツール・武器
ジカンザックス
専用装備。おのモードとゆみモードの2つのモードに変形する。スロットにライドウォッチを装填し、トリガーを引くことで必殺技が発動する。
ザックスはスレートに穴を開ける工具であり、時空をざっくりと穿つ道具であることを意味している[29]
アップ用プロップは変形ギミックを備えている[29]
おのモード
斧形態。先端部分に「おの」の文字がある。出現時には「Oh!No!」の音声が鳴る。
ゆみモード
弓形態。矢尻部分に「ゆみ」の文字がある。変形時には「You!Me!」の音声が鳴る。後部の引き金を引くことでエネルギーの矢を飛ばす。
必殺技
タイムバースト
空中に跳び上がった後、自身と敵の間に現れる「らいだー」と「きっく」の文字を突進しながら頭部と右足の足裏に収束させ、跳び蹴りを叩き込む。また、ライドストライカーに搭乗したまま回転し、体当たりする場合もある。
オメガタイムバースト
ゴーストアーマー時に使用。パーカーゴーストを収束させてそのエネルギーを右足に纏わせ、跳び蹴りを叩き込む。
ヒッサツタイムバースト
ドライブアーマー時に使用。高速移動しつつ、連続で体当たりする。
ボルテックタイムバースト
ビルドアーマー時に使用。関数のグラフで相手を縛り、キックで倒す。ジオウとは違い、原典のボルテックフィニッシュ同様の数式と放物線が出現する。
エクシードタイムバースト
ファイズアーマー時に使用。ファイズフォンXに「555 ENTER」のコードを入力することで「レディ!ポインターオン!」の音声とともに「ポインターモード」となり右足にポインター555を装着、射出・展開したポインティングマーカーで相手を止め、キックを放ち、敵の分子構造を分断・破壊する。
ストライクタイムバースト
ウィザードアーマー時に使用。空中に浮きあがり、魔法陣を通過した右足を巨大化させ、敵を踏み潰すようにキックを放つ。
クリティカルタイムバースト
ゲンムアーマー時に使用。敵を中心に高速回転し、周囲の敵および中心の敵に高速のキックを放つ。
ギワギワシュート
ジカンザックス ゆみモードにライドウォッチを装着し、「フィニッシュタイム!」の音声が流れ、「○○(装填したライドウォッチ)!ギワギワシュート!」の音声と共に発動する。
クローズライドウォッチ
クローズドラゴン・ブレイズを模したエネルギー体を飛ばす。
キワキワ撃ち
ジカンザックス ゆみモード通常必殺技。
ザックリカッテイング
ジカンザックス おのモードにライドウォッチを装着し、「フィニッシュタイム!」の音声が流れ、「○○(装填したライドウォッチ)!ザックリカッテイング!」の音声と共に発動する。
ゲイツライドウォッチ
時計のエフェクトと共に周囲の敵をなぎ払う。
ウィザードザックリカッテイング(ウィザードライドウォッチ時)[28]
ウィザードアーマー時に使用。おのモードを振り回して巨大化させて敵を斬る。または刃に炎を纏わせて攻撃する。
ザックリ割り
ジカンザックス おのモード通常必殺技。カウントの後に周囲の敵を斬る。
グランインパクト[28]
ファイズアーマー時に使用。ファイズフォンXに「555 ENTER」のコードを入力することで「レディ!ショットオン!」の音声とともに「ショットモード」となり右拳にファイズショットを装着、敵にパンチを打ち込む。

過去の作品より登場

『仮面ライダービルド』より登場
仮面ライダービルド ラビットタンクフォーム
仮面ライダークローズ
『仮面ライダーエグゼイド』より登場
仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマー レベル2
仮面ライダーブレイブ クエストゲーマー レベル2
『仮面ライダーフォーゼ』より登場
仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ
『仮面ライダー555』より登場
仮面ライダーファイズ
『仮面ライダーウィザード』より登場
仮面ライダーウィザード フレイムスタイル/ウォータードラゴン
仮面ライダービースト
『仮面ライダーオーズ』より登場
仮面ライダーオーズ タトバコンボ
『仮面ライダー鎧武』より登場
仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ

その他

オーマジオウ

EP01から登場。 現代(2018年)から50年後の2068年の世界で君臨する『時の王者』。力と恐怖によって人々を苦しめ希望のない世界を創り出した。ツクヨミや明光院ゲイツによれば「常磐ソウゴの未来の姿」とされており、レジスタンス勢力からは「最低最悪の魔王」と呼ばれている。

外見は現代(2018年)のソウゴが変身するジオウに酷似しているが、EP01での戦闘においてはライドウォッチ等のアイテムや武器は一切使用せずに、手を握っただけで爆発を起こす、手を振りかざしただけで向かってきた大量のミサイルを空中で静止させる、襲いかかってくる大量のタイムマジーンを手を触れずに投げ飛ばす、最後には念じただけでレジスタンスの人間、ミサイル、タイムマジーンを黒い粒子状にして消し去ってしまうなど人知を超越した力を持っており、ツクヨミやゲイツのいたレジスタンスを壊滅させた。 その力の強大さから、オーマジオウ以外の新しい時の王者を擁立しようと暗躍しているタイムジャッカーからも「化物じみた強さ」だと恐れられている[ep 5]

カラーリングは金・黒。額には「カメン」の文字とその周囲に「王」の文字が、複眼には赤い「ライダー」の文字がデザインされている。背中には時計の短針と長針をモチーフにした白いパーツが装着されている。 「オーマジオウ」のオーマは「魔王(マオウ)」のアナグラムである[16]

関連用語・アイテム

ライドウォッチ
本作品における仮面ライダーの変身用アイテム[17]で戦士への変身などに用いられるウォッチデバイス。戦兎曰く「今の技術(ビルドが存在した2017年の時点)じゃ作れない」ものらしい。
ブランクとバイクを除き、文字盤に相当する部位には共通して、スリープ状態ではそのライダーが活躍した西暦とライダーズクレストが記されており、ベゼルを右側に90度回し、天面の起動スイッチを押すことでそのライダーの顔を模した絵柄が表示されたアクティブ状態となる。
ライダーの力を秘めたライドウォッチは2018年にてライダーの変身者やその関係者からソウゴたちに渡される。その後、訪れた過去の時空でソウゴがブランクウォッチを当時の変身者に渡すことでそのウォッチがライダーの力を宿したものに変化して2018年でソウゴたちに渡る流れとなる。
撮影用プロップは、役者用とライダー用でサイズが異なっている[19]
対応西暦 名称 所持者 初登場話 備考
なし ブランクウォッチ[32] ソウゴ
ゲイツ
第1話 機能を持たない、空のライドウォッチ。
なし バイク[32] ソウゴ
ゲイツ
第2話 バイク・ライドストライカーに変形するライドウォッチ。
2018 ジオウ[32] ソウゴ 第1話 出自は不明だが、ソウゴが手にしたブランクウォッチが、彼がジオウになることを決意したことで変化した。
2068 ゲイツ[32] ゲイツ 第1話 ゲイツが第1話時点で所持していた。
2015 ゴースト[32] ゲイツ 第1話 ゲイツが第1話時点で所持していた。
2017 ビルド[32] ソウゴ 第2話 戦兎の手にしたブランクウォッチが変化した。
2017 クローズ[32] 戦兎 『ビルド』最終話 『ビルド』最終話での登場。新世界で戦兎が手にしていた。
ゲイツ[32] 第2話 龍我が手にしたブランクウォッチが変化した。
龍我から託されたソウゴが後にゲイツに手渡している。
2014 ドライブ[32] ゲイツ 第3話 ゲイツが第1話時点で所持していた。
2016 エグゼイド[32] ソウゴ 第4話 永夢がソウゴに託した。
2011 フォーゼ[32] ソウゴ 第5話 弦太朗から託された大杉がソウゴに託した。
2003 ファイズ[32] ゲイツ 第6話 巧から託されたソウゴがゲイツに手渡している。
2012 ウィザード[32] ゲイツ 第8話 昔ゲイツから渡されたものだと語り、攻介がゲイツに託した。
2012 ビースト[32] 攻介 第8話 攻介が昔ゲイツから渡されたものだと語っている。
2016 ゲンム[32] ゲイツ 第9話 黎斗が落としたのをゲイツが拾う。
2010 オーズ[32] ソウゴ 第10話 映司がソウゴに託した。
タジャドルコンボ[32]
2013 鎧武[32] ソウゴ 第11話 紘汰がソウゴに託した。
アナザーウォッチ
タイムジャッカーが所有するアイテム。ブランクウォッチを契約者の体内に埋め込むことで仮面ライダーの力を宿したものに変化し、天面の起動スイッチを押した後に再度契約者の体内に埋め込むことで契約者がアナザーライダーとなる。
アナザーライダーが下記の条件下で倒されると自壊する。
対応西暦 ライダー名 契約者 接触したタイムジャッカー 初登場話
2017 アナザービルド[32] バスケ選手 ウール 第1話
2016 アナザーエグゼイド[32] 飯田 オーラ 第3話
2011 アナザーフォーゼ[32] 佐久間 スウォルツ 第5話
2003 アナザーファイズ[32] オーラ 第6話
2012 アナザーウィザード[32] 早瀬 ウール

オーラ
第7話
2010 アナザーオーズ[32] 檀黎斗 ウール 第9話
2013 アナザー鎧武[32] アスラ スウォルツ 第11話
アナザーライダー
タイムジャッカーが契約した人間を変貌させて生み出す時の王者候補の仮面ライダーで、本作品における敵怪人にあたる。本来の仮面ライダーの変身者と違って仮面ライダーになる力が足りない為、仮面ライダーに酷似した力と外見を持ちながらも禍々しく歪んだ姿となる。また、胸部や背中などには元となったライダー名の英字表記とそのライダーが活躍した西暦が刻まれている。
作中世界ではタイムジャッカーがアナザーライダーを生み出すと、アナザーライダーが正規のライダーとして扱われる。そのため同じライダーの力は同じ時間に共存できず、変身者だけではなく歴史そのものが変わってしまう[注釈 14][注釈 15]。また、アナザーライダーは同じライダーの力[注釈 16]でしか倒せない[33]ため、条件を満たしてない場合は倒してもその都度復活してしまう。
タイムジャッカーと契約してアナザーライダーとなった人間は、それまでの記憶・理性を失うわけではないが、「自らの望み・欲望を実現させる」ことを最優先に行動するため、時には他者に危害を加えることも厭わない。
タイムジャッカーが契約者として選ぶ人物は、本来なら本人の望まない結末を迎えるはずだった者[注釈 17]であり、その運命を少しだけ変え回避させることと引き換えに契約させアナザーウォッチを体に埋め込み、アナザーライダーに変身させてしまう。これはいつか全時空のライダーたちが争い、王を決める戦いのための候補者となるらしい[34]。複数のタイムジャッカーが違う時代で同じ相手と契約を結ぶことも可能であり[ep 8][ep 10]、別のタイムジャッカーが再度アナザーウォッチを起動させることも可能。
アナザーライダーには「特定の共通点を持った相手を襲う」という共通点がある[ep 8]
光ヶ森高等学校ひかりがもりこうとうがっこう
主人公・常磐ソウゴが通っている高校。
EP03からは、周囲に対する身分証明とソウゴの監視をするためゲイツとツクヨミが「転入生」として通うこととなるが、籍を置いているだけで実際の授業は受けていない。
2068年の世界
ゲイツとツクヨミが元々暮らしていた世界で、オーマジオウとツクヨミらレジスタンスの大規模な戦いが繰り広げられていた。
EP01では「18歳のソウゴ」と瓜二つの青年がジオウに変身する時のポーズを象った「常磐ソウゴ初変身の像」とクウガからビルドまでの歴代平成仮面ライダーの石像、中央に片仮名で「ライダー」と書かれた巨大な時計のような石のモニュメントが映っている。
時計堂クジゴジ堂
常磐順一郎が経営する時計店。ソウゴが住んでいるほか、ゲイツやツクヨミも居候する。
店内にはビルドの秘密基地にあった壁時計など各レジェンドライダー由来のプロップが並べられている[35]

キャスト

レギュラー・準レギュラー

主演の奥野は4作連続の「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の受賞者かつ、初の2000年代生まれのライダー主演俳優となった[36]。奥野の起用についてテレビ朝日側チーフプロデューサーの佐々木基は、10年以上になるバレエダンサーとしての経験からくる身のこなしの軽さと美しさ、そして浮世離れしたオーラ・存在感が、時をかける高校生という設定に非常に合致していたと言及している[25]。また東映プロデューサーの白倉伸一郎は、「王としての素質」を体現する若者を見つけることは難しいと考えていたが、普通の18歳とは異なる視点で世の中を見ている奥野の「非日常感」がこれに相応しく、運命的な出会いであったと述べている[10]

オーラ役の紺野は本作品が連続ドラマ初レギュラーとなる[37]

声の出演

  • ナレーション - 藤野直彦
  • ジクウドライバー関連アイテム音声[39]、OPナレーション、オーマジオウ - 小山力也
  • ジクウドライバー関連アイテム音声 - 大西洋平[39]

友情出演

アナザーライダーの変貌者は太字で示す。二重鉤括弧は、過去に同じ役柄で出演した作品名を示す。

ゲスト

アナザーライダーの変貌者は太字で示す。過去の平成仮面ライダーシリーズと同じ役柄で出演した役者は、二重鉤括弧で出演した作品名を示す。

スーツアクター

スタッフ

本作品のプロデューサーはテレビシリーズとしては『仮面ライダーディケイド』以来の白倉伸一郎[55]、『仮面ライダー鎧武/ガイム』以来の武部直美が担当する[55]。白倉は自身が登板した理由について、レジェンドを扱う作品には様々な綱渡りが必要となることから、それを他人に背負わせるのは忍びなかった[9]、また自身が担当することが会社にとって一番痛みが少ないと考えたこと[10]などを挙げている。

メインライターは、『仮面戦隊ゴライダー』を手がけ、本作品がテレビシリーズ初参加となる下山健人が担当する[55]。白倉は、本作品の制作にはシリーズの知識を持ちつつ全体を俯瞰する視点が必要と考え、シリーズ初参加でありかつ東映での実績のある下山を起用したことを述べている[9][10]。他に仮面ライダーシリーズへの参加は『仮面ライダーゴースト』以来となる毛利亘宏も第9話から参加する[56]

パイロット監督は『仮面ライダービルド』から引き続き竜太[55]、クリーチャーデザインは『仮面ライダーオーズ/OOO』以来の出渕裕[55]のほか、前作『仮面ライダービルド』から引き続き篠原保が担当する[57][58]。また、劇伴音楽については平成仮面ライダーシリーズ第1作『仮面ライダークウガ』を担当し、仮面ライダーシリーズへの参加は『仮面ライダー電王』以来となる佐橋俊彦[55]が担当する。

音楽

主題歌「Over "Quartzer"」[59]
作詞 - Shuta Sueyoshi、溝口貴紀 / 作曲 - MiNE、Atsushi Shimada/ 編曲 - Atsushi Shimada / 歌 - Shuta Sueyoshi feat. ISSA[60]
主題歌は『仮面ライダー電王』で「AAA DEN-O form」の1人として「Climax Jump」を歌唱した末吉秀太と『仮面ライダー555』で「Justiφ's」を歌唱したISSAによるスペシャルユニット「Shuta Sueyoshi feat. ISSA」が担当する[59]

放送日程

  • 話数のカウントは「EP〇」と表記。
  • サブタイトルは「(用語)(西暦)」という形式になっている。
  • 本編終了時には各話ごとに関係するライドウォッチが表示される。
放送日 話数 サブタイトル 登場怪人[注釈 24] 脚本 監督
2018年09月02日 EP01 キングダム2068
  • アナザービルド
  • ストロングスマッシュハザード(EP01)
下山健人 竜太
9月09日 EP02 ベストマッチ2017
9月16日 EP03 ドクターゲーマー2018
  • アナザーエグゼイド
  • アランブラバグスター(EP04)
  • バグスターウイルスA(EP04)
中澤祥次郎
9月23日 EP04 ノーコンティニュー2016
9月30日 EP05 スイッチオン!2011
  • アナザーフォーゼ
  • アナザーファイズ
  • スコーピオン・ゾディアーツ(EP05)
  • エレファントオルフェノク(EP06)
坂本浩一
10月7日 EP06 555・913・2003
10月14日 EP07 マジック・ショータイム2018
  • アナザーウィザード
  • フェニックス(EP08)
諸田敏
10月21日 EP08 ビューティ&ビースト2012
10月28日 EP09 ゲンムマスター2016
  • アナザーオーズ
  • 屑ヤミー
  • ネコヤミー(EP10)
毛利亘宏 柴崎貴行
[注釈 25]11月11日 EP10 タカとトラとバッタ2010
11月18日 EP11 ジオウ・オン・パレード2018
  • アナザー鎧武
  • 初級インベス
上堀内佳寿也

他媒体展開

テレビシリーズ

仮面ライダービルド
最終話において、クローズライドウォッチが先行登場。

映画作品

劇場版 仮面ライダービルド Be The One』(2018年8月4日公開)
前作『ビルド』の単独作品。テレビシリーズの放送開始に先駆け、ジオウ(通常形態とビルドアーマー)とタイムマジーン・バトルモードが登場。
『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』(2018年12月22日公開予定)
本作品と『ビルド』をメインとしたクロスオーバー作品。

Webムービー

『仮面ライダージオウ変身講座』
YouTubeバンダイ公式チャンネルで配信の変身解説動画。
話数 サブタイトル 紹介する戦士 配信日
第1話 ジオウ編 仮面ライダージオウ
仮面ライダージオウ ビルドアーマー
2018年
9月11日
第2話 ゲイツ編 仮面ライダーゲイツ
仮面ライダーゲイツ ゴーストアーマー
今からでもわかる仮面ライダージオウ
2018年9月29日より東映特撮YouTube Officialで配信の解説動画。ウォズがストーリーを解説する。
話数 タイトル 紹介話 配信日
第1話 今からでもわかる仮面ライダージオウ 第1 - 5話 2018年
9月29日
第2話 今からでもわかる仮面ライダージオウ2 第5 - 9話 11月3日

スピンオフ

『仮面ライダージオウ 補完計画』
2018年9月2日より東映特撮ファンクラブにて配信される、テレビシリーズと連動した朗読劇スタイルのスピンオフ。
  • 原作 - 石ノ森章太郎
  • プロデュース - 白倉伸一郎、武部直美、小出大樹
  • 演出 - 大峯靖弘
  • 編集 - 大畑英亮
  • 制作 - 東映テレビ・プロダクション
  • 製作 - 東映特撮ファンクラブ
放送日 放送回 サブタイトル 出演
2018年09月02日 #1.5 ネーミングの謎 常磐ソウゴ、ツクヨミ、明光院ゲイツ、ウォズ
9月09日 #2.5 世界のルール 常磐ソウゴ、桐生戦兎、万丈龍我
9月16日 #3.5 王位なるネタバレ 常磐ソウゴ、ツクヨミ、明光院ゲイツ、オーラ、宝生永夢
9月23日 #4.5 Aレジェンドたちの告白 常磐ソウゴ、ツクヨミ、明光院ゲイツ、宝生永夢、鏡飛彩
9月30日 #5.5 トキワ荘ゴと謎電話 常磐ソウゴ、ツクヨミ、明光院ゲイツ
10月7日 #6.5 フォーゼ555の秘密 常磐ソウゴ、ツクヨミ、明光院ゲイツ、乾巧、草加雅人
10月14日 #7.5 最悪のブラックは誰だ 常磐ソウゴ、ツクヨミ、明光院ゲイツ、ウォズ
10月21日 #8.5 恐怖のタイムパラドックス! 明光院ゲイツ、仁藤攻介
10月28日 #9.5 王と神とオトナ 常磐ソウゴ、檀黎斗、ウォズ
11月11日 #10.5 モーリとシモヤマ 常磐ソウゴ、ツクヨミ、明光院ゲイツ
11月18日 #11.5 謎の95DO! 常磐ソウゴ、ツクヨミ、ウォズ

ゲーム作品

仮面ライダー クライマックススクランブル ジオウ
Nintendo Switch用対戦アクションゲーム。2018年11月29日発売予定。ライダーシリーズとしてはSwitch初のタイトルとなる[61]
仮面ライダーバトル ガンバライジング
データカードダス。ボトルマッチ6弾でジオウ先行参戦、ライダータイム1弾よりライドウォッチ連動。
『仮面ライダー ブットバソウル』
くじガシャポン。ホット01弾より参戦。
『ナレルンダー! 仮面ライダービルド』
Kinect使用のなりきりゲーム。バージョンアップ第5弾。2018年9月27日よりアップデート。
バトルスピリッツ
カードゲーム。コラボブースター『仮面ライダー 疾走する運命』で参戦。
仮面ライダー バトルラッシュ
スマートフォンアプリゲーム。
仮面ライダー シティウォーズ
スマートフォンアプリゲーム。

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 白倉は、視聴率の低下自体は『ビルド』単独の問題ではなく、少子化を原因としてシリーズが長く抱えている問題であるとしている[9]
  2. ^ メインライターの下山健人は、レジェンドに対して敬語を使わないという具体的な指示があったことを証言している[13]
  3. ^ 江戸時代の銭貨など。
  4. ^ 本来の時計の修理は三月に一回だけである[ep 2]
  5. ^ 初めてタイムジャッカーのウールにソウゴが会った時にこのセリフを引用している[ep 4]
  6. ^ 同じタイムジャッカーやジオウ、ゲイツの場合、時間を止められても意識のみは影響無く動く。
  7. ^ アーマー装着時に左側に装填したライドウォッチのスイッチを押すと、「○○(装填したライドウォッチ)!」の音声が流れる。
  8. ^ フェイスモジュールはゲイツ、胴体にひらがなで「ろぼ」と表記
  9. ^ フェイスモジュールはジオウ、胴体にカタカナで「ロボ」と表記
  10. ^ 文字を強調したデザインであることから「文字の王」と解釈する向きもあるが、田はこれを否定している[11]
  11. ^ 英字表記の「ZI-O」を「2(×)10」に見立てている[11]
  12. ^ ただしソウゴが理系全般に弱い為、「よくわからない式」や「理解不能」、「むずかしい数式」などといったあやふやな文字が発生する。
  13. ^ 古代エジプト王国のファラオは「大いなる門」を意味し、日本の天皇を「御門(ミカド)」と呼ぶことがある。
  14. ^ 例えば桐生戦兎はビルドでは無くなったために葛城巧(容姿以外)の人格と記憶に戻った。ただし、アナザーライダーが一時的にでも消滅した場合には記憶や変身能力が戻ることもある[ep 4]
  15. ^ アナザーライダーが出現していても歴史の改変が起きていない場合、本来の変身者はライダーとしての能力や記憶は失わないが、短時間しかライダーに変身できない[ep 9]
  16. ^ アナザーエグゼイドならエグゼイド本人の力やその力を宿したエグゼイドアーマー。
  17. ^ 例えばアナザービルドに変身したバスケ選手の場合、本来の歴史では自動車に撥ねられてバスケが出来ない体になることが仄めかされている。
  18. ^ 第2話のクレジットではNEXTレジェンド「?」と表記。
  19. ^ 第8話のクレジットではNEXTレジェンド「?」と表記。
  20. ^ 第10話のクレジットではNEXTレジェンド「?」と表記。
  21. ^ ノンクレジット
  22. ^ 『MOVIE大戦アルティメイタム』では「中澤兼利」名義。
  23. ^ 振り付け・ダンス指導も担当[51]。オープニングクレジットでは「ダンス指導」表記。
  24. ^ 太字は本作のエピソードのメイン怪人を示す。
  25. ^ 11月4日は「第50回全日本大学駅伝」(テレビ朝日・メ〜テレ共同制作)放送のため休止。

参照話数

  1. ^ a b c d e f g h i j 第1話
  2. ^ a b c d e f 第7話
  3. ^ 第8話
  4. ^ a b c d e f g h i 第2話
  5. ^ a b c d e f g 第3話
  6. ^ a b 第10話
  7. ^ a b c 第11話
  8. ^ a b c d e 第5話
  9. ^ 第4話
  10. ^ 第6話

出典

  1. ^ 仮面ライダージオウ”. 東映 (2018年7月26日). 2018年7月26日閲覧。
  2. ^ “仮面ライダージオウ:モチーフは時計 顔に「カメン」「ライダー」の文字…”. マイナビニュース. (2018年7月26日). https://news.mynavi.jp/article/20180726-669775/ 2018年7月26日閲覧。 >
  3. ^ 最新にして最後の平成ライダー!祝え、次代の王の誕生を。平成仮面ライダー20作品記念 仮面ライダージオウ!”. テレビ朝日. 2018年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月1日閲覧。
  4. ^ メインビジュアル”. BANDAI. 2018年8月1日閲覧。
  5. ^ プロモ”. 東映ヒーローネット. 2018年9月6日閲覧。
  6. ^ 新番組みどころとプロデューサー・監督コメントをご紹介!|ニュース|仮面ライダージオウ”. テレビ朝日 (2018年8月8日). 2018年8月31日閲覧。
  7. ^ a b 仮面ライダージオウ 第1話 キングダム2068”. 東映 (2018年8月26日). 2018年8月31日閲覧。
  8. ^ 新番組「仮面ライダージオウ」9月2日(日)より放送スタート!”. 東映 (2018年7月26日). 2018年7月26日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i 東映HM58 2018, pp. 56-59, 「PRODUCER INTERVIEW 白倉伸一郎
  10. ^ a b c d e f g h i j 宇宙船162 2018, pp. 40-41, 「[インタビュー]白倉伸一郎
  11. ^ a b c d e f 東映HM58 2018, pp. 60-63, 「KAMEN RIDER ZI-O MAIN STAFF INTERVIEW 竜太
  12. ^ 新番組「仮面ライダージオウ」モチーフは時計!歴代平成仮面ライダーの力で戦う”. 映画ナタリー (2018年7月28日). 2018年7月26日閲覧。
  13. ^ a b 宇宙船162 2018, pp. 42-43, 「[インタビュー]下山健人
  14. ^ 仮面ライダージオウ 補完計画 5.5話東映特撮ファンクラブ 2018年9月30日
  15. ^ a b 宇宙船162 2018, pp. 38-39, 「[インタビュー]押田岳
  16. ^ a b c d 仮面ライダージオウ 補完計画 1.5話 ネーミングの謎
  17. ^ a b “『仮面ライダージオウ』変身ベルト「ジクウドライバー」の詳細が明らかに”. マイナビニュース. (2018年8月1日). https://news.mynavi.jp/article/20180801-672672/ 2018年8月27日閲覧。 
  18. ^ a b ジクウドライバー|仮面ライダージオウ|テレビ朝日”. テレビ朝日. 2018年9月2日閲覧。
  19. ^ a b c d e 宇宙船162 2018, pp. 14-19, 「ディテール・オブ・ヒーローズ特別編 第43回 仮面ライダージオウ」
  20. ^ 宇宙船162 2018, pp. 29、44.
  21. ^ ファイズフォンX|仮面ライダージオウ|テレビ朝日”. テレビ朝日. 2018年9月2日閲覧。
  22. ^ a b 東映HM58 2018, pp. 4-5, CHARACTER FILE_SIDE:仮面ライダージオウ
  23. ^ タイムマジーン|仮面ライダージオウ|テレビ朝日”. テレビ朝日. 2018年9月2日閲覧。
  24. ^ パンフレット8 2018, 「仮面ライダージオウ」.
  25. ^ a b 仮面ライダー&スーパー戦隊シリーズCPが明かす、“覚悟”と“これから” (2/2)”. ザテレビジョン (2018年9月1日). 2018年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月5日閲覧。
  26. ^ a b DXジクウドライバー&ライドウォッチホルダーセット”. 仮面ライダーおもちゃウェブ. 2018年9月2日閲覧。
  27. ^ 宇宙船162 2018, pp. 24-25, 「ディテール・オブ・ヒーローズ特別編 第43回 仮面ライダージオウ フォーゼアーマー」.
  28. ^ a b c 今からでも分かる仮面ライダージオウ2[公式]YouTube 2018年11月3日
  29. ^ a b c d e 宇宙船162 2018, pp. 20-23, 「ディテール・オブ・ヒーローズ特別編 第43回 仮面ライダーゲイツ」
  30. ^ DXライドウォッチホルダー”. 仮面ライダーおもちゃウェブ. 2018年9月2日閲覧。
  31. ^ a b 宇宙船162 2018, pp. 28-29, 「ディテール・オブ・ヒーローズ特別編 第43回 仮面ライダーゲイツ ファイズアーマー」
  32. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y ライドウォッチ”. テレビ朝日. 2018年9月2日閲覧。
  33. ^ 仮面ライダージオウ 補完計画 2.5話東映特撮ファンクラブ 2018年9月9日
  34. ^ 仮面ライダージオウ 補完計画 3.5話東映特撮ファンクラブ 2018年9月16日
  35. ^ 仮面ライダージオウ 補完計画 11.5話
  36. ^ 仮面ライダー:新作「ジオウ」主演に奥野壮 4作連続でジュノンボーイ MANTANWEB 2018年8月7日
  37. ^ 芸歴19年の19歳・紺野彩夏「仮面ライダージオウ」でドラマ初レギュラー スポーツ報知 2018年8月19日
  38. ^ a b c d e f g h i j k l キャスト”. 仮面ライダージオウ. テレビ朝日 (2017年8月7日). 2018年8月10日閲覧。
  39. ^ a b 仮面ライダージオウのおもちゃ情報第2弾!ジクウドライバーの声優は・・・”. 仮面ライダーおもちゃウェブ (2018年8月10日). 2018年8月10日閲覧。
  40. ^ a b “『仮面ライダージオウ』に『555』から乾巧と草加雅人が参戦決定!”. マイナビニュース. (2018年8月28日). https://news.mynavi.jp/article/20180830-686061/ 2018年8月28日閲覧。 
  41. ^ “『仮面ライダーフォーゼ』大杉先生役のアンガ田中、『仮面ライダージオウ』に出演”. 映画ナタリー. (2018年9月16日). https://natalie.mu/eiga/news/299768 2018年9月16日閲覧。 
  42. ^ 「仮面ライダージオウ」“ウィザード編”、仮面ライダービースト役・永瀬匡が出演”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年9月30日). 2018年9月30日閲覧。
  43. ^ 檀黎斗王、誕生!「仮面ライダージオウ」オーズ編で岩永徹也がアナザーライダーに”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年10月14日). 2018年10月14日閲覧。
  44. ^ a b 渡部秀演じる火野映司が「仮面ライダージオウ」で国会議員に、高田里穂も出演”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年10月21日). 2018年10月21日閲覧。
  45. ^ a b “佐野岳と小林豊が「仮面ライダージオウ」出演、鎧武編でゲイツがヘルヘイムの森へ”. 映画ナタリー. (2018年11月11日). https://natalie.mu/eiga/news/307385 2018年11月11日閲覧。 
  46. ^ a b c d “仮面ライダージオウ「ゴースト」西銘駿&山本涼介の友情出演が決定!”. シネマトゥデイ. (2018年11月18日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105019 2018年11月18日閲覧。 
  47. ^ TomConstantinesのツイート(1041132865679896576)
  48. ^ catcher_nakaのツイート(1043730260724834304)
  49. ^ お知らせ‼️ - 原勇弥155Blog、2018年9月25日
  50. ^ 仮面ライダージオウに出演!? - 杉山真宏(ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ)オフィシャルブログ、2018年11月5日
  51. ^ カケフダタクローの2018年11月18日のツイート2018年11月19日閲覧。
  52. ^ a b 宇宙船162 2018, pp. 32-33, 「仮面ライダージオウ」
  53. ^ 東映HM58 2018, p. 6, CHARACTER FILE_SIDE:仮面ライダーゲイツ.
  54. ^ アニメージュ』2018年12月号、徳間書店、2018年11月、42頁。
  55. ^ a b c d e f g h i j k l スタッフ”. 仮面ライダージオウ. テレビ朝日 (2017年8月7日). 2018年8月10日閲覧。
  56. ^ https://www.kamen-rider-official.com/collections/20/9
  57. ^ a b junichi_yamaのツイート(1046352972483981314)
  58. ^ a b junichi_yamaのツイート(1051283096861962240)
  59. ^ a b AAA末吉秀太とDA PUMP・ISSAがユニット結成、「仮面ライダージオウ」主題歌担当”. 音楽ナタリー (2018年8月30日). 2018年8月30日閲覧。
  60. ^ 主題歌・スタッフ|仮面ライダージオウ|テレビ朝日”. テレビ朝日 (2018年8月28日). 2018年8月28日閲覧。
  61. ^ 平成最後にして最初のNintendo Switch用”ライダーゲーム”「仮面ライダー クライマックススクランブル ジオウ」発売決定”. GAME Watch (2018年8月3日). 2018年8月11日閲覧。

参考文献

  • 雑誌
  • 劇場パンフレット
    • 『劇場版 仮面ライダービルド Be The One/快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』パンフレット 2018年8月4日発行 構成・文:用田邦憲 発行所:東映事業推進部

外部リンク

テレビ朝日系列 日曜9:00 - 9:30
スーパーヒーロータイム第1枠)
前番組 番組名 次番組
仮面ライダービルド
(2017年10月1日 - 2018年8月26日)
仮面ライダージオウ
(2018年9月2日 - )
-