ストップウオッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ストップウオッチ(機械式アナログ)
ストップウオッチ(電子式デジタル)

ストップウオッチ: stopwatch)は、特定の事象の経過時間を計測することを目的とした時計である。トラック競技(主に陸上競技競泳など)に代表される、タイムを競う運動競技の結果の記録(計時)や、工場などで作業者の作業分析に用いられる。別名は秒時計(びょうどけい)または精密時計クロノグラフ、chronograf)。

解説[編集]

古典的なものは一般的な時計と同様に文字盤と針を備え、懐中時計と同じような形状をもつ。針は長針が秒針、短針が分針で文字盤には時刻でなく経過時間が表示されている。計測単位には1/5秒と1/10秒のタイプがあり、1/10秒のタイプは長針が30秒で一周する。竜頭を押すことにより時計の針をスタート、ストップさせることで経過時間を記録し、押すごとにスタート、ストップ、リセットとなる。積算式のものはリセットボタンが独立しており、一時停止の状態から再度計測を続けることができる。長針を2つもち、ラップタイムを計測できるものも存在する。

電子技術の進歩により、デジタル時計の出現後は、文字盤も数字表示が使われる例が多い。また、機能的にも多彩化し、ラップタイムの測定機能を備えることが普通のこととなり、複数の記録を同時に計測できるものもある。機械式時計では高級な付加機能であったが、電子式の腕時計などでは内部のプログラム修正だけで追加できるため安価になり、付加機能として備えられていることが多い。

現代スポーツの競技大会などでは、人間の目視による状況把握による操作では誤差が生じる問題から、電気計時(人の手を介さない方法)が採用されている。例えば、

  • 計測対象(競技者、乗り物)に発信器(チップ)を埋め込み、ゲートを通過した時刻、経過時間を記録する。
  • スタートをピストルなどの合図に連動させる。
  • 競技者がゴールした事を光学的、物理的に感知し時間を記録する。

などの方法を採用している。