アマゾンライダーここにあり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダーアマゾン > アマゾンライダーここにあり
アマゾンライダーここにあり
子門真人シングル
B面 アマゾンダダダ!!」
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル アニメ・特撮ソング
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 石森章太郎(作詞 #1)
八手三郎(作詞 #2)
菊池俊輔(作曲)
子門真人 年表
戦えイナズマン
1973年
アマゾンライダーここにあり
(1974年)
勇者ライディーン
(1975年)
テンプレートを表示

アマゾンライダーここにあり」は、子門真人シングル1974年11月1日日本コロムビアから発売された。オリジナル盤の型番はSCS-242。ジャケットデザインの異なる2種が存在する[1][2]

1978年12月にオリジナル盤と同内容(ジャケットデザインは上記の2種と異なる)で再発された。再発盤の型番はSCS-456[3]

解説[編集]

表題曲「アマゾンライダーここにあり」は、テレビドラマ(特撮番組)『仮面ライダーアマゾン』のオープニングテーマとして使用された。カップリングには、同じく子門真人が歌う同作エンディングテーマ「アマゾンダダダ!!」が収録されている。

子門が仮面ライダーシリーズの正規オープニングテーマを歌ったのは「ライダーアクション」以来[注釈 1]であり、これが最後である[注釈 2]。子門の起用は、番組テーマと同様に原点回帰の意図があったとされる[4]

「アマゾンライダーここにあり」の冒頭部での象の鳴き声を模したブラス音は、ティンパニの上にトロンボーンを乗せて吹くという手法で演奏された[4]。作曲を担当した菊池俊輔は密林を舞台とした活劇映画のイメージで発想したという[4]

エンディングテーマ「アマゾンダダダ!!」はテレビ放送では当初、1番が使用されていたが、その歌詞に含まれる「ゲドン」が壊滅した後、2番に差し替えられた。

収録曲[編集]

(全作曲・編曲:菊池俊輔)

  1. アマゾンライダーここにあり
    歌:子門真人
    作詞:石ノ森章太郎
  2. アマゾンダダダ!!
    歌:子門真人、コロムビアゆりかご会
    作詞:八手三郎
    • 特撮番組『仮面ライダーアマゾン』エンディングテーマ1&2。

カバー[編集]

「人気テレビ・マンガ主題歌」(日本フォノグラム / フィリップス、FX-8103。1975年)
ミュージカル俳優の坂井成紀(子役時代。当時の芸名は「ナル」)による「アマゾンライダーここにあり」のカバーを収録。
「アニメタル・マラソンII 特撮編」
アニメタルによる「アマゾンライダーここにあり」のカバーを収録。
百歌声爛 -男性声優編-
阪口大助による「アマゾンライダーここにあり」のカバーを収録。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ テスト版やカバーバージョンを含めると、「戦え! 仮面ライダーV3」や「セタップ! 仮面ライダーX」も歌っている。
  2. ^ 次作『仮面ライダーストロンガー』では当初、子門歌唱による「見よ!!仮面ライダーストロンガー」がオープニングテーマとして予定されていたが、水木一郎歌唱による「仮面ライダーストロンガーのうた」に変更された[4]

出典[編集]

  1. ^ 日本コロムビア/SCS242『仮面ライダーアマゾン』 - まんだらけ 通信販売
  2. ^ 日本コロムビア/SCS242『仮面ライダーアマゾン(ジャケット違い)』 - まんだらけ 通信販売
  3. ^ アマゾンライダーここにあり / 【特撮】仮面ライダーアマゾン - 音吉プレミアムHP
  4. ^ a b c d OFM6 2004, p. 33, 早川優「仮面ライダー音楽考 第4回 ライダー・ソングの歌い手たちその1 子門真人 伝説のシンガー」

参考文献[編集]

  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.6 仮面ライダーアマゾン』 講談社2004年8月25日ISBN 4-06-367089-9