アポロガイスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アポロガイストは、特撮テレビ番組『仮面ライダーX』および『仮面ライダーディケイド』などに登場する架空の怪人である。

概要[編集]

仮面ライダーX』で初登場した、仮面ライダーシリーズ初のライバルキャラクター[1][2][3][注釈 1]。当初は1か月程度の話数で次の幹部と交代する予定であったが、人気を博したため、登場期間が延長された[3]

昭和シリーズでは『X』のみの登場であったが、関連作品での登場頻度は多く、平成仮面ライダーシリーズの『仮面ライダーディケイド』でリメイクされ、再登場した。

登場作品[編集]

テレビシリーズ[編集]

映画[編集]

DVD[編集]

漫画[編集]

ゲーム[編集]

昭和仮面ライダーシリーズ[編集]

『仮面ライダーX』[編集]

第8話から登場したGODの大幹部で、GOD秘密警察第一室・室長。太陽神アポロをモチーフとしており、「GODの殺人マシーン」の異名を持つ。

普段は白いスーツと黒ネクタイの青年の姿で行動する。戦闘時には「アポロ・チェンジ」の掛け声と共に、赤い兜と黒い服、白いマントを纏った姿に変身。身長は185cm、体重は75kg。武器は連装銃アポロショットと日輪型の盾ガイストカッター

室長の権限により怪人に命令したり、役に立たないと判断した怪人に懲罰・処刑を行うこともある。そのため怪人たちからは嫌われ、恐れられている。性格は冷静沈着かつ冷酷非情で、作戦を成功させるためには卑劣な手段も辞さない。一方で実力を認めた相手には敬意を表し、立花藤兵衛に対しても礼儀を見せている。

第14話で、自ら指揮する「東京発狂作戦」をXライダーに妨害され、GOD秘密警察東京分署が壊滅。Xライダーとの一騎討ちで互角の攻防を繰り広げたが劣勢に追い込まれ、X必殺キックを受けて致命傷を負う。青年姿に戻り、負けを認めてXライダーに最後の握手を求めるが、これは右腕のアーム爆弾により道連れを図ったものであった。しかし負傷で動きが鈍っていたため脱出され、ひとり爆死した。

第15話では、黒服の老紳士(死神クロノス)の話によると唯一総司令オフィスに出入りしており、GOD総司令とは謁見したことがある模様。

東映プロデューサーの平山亨の著作など当時の講談社等の関連書籍[要文献特定詳細情報]では、劇中で語られないプロフィールが設定されており、「青年アポロガイスト」と称される白一色のスーツに身を包んだ人間体が本来の正体であり、GOD秘密警察第一室長となったのも、元警察官だった経歴を首領に買われた事によるものとされている。

再生アポロガイスト[編集]

第16話より登場。総司令から「殺すには惜しい」と判断され、アポロガイストが再生手術により復活した姿。

身長は190cm、体重は85kg。変身後の姿は再生前に準じるが、兜に銀色のラインが加わり、マントには炎の模様がある。武器も強化され、右腕には3連装銃と剣を組み合わせたアポロマグナムを装備。ガイストカッターも左肩に装着する刃が追加され、ガイストダブルカッターとなった。

人間体は以前と同様に白スーツの青年姿だが、性格はより好戦的となっている。第21話では、再生怪人に店を荒らされ怒る藤兵衛に「神敬介の香典」と称して、補修費の札束を渡していた。

施された手術には欠陥があり、再生後の寿命はわずか1ヶ月であった。射撃訓練中に自らの不調を感じたアポロガイストは手術に関わった宮本博士を詰問し[注釈 2]、再手術が不可能であることを知り、延命手段としてXライダーのパーフェクターを奪おうとする。アポロン第2宮殿にて人質を取り、自分の命を分け与え復活させた再生怪人と共にXライダーに挑むが、再生怪人を全て倒される。不調のためアポロマグナムやガイストカッターも命中せず、最後は火の玉となって特攻するも、Xキックを受けて爆死した。

プロデューサーの平山亨による展開案では、もう1人の大幹部・ブラックマルスを登場させるはずだったが、アポロガイストの人気によって実現されなかった[4][3]

その他昭和仮面ライダーシリーズ関連作品[編集]

漫画『仮面ライダー 11戦記』
ガイストの一員として再生され、白いスーツ姿の人間体も見せている。戦死したブラック将軍に代わってネオキングダークを操縦するためであったが、ドクトルGの失敗で計画は水泡に帰す。その後ジェネラルシャドウも敗れると大首領が憑代とし、そのまま直々にライダーと戦うため、アポロガイストとしての活躍はない。
漫画『宇宙の11 仮面ライダー銀河大戦』
他の軍団の幹部と共に、マーダー帝国に再生される。胸部の日輪はメカパーツに覆われている。狼男、ヒルカメレオンと共に本拠地に乗り込んだライダーを最初に迎え撃つ。
漫画『仮面ライダーSPIRITS』
第3部にて、魂の無い再生怪人の1人として登場。アポロマグナムの強力な火力と射撃の腕で、アポロン宮殿(呪ステーション)を守る。神話怪人を率いてXライダーを苦戦させるも、突然月から帰還した仮面ライダーZXのZXキックによりキングダークの頭部を破壊されてしまい、キングダークそのものをエネルギーにしようとする暗闇大使の作戦変更により、Xライダーとの戦闘を止め、キングダークの代わりの頭部となる。
その後、作戦阻止に現れたXライダーに対し、再び再生アポロガイストの姿となり応戦するが、ライドル風車火炎返しライドル脳天割りの連続攻撃の前に敗れてしまう。
なお、登場時から変身後の姿であるため、「アポロ・チェンジ」の変身シーンは無いが、ライドル脳天割りを受けた後のわずかの間、変身前の素顔をさらしている。
小説『S.I.C. HERO SAGA MASKED RIDER X EDITION -ゼウスの息子-』
Xライダーに倒された後、その身体に呪博士の頭部を移植されて新たな肉体として利用されている。頭部の鎧の顔面部分が外したその素顔は呪博士そのもので、アポロガイスト同様、Xライダーが持つパーフェクターが必要だった。呪博士は「自分の息子」であると語っているが真相は不明。
本作で使用されたデザインは、後の『仮面ライダーディケイド』を始め、平成の仮面ライダーシリーズの劇場作品にて実写で登場している[要出典]

平成仮面ライダーシリーズ[編集]

『仮面ライダーディケイド』[編集]

第26話より登場。人間体は、ガイという名前の壮年の男[注釈 3]。草木に触れただけで枯れさせてしまう体質である。変身前は白いストライプのスーツに黒いネクタイ、黒革の手袋の姿。自身を「迷惑な存在」と称し、語尾に「〜(な)のだ」をつけるのが口癖[注釈 4]

大ショッカーの大幹部として登場。大ショッカーによる全ての世界[注釈 5]の征服と全仮面ライダー抹殺のために活動する。GOD機関の出身で、既にXライダーとの戦いで一度倒されたが、再生手術を受けて復活したが、寿命が1ヵ月しかなかった。頭部に大ショッカーが開発した延命装置であるパーフェクター[注釈 6]を装着している。自身が生き延びるためにパーフェクターを用いて人々の命の炎(生命エネルギー)を奪っていたが、後にパーフェクターはディケイドに奪われて破壊された。

身長は185cm、体重は75kg。「アポロチェンジ」の掛け声と共にアポロガイストに変身するが、その際に腕を後ろで組むようなポーズを取り、円形の赤い炎[注釈 7]が出現する。戦闘能力は高く、ディケイドやディエンドらとも互角に渡り合った。武器はアポロショットガイストカッターの他、細身の剣アポロフルーレを使用する。

各世界の悪の組織に大ショッカーに加わるよう呼びかけており、傘下にした組織の怪人達を配下として従える。人々から生命エネルギーを乱獲して虐殺し、子供を人質に取ったり、仮面ライダーBLACK RXとの一騎討ちに応じておきながら、劣勢になると怪人を出現させるなど、残酷かつ卑劣ではあるが、「ディケイドにとっては迷惑な相手」「全人類にとってとても迷惑な存在」と自分を表現するなど一風変わった性格である。

頭部の形状や武器など、『仮面ライダーX』に登場したアポロガイストの外観を残しつつ、S.I.C.VOL.41で発売されたフィギュアのデザインに近くなっている。また寿命が短い、強化されての再登場など、オリジナルを意識した設定も取り入れられている。

スーパーアポロガイスト[編集]

第30話・第31話に登場。身長は185cm、体重は75kg。パーフェクターを失ったために命の炎が吸収できなくなったアポロガイストが、「キバの世界」のクイーン・ユウキ(ソーンファンガイア)によりファンガイアの力を与えられ、儀式の際に「吸命牙」で参列者のライフエナジーを吸収した強化形態。頭部にファンガイアの証であるステンドグラス状の紋章が入っている。

並行世界の次元の融合を加速させる力を持っており、その能力で大半の世界と、そこに住むライダー達も消滅させた。必殺技は強化されたアポロショットから放つ「スーパーマグナムショット」。また格闘技もパワーアップしており、ディケイド・コンプリートフォームとディエンド、クウガ・マイティフォーム、キバ・キバフォーム、響鬼と素手で互角に渡り合った。

ディケイドの命を分け与えられた娘である夏海を花嫁として攫い、ライフエナジーで復活させた6体の再生オリジナル怪人と共にディケイドらに最終決戦を挑むが、再生オリジナル怪人を全て倒され、最期はディケイドとディエンドが共に放ったディメンションシュートにより敗北し、「宇宙で最も迷惑な奴として蘇るのだ!」と言い残して爆死した。

その他平成仮面ライダーシリーズ関連作品[編集]

映画『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』
劇中のショッカーと結託した悪の組織「GOD機関」の代表者として登場し、ショッカーに反発したゴルゴムとクライシス帝国を諌める。歴代仮面ライダーが復活した際は、宿敵Xライダーと対決したが、最期は岩石大首領の出現によって起こった地割れに飲み込まれてしまう。口調は『仮面ライダーディケイド』登場時の同様「〜のだ」。
映画『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』
大ショッカーの大幹部として登場。『ディケイド』に初登場した時と同様、パーフェクターを装備している。最終局面ではフォーゼと戦い、「ガイストカッター」を放ったが、マグネットステイツの「ライダー超電磁ボンバー」で倒された。
ゲーム『オール仮面ライダー ライダージェネレーション』
エリア3ボスとして登場する。直属の戦闘員はイモリ型モンスターのゲルニュート。頭部のみ再生後のデザインであり。武装は『仮面ライダーX』(再生前)と『仮面ライダーディケイド』の両方を使用。
『仮面ライダー バトライド・ウォー』
『仮面ライダー サモンライド!』
スーパーアポロガイストとして登場。

『仮面ライダーSD』[編集]

漫画『仮面ライダーSD マイティライダーズ』
グランショッカー八鬼衆の一人として、第8話より登場。鉄腕アトラスやガマゴエモンなどの神話怪人・悪人怪人を率いる。ルール違反を激しく嫌う性格で、正々堂々と戦うことを旨としているが、他の八鬼衆の例に漏れずアホ。魔神大首領をお土産で篭絡しようとするセコさも見せる。最期は魔神大首領が立ち上がると作動する基地の自爆装置によって、地獄大使、ジェネラルシャドウと共に爆死する。なお、爆死する際、部下を通じてライダー達に自分の葬儀の案内状を送っており、「最後まで几帳面な奴」と呆れられていた。
漫画『仮面ライダーSD 疾風伝説』
八鬼衆の一人として、バイオカメレオンやレーダーコウモリなどのオリジナル怪人や、黄金狼などを従える。RXと戦うが、レーダーコウモリがRXの故郷の状況を語ったために、RXがロボライダーに変身して、敗れた。その後、同じ八鬼衆の一人であるシャドームーンによってその命を絶たれている。
ゲーム『仮面ライダーSD 出撃!!ライダーマシン』
STAGE5「DESART BATTLE」のボスとして登場する。秘宝を狙ってエジプトに現れ、Xライダーとレース戦を演じる。

コンパチヒーローシリーズ関連作品[編集]

ゲーム『スーパー鉄球ファイト!』
ザコキャラクターの一人として登場している。
ゲーム『SDザ・グレイトバトル 新たなる挑戦』
第5話のボスキャラクターとして登場。本作ではアポロガイストの他、地獄大使や暗闇大使といった大幹部が登場しているが、暗闇大使は当初から味方として、地獄大使も敵から味方となるなど、最後まで敵だった仮面ライダーシリーズの大幹部は、アポロガイストのみとなっている。
ゲーム『ヒーロー戦記 プロジェクト オリュンポス』
ロズウェル市を拠点とするテロリスト組織・GODの幹部として登場。ゼウスの攻撃を防ぐバリアを張るなどの活躍を見せるが、Xライダー(神敬介)のライドルによってバリアは破られてしまう。その後、ネオ・ショッカーの幹部として再登場し、RX(南光太郎)と戦う。RXとの戦闘の際は自分の身を挺(てい)してミサイル発射作業を行う戦闘員達を守り、敗北後は「重要なことを教えるから戦闘員の命だけは助けてほしい」と取引を提案するなど、正々堂々かつ部下思いの人物であり、部下からも慕われていた。約束通り、光太郎に重要な情報を伝えた後、Xライダーとの決着を心残りにしながら爆死した。
ゲーム『特撮冒険活劇 スーパーヒーロー烈伝』
原作同様、GOD秘密警察室長かつXライダーの宿敵として登場する。隠しシナリオの一つでは、アポロガイストが主人公となる。ヒーローたち[注釈 8]からRS装置を奪還すべく、工作員と共に基地に潜入する。Xライダーとのリベンジを制し、装置らしきものを奪ってきたが、キレンジャーのカレー調理器だった。部下の不甲斐なさと、自分との能力差に憤慨し、アポロショットで工作員を処刑してしまう。

武器・技[編集]

アポロショット
アポロガイストが右手に持つ2連装式の銃。遠距離用の武器として使用するほか、Xライダーとの接近戦でも効果を発揮したが、本来は接近戦用の武器ではないためライドルに遅れを取った。『ディケイド』ではハンドガンとなり、マグナム弾を放つ。
マグナムショット
アポロショットから発射する強力な弾丸。怪人を一撃粉砕する威力を持ち、Xライダーに敗北したマッハアキレスをこれで処刑している。アポロガイストは百発百中の腕を持つが、Xライダーには避けられることが多かった。
スーパーアポロショット
スーパーアポロガイストが使用する右手に持つ2連装式の銃。マグナム弾のほかに強力な光弾を放つ。
スーパーマグナムショット
スーパーアポロガイストが使用する必殺技。アポロショットから弾丸や強力なビームを発射する。直撃すればライダーにもかなりのダメージを与えられる。この技を受けたディケイドはかなりのダメージを負い、そのまま連戦したブレイドキングフォーム相手に満足に反撃できずに惨敗してしまう。
ガイストカッター
アポロガイストが左手に持つ日輪をかたどった盾。縁には刃がついている。Xキックも跳ね返す防御力を持ち、投擲武器としても使用可能。
ガイストダブルカッター
再生アポロガイストが装備する盾。小刃が2枚追加されている。投擲した後に左肩に追加装備する小盾も続けて投げる攻撃を"ガイストダブルカッター"と称する(盾だけを投げる時は従来通り"ガイストカッター"と称する)。
スーパーガイストカッター
スーパーアポロガイストが装備している盾。見た目や攻撃方法は強化前と同じ。ディケイドを庇ったクウガを意識不明に陥らせた程の威力を持つ。
アポロマグナム
再生アポロガイストの右腕と一体化している22口径3連式の銃。破壊力はXキックと同等かそれ以上で、戦車を破壊するほどの火力を持つ(作中でも、怪人を一撃で粉砕していた)。接近戦用に細身の剣も装備している。漫画『仮面ライダーSPIRITS』では連射でSPIRITS第10分隊の護衛用戦闘ヘリを撃墜している。
アポロフルーレ
『仮面ライダーディケイド』に登場するアポロガイストが新たに装備している細身の剣。
スーパーアポロフルーレ
スーパーアポロガイストが装備している細身の剣。スチール写真では手にしているが、劇中では未使用。
アーム爆弾
時限爆弾の仕込まれた義手(右腕)。Xライダーに最初に敗北した際、人間体に戻り、Xと握手した際に、彼の手を握ったまま肘から分離し、彼の爆殺を図ったが死に際で動きが鈍っていたため失敗した。再生アポロガイストでは変身した際の右腕がアポロマグナムとなったため、アーム爆弾は装備していない。
パーフェクター
『仮面ライダーディケイド』『スーパーヒーロー大戦』に登場するアポロガイストが額に装着している銀の装飾。大ショッカーが開発した生命維持装置で、Xライダーのパーフェクターとは別物である。取り外しが可能で他者の命の炎を吸収する。また逆に自らの命の炎を他者に与えることも出来る。
アポロチャリオッツ
仮面ライダーSDにおけるアポロガイストの愛機。騎馬戦車だが引くのは部下であるマッハアキレス。
バイク
『出撃!!ライダーマシン』ではバイクに搭乗。タイヤはガイストカッターのように日輪を象っており、光の輪を出して攻撃する。

アポロガイストを演じた人物[編集]

  • 打田康比古
    • 『仮面ライダーX』
  • 川原和久
    • 『仮面ライダーディケイド』
    • 『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』(声のみ)
    • 『仮面ライダー バトライド・ウォー』(声のみ)
  • 戸谷公人
    • 『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』(声のみ)

スーツアクター[編集]

  • 新堀和男 - 『仮面ライダーX』[5]
  • 中村文弥 - 『仮面ライダーX』[6]
  • 渡辺淳 - 『仮面ライダーディケイド』
  • 蜂須賀祐一 - 『仮面ライダーディケイド』
  • 金田進一 - 『仮面ライダーディケイド』、『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』

関連キャラクター[編集]

〈アポロ〉
小説『仮面ライダー 流星1973』に登場したアポロガイストをモチーフとしたキャラクター。
《ショッカー》《G素体》《Dチーム》に次ぐ第四の敵《GOD機関》の幹部〈アポロ〉として登場。〈大首領〉に造られた真人類【マイス】のプロトタイプであり、改造人間ではない。よって変身はせず、超能力と驚異的な身体能力で本郷猛を圧倒、【芽】と呼ばれる超能力を持った少女たちを本郷の目の前で惨殺した。その理由を「自分の敵がこんな汚く臭いと思うと腹がたった」からだと語るなど、残忍で傲慢な性格をしている。
ただし純粋な戦闘能力で言えば蓄積経験の段違いな仮面ライダーには劣るとされ、実際に本郷を一撃で仕留める事はできず、「お前が言うほどの差は無い」と最後には敗北を喫した。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 書籍『仮面ライダー大全集』では、『X』序盤を手掛けた脚本家の長坂秀佳が参加していた『人造人間キカイダー』のライバルキャラクター・ハカイダーのイメージを受け継いだものと解釈している[1]
  2. ^ もう一人の担当者であった川上博士は復活直後、自らの手で処刑。
  3. ^ ディケイドの劇中では自称は「私」と「アポロガイスト 」で、「ガイ」と名乗るシーンはない。
  4. ^ これは『仮面ライダーX』第16話における再生アポロガイストの「俺は貴様を殺すまでは何度でも甦る。貴様にとっては迷惑な相手なのだ」を意識したもの。[要出典]
  5. ^ 『ディケイド』における世界設定は『ディケイド』の項を参照。
  6. ^ 『週刊 仮面ライダー オフィシャル データファイル』の記述では[要文献特定詳細情報]、Xライダーの物とは別という設定で、形状も異なる。
  7. ^ スーパーアポロガイストに変身する際には青い炎。共にCGによる演出。
  8. ^ このゲームでは、ライダーのみならず、キカイダーゴレンジャーなどが本拠地に詰めている。

出典[編集]

  1. ^ a b 大全集 1986, pp. 142-143, 「仮面ライダー作品展開 仮面ライダーX」
  2. ^ 常識 2012, pp. 112-113, 「仮面ライダーのカッコいいライバルとは?」.
  3. ^ a b c 仮面ライダー1971-1984 2014, p. 247, 「アポロガイスト設定メモ」
  4. ^ 「仮面ライダー OFFICIAL DATA FILE」No.52より[要ページ番号]
  5. ^ OFM9 2004, pp. 27-29, 和智正喜「特集 大野剣友会 ライダーアクション影の主役たち」.
  6. ^ 怪人大全集 1986, p. 82, 「アポロガイスト」.

参考文献[編集]

関連項目[編集]