ジャーク将軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャーク将軍(ジャークしょうぐん)は、東映制作の特撮テレビ番組『仮面ライダーBLACK RX』及び『仮面ライダーディケイド』などに登場するキャラクターである。ここでは、関連のあるジャークミドラについても記述する。

登場作品[編集]

テレビシリーズ[編集]

映画[編集]

漫画[編集]

ゲーム[編集]

テレビシリーズ[編集]

『仮面ライダーBLACK RX』[編集]

第1話 - 第46話に登場。

クライシス地球攻撃兵団の最高司令官。金色に輝く無機的なボディと動く口元が特徴。純粋なクライシス人。帝国第一の武人としてクライシス皇帝から将軍に任命され、地球攻略の最高責任者となる。

信賞必罰に公正であり、失敗や命令違反、抜け駆けなどは厳しく罰する一方、素性などを問わずに人選を行う公平さも持ち合わせる。ガロニア姫の死因の真相を伏せるなど部下に対する配慮も見られ、ボスガンが次期将軍の座を狙った際にも寛大な処置を取っている。ダスマダー大佐が現れてからは、彼が大隊長の失敗を責める立場にあるため、一層部下をかばうことが多くなった。このような性格から、仮面ライダーBLACK RXも最終決戦に際して「邪悪な皇帝に仕えたのがお前の不幸だ」と一定の評価を与えている。皇帝から最高司令官の証の杖を与えられており、この杖から出る電撃でボスガンの怪魔稲妻剣を破壊した他、この電撃を部下への制裁としても使用している。

部下たちとの会話では基本的に一人称に「余」を用い(「私」「わし」を使うこともある)、二人称に「そち」を使うことも多い。

  • デザインはクラウドが担当[1]
  • 初稿では、ゼノン司令長官という名前で、その後ゼノン司令官の名称でデザイン画が描かれ[1]、決定稿で名前がジャーク将軍となった[2]

ジャークミドラ[編集]

『仮面ライダーBLACK RX』第46話に登場。

最後のクライシス最強怪人。ボスガン、ガテゾーン、ゲドリアンという3人の大隊長を失ったジャーク将軍に対し、クライシス皇帝が力を与えた姿。

この姿ではダスマダーの命令で行動し、凶暴な振る舞いが目立つ[注釈 1]など、ジャーク将軍の時とはいくらかの人格の変化が見られる。一人称も「俺」になっている。大剣ミドラー剣[3]と怪力、目から放たれて角から発する破壊光線[3]が武器。ジャーク将軍の姿に戻ることもあり、この時は人格も元に戻るらしく部下の敵討ちを口にする。茂とひとみをRX打倒の人質として捕えようと動き、彼らを守ろうとした佐原夫妻を殺害する。仮面ライダーV3ライダーマンを敗走させ、RXに戦いを挑んだが、全能力を以てしても倒すことができずダスマダーに見限られ、バイオブレードで左目を斬られ、リボルクラッシュを受ける。そして、ジャーク将軍の姿に戻って「いかにお前でもクライシス皇帝には勝てぬ」と言い残し、高笑いとともに爆死した。

映画[編集]

『仮面ライダー世界に駆ける』[編集]

冒頭でRXの能力を下げ、仮面ライダーBLACKに戻す作戦を展開する。それには成功するが、別の時代から来たRXとロボライダーバイオライダーにより、作戦は失敗してしまう。

『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』[編集]

クライシス帝国の将軍。『RX』のジャーク将軍とは口元のデザインが異なる。また、ジャークミドラが使用した大剣とは、少しデザインが異なった大剣を持っている。

大ショッカーに招聘されて傘下に加わり、死神博士地獄大使とともに軍団の中枢を成す三大幹部の1人となっている。ガニコウモル、スコーピオンロード、ロングホーンオルフェノクを連れ、先陣を切って戦う。得意の剣技で海東大樹と光夏海を追い詰めるが、仮面ライダーディケイドと戦闘となり、ディエンドの「ディメンションシュート」で怪人3人と共に倒される。

『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』[編集]

ショッカーと結託したクライシス帝国の代表者として登場。ゴルゴム代表のダロム同様に人類滅亡が目的のため、優秀な人間を怪人連合の一員として迎えるというショッカーに反発するが、GODの世界征服の後でそれぞれの問題を解決する提案を受け入れる。支配下に置かれたダブルライダーと人間たちが反旗を翻した際には、モモタケンを携えた仮面ライダーNEW電王と対決した。最後は岩石大首領が起こした地割れに飲み込まれた。

『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』[編集]

大ショッカーの大幹部として登場。最終決戦では、シャドームーンと共に仮面ライダーBLACKや光戦隊マスクマンと戦いを繰り広げるも、レッドマスク以外の四人が放った「メディテーション」で動きを封じられ、宙に持ち上げられたところをレッドマスクの跳び蹴りとBLACKの「ライダーキック」の同時攻撃で倒された。

『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』[編集]

地下帝国バダンの幹部怪人として登場。戦闘員のチャップと共に行動し、門矢士と葵柊を襲撃するも、最期はBLACKとBLACK RXのダブルキックで倒された。

『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』[編集]

ショッカーの怪人として登場。最終決戦においてBLACK RXと戦うも、「リボルクラッシュ」で倒された。

漫画[編集]

『宇宙の11 仮面ライダー銀河大戦』[編集]

マーダー帝国に再生され、要塞の守備に就く。初めからジャークミドラの姿でスカイライダー仮面ライダーZXの前に立ちはだかった。剣を「ミドラー剣」と呼んだ。

『仮面ライダーSD マイティライダーズ』[編集]

グランショッカー八鬼衆の1人として登場。他の八鬼衆が失敗続きと聞いて、ちゃぶ台返しに及んだ。クライシス怪人を率いる戦略家であるが、自分もどこか抜けている部分がある。 アニメでは潔癖症とされており、ハエが顔に止まっただけで機関銃を乱射するほど激昂したせいで、2回ほどアジトを破壊してしまった。シャドームーンとは打倒BLACK RXを巡って犬猿の仲。直属の配下は蜘蛛男

『仮面ライダーSD 疾風伝説』[編集]

グランショッカー八鬼衆の1人として登場。ジャーク四人衆(『RX』での四大隊長)とジャーク怪人軍団(怪魔戦士)を引き連れ、仮面ライダーと戦う。敗走後にジェネラルシャドウの秘密を知っていたため、口封じに殺されてしまう。

漫画『仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』[編集]

映画と違い、怪人軍団の一員として登場[注釈 2]

ゲーム[編集]

『仮面ライダーSD グランショッカーの野望』[編集]

北海道エリアを大雪で閉ざす作戦を行う。配下の怪人はトドギラー、ロンリーウルフ、ベニザケ怪人、ウィル鬼。戦闘員はコンバットロイド。ライダーが大雪山に乗り込むと、クライシスキャリアでバイクに乗った骨戦闘員と共に[注釈 3]レース勝負を行う。

『オール仮面ライダー ライダージェネレーション』[編集]

ステージ1‐2『戦いの荒野』の中ボスとして登場。杖を武器に雷を操る。直属の戦闘員はチャップ。

武器・技[編集]

『仮面ライダーBLACK RX』でジャーク将軍の武器として登場。怪光線を放つことができるが、これはライダーよりも懲罰として四大隊長に向けて放たれることが多い。第46話では、ジャークミドラに変身する前に手持ち武器として光太郎に対して使った。
ミドラー剣[3]
『仮面ライダーBLACK RX』ではジャークミドラの武器として登場。
『仮面ライダーディケイド』では、ジャーク将軍の武器として登場。ボルティックシューターに対してそうしたように、ディエンドライバーを弾いた。
クライシスキャリア
仮面ライダーSD』でのジャーク将軍の乗り物。チャックラムが上部にマウントされる。

ジャーク将軍を演じた人物[編集]

声優[編集]

スーツアクター[編集]

備考[編集]

  • マスクド・ライダー』では、ドレゴン伯爵という名前で登場。ケン・リングが演じた。なお、ジャークミドラはドレゴネーターという名前で登場し、ドレゴン伯爵のクローンという設定となっており、声は伯爵と同じくケン・リングが担当。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ダスマダーは皇帝が与えた能力を存分に使うように言ったにも関わらず、人質を使おうとした。
  2. ^ 映画でも、コブラ男ガライやアークオルフェノクといった幹部・首領格のキャラクターが怪人として登場している。
  3. ^ 八鬼衆共通。

出典[編集]

  1. ^ a b 映画大全集 1993, p. 156, 「仮面ライダー デザイン画集 ACT3 クラウド 造形デザイン画」
  2. ^ 仮面ライダー大図鑑7より[要ページ番号]
  3. ^ a b c 映画大全集 1993, p. 178, 「仮面ライダー怪人大全集 PART II」
  4. ^ a b 映画大全集 1993, p. 153, 「仮面ライダー デザイン画集 ACT1 石ノ森章太郎 デザイン画」
  5. ^ a b c 映画大全集 1993, p. 169, 「仮面ライダー怪人大全集 PART II」

参考文献[編集]