潔癖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

潔癖症(けっぺきしょう)は、汚れを過剰に気にすることであり、正しくないことを嫌う性格も含める。

汚れなどを過剰に気にしたり、病気になることを過度に恐れ、飲酒、喫煙、肥満を異常に嫌悪したり、細菌病原菌など何らかの汚染を受けるのではないかと考えることである。

日常生活の中で汚れが過剰に気になり何度も手や体を洗わないと気がすまなかったり、ドアノブや電車の吊り革を掴めない、外出先のトイレ便座に座る事ができないといった場合もある。更に、好意を持ってくれる第三者がわざわざ作った料理や弁当(特にサンドイッチやおにぎり等、直接手で触れて作られるもの)を食べることができない。配偶者、または子供がいる場合には、常に清潔でいることを強制したりする傾向が強い。

それらのことが著しい苦痛や機能の障害をもたらしている場合には、強迫性障害といった診断を受ける可能性がある。

潔癖症の語は、汚れた行為や、正しくない行為を嫌う性格を表して使うこともある。

関連項目[編集]