磯村勇斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いそむら はやと
磯村 勇斗
生年月日 (1992-09-11) 1992年9月11日(25歳)
出生地 日本の旗 静岡県沼津市
身長 176 cm
血液型 A型
職業 俳優
活動期間 2014年 -
事務所 BLUE LABEL
主な作品
テレビドラマ
事件救命医2〜IMATの奇跡〜』(2014年)
スケープゴート』(2015年)
仮面ライダーゴースト』(2015年)
ひよっこ』(2017年)

磯村 勇斗(いそむら はやと、1992年9月11日[1] - )は、日本俳優静岡県沼津市出身[1]BLUE LABEL所属[1]

略歴[編集]

  • 中学生の頃に自主制作した映画がきっかけで役者を目指す。

高校生の頃、芝居を学ぶために地元の劇団に入って、舞台に立つ。 プロダクションや劇団に入ろうとしたが、両親に猛反対され、最終的には“演技ができる大学に行く”ということで落ち着いたが結局、中退した。[2]

  • ドラマ・映画などで活動し、2015年に『仮面ライダーゴースト』でアラン/仮面ライダーネクロム役でレギュラー出演[1]。同作品のスピンオフオリジナルビデオ『仮面ライダーゴースト アラン英雄伝』で初主演を務める[1]

人物[編集]

  • 肩幅は「47㎝」[3]
  • 『仮面ライダーゴースト』のエピソード
演じるアランについては撮影開始時点では仮面ライダーに変身することを含め詳細な設定を知らされておらず、台本を見て設定を知ることが多かったという[1]
劇中でアランがたこ焼きを食べないという展開の間は自身も好物のたこ焼きを食べずにいた[1]
  • 『ひよっこ』のエピソード
長期間現場を共にした谷田部みね子役の有村架純については「本当にすごい方。お芝居はもちろん、人柄もステキですし、どんなに疲れていても疲れた顔を見せず、決して弱音もはかない。頼れる存在であり、引っ張ってくださって、いろんな面で刺激を受けました」と振り返る[4]
みね子の恋敵でもあった島谷純一郎を演じていた竹内涼真とは現場でも交流があったようで、みね子と破局し、佐賀に帰郷した島谷をヒデが訪ねるシーンについては「あのシーンは、お互いに変身アイテムを持って戦っている感じでしたね……というのは冗談で、『仮面ライダー』組とかライバルとかそういうことは関係なしに、若手俳優同士で盛り上げていきたいという思いでお互い臨んでいたので、『共に戦ってきた仲間』という感じです」と劇中さながらの竹内との固い絆を明かした[4]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ゲーム[編集]

作品[編集]

パーソナルブック[編集]

  • 「過現模様」(2016年12月2日)

カレンダー[編集]

  • 「磯村勇斗 2018 カレンダー」(2017年9月30日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 宇宙船152 2016.
  2. ^ 連続テレビ小説『ひよっこ』出演中 磯村勇斗 Interview”. Deview. 2017年9月6日閲覧。
  3. ^ “ひよっこヒデ・磯村勇斗に視聴者から“肩幅ネタ”殺到 イノッチがメジャーで計測してみた結果…”. モデルプレス. (2017年9月8日). http://mdpr.jp/news/detail/1712951 
  4. ^ a b 「ひよっこ」で注目の磯村勇斗、有村架純、竹内涼真との思い出明かす シネマトゥデイ 2017年10月9日(2017年10月9日閲覧)
  5. ^ #06 ドラマ『フィッシャーマンズ・ブルース Fisherman's Blues』│テレビ朝日「エンタメファクトリー」”. テレビ朝日. 2015年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月3日閲覧。
  6. ^ 情報解禁!!│公式ブログ”. 2015年8月3日閲覧。
  7. ^ 『仮面ライダーゴースト』”. テレビ朝日. 2015年8月18日閲覧。
  8. ^ キャラクター│映画「ガールズ・ステップ」公式サイト”. 東映. 2015年8月3日閲覧。
  9. ^ キャスト”. 仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス オフィシャルサイト. 2015年12月13日閲覧。
  10. ^ “中条あやみ主演「覆面系ノイズ」に真野恵里菜、磯村勇斗、杉野遥亮が参加”. 映画ナタリー. (2017年1月11日). http://natalie.mu/eiga/news/216316 2017年1月11日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]