スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スーパーヒーロー大戦GP
仮面ライダー3号
監督 柴﨑貴行
脚本 米村正二
原作 石ノ森章太郎
八手三郎
出演者 竹内涼真
中村優一
稲葉友
内田理央
半田健人
天野浩成
倉田てつを
西川俊介
高田延彦
井手らっきょ
及川光博
音楽 鳴瀬シュウヘイ
中川幸太郎
主題歌 及川光博「Who's That Guy
製作会社 「スーパーヒーロー大戦GP」製作委員会
配給 東映
公開 2015年3月21日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6.5億円[1]
前作 仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル(仮面ライダー)
烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE(スーパー戦隊)
平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊(シリーズ前作)
次作 劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー(仮面ライダー)
手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!(スーパー戦隊)
仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦(シリーズ次作)
テンプレートを表示

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』(スーパーヒーローたいせんグランプリ かめんライダー3ごう)は2015年3月21日より東映系にて公開された特撮映画作品。

概要[編集]

仮面ライダーシリーズ』と『スーパー戦隊シリーズ』のクロスオーバー作品である『スーパーヒーロー大戦シリーズ』の1つ[2][注 1]であり、通算4作目にあたる[4]。前作『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』に引き続き、仮面ライダーを物語上の主軸にした本作品では、初上映年時点における最新の主役ライダーである『仮面ライダードライブ』が主演格で登場する[5]。過去の『スーパーヒーロー大戦』シリーズとは違い、スーパー戦隊の登場は限定的となっており、ドライブと同時期の『手裏剣戦隊ニンニンジャー』がクライマックスで客演として登場するに留まっている[5]

本作品のタイトルにもなっている仮面ライダー3号は、映像作品には本作品で初登場するライダーであるが、「仮面ライダー3号」という存在自体は本作品が初出ではなく、シリーズ第1作『仮面ライダー』の本放送中に新キャラクターとして考案され、1972年10月1日発行の『別冊たのしい幼稚園』10月号に掲載された漫画『3ごうライダー たい ブラックしょうぐん のまき』で初めて世に出たものであった[注 2]。だが、その後の紆余曲折を経て、最終的に3号ライダーは新番組『仮面ライダーV3』の主役にして前述の3号とは出自もデザインも全く異なる、仮面ライダーV3として登場した。本作品の3号は前述の漫画版の3号とは名称こそ同一だが、デザインも設定も異なる新キャラクターとなる。また、本作品ではV3も登場し、3号と対峙する。

物語の終盤で実施される、仮面ライダー達によるレース対決「仮面ライダーグランプリ[6]」は、『ドライブ』の「車に乗る仮面ライダー」という要素が強調されたもので、映画『ベン・ハー』での戦車競走が意識されている[3]。その撮影は、ツインリンクもてぎで行われた[7]

企画段階では、スーパー戦隊シリーズ40周年に絡めた『烈車戦隊トッキュウジャー』と『仮面ライダー電王』の対決や、『仮面ライダードライブ』を主体として刑事キャラクターを集合させることなどが検討されていた[3]。しかし、プロデューサーの白倉はこういった要素を義務的なものと感じ、映画として成り立ちうる規模かどうかも疑問に思ったことで義務的な縛りから離れ、映画としての面白さを追求する作品が目指されている[3]

春の東映ヒーロー映画恒例となった、歴代仮面ライダーに変身する人物の出演は、本作品では南光太郎 / 仮面ライダーBLACK / 仮面ライダーBLACK RX役の倉田てつを、乾巧 / 仮面ライダー555役の半田健人、橘朔也 / 仮面ライダーギャレン役の天野浩成、桜井侑斗 / 仮面ライダーゼロノス役の中村優一などが顔を揃えた。このうち中村は2014年に復帰を発表して以来、本作品が復帰第1弾となる[8]。物語の中心となる黒井響一郎 / 仮面ライダー3号役は、及川光博が担当する。また、声のみであるが、仮面ライダーブレイド役を椿隆之、仮面ライダーカリス役には森本亮治、仮面ライダーレンゲル役は俳優業を引退した北条隆博が担当しており、『仮面ライダー剣』の主演ライダーが、10年ぶりにオリジナルキャストとして再集結した。一方で、『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』から恒例となっていた初上映年時点における前作の平成仮面ライダーシリーズの主役ライダー(本作品では『仮面ライダー鎧武/ガイム』)のオリジナルキャスト出演が無い。

仮面ライダーアギト』から『烈車戦隊トッキュウジャー』まで東映ヒーローの主要キャラクターのスーツアクターを務めた押川善文は、本作品のデネブ役および仮面ライダーギャレン役の撮影を最後に現役引退となる[9][10]

2015年3月2日には新宿バルト9にて完成披露舞台挨拶[11]が、同年3月21日には丸の内TOEI1にて公開初日舞台挨拶[12][13]が行われ、それぞれに及川ら主要俳優陣が登壇した。

評価[編集]

全国307スクリーンで公開され、2015年3月21・22日の初日2日間で興収1億8676万8250円・動員14万5688人を記録し、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第6位を獲得した[14]

ストーリー[編集]

これは本来とは異なる仮面ライダーの歴史。

1973年2月10日[注 3]、秘密結社ショッカーを統括していた首領は仮面ライダー1号と仮面ライダー2号に追い詰められて浜名湖のアジト共々爆死し、世界に平和が訪れたように見えた。だがその直後、ショッカーが生み出した最強の戦士・仮面ライダー3号が現れる。1号と2号は最後の力を振り絞り立ち向かったが、3号の圧倒的な力に敵わず戦死してしまう。ショッカーは総力を挙げて復活し、ついに世界征服を達成する。

そして時は流れて2015年の現代。それまでの戦いと同様にロイミュード102を倒した仮面ライダードライブ / 泊 進ノ介詩島 霧子が見上げた空が、緑色の光で覆われる。その光に包まれた瞬間、地球はショッカーによって完全に支配された末世へと改変された。そこは1号と2号の後に続々と生み出されたライダーたちが「正義」と「悪」の二派に分かれており、正義のライダーたちは残り少ない人間を守るため、ショッカーに洗脳された悪のライダーたちはショッカーライダーとして人類と正義側のライダーを完全抹殺するため、互いに戦う世界となっていた。だが、霧子だけはこの改変された世界に違和感を感じていた。

改変された世界で進ノ介はショッカーライダーに属しており、「全ての仮面ライダーは自分が倒す」と息巻いていたが、正義のライダー・仮面ライダーBLACK / 南 光太郎の「子供たちの未来を守る」という正義の叫びを聞いたことに加え、それとは対照的に平然と子供を盾に取るショッカーの姿を見て、「間違っているのは自分たちではないか」との疑念を抱くようになる。そんな折、霧子が傷ついた光太郎を匿ったことで、進ノ介もショッカーへの反逆者とみなされてしまい、追われる身となってしまう。

光太郎や本願寺、そして霧子までもがショッカーの追っ手の前に倒れ、絶望に打ちひしがれる進ノ介の前に黒井 響一郎と名乗る男が現れた。「正義に目覚めた者同士、協力してショッカーを倒そう」と提案する響一郎に、進ノ介も同意して走りだす。だが、響一郎こそ、この狂った歴史を生み出した元凶の仮面ライダー3号であることに、進ノ介は気付いていなかった。

仮面ライダー3号は何故生まれたのか。狂った歴史は正しく修復されるのか。あるいは、ショッカーの栄える暗黒の歴史が確定するのか。すべての鍵は、進ノ介が提案した「正義」と「悪」が雌雄を決する仮面ライダーグランプリのチェッカーフラッグを受けた勝者が握っている。

登場人物[編集]

本作品オリジナルのキャラクターのみ詳細を記載する。

黒井 響一郎(くろい きょういちろう) / 仮面ライダー3号
本作品における泊進ノ介と並ぶ、もう1人の主人公。ショッカーによる改造手術を受け、ショッカー史上最強の戦士となった青年。「勝利」に対して異常なほど執着しており、既に戦闘不能になった仮面ライダーに対しても、完膚なきまで攻撃を加える。また、「歴史」については「勝てば『正義』、負ければ『悪』」という考えを持っている。感情が昂ると右手が震え、それを左手で押さえることで気持ちを落ち着かせるという癖を持つ。
1973年にて1号と2号を倒し、ショッカーの世界征服を確実なものにしたが、2015年の世界では正義の仮面ライダーの1人として登場。進ノ介や侑斗、剛と共にライダータウンへと向かうが、実際はショッカーの作戦で動いているのであり、ライダー殲滅の為の芝居だった。
ライダーグランプリでは、進ノ介や仲間の筈のショッカーライダー達まで攻撃して勝利を得ようとしたが、それは自身が実は脳改造を受けておらず、1号と2号を倒したことも後悔しており、その迷いを断ち切りたいが為の行動だった。本心を進ノ介に指摘され、それを頑なに否定しつつ彼と勝負して敗北するも、進ノ介から「負けてもいい」・「勝ち負けが全てではない」という事を学んだ。
だがその直後、ショッカー首領の電子頭脳に取り込まれ、それがライダーロボに変形し「歴史改変ビーム」によって多くのライダーを歴史から抹消した。しかし、1号と2号が電子頭脳を利用して復活しショッカーライダー達の洗脳を解くと、自身も脱出してライダーロボの歴史改変ビームを無効化し、1号と2号や他のライダーと共に怪人達と戦った。
ライダーロボが倒されると、歴史改変の無効化により「仮面ライダー3号としての黒井響一郎」は消滅、元の歴史では、F1レーサーとして活躍していた[15]
  • パンフレットにある演者の及川や脚本の米村正二のインタビューでは、黒井は昔妻子をショッカーに殺害されており、それを1号達のせいだと誤解しているという裏設定があり、当初は脚本にも書かれていたが長すぎるのでカットされたと書かれている。
テレビスペシャル『手裏剣戦隊ニンニンジャーVS仮面ライダードライブ』
本作品の前日談。歴史改変マシンの起こした光景を目にした剛に対して、追わないことを忠告して彼と対峙する。

ショッカー[編集]

仮面ライダー1号と2号が戦っていた悪の組織。本来の歴史においてはショッカー首領が倒された時点で壊滅したが、改変された歴史においては仮面ライダー3号によって1号と2号が倒されたことを機に勢力を再び拡大させ、世界を手中に収めた。

正義の仮面ライダーたちの大半を倒して首領の電子頭脳(歴史改変マシン)で洗脳し、ショッカーライダー(本来の歴史に登場する同名の存在とは別物)にした。街中では監視隊員が市民の言動に目を光らせており、ショッカーによる支配に反発する者、仮面ライダーを「『正義』の象徴」と唱える者などに対しては、たとえ子供であっても容赦の無い振る舞いで応じ、(正義の)仮面ライダーを倒すためなら、故意に子供に刃を向けることも辞さない。

しかし、ライダーロボが破壊された後に歴史改変マシンも破壊されたことで歴史改変を無効化された結果、3号や「ショッカーに支配された暗黒の世界」と共に消滅した。

ショッカーユーゲント[編集]

ナオキ、ミツル、シゲル
ショッカーグランプリのレースによって優勝した3人の少年。
なお、『レッツゴー仮面ライダー』に登場した3人の少年と同名、ナオキとミツルは『仮面ライダー』、シゲルは『仮面ライダーV3』に登場した少年とも同名だが、いずれも別人である。

登場戦士・怪人[編集]

本作オリジナルの登場戦士・怪人のみ記述。

ロイミュード102
スパイダー型の下級ロイミュード。映画冒頭、歴史が変わる前にドライブにより倒される。
チーターカタツムリ
本作品オリジナルのショッカーの新怪人で、歴史改変によって改造人間と化した追田現八郎の正体。カタツムリの粘液で敵の動きを封じ込め、チーターの速度で電光石火の攻撃を仕掛ける。本来の歴史ではうっかりした一面を持ちつつも正義感溢れる刑事だったが、改変後の世界ではその面影が全く見られない冷酷非情なショッカーの手先となっている。ライダーロボが破壊され歴史が修復した後は、元に戻っている。
  • デザイナーにはゲルショッカーの合成怪人として発注されていたが、「一般の観客はゲルショッカーを知らないであろう」という判断からショッカー怪人へ変更された[3]。デザインした竹谷によると、ゲルショッカー怪人で印象的な特徴だった左右非対称のデザインを取り入れたとされている[16]
dビデオスペシャル『仮面ライダー4号』
ショッカーの改造人間として、アリマンモスやヒルカメレオンとともにループする時間の中で破壊活動を行う。
人間態が登場しないため、追田現八郎が改造されたものかどうかは不明。
ライダーロボ
最終決戦でショッカー首領の意志により、電子頭脳が仮面ライダー3号を取り込んで変形した巨大ロボ。詳しくはこちらを参照。

仮面ライダー3号[編集]

  • 身長:179.0センチメートル[17]
  • 体重:74.0キログラム[17]
  • パンチ力:15.0トン[17]
  • キック力:24.0トン[17]
  • ジャンプ力:ひと跳び50.0メートル[17]
  • 走力:100メートルを3.0秒[17]

黒井響一郎がタイフーンで変身する改造人間。別名ショッカーライダー3号

基本的な外見は1号や2号に似ているが、全体的に旧1号を連想させるダークトーンで複眼は黄色、コンバーターラング、クラッシャー、グローブやブーツは青に近い緑色、肩から脚にかけて伸びるライン3本とマフラーは金色。クラッシャーは上下に鋭い牙が覗く形状となっており、1号や2号とは少し異なってる。また、手首と足首にはショッカーのシンボルマークが刻まれた手枷・足枷が嵌っており、それぞれに引きちぎったような鎖が繋がっている[18]

登場シーンには所々、無数の黒い羽毛が舞い落ちる演出がなされている。

ツール・マシン
タイフーン
3号の変身ベルト。帯の部分は金色となっており、シャッター部分にはショッカーマークが描かれている[18]
両腰には小型のジェット噴射機能が装備されており、ジャンプや必殺技発動時に使用する。
トライサイクロン
3号専用の自動車型マシン。旧サイクロン号の配色を自動車に落とし込んだような外見をしている[19]
武器としてミサイルの他、リトラクタブル・ヘッドライトを機関砲[17]に換装し、両前輪のホイール部にサイクロン電磁ドリル[17]と後部に6本の追加マフラーを装備。
理由は不明だが立花レーシングチームのマークが描かれている。
必殺技
いずれの技も発動時には内部構造が露出するようにエネルギーが充填されていく。
ライダーキック
右足にエネルギーを集中して放つ飛び蹴り。
1号と2号の「ライダーダブルキック」やV3の「V3キック」を遥かに凌駕しており、競り勝つ程の威力を持つ。
1973年での1号と2号の戦いでは左脚、2015年現代での戦いでは右脚で放っている。
ライダーパンチ
右腕にエネルギーを集中して放つパンチ。
合体技
ライダートリプルキック
1号と2号との合体技。「ライダーキック」を3人で行う。チーターカタツムリを倒した。

関連用語・装備・戦力[編集]

ショッカーライダー
ショッカーに負けた正義の仮面ライダー達が洗脳された際の名称。ほぼ全てのライダーが洗脳されており、洗脳されていないのはBLACKやファイズ、ゼロノス、マッハのみ。
BLACKなどの正義の仮面ライダーの影響で洗脳が解ける(本来の歴史との差に違和感を覚える)者も存在し、ドライブといった一部のライダーは自力で洗脳を解いた。
ギャレンやブレイド、カリス、レンゲルのように正義の仮面ライダーを騙し討ちにしようとしたライダーもいるが、彼等も後に自力で洗脳を解いている。
V3から鎧武までのライダーの内、上記のライダー以外は洗脳が解けず、正義の仮面ライダーに襲い掛かるが、1号と2号が復活したことで、V3達も洗脳が解け、正義の仮面ライダーとして目覚める。
ライダーグランプリ
ドライブとショッカーライダーが雌雄を決する為に行われたレース。レース中は、搭乗しているマシンの武装やライダーの武器も使用している。出場者は以下の通り(文字表記はレース会場のモニターより)。
出場ライダー名 出場マシン 原典 備考
仮面ライダードライブ トライドロン 仮面ライダードライブ
ショッカーライダー3号 トライサイクロン 本作オリジナル
ショッカーライダーアギト マシントルネイダー 仮面ライダーアギト
ショッカーライダーカブト カブトエクステンダー 仮面ライダーカブト
ショッカーライダーディケイド マシンディケイダー 仮面ライダーディケイド
ショッカーライダーダブル リボルギャリー 仮面ライダーW
ショッカーライダーオーズ ライドベンダー 仮面ライダーオーズ/OOO
ショッカーライダーフォーゼ マシンマッシグラー 仮面ライダーフォーゼ
ショッカーライダーウィザード マシンウィンガー 仮面ライダーウィザード
ショッカーライダーガイム サクラハリケーン 仮面ライダー鎧武
魔進チェイサー ライドチェイサー 『仮面ライダードライブ』 途中から乱入
仮面ライダーBLACK RX ライドロン 仮面ライダーBLACK RX 途中から乱入
仮面ライダーファイズ オートバジン 仮面ライダー555 途中から乱入
仮面ライダーマッハ ライドマッハー 『仮面ライダードライブ』 途中から乱入
ショカーグランプリ
ショッカーユーゲントのナオキ、ミツル、シゲルが参加していたレース。
ライダータウン / ショッカータウン
ショッカーの手から逃れた人々がライダーと共に暮らすとされる平和な街。しかし実際はショッカーが流した偽情報であり、正義の心を持つライダーを誘い込むための罠だった。
ブレイドの街
『仮面ライダー剣』に登場した仮面ライダーが支配する町。指揮者のレンゲルの下、不死生物アンデッドの開発を進めている。基地の敷地内には、レンゲルのシンボルである紫のクローバーと、変身用のラウズカード・チェンジスパイダーの絵柄が貼られている。
歴史改変マシン
歴史を思い通りに変えてしまう装置。仮面ライダー3号や「ショッカーに支配された暗黒の世界」を創り出した全ての元凶。詳しくはこちらを参照。
トライドロンシュリケン
トライドロンを人型ロボットに変形させる忍シュリケン。シフトカーのミッドナイトシャドーがドライブの元に運んできた。コアの左下には「車」の文字が書かれており、ブレードはアカニンジャーのオトモ忍シュリケンと同様の物になっている。
ハンドル剣のクラクション部分に装着・回転させ、ハンドル部分を切ることでトライドロンを人型のロボに変形させる。
シュリケンジントライドロン
人型になったトライドロンが合体して操縦するシュリケンジン。分離した右腕部分のダンプマルの代わりにシノビマルが右腕となり、頭部にトライドロンシュリケンが合体している。武器はドラゴソードとドラゴシールド。
合体時にドライブはシュリケンジン内部のコクピットの御輿の前に現れた座席に座っており、シュリケンジンに突き立てたハンドル剣を使って操縦する。
必殺技は5色のタイヤ状のエネルギーで相手を拘束した後、5色の手裏剣型エネルギーを放ち、ドラゴソードですれ違いざまに斬りつける「シュリケンジン・トライドロロンフィニッシュ[20]

キャスト[編集]

声の出演[編集]

ノンクレジット[編集]

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 石ノ森章太郎(石森章太郎プロ)、八手三郎
  • 製作 - 鈴木武幸(東映)、平城隆司(テレビ朝日)、日達長夫(東映ビデオ)、和田修治(アサツー・ディ・ケイ)、松田英史(東映エージエンシー)、垰義孝(バンダイ)、木下直哉(木下グループ)
  • 企画 - 有川俊(東映)、林雄一郎(テレビ朝日)、加藤和夫(東映ビデオ)、波多野淳一(アサツー・ディ・ケイ)、小川政則(東映エージエンシー)、小野口征(バンダイ)、中村和俊(木下グループ)
  • スーパーバイザー - 小野寺章(石森プロ)
  • エグゼクティブプロデューサー - 佐々木基(テレビ朝日)、疋田和樹(東映エージエンシー)
  • プロデュース - 白倉伸一郎武部直美・高橋一浩・大森敬仁・望月卓(東映)、井上千尋(テレビ朝日)、佐藤現(東映ビデオ)、矢田晃一・深田明宏(東映エージエンシー)
  • 脚本 - 米村正二
  • 音楽 - 鳴瀬シュウヘイ中川幸太郎
  • 撮影 - 宮崎悟郎
  • 照明 - 斗沢秀
  • 美術 - 大嶋修一
  • 編集 - 長田直樹
  • 録音 - 村上洋祐
  • 整音 - 曽我薫
  • 助監督 - 茶谷和行、塩川純平、石井千晶
  • スクリプター - 柿崎徳子
  • 制作担当 - 東正信
  • ラインプロデューサー - 道木広志
  • Bカメラ - 佐藤琢也
  • FO - 関口洋平、迫あすみ
  • キャラクターデザイン - 田嶋秀樹(石森プロ)、小林大祐、田中宗二郎(PLEX)
  • クリーチャーデザイン - 竹谷隆之
  • プロデューサー補 - 小髙史織(東映)、菅野あゆみ(テレビ朝日)
  • ラインプロデューサー補 - 下前明弘
  • 制作デスク - 宮地みどり、木戸田康秀
  • 音響効果 - 大野義彦、小川広美(大泉音映)
  • 戦隊スタッフ
  • 特撮研究所
    • 撮影 - 岡本純平、内田圭、平賀敬人
    • Bカメラ - すずきけいぞう
    • 照明 - 安藤和也、関澤陽介
    • 美術 - 松浦芳、高橋一、鶴田智也、秋山拓海
    • 操演 - 中山亨、和田宏之、黒田政紀
    • 助監督 - 小串遼太郎
    • ミニチュア制作 - ミューロン
  • 特撮監督 - 佛田洋特撮研究所
  • アクション監督 - 宮崎剛ジャパンアクションエンタープライズ
  • 配給 - 東映
  • 「スーパーヒーロー大戦GP」製作委員会 - 東映、テレビ朝日東映ビデオアサツー ディ・ケイ東映エージエンシーバンダイ木下グループ
  • 監督 - 柴﨑貴行

音楽[編集]

主題歌
Who's That Guy
作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - SAKOSHIN / 歌 - 及川光博[35]
挿入歌
レッツゴー!! ライダーキック
作詞 - 石ノ森章太郎 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - 藤浩一[35]

プロモーション[編集]

2015年2月4日から同年2月22日まで、本作品の公開記念企画としてイオンシネマとのコラボレーション企画『劇場版歴代仮面ライダー 投票キャンペーン』が行われ、対象10作品から第1位に選ばれた『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』と『天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー』の特別同時上映が、九州のイオンシネマ各6館にて3月7日8日の2日間で1日1回の計2回決定した。

2015年3月8日味の素スタジアムで行われた東京ヴェルディ1969セレッソ大阪Jリーグ今季開幕戦にて、本作品とのコラボレーション企画が開催された[36]

映像ソフト化[編集]

Blu-ray / DVDでリリース。

  • スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号 [ブルーレイ+DVD](2枚組、2015年8月5日発売)
    • ディスク1:本編Blu-ray
    • ディスク2:本編DVD
      • 映像特典(ディスク1、ディスク2共通)
        • 特報・劇場予告編
  • スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号 コレクターズパック(2枚組、2015年8月5日発売)
    • ディスク1:本編ディスク([ブルーレイ+DVD]の各ディスクと共通)
    • ディスク2:特典ディスク(Blu-ray版はBlu-ray、DVD版はDVDで収録)
      • メイキング
      • 完成披露記者会見
      • 完成披露試写会舞台挨拶
      • 公開初日舞台挨拶
      • TVスポット集
      • データファイル
      • ポスターギャラリー
    • 初回限定特典
      • 特製スリーブケース

スピンオフ作品[編集]

dビデオスペシャル 仮面ライダー4号[編集]

2015年3月28日からdビデオで配信された全3話のスピンオフ作品で、本作の後日談かつ、同作品に繋がるものとなっている。監督は山口恭平が担当。映画の入場者プレゼントとして、先着100万名に本作品第1話のDVDが配布された。

同作品独自の仮面ライダーとして、作品タイトルにもなっている仮面ライダー4号が登場。映画本編のラストシーンや第1話では改造中の4号の姿が描かれ、本格的な登場は第2話からである。

プロデューサーの白倉は同作品について、「映画『仮面ライダー3号』をきっかけに、その物語が拡がっていく作品にしたい」と考えている[37]。脚本を担当した毛利亘宏は、桜井侑斗と乾巧の登場が決定していたことから、『仮面ライダー555』の結末に関連付けることを発想した[38]

あらすじ(dビデオスペシャル)[編集]

世界征服を企むショッカーによる仮面ライダー3号にまつわる事件は解決し、世界はある一点(剛の死)を除き正常を取り戻した、はずだった。

4月4日、特状課で居眠りをしていた泊進ノ介は詩島霧子からの電話で叩き起こされる。霧子とその弟である剛と共に映画を見る約束を忘れていた進ノ介は、腑に落ちない様子でドライブピットに向かうが、そこへ仮面ライダーファイズ / 乾巧と仮面ライダーゼロノス / 桜井侑斗が現れ、進ノ介に「街でショッカーが暴れている」と告げる。しかし、進ノ介はショッカーという名前にも、そもそもこの2人の男にも見覚えがない。釈然としないまま2人と共に街へ駆けつけた進ノ介の目の前には、まさしく人々を襲う怪人たちの姿があった。仮面ライダーに変身して敢然とショッカーの怪人と戦う巧と侑斗の姿を目にした進ノ介は妙な頭痛を感じると同時に、彼らが共にショッカーと戦った仲間であることを思い出し、すぐさま仮面ライダードライブ タイプスピードに変身する。進ノ介と合流した剛 / 仮面ライダーマッハを加えた4人の活躍でショッカー怪人チーターカタツムリは倒されるが、チーターカタツムリの自爆の道連れで剛が命を落としてしまう。悲しみに暮れる進ノ介と霧子たち。すると世界を謎の緑の光が包む。

再び霧子の電話によって特状課で、どこか既視感を覚えつつ目覚める進ノ介。目にした時計には、4月4日の表示が。そして再び現れ増えるショッカー怪人、剛の死、巻き戻る時間。ショッカーの陰謀はまだ終わっていなかったのだ。

はたしてショッカーが進める「4号計画」とは一体何なのか。進ノ介たちはこの世界の謎を解き明かし、ショッカーの企みを阻止することができるのだろうか。

登場戦士・怪人(dビデオスペシャル)[編集]

仮面ライダー4号
ショッカーが仮面ライダー3号に続き、新たに作り出した4人目の改造人間。旧大日本帝国海軍の特攻隊員を思わせるボディの他、顔やタイフーンの形状は1号と2号、3号に近いが、クラッシャーはバッタではなく、本来の4号であるライダーマンの様に人間の口を模した形状となっている[39]
他の仮面ライダー達の様な特殊な能力こそないものの、圧倒的な防御力と攻撃力を持ち、ドライブとファイズ、ゼロノスの3人ライダーを同時に相手にしても圧倒する実力を持つ。またスカイサイクロンから飛び降りる際には、ムササビのように飛行服を広げて滑空することができる[40]
幾度となく正義のライダー達を苦しめたが、最期はタイプフォーミュラに変身したドライブの「フォーミュラドロップ」と自身の「ライダーキック」でぶつかりあって足を負傷、「ライダーパンチ」で撃墜しようとするも、限界を超えたドライブの「フォーミュラドロップ」に押され倒された。
一人称は「俺」だが、後述のスカイサイクロンが破壊された際には「私のスカイサイクロンが」と言っていた。
  • 脚本を担当した毛利亘宏は、ドラマには関わらず改心もしないことからあえてキャラクターの掘り下げを行わず、「格好良く強い敵」として描写した[38]。また、飛行機に乗るという設定は毛利の趣味であるという[38]
ツール・マシン
タイフーン
4号の変身ベルト。帯の部分は緑色になっており、シャッター部分には、3号と同様ショッカーマークが描かれており、4号の初起動の際に開かれた。
スカイサイクロン
仮面ライダー4号が操縦するプロペラ機。凄まじいスピードで飛び回り、強烈なミサイルを連続で放つ。4号が操縦していなくても飛行や攻撃をすることが可能。
更に両翼にショッカー戦闘機を合体させ飛行することができる。最後はブースタートライドロンとゼロライナーの合体攻撃で破壊された。4号は本機に愛着を持っていたのか、大破した際には大きなショックを受けていた。
トライサイクロンと同様に理由は不明だが立花レーシングチームのマークが描かれている。
必殺技
いずれも発動の際に緑色に発光する演出になっている。
ライダーキック
ライダーパンチ
アリマンモス
  • 身長:206cm
  • 体重:209kg
本作品オリジナルの怪人。
アリの俊敏さとマンモスのパワーを併せ持つと自負するが、野太い声と高い声の別々で喋るというどこかコミカルな面も持ち合わせる。パワーを活かした突進攻撃と分身能力を用いる。なお、分身能力は本来持っていなかったが、歴史改変で強化された結果備わった能力とされている[41]
  • デザインを担当した竹谷によると、ゲルショッカー怪人を意識して黄色ブーツを履かせたとされている[41]。また、左右対称の案が通ったため、左右非対称にしたい気持ちは封印したとされている[41]
ショッカーライダー
仮面ライダー王蛇
仮面ライダーサソード ライダーフォーム
仮面ライダーダークキバ
仮面ライダーバロン バナナアームズ
歴史改変マシンの繰り返しによって、ショッカーの配下となった4人のライダー達。ショッカーの怪人達よりも階級は低い様で、劇中では彼等の命令で動くこともある。
いずれも「変身者が死亡もしくは怪人」、「時間に関係している」、「ショッカー怪人とモチーフが同じ」、「怪人を部下にしている」、「王という地位やキーワードに関わっている」などの共通点がある。
仮面ライダーファイズ(シグナルレジェンド)
歴史改変マシンから実体化したショッカー首領(もう一人の乾巧)がシグナルレジェンドファイズを使って変身した姿。詳しくはこちらを参照。

キャスト(dビデオスペシャル)[編集]

  • 泊進ノ介 / 仮面ライダードライブ(声) - 竹内涼真 『仮面ライダードライブ』
  • 乾巧 / 仮面ライダーファイズ(声)、ショッカー首領(もう一人の乾巧) - 半田健人 『仮面ライダー555』
  • 桜井侑斗 / 仮面ライダーゼロノス アルタイル・ゼロフォーム(声) - 中村優一 『仮面ライダー電王』
  • 詩島剛 / 仮面ライダーマッハ(声) - 稲葉友 『仮面ライダードライブ』
  • 詩島霧子 - 内田理央 『仮面ライダードライブ』
  • 海堂直也 / スネークオルフェノク(声) - 唐橋充 『仮面ライダー555』
声の出演(dビデオスペシャル)[編集]
  • 仮面ライダー4号 - 松岡充[42]
  • ベルトさん - クリス・ペプラー 『仮面ライダードライブ』
  • デネブ / 仮面ライダーゼロノス ベガフォーム / デネビックバスター - 大塚芳忠 『仮面ライダー電王』
  • ヒルカメレオン - 小柳良寛
  • チーターカタツムリ - 井俣太良 『仮面ライダードライブ』
  • アリマンモス[28]、ショッカー首領(もう一人の乾巧) / 仮面ライダーファイズ(シグナルレジェンド) - 関智一
  • ファイズドライバー音声 - 假野剛彦(ノンクレジット) 『仮面ライダー555』
  • ベノバイザー音声 - 小山剛志(ノンクレジット) 『仮面ライダー龍騎
  • サソードゼクター音声 - スラージ・ガジリア(ノンクレジット) 『仮面ライダーカブト』
  • キバットバットII世 - 杉田智和(ノンクレジット) 『仮面ライダーキバ
  • 戦極ドライバー関連アイテム音声 - 平床政治(ノンクレジット) 『仮面ライダー鎧武/ガイム』
  • マッハドライバー炎関連アイテム音声 - ジョージ・ウィリアムズ(ノンクレジット) 『仮面ライダードライブ』

スーツアクター(dビデオスペシャル)[編集]

スタッフ(dビデオスペシャル)[編集]

  • 原作 - 石ノ森章太郎
  • プロデュース - 白倉伸一郎・高橋一浩・大森敬仁・望月卓(東映)、三宅裕士・辻村和也(エイベックス・デジタル
  • 脚本 - 毛利亘宏
  • 撮影 - 宮崎悟郎
  • 美術 - 大嶋修一
  • 編集 - 長田直樹
  • 助監督 - 茶谷和行
  • 制作担当 - 中保眞典
  • 装飾 - 大熊雄巳(東京美工
  • 照明 - 斗沢秀
  • 選曲 - 金成謙二
  • 録音 - 堀江二郎
  • V.E - 江島公昭
  • MA - 曽我薫
  • カースタント - 西村信宏(武士レーシング
  • キャラクターデザイン - 田嶋秀樹
  • クリーチャーデザイン - 竹谷隆之
  • 音響効果 - 小川広美(大泉音映)
  • ラインプロデューサー - 道木広志
  • 特撮監督 - 佛田洋(特撮研究所)
  • アクション監督 - 宮崎剛(ジャパンアクションエンタープライズ)
  • 監督 - 山口恭平
  • 制作 - 東映
  • 制作協力 - dビデオ[43]

主題歌(dビデオスペシャル)[編集]

「time」
作詞 - 松岡充 / 作曲 - tatsuo / 編曲 - tatsuo、五十嵐“IGAO”淳一 / 歌 - Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE[42]

配信日程[編集]

  • 第1話:2015年3月28日 「エピソード1 死斗!仮面ライダーは三度死ぬ!!」
  • 第2話:2015年3月28日 「エピソード2 対決!!スカイサイクロン空襲」
  • 第3話:2015年4月4日 「エピソード3 決斗!ショッカー首領の正体」

映像ソフト化(dビデオスペシャル)[編集]

Blu-ray / DVDでリリース。

  • スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号 入場者プレゼント
    第1話のみ収録。
  • dビデオスペシャル 仮面ライダー4号 [ブルーレイ+DVD](2枚組、2015年9月9日発売)
    • ディスク1:本編Blu-ray
    • ディスク2:本編DVD
      • 映像特典(ディスク1、ディスク2共通)
        • TRAILER

テレビスペシャル[編集]

手裏剣戦隊ニンニンジャー
VS
仮面ライダードライブ
春休み合体1時間スペシャル
ジャンル 特別番組特撮テレビドラマ
放送時間 日曜7:30 - 8:30(60分)
放送期間 2015年3月29日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 中澤祥次郎
原作 石ノ森章太郎八手三郎
脚本 三条陸
出演者 西川俊介
松本岳
中村嘉惟人
矢野優花
山谷花純
竹内涼真
内田理央
稲葉友
字幕 字幕放送
データ放送 データ放送
テンプレートを表示

手裏剣戦隊ニンニンジャーVS仮面ライダードライブ 春休み合体1時間スペシャル』(しゅりけんせんたいニンニンジャー たい かめんライダードライブ はるやすみがったい1じかんスペシャル)[注 4]は、テレビ朝日系列スーパーヒーロータイム枠で2015年3月29日に放送された特別番組[44]

2014年3月に同枠で放送された『烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武 春休み合体スペシャル』と同じく、スーパー戦隊シリーズ最新作『手裏剣戦隊ニンニンジャー』と仮面ライダーシリーズ最新作『仮面ライダードライブ』が同一作品に登場する、クロスオーバー番組である。時系列上では、映画本編の前日談に当たる。本作品でも、及川光博が特別ゲストとして黒井 響一郎 / 仮面ライダー3号を演じている。

映画本編では何の説明もなく突然登場したニンニンジャーだが、本作品では『仮面ライダー』と『ニンニンジャー』は別の世界の住人であり、試作品の「歴史改変マシン」の影響で仮面ライダーの世界にニンニンジャーが呼び寄せられたことが判明する。そのため、巨大ロボットを見慣れていない仮面ライダー世界の住人が、カラクリ巨大ロボを所有するニンニンジャーを過度に危険視するなど、両者の世界観の違いを示す描写が見られる。

前日談とはされているが、映画本編ではドライブとニンニンジャー、好天が初対面であるかのような反応を示しており、歴史改変マシンの設定を加味しても多少の矛盾が生じているが、映画本編や『仮面ライダー4号』では、歴史改変の影響で一部の記憶が欠如と混乱している描写も存在する。

あらすじ(テレビスペシャル)[編集]

街に牙鬼軍団の妖怪ブルブルが出現。立ち向かった手裏剣戦隊ニンニンジャーは、ブルブルが発生させた重加速現象によって身動きを封じられ、ブルブルに逃げられてしまう。そこへ現れた仮面ライダードライブは、ニンニンジャーをロイミュード集団と勘違いする。

登場怪人(テレビスペシャル)[編集]

妖怪ブルブル
牙鬼軍団(十六夜九衛門)とロイミュードが手を組み、スパイダーバイラルコアに封印の手裏剣が融合したことで誕生した新種の妖怪。
2本の剣「震々刀(ブルブレード)」と強力な体当たりが武器で、相手を恐怖に陥れる妖術と重加速を使用できる。
  • デザインは『ニンニンジャー』の各話怪人を担当するK-SuKeによる[45]。モチーフは『ドライブ』とのクロスオーバーであることから車(バイラルコア)を用いることは最初から決まっており、脚本の三条陸が車の擬音からの連想で妖怪のモチーフに震々を選んだ[45]
ディー博士 / ロイミュード089
本作品における事件の元凶。ディー博士はショッカーの科学者(原典『仮面ライダー』ではゲルショッカーの科学者[46])で本人は死亡していたが、スパイダー型の下級ロイミュード089によりコピーされた。
その後、自らの身体を土台として「空間変異装置」を開発する。
ショッカーブルブル
ディー博士が倒された妖怪ブルブルだった封印の手裏剣を取り込んだことで、その姿と能力を入れた状態。外見上の違いは、腰に金色のショッカーベルトを巻いており、ディー博士の芝居がかった口調で話す。
ブルブル時の能力が更にパワーアップして、範囲内にいる者達の恐怖心を増大させる「テリブルプレッシャー」が使えるようになった。
最終決戦時は、カメバズーカヒルカメレオンの加勢を受け、進ノ介や天晴たちと交戦する。
  • ショッカーブルブルのデザイン画は描かれず、造形は現場処理による[45]
空間変異装置
ディー博士を複製したロイミュード089により開発された装置。この装置は映画本編における歴史改変マシンのテスト品(試作機)であることが、本作品のラストにて黒井の口から語られている。ニンニンジャーたちが『ドライブ』の世界に来てしまった原因となる装置。
巨大ロイミュード(ロイミュード057、ロイミュード016)
ディー博士配下の下級ロイミュード。ブルブル撃破後、封印の手裏剣を譲り受けたディー博士から交換対象としてコブラ型057・バット型の016を譲り受けた十六夜九衛門が肥大蕃息の術で巨大化させた姿。
ロイミュードがそのままの姿で巨大化した際には、進ノ介やベルトさんも驚きを隠せなかった。最終的に2体ともシュリケンジンUFOの「シュリケンジン・UFOビッグバン」を食らい倒される。
ロイミュード076
決戦時ショッカー戦闘員やヒトカラゲの中に混じっていたバット型の下級ロイミュード。空中から攻撃するがアカニンジャーの「蜿蜿長蛇の術」を食らい倒される。

キャスト(テレビスペシャル)[編集]

  • 伊賀崎天晴 / アカニンジャー(声)- 西川俊介 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』
  • 加藤・クラウド・八雲 / アオニンジャー(声) - 松本岳 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』
  • 松尾凪 / キニンジャー(声)- 中村嘉惟人 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』
  • 伊賀崎風花 / シロニンジャー(声)- 矢野優花 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』
  • 百地霞 / モモニンジャー(声)- 山谷花純『手裏剣戦隊ニンニンジャー』
  • 伊賀崎旋風 - 矢柴俊博 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』
  • 伊賀崎好天 - 笹野高史 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』
  • 泊進ノ介 / 仮面ライダードライブ(声)- 竹内涼真 『仮面ライダードライブ』
  • 詩島霧子 - 内田理央 『仮面ライダードライブ』
  • 詩島剛 / 仮面ライダーマッハ(声)- 稲葉友 『仮面ライダードライブ』
  • 沢神りんな - 吉井怜 『仮面ライダードライブ』
  • 西城究 - 浜野謙太 『仮面ライダードライブ』
  • 追田現八郎 - 井俣太良 『仮面ライダードライブ』
  • ブレン - 松島庄汰 『仮面ライダードライブ』
  • メディック - 馬場ふみか 『仮面ライダードライブ』
  • ハート - 蕨野友也 『仮面ライダードライブ』
  • 本願寺純 - 片岡鶴太郎 『仮面ライダードライブ』
  • ディー博士、スパイダー型ロイミュード089(人間体・声) / ショッカーブルブル(声)、妖怪ブルブル(声)(三役) - 岸祐二[注 5][46]
  • 黒井響一郎 / 仮面ライダー3号(声)- 及川光博(特別出演)
声の出演(テレビスペシャル)[編集]
  • ベルトさん - クリス・ペプラー 『仮面ライダードライブ』
  • マッハドライバー炎関連アイテム音声 - ジョージ・ウィリアムズ 『仮面ライダードライブ』
  • 十六夜九衛門 - 潘めぐみ 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』
  • ニンニンジャー各種アイテム音声 - 垂木勉(ノンクレジット) 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』
  • カメバズーカ、首領 - 関智一
  • ヒルカメレオン - 小柳良寛
スーツアクター(テレビスペシャル)[編集]

スタッフ(テレビスペシャル)[編集]

音楽(テレビスペシャル)[編集]

主題歌
Who's That Guy
作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - SAKOSHIN / 歌 - 及川光博
挿入歌
さぁ行け!ニンニンジャー!
作詞:及川眠子 / 作曲・編曲:佐藤晃 / 歌:大西洋平
SURPRISE-DRIVE
作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - tatsuo / 歌 - Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE

映像ソフト化(テレビスペシャル)[編集]

Blu-ray / DVDでリリース。

  • 手裏剣戦隊ニンニンジャーVS仮面ライダードライブ 春休み合体1時間スペシャル(1枚組、2015年8月5日発売)
    • 映像特典
      • お祭りトークパーティー
      • ノンスーパーED
      • PR集
      • デザインギャラリー

小説作品[編集]

S.I.C. HERO SAGA MASkDE RIDER DECADE EDITION -オーズの世界-』
仮面ライダーディケイド』と『仮面ライダーオーズ/OOO』、『仮面ライダー鎧武/ガイム』がクロスオーバーするジオラマ小説。
仮面ライダーディケイドに変身する門矢士が、「オーズの世界」に現れたライダーロボを知っていたり、仮面ライダー3号の名前を口にするなど、本作品の後日談となっている。
士によると、映画本編で登場した仮面ライダークウガは、五代雄介の方だとされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 企画開始前には東映の予定に「2015年度仮面ライダー大戦」と仮組みされていた[3]
  2. ^ プロデューサーの白倉伸一郎や脚本を担当した米村正二は制作段階では漫画版の内容は知らず、本作品にブラック将軍を登場させたのは偶然の一致であったと述べている[3]
  3. ^ テレビドラマ『仮面ライダー』最終回「ゲルショッカーの全滅!首領の最後!!」の本放送日であり、過去の本編の映像に本作品の出演俳優によるアフレコを被せたり、効果音を変更することで表現している。
  4. ^ 放送中の8:00以降はタイトルが『仮面ライダードライブVS手裏剣戦隊ニンニンジャー 春休み合体1時間スペシャル』に切り替わる。
  5. ^ 岸祐二は、スーパー戦隊シリーズの『激走戦隊カーレンジャー』のレッドレーサーを演じた人物であり、東映公式サイトでも『ドライブ』と同じ車モチーフのヒーローという点に触れている。

出典[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報』2016年3月下旬号、74頁。
  2. ^ ぴあ 2015, pp. 89、91.
  3. ^ a b c d e f 東映HM51 2015, pp. 26-27, 「Producer×Writer CROSS TALK 白倉伸一郎×米村正二
  4. ^ 『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』3-14~15にオンライン試写会開催 マイナビニュース
  5. ^ a b ぴあ 2015, pp. 88-90, 「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号 衝撃のプレビュー」
  6. ^ a b c d 東映HM51 2015, p. 25
  7. ^ ツインリンクもてぎで『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』のマシンを展示!! | 新感覚オモチャ情報誌 ハイパーホビー公式サイト
  8. ^ 東映HM51 2015, pp. 25、29.
  9. ^ エンタミクス 2015 4月号 No.78
  10. ^ a b c ぴあ 2015, pp. 14-105, 「白倉伸一郎as「仮面ライダー」シリーズ・チーフプロデューサー」
  11. ^ 及川光博、仮面ライダー3号スーツに万感の思い - シネマトゥデイ
  12. ^ 仮面ライダー3号・及川光博「20年後は死神博士がやってみたい」 - 音楽ナタリー
  13. ^ 及川光博、憧れ仮面ライダーV3からのトロフィーに感激!「人生何が起こるかわからない」 - シネマトゥデイ
  14. ^ 山田涼介主演『暗殺教室』が初登場1位!10代から圧倒的な支持!シネマトゥデイ 2015年3月24日
  15. ^ 服装には立花レーシングのエンブレムや、『仮面ライダー剣』に登場した人類基盤史研究所BOARDのロゴが貼られていた。
  16. ^ 『ROIDMUDE 竹谷隆之 仮面ライダードライブ デザインワークス』P107より。
  17. ^ a b c d e f g h i 超全集 2015, pp. 82-83
  18. ^ a b 1号・2号が倒され仮面ライダーの歴史が変わる?『スーパーヒーロー大戦GP』3号は及川光博「僕たちが情熱を注いだ作品」 | マイナビニュース
  19. ^ 及川光博が仮面ライダー3号に!「1号と2号倒していいの?」溢れる"ライダー愛" | マイナビニュース
  20. ^ 『仮面ライダードライブ 超全集』でこの記述があるが、後に発売された『手裏剣戦隊ニンニンジャー 超全集』では「トライドロンフィニッシュ」との記載がある。
  21. ^ a b c d e 『スーパーヒーロー大戦 仮面ライダー3号』特報!南光太郎や桜井侑斗、デネブの姿も | マイナビニュース
  22. ^ 及川光博さんが仮面ライダー3号演じる 仮面ライダー最新映画で - ねとらぼ
  23. ^ 倉田てつを"炎の場面写"公開! 仮面ライダーが持つべき"本当の正義"を貫く | マイナビニュース
  24. ^ 及川光博が仮面ライダー3号のマスクオフ姿をお披露目「自分の変身シーンは12回観ました」 (2) 半田健人「乾巧という役がいかに大事かを再認識した」 | マイナビニュース
  25. ^ 仮面ライダードライブ 第23話 悪戯な笑みを止めるのはだれか | 東映[テレビ] 2015年3月15日。
  26. ^ a b 『スーパーヒーロー大戦GP』予告公開、仮面ライダーV3対3号の直接対決が! - マイナビニュース
  27. ^ 及川光博“幻の仮面ライダー3号”に! 情報解禁前に唐沢寿明にこっそり漏らす | シネマカフェ cinemacafe.net
  28. ^ a b c 『仮面ライダー 1号・2号・V3・ライダーマン総特集』91ページより。
  29. ^ seki0908のツイート (562499878006185985)
  30. ^ trombe_bossのツイート (566481375558004737)
  31. ^ ぴあ 2015, pp. 92-95, 「及川光博as仮面ライダー3号」.
  32. ^ 映画パンフレット『中村優一インタビュー』より。
  33. ^ 東映HM51 2015, p. 29, 「Cast Interview 中村優一」.
  34. ^ a b 映画パンフレット『倉田てつをインタビュー』より。
  35. ^ a b 映画パンフレット・エンドクレジットより。
  36. ^ 東京V、仮面ライダーとコラボ!ユース出身・竹内涼真も来場!? ― スポニチ Sponichi Annex サッカー
  37. ^ 飛行機「スカイサイクロン」を操る仮面ライダー4号、映画の後日譚として配信 | マイナビニュース
  38. ^ a b c 宇宙船152 2016, pp. 36-37, 「[インタビュー]毛利亘宏」
  39. ^ 拡大画像 001 | 飛行機「スカイサイクロン」を操る仮面ライダー4号、映画の後日譚として…… | マイナビニュース
  40. ^ 超全集 2015, p. 85
  41. ^ a b c 『ROIDMUDE 竹谷隆之 仮面ライダードライブ デザインワークス』P109より。
  42. ^ a b 「仮面ライダー4号」の正体は松岡充、飛行機を操る異色のライダーを演じる | マイナビニュース
  43. ^ 新たな仮面ライダーがこの春dビデオに登場! TV LIFE 2015年2月19日
  44. ^ 仮面ライダードライブ 第24話 映画情報|東映[テレビ]”. 東映. 2015年3月11日閲覧。
  45. ^ a b c 戦隊40周年 2015, p. 28, 「TVシリーズ前半戦ガイド 牙鬼軍団《オール妖怪》人別帖 デザイナー・K-Sukeコメント付き」
  46. ^ a b 第24話 なにがマッハを走らせるのか”. 仮面ライダードライブ. 東映. 2015年3月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号 劇場パンフレット
  • 「仮面ライダー公式写真集」 仮面ライダーぴあ VOL.2 『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』メモリアル本ぴあ〈ぴあMOOK〉、2015年4月20日ISBN 978-4-8356-2139-6
  • シリーズ全39作品を語り尽くす! 「スーパー戦隊」40周年!』 宝島社別冊宝島〉、2015年8月22日ISBN 978-4-8002-4415-4
  • 「仮面ライダー 1号・2号・V3・ライダーマン総特集」、『別冊宝島』第2394巻、2015年10月28日ISBN 978-4-8002-4622-6
  • 『仮面ライダードライブ超全集小学館てれびくんデラックス 愛蔵版〉、東京、2015年11月11日、第1版。ISBN 978-4-09-105152-3
雑誌

関連項目[編集]

  • ツインリンクもてぎ - 劇中で「仮面ライダーグランプリ」が開催されたロケ地。「特別協力」としてクレジットされている。

外部リンク[編集]